en6_head.jpg

タグ「縁結び」の一覧

法雲寺(ほううんじ)Houn-ji Temple

浄土宗のお寺、法雲寺。
河原町二条の北側に「御縁の神様、菊野大明神。良縁祈願・縁切り祈願所」という看板が出ているので、その路地を入っていきます。
菊野大明神


こちらが本堂。
まわりをビルに囲まれています。
菊野大明神

庫裏の東側に菊野大明神があり、縁切りのご利益で知られ、訪れる人はいまも後を絶たないそうです。
菊野大明神
菊野大明神の御神体は「縁切り石」。
深草少将が小野小町への百夜通いの時に腰掛けたと伝えられる石です。
あと一夜というところで思いを果たせず亡くなった深草少将の無念が、この石のそばを通る男女の縁を切るという話です。

縁切りの御利益があれば、表裏一体で良縁を結ぶ御利益も生じるのでしょう。
昔から悪縁は切り、良縁は結ぶと信仰されてきました。
(お参りに来るのは悪縁を切りたい人のほうが多いそうですが)

入り口を入ったところで100円納め、ロウソクとお線香を2本ずついただきます。
菊野大明神
ロウソクはロウソク台に、お線香は香炉に。
菊野大明神と豊川稲荷大明神、神様が2人いらっしゃるので2本ずつとのことです。

とてもいい香りのお線香でした。

近くの寺社 :白山神社・本能寺

法雲寺(菊野大明神)

所在地 京都市中京区河原町通二条上ル清水町364-1
料金境内自由
時間9:00〜17:00
アクセス地下鉄「京都市役所前」下車、徒歩5分
「京阪三条」より徒歩約8分
市バス「京都市役所前」「京都バス河原町二条」すぐ
駐車場なし
離婚で損をしない

このページをシェアする

両足院毘沙門天堂(りょうそくいんびしゃもんてんどう)Ryosoku-in Bishamontendo

両足院建仁寺塔頭のひとつです。
建仁寺の境内のふちを取り巻くたくさんの塔頭は閉まっているところが多いのですが、両足院の毘沙門天堂は開いています。
両足院毘沙門天堂
鞍馬寺毘沙門天の胎内仏であった毘沙門天がこの中にあります。
両足院毘沙門天堂
織田信長が比叡山を焼き討ちしたときに、鞍馬の僧が安全のため疎開させたものだそうです。
毘沙門天は戦争の神様ですが、商売繁盛、合格祈願、良縁成就、誓願成就などさまざまな御利益でも知られています。

戦前、祇園の芸妓さんや舞妓さんが「いい旦那さんがみつかるように」とお参りすることが多く、 いまでも「祇園の縁結び」として信仰を集めています。

毘沙門天といえば虎ですね。
両足院毘沙門天堂

香炉にも小さな虎がいます。
両足院毘沙門天堂
ブログなどに書かれている、訪れたひとの印象を読むとだいたいこんなふうに表現してあります。
「あ″〜助けて〜!落ちる〜カリカリカリ・・・・」
みたいな(笑

まさにそんな感じがします。

「あ″〜!この香炉ツルツルして滑るんだよね・・・カリカリカリ・・・・」
両足院毘沙門天堂
寅年の2010年のお正月は多くの参拝者でにぎわったそうです。

隣の門の両足院は特別拝観の期間以外は閉まっています。
両足院


近くの寺社 :六道珍皇寺

両足院毘沙門天堂

所在地 京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町591建仁寺山内
料金境内自由(庭園の拝観は有料・要予約)
時間7時頃〜17時頃
アクセス京阪「祇園四条駅」徒歩7分
市バス「東山安井」徒歩3分
駐車場コインパーキング有り


このページをシェアする

誠心院(せいしんいん・じょうしんいん)Seishin-in Temple

新京極はたくさんのお店が密集しているアーケードの繁華街。
並びにはいくつかの小さなお寺がありますが、門をくぐってみる人は多くないようです。

そのひとつ誠心院は、恋多き平安時代の歌人和泉式部ゆかりのお寺です。
和泉式部は出家し、初代の住職となったといわれています。
誠心院

境内にある和泉式部の供養塔には昔から多くの人々がお参りしてきたそうです。
謡曲「誓願寺」の舞台にもなっている4メートルの宝篋印塔です。
誠心院
供養塔の前には知恵授け・恋授けの「鈴成り輪」が置かれています。
和泉式部の古い灯篭の材料を使って作られています。
誠心院
魔尼車とも呼ばれ、一回まわせば経典を一回読誦した功徳が得られるということです。
回すとシャラシャラシャラ・・・となんともいい音がします。
和泉式部にあやかれるように、恋のお願いをしながら回してみましょう。

近くの寺社 :蛸薬師

誠心院

所在地 京都府京都市中京区新京極通六角下る中筋町487
料金境内自由
時間-
アクセス京阪電車「三条」「四条」どちらからも徒歩8分
駐車場なし


このページをシェアする

由岐神社 (ゆきじんじゃ)Yuki-jinja Shrine

鞍馬の火祭りで有名な由岐神社鞍馬寺のつづらおりの山道を登り始めると最初に現れる神社です。

由岐神社の拝殿は京都でもあまり見かけない形をしていて、「割拝殿」といわれます。
桃山時代の建造物で、国の重要指定文化財となっています。
由岐神社
拝殿の真ん中を石段が突き抜けていて、向こう側には大杉がそびえたっています。
樹齢800年の大杉はそのものが末社となっていて、願掛け杉の御神木として厚く信仰されています。
由岐神社

石段を登りきると本殿が現れます。
本殿と拝殿の高低差がかなりあります。
由岐神社
祭神の大己貴命(おおなむちのみこと)は縁結びの神様で、出雲での毎年10月の縁結び会議にも出席する神様だそうです。

公式サイトには火難除・子授安産・縁結び・病気平癒・厄除開運の御利益が挙げられています。

かたわらの『天狗みくじ』は、わけのわからない美的センスの機械で、愛らしいです・・・・。
由岐神社


近くの寺社 :鞍馬寺

由岐神社

所在地 京都府京都市左京区鞍馬本町1073番地
料金境内自由(鞍馬寺愛山費200円)
時間社務所9:00~16:00(時期により変動あり)
アクセス叡山電鉄鞍馬線鞍馬駅から徒歩10分
駐車場なし


このページをシェアする

三宝寺(さんぽうじ)Sanpo-ji Temple

三寳寺さんは1628年後水尾天皇の勅命により開山したお寺です。
高雄へ向かう周山街道から北へ参道が伸びています。
三宝寺

境内に入るとカエデの向こうに大黒様が迎えてくれます。 三宝寺

「鳴滝の妙見さま」へは石段を登っていきます。
特に戌歳生まれの人の守護神として、また安産祈願所としても有名です。
三宝寺

石段の途中の釣り鐘堂のモミジがとても綺麗。
三宝寺

石段の上のほうにある縁結びの塔は豊臣秀頼、淀君、国松丸の供養塔です。
三宝寺

この塔をなでさすり願えば良縁を得、早く嫁ぐことが出来ると信仰されています。
この供養塔は淀君の姪の「古奈姫」が建てたといわれています。
小さな塔です。

三宝寺

石段を登りきったところにあるお堂が妙見堂です。
三宝寺

絵馬も犬ですね。
三宝寺
境内の至る所にみくじダルマが置かれているのもおもしろいです。

三宝寺(三寳寺)

所在地 京都市右京区鳴滝松本町32
料金境内自由
アクセス市バス、JRバス「三寳寺」下車 5分
京福電車「高雄口」下車 15分
駐車場参拝者用無料駐車場あり


このページをシェアする

車折神社(くるまざきじんじゃ)Kurumazaki-jinja Shrine

金運・良縁成就・芸能上達・厄よけなどさまざまな御利益で知られる車折神社
神社
近年はメディアでパワースポットとしても紹介されています。以前、ぷっすまでも紹介されていました。

円錐形の立砂が印象的な「清めの社」で自分をとりまく悪運を浄化し、社務所で祈念神石のお守りを買いましょう。
神社

神社(拝殿)
「祈念神石(きねんしんせき)」は神主さんがお祓いをした石が入ったお守り。
金運・良縁の願い事を叶えるパワーストーンといわれます。

縁結びの「えんむすびお守り」にも祈念神石が入っています。
縁と円、良縁成就+金運招来のどちらも祈念してあり、オトクです♪
神社

願いが叶ったなら、海や山で拾った石にお礼を書いてまた納めに来ましょう。
(願い事を書くのではありません。)

本殿前はお礼の石でいっぱいです。
神社

北の参道を出ると目の前は嵐電の駅。
神社

拝殿のモミジがとても綺麗でした。(2010.11.15)
神社


近くの寺社 :広隆寺・鹿王院

車折神社 交通アクセス

所在地 京都市右京区嵯峨朝日町23
料金境内自由
時間8:00〜17:30
アクセス市バス/京都バス「車折神社前」すぐ。嵐電(京福電車)「車折神社駅」すぐ
駐車場参拝者用無料駐車場あり(30台)


このページをシェアする

白峯神宮(しらみねじんぐう)Shiramine-jingu Shrine

白峯神宮
白峯神宮の境内は蹴鞠の宗家だった公家の飛鳥井家の屋敷の跡地ということで、サッカーをはじめとする球技、さらにはスポーツの神様として有名な神社です。

崇徳天皇と淳仁天皇をお祀りしています。

白峯神宮
ここが蹴鞠を行う場所。

白峯神宮
さて、全体的にスポーツ色の濃い白峯神宮ですが、境内の片隅には潜龍社というお社があります。
ここは龍神さんのお社。

潜龍社の脇の潜龍井の水を飲めば、悪縁を断ち良縁を結ぶ御利益があります。
災難除・病気平癒の霊験もあらたかだそうです。

近くの寺社 :清明神社

白峯神宮

所在地京都市上京区今出川通り堀川東入飛鳥井町261番地
料金境内自由
アクセス市バス「堀川今出川」下車すぐ


このページをシェアする

梨木神社(なしのきじんじゃ)Nashinoki-jinja Shrine

梨木神社は京都御苑の東側に接している南北に細長い境内の神社です。
梨木神社

参道両側は萩が連なり「萩の宮」とも呼ばれています。
見頃は九月下旬です。
梨木神社

梨木神社

本殿の両側も萩がいっぱいです。
梨木神社

染井の水は京都の三名水のひとつ。
近所の方々がひんぱんに汲みに来られていました。
梨木神社

御神木の「愛の木」。
梨木神社

葉っぱがハート形だからそう呼ばれるようになったのだとか。
梨木神社
最近では西野カナさんがお気に入りとのことで、『京都"ラブ"スポット』なんていう呼び方で紹介していました。
「愛の木」を撫でながら願い事をすれば叶うそうです。

近くの寺社 :幸神社廬山寺清荒神

梨木神社

所在地京都市上京区寺町通広小路上ル
料金境内自由
時間6:00〜17:00頃
アクセス市バス「府立医大病院前」(府立文化芸術会館前)下車 徒歩約3分
駐車場なし(月極駐車場進入は厳禁)
35.0250412955134,135.767347812

このページをシェアする

大田神社(おおたじんじゃ)Ota-jinja Shrine

大田神社は上賀茂神社の境外摂社です。
大田神社

上賀茂神社から外へ出て、東へ8分ほどのところにあります。
縁結び、芸能上達の神として信仰を集めてきた神社です。
小さな境内ですが、森に包まれていて清涼感がありました。
大田神社

かきつばたにも紅葉にも時期外れといえる11月始めの平日にお参りしましたが、次々とお参りの方が来ておられました。
大田神社
拝殿
祭神は天鈿女命(あめのうずめのみこと)
神楽を舞って天岩戸から天照大御神を外へ誘い出した古事にちなんで、芸能上達や縁結びの御利益がある神様とされています。
大田神社
参道の右手には大田の沢があり、かきつばたで有名です。
平安時代の歌人藤原俊成(しゅんぜい)の和歌にも詠まれています。
5月中旬には一面に咲くかきつばたの紫の花を見るために多くの参詣者が集まります。
大田神社
「神山(こうやま)や大田の沢のかきつばた ふかきたのみはいろにみゆらむ」
大田神社
絵馬
大田神社
末社には大国主命も祀られています。
こちらは「はしか封じ」の霊験あらたかだそうです。

近くの寺社 :上賀茂神社

大田神社

所在地京都府京都市北区上賀茂本山340
料金境内自由 (かきつばたの時期は志納金300円)
時間常時開放
アクセス市バス「上賀茂神社前」より徒歩8分
駐車場参道に2台程度停めることができます。


このページをシェアする

平安神宮(へいあんじんぐう)Heian-jingu Shrine

巨大な鳥居が印象的な岡崎の平安神宮
その高さは24.4m、最下部の柱の周りは11.4m。
人はくぐれない鳥居です。歩道は鳥居の外側なのです。
平安神宮

平安神宮。京都でこんなに広々とした神社はなかなかありません。
平安神宮の雪景色

1868年の東京遷都で沈み込んだ京都を復興するために、1895年内国勧業博覧会のときに平安遷都1100年を記念して建てられた平安神宮。
その建物は平安京の大内裏の建物を8分の5の規模で復元したものです。
博覧会のあとに桓武天皇を祀る神社となりました。

素晴らしいのはその色彩。
柱の朱と屋根の緑。平安京当時の建築様式と色彩をそのまま見ることができる神社は京都には他にありません。
人が少ないときには平安時代にタイムスリップした気分が味わえます。
平安神宮

戦後に神前結婚式がはやり、平安神宮でも多くの結婚式が行われるようになりました。
京都では「結婚式は平安神宮で」とまでいわれるようになり、 縁を取りもつ神社のイメージも生まれました。

結婚式なら平安神宮におまかせ!
平安神宮

平安神宮の縁結びの御守は名刺サイズ。 保護カバーがついていてお財布や定期入れに入れて携帯しやすいようになっています。
平安神宮


神苑は四季を通して楽しめますが、やっぱり桜の頃は素敵です。
平安神宮の枝垂桜

神苑に入ってすぐ、南神苑の「紅しだれ桜」は素晴らしいです。
濃いピンクが一面に空を覆います。
平安神宮

東神苑の尚美館(貴賓館)と池面が彩られるさまも絶景です。
平安神宮の枝垂桜

初夏の花菖蒲。
平安神宮


》 》 平安神宮の桜の様子はこちら。
》 》 平安神宮の秋の神苑無料公開
》 》 平安神宮のお祭り「時代祭」の様子はこちら。


近くの寺社 :須賀神社・金戒光明寺・岡崎神社

平安神宮 宿泊案内と交通アクセス

平安神宮を訪れるなら、お宿はゲストハウス和楽庵がおすすめ。
京都の古い町家ならではのゆるりとした時間に浸ることができるでしょう。
所在地京都市左京区岡崎西天王町
料金境内自由 神苑600円
時間6時〜18時(季節により変わります)
アクセス市バス「京都会館・美術館前」下車すぐ。
地下鉄東西線「東山」徒歩10分
駐車場市営岡崎公園地下駐車場(500台・普通車1時間500円)が便利
平安神宮


このページをシェアする

恋志谷神社(こいしだにじんじゃ)Koishidani-jinja Shrine

恋志谷神社は京都府南山城村。すこし行くともう三重県の伊賀市です。
恋志谷神社

恋志谷神社

恋志谷神社
小さな境内には天満宮など十三社が合祀されています。

一番左側が恋志谷さん
恋愛成就・子授け・安産の御利益があるといわれます。
恋志谷神社

鎌倉時代の末期、後醍醐天皇は倒幕計画が漏れ、京都を脱出して笠置山に籠って戦います。
そのとき伊勢で病気の療養中だった寵妃・恋志谷姫は笠置山へ駆けつけましたが、そのときには後醍醐天皇はすでに笠置をあとにしていて、会うことはできませんでした。

姫は悲しみと疲れから病気を再発し、そのまま亡くなります。

「恋いこがれて病に苦しむような辛さを味わうのは自分一人で十分。
死後は後世の人の病苦厄難を取り払う守り神になろう」と言い残したそうです。

後醍醐天皇は捕らえられ、隠岐島に流されました。

姫が最期まで「恋しい」と言っていたことから、姫を祀った祠が「恋志谷さん」と呼ばれるようになったともいわれています。

恋志谷神社
恋志谷神社のとなりに天満宮など5つのお社が並んでいます。

恋志谷神社
恋志谷神社の参道でもある恋路橋は潜没橋。
増水時には川の中に沈みます。
柵がないので、車で渡るのはちょっとスリルがあります。

恋路橋を歩いて渡って恋志谷神社にお参りすれば恋愛成就の御利益アップ!とのうわさもあります。

春と秋の大祭(4月2日、9月2日)には恋愛成就を願う参詣者が訪れるそうです。

近くの寺社 :笠置寺

恋志谷神社

所在地京都府相楽郡笠置
料金境内自由
アクセスJR関西線大河原駅から恋路橋を渡り、徒歩で10分ほど。
車:国道163号線で南山城村へ。大河原駅の近くから恋路橋を渡ります。
駐車場駐車スペースあり。


このページをシェアする

大豊神社(おおとよじんじゃ)Otoyo-jinja Shrine

哲学の道の大豊橋から山手へ少し登ったところにある大豊神社
創建は平安時代887年。
大豊神社

狛犬の他に狛猿・狛鳶・狐・狛ネズミなど動物いっぱいの小さな神社です。
大豊神社の狛鼠

狛ネズミはけっこう人気のようで、2008年ネズミ年のお正月は境内は参拝者であふれたそうです。
大豊神社の狛鼠
狛ネズミがいるのは末社の大国社。
大国主命が祀られています。縁結びはここで祈願しましょう。

縁結び・子宝・安産の霊験あらたかと云われます。

ネズミは古事記の中でスサノオノミコトに焼き殺されそうになった大国主命に逃げ道を教えて救ったんですね。
大豊神社
左のネズミは豊穣・薬効を表す水玉を抱えています。
右のネズミは巻物を抱えていて学問成就を表します。
大豊神社
絵馬もキュート♥


大豊神社
隣の稲荷社にはキツネ。
大豊神社
狛鳶と狛猿と・・・・・
どさくさにまぎれて信楽焼のタヌキも立っています。
大豊神社
こちらにもいろいろいます。

普段はあまり人のいない境内。外国の方をよく見かけるはガイドブックにでも載っているのでしょうか。

放っておけばどんどん木が繁ってきて手入れもたいへんなのでしょう。
ときどき行きますが、野趣溢れるというか・・・木がぼーぼーのときもあります。
大豊神社
ジャングル神社になっているときは鳥居をくぐるのに勇気が要ります。

梛の木に夫婦円満を祈願。
大豊神社


近くの寺社 :熊野若王子神社

大豊神社

所在地京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町
料金境内自由
アクセス市バス 宮ノ前町 徒歩約3分
市バス 東天王町 徒歩約10分
駐車場なし


このページをシェアする

荒木神社(あらきじんじゃ)Araki-jinja Shrine

荒木神社伏見稲荷の裏参道にある縁結びの神様です。
荒木神社

伏見稲荷の裏参道はほとんどの人は伏見稲荷の千本鳥居や長い長い山の石段を歩いてヘトヘトになった最後に降りて来る道。

なので、たくさん並んでいる個性的なお社をなんとなく素通りすることが多いと思います。

一度逆回りでじっくり尋ねてみると楽しいですよ。

境内は石と狐と鳥居だらけなのですが、本殿の裏側にぺったりとくっついて立っている鳥居がなんとなく不思議な感じ。
荒木神社

荒木神社はかわいい縁結びの口入人形が人気。
狐3体で1組となっていて、真ん中で立っている狐さんが縁を取りもってくれます。
荒木神社

さあ、お出ましです。
荒木神社

ずら〜っと並んでいます。願いが成就してここへ帰ってきたキツネたちです。
荒木神社

もう、数えきれないです。これだけ願いが叶ったカップルがいるということでしょう。
荒木神社

キツネ密集地帯です。
荒木神社

いつまでも眺めてしまいます。
荒木神社
日が暮れてしまいました。

伏見稲荷大社の記事はこちら。

荒木神社

所在地京都府京都市伏見区深草開土口町12−3
料金境内自由
アクセス伏見稲荷本殿から左手の方へ。
駐車場無し


このページをシェアする

文子天満宮(あやこてんまんぐう)Ayako-tenmangu Shrine

菅原道真公の乳母だった多治比文子が菅原道真公の死後、自宅のお庭に祠を建てて「天神さん」として最初にお祀りした場所がここ文子天満宮です。
文子天満宮

後に祠は北野天満宮に移り、天神信仰は全国に広まっていきました。

なので、文子天満宮は「天神信仰発祥の神社」と云われます。
文子天満宮

境内はとても狭いです。
真ん中には学問の神様「天神さん」。その左手に良縁成就の文子殿。
各種祈祷はここで受けることができます。
文子天満宮
相生の御神木。

文子天満宮
(左)縁結びね貝お守り。「ねがい」と読みます。(右)文子守り。着物姿のお守りです。

可愛らしさで評判のお守り。
どちらも一願成就です。願い事はひとつに的をしぼってください。

近くの寺社 :市比賣神社・東本願寺

文子天満宮

所在地京都市下京区間之町通り花屋町下る天神町400
料金境内自由
アクセス京都駅から北へ徒歩10分
駐車場なし


このページをシェアする

岡崎神社(おかざきじんじゃ)Okazaki-jinja Shrine

可愛らしい狛兎や、「金運招き兎」、「縁結び招き兎」、提灯のうさぎの絵、手水舎の「厄除子授兎」など、うさぎがいっぱいの岡崎神社
岡崎神社

岡崎神社は794年の平安京遷都のときに王城守護のために創られたといいます。
岡崎神社

岡崎神社
元々この辺りは野兎の生息地であったことから、兎は氏神さまのお使いと伝えられてきたそうです。

1178年、高倉天皇の中宮のお産の奉幣を賜ったことから安産の神として信仰されるようになりました。
ウサギはたくさん子どもを産むことも安産のイメージにぴったりなのでしょう。
岡崎神社
手水舎の子授け厄よけうさぎが人気。

岡崎神社の祭神はスサノオノミコトとクシナダヒメノミコト。
ヤマタノオロチを退治し、クシナダヒメノミコトを救い出し結ばれたという有名な古事から縁結びの信仰も生まれました。
岡崎神社
ヤマタノオロチを退治するスサノオノミコト


近くの寺社 :金戒光明寺真如堂平安神宮

岡崎神社

所在地京都市左京区岡崎東天王町51
料金境内自由
時間9時〜17時
アクセス神宮丸太町駅から市バス 93 204 岡崎神社前バス停下車すぐ
駐車場参拝者用駐車スペース1台分有り


このページをシェアする

新熊野神社(いまくまのじんじゃ)Imakumano-jinja Shrine

東大路通りを下って来てJRを越えるとひときわ大きなクスノキが目に入ります。

樹々がこんもりと覆って森のように見えるその神社は新熊野神社(いまくまのじんじゃ)です。
新熊野神社

新熊野神社は平安時代後期の1160年、後白河上皇が紀州の熊野の神様を勧請して創建。

工事にあたったのは平清盛だったそうです。

境内のクスノキは熊野から運び、後白河上皇が自ら植えた神木と云われます。
健康長寿や安産の守り神として信仰されています。

また、新熊野神社の境内には梛の木が多くあり、「梛の宮」とも呼ばれます。
新熊野神社

梛の木は葉が切れにくいこと、実がふたつ仲良く並んで実ることから、縁結び・夫婦円満のおめでたい樹とされています。

(左)そばに立ち触れたり抱きついたりできる大クスノキ。 (右)黄色っぽい葉っぱの梛の木。
新熊野神社

絵馬は熊野神社と同じ八咫烏。足が3本ですね。右側が縁結びのお守りです。
新熊野神社


新熊野神社は室町時代に、能楽の創始者世阿弥と、彼を庇護することになる3代将軍足利義満が出会った地ということで、その史実にちなんで能面が描かれています。

近くの寺社 :泉涌寺東福寺三十三間堂智積院新日吉神宮

新熊野神社

所在地京都市東山区今熊野椥ノ森町42
料金境内自由
アクセス京都駅から市バス208系統で10分弱。今熊野バス停下車 徒歩3分
駐車場裏側に参拝者用駐車スペース有り


このページをシェアする

勧修寺(かじゅうじ)Kaju-ji Temple

京都山科の勧修寺は恋に効く「玉の輿伝説」のお寺。
勧修寺

宮道神社の記事でも書きましたが、ここにお屋敷のあった宮道氏の娘が宇多天皇の女御になるという「玉の輿」の運命を辿った史実にちなんで、良縁成就を祈願する人が訪れるようになりました。
勧修寺


勧修寺
美しい観音堂と氷室池は見応えがあります。

平安時代には毎年1月2日に氷室池に張った氷を宮中に献上してその厚さによって五穀豊穣を占ったと言われています。

この景色はJR東海のCM「そうだ京都行こう」シリーズのポスターにもなりました。

勧修寺
観音堂の中には真っ白なお顔の観音様が。

庭園はよく手入れされていますが、池の向こう側を歩くと、立ち入り禁止の崩れそうな橋や石積みがあり、それもまた観光地っぽくなくて風情を感じます。

5月〜8月は睡蓮が、11月はモミジがたいへん綺麗です。
勧修寺


縁結びのお参りなら、境内南側の宮道神社にも参拝しましょう。 》 》 宮道神社

勧修寺の桜

山科の恋の寺「勧修寺」はの季節も素敵です。
(撮影 2011年4月11日,2014年4月1日ほか)

山門から見えるたくさんの桜にわくわく。
勧修寺の桜

庭園は桜の園。
「いい春を残してくださって
ありがとうございます。
わたしたちも、美しい過去になれるといいけど」
2018年のそうだ 京都、行こう。のコピーです。
勧修寺の桜

観音堂まわりもソメイヨシノが満開。
勧修寺の桜

観音堂の裏も満開。
勧修寺の桜

桜とともに馬酔木もたわわ。
勧修寺の桜

氷室池越しに見る観音堂の桜が素晴らしいです。
勧修寺の桜

『桜のあと、モネの描く「睡蓮(すいれん)」のようになるんです。』
こちらは2005年の「そうだ 京都、行こう。」のコピーですが、たしかにその通りになります!
勧修寺の桜

少し遅れて参道の紅枝垂が咲きます。
勧修寺


勧修寺のかきつばたと睡蓮

5月半ば。勧修寺の氷室池はかきつばたと睡蓮でいっぱいです。 勧修寺

境内は新緑で彩られ、
勧修寺
黄門様の雪見灯篭まわりの樹齢750年の偃柏槙(這柏槙)も青々と広がっています。
勧修寺

そして、氷室池は極楽浄土状態!
勧修寺

勧修寺

勧修寺

勧修寺

勧修寺

勧修寺

池は生き物の楽園にもなっていて、
鯉や亀がすいすいと泳ぎ、
勧修寺

真ん中の島ではサギが「ベロベロベロ〜ン」と大声で啼いており、
勧修寺

大きなウシガエルが「ごが〜っ」とうなり、
とてもうるさい極楽浄土です・・・。
勧修寺
カワセミは見かけませんでした。

勧修寺の花菖蒲と半夏生

6月半ば。山科の勧修寺さんの氷室池では花菖蒲が見頃。
久しぶりに雨が降ったので、閉門間際に出かけてみました。
勧修寺

雨に濡れるとカエデも苔も艶を増します。
勧修寺

夕方なので、睡蓮は全部閉じていますが、雨に濡れた花菖蒲と半夏生が綺麗です。
カキツバタの頃とはまた違う趣です。
勧修寺

勧修寺

勧修寺

勧修寺

勧修寺

ウシガエルの声がごえ〜ごえ〜と響いていましたが、16時を過ぎると静まりました。
カエルも営業時間を守っているよう。
勧修寺

紫陽花もだいぶん色づいています。
勧修寺

雨足はだんだんと強まります。
蓮の葉の上で水玉がぷるぷる動いています。
勧修寺

降る雨はじゃーじゃーと池に流れ込み、ぬかるみもひどくなります。
「大いに危険」が初めて少しだけ現実味を帯びました。
勧修寺

勧修寺の蓮

京都山科の「恋のお寺」勧修寺さん。
氷室池にはたくさんの蓮や睡蓮がピンクの花を咲かせ、まさに極楽浄土です。
勧修寺の蓮

氷室池の蓮は花びらの多い八重の蓮ですね。
勧修寺の蓮

勧修寺の蓮

勧修寺の蓮


門前にもたくさんの蓮の鉢が並べられていて、ただでも蓮を楽しめます。
勧修寺の蓮

勧修寺の蓮

勧修寺の蓮

勧修寺の紅葉

京都山科の「玉の輿伝説」のお寺、勧修寺は、蓮や睡蓮・杜若などが有名ですが、紅葉もなかなか素敵です。
勧修寺の紅葉

本堂前のモミジ林や観音堂付近が見どころ。
勧修寺の紅葉

勧修寺の紅葉

さまざまな種類のカエデが植えられていて、どの葉っぱも少しずつ違い見飽きません。
勧修寺の紅葉

庭園は東山連峰の南大日山を借景にしています。
勧修寺の紅葉

京都市で観光客が集中する東福寺や嵐山・東山などに比べれば山科はゆったりしたもので、人ごみが苦手な方にはおすすめです。
勧修寺の紅葉


ドウダンツツジも真っ赤。
勧修寺の紅葉


近くの寺社 :宮道神社

勧修寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 勧修寺へは地下鉄東西線で行きやすい「京都山科 ホテル山楽」に泊まれば便利です。山科駅からすぐのところにあり、JR京都駅へはひと駅5分。
チェック 京都山科 ホテル山楽の予約状況を見てみる
所在地京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6
料金400円
時間9:00〜16:30
アクセス京阪バス勧修寺下車すぐ。
地下鉄東西線小野駅下車徒歩約5分。
駐車場参拝者用無料駐車場有り


このページをシェアする

田中神社(たなかじんじゃ)Tanaka-jinja Shrine

田中神社縁結びの神様大国主命」を主祭神としています。
田中神社

縁結びと厄除けのご利益があるとして地元の信仰が厚い神社です。
田中神社

応仁の乱でも焼け、天文法華乱でも焼けていて詳しい歴史ははっきりしませんが、平安時代の歴史書「日本三代実録」に田中神と記されているのがこの田中神社のことであるそうです。
田中神社

表参道は御蔭通に面していて、縦に細長〜い境内です。
裏側に抜けると叡電の線路はすぐです。

こういう観光客のいない神社をそぞろ歩いていると「京都に住んでいるんだなあ」という実感があります。

田中という平凡な名前ですが、全国の田中姓の発祥の地であるという説も。

田中神社

所在地京都市左京区田中西樋ノ口町1
料金境内自由
時間常時開放
アクセス叡電元田中駅 南すぐ
駐車場参拝者用駐車スペース有り


このページをシェアする

白山神社(はくさんじんじゃ)Hakusan-jinja Shrine

白山神社の祭神は菊理媛命・伊邪那岐命・伊邪那美命。
菊理媛命はくくりひめ。男女の縁をも結んでくれる神様です。
白山神社

平安時代の末期に、僧兵が神輿をかついで内裏に乗り込んで強訴するという行為が流行りました。
ある日の強訴は不首尾に終わり、僧兵たちは重い神輿を途中で捨てて、山へ帰ってしまいました。
捨てられた神輿を近所の人たちが祀ったのがこの白山神社の起こりだということです。
白山神社
白山神社はその昔は広大な社地を持っていたそうですが、今は民家の軒が並ぶ中に挟まるように窮屈に建っています。

歯痛平癒のご利益でも知られています。
白山神社
秋の大祭が近いので御神輿が出ていました。
金ぴかで目にもまぶしいです。

白山神社

所在地京都府京都市中京区麩屋町通押小路下る上白山町243
料金境内自由
アクセス地下鉄京都市役所前駅より徒歩約5分
駐車場なし


このページをシェアする

神泉苑(しんせんえん)Shinsen-en

神泉苑は源義経と静御前が出会った場所。
神泉苑

白拍子静御前が雨乞いの舞を舞っている姿を義経が目撃したことで、恋が始まったといわれます。

恋の匂いがプンプンする雅なスポットです。

現在の敷地はあまり大きくはありませんが、池が広い面積を占め、竜頭鷁首の舟が浮かんでいます。
池には善女龍王が住むとされます。
神泉苑

神泉苑
美しいアーチを描く法成橋。 ひとつだけ願い事をしてこの橋を渡り、橋の向こうの善女龍王社に祈願すると叶うそうです!
神泉苑
恋愛成就のおみくじは200円。

神泉苑のツツジ
ツツジの頃も見事です。

近くの寺社 :武信稲荷神社・二条城

神泉苑

所在地京都府京都市中京区御池通神泉苑町東入ル門前町166
料金境内自由
時間常時開放
アクセス地下鉄東西線「二条城前駅」下車徒歩2分
駐車場なし


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]