2014年8月の記事一覧

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)Fushimi-inari-taisha Shrine

伏見稲荷大社の7月の行事といえば、宵宮祭(よいみやさい)と本宮祭(もとみやさい)の2日間。
参道や境内のたくさんの赤い提灯や石灯篭に火が灯されて幻想的な雰囲気の中、大勢の参拝者が訪れます。
伏見稲荷大社 本宮祭

大きな提灯の下を抜けるとそこはさらに朱の世界。
外拝殿には奉納された行灯画がぐるりと並べられています。
和風の絵ばかりでなく、洋風のモチーフのものもたくさんあるのですが、調和しているように思います。
伏見稲荷大社 本宮祭

釣り灯籠のデザインがいろいろあることにも初めて気付きました。
伏見稲荷大社 本宮祭

吸い込まれそうな千本鳥居ときつねのお面。妖しい魅力を放つ夜のお稲荷さんです。
伏見稲荷大社 本宮祭

風にくるくると舞う短冊。
伏見稲荷大社 本宮祭

伏見稲荷大社は、『行ってよかった外国人に人気の日本の観光スポット 2014(トリップアドバイザー)』の第1位に選ばれており、ますます外国人率が上がっているようです。
実際、本当に外国人が多く、みなさん楽しそうにしておられます。
昼間の伏見稲荷はこちら

伏見稲荷大社 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 伏見稲荷大社の近くにホテルはあまりありませんので、宿泊するならJRでアクセスしやすい京都駅周辺のホテルがよいでしょう。
新・都ホテルホテルグランヴィア京都がおすすめです。
所在地京都市伏見区深草藪之内町68
料金境内自由
アクセス京阪「伏見稲荷駅」JR線 「稲荷駅」から徒歩約5分
駐車場参拝者用無料駐車場あり。前の道路は北向きに一方通行なので、駅の方から踏切を渡ってくると辿り着けません。


このページをシェアする

毘沙門堂(びしゃもんどう)

8月下旬の山科の毘沙門堂。
毘沙門堂

毘沙門堂の庭園「晩翠園」には大きなさるすべりの樹があります。
樹齢100年を越す立派なさるすべりです。
毘沙門堂

花の色は普通のさるすべりより少し濃いピンク。
以前はもっと紫に近かったとか。
毘沙門堂

毘沙門堂

太くてグネグネとした味わいのある幹です。
毘沙門堂

ここに大きなさるすべりがあることは地元の人でもあまり知りません。
普通に境内を散策するだけでは、庭園はちらりとも見えないような位置にあるのです。
毘沙門堂

廊下を歩くとついたての鯉にじろ〜っと見られます。

毘沙門堂 交通アクセスなど

所在地 京都市山科区安朱稲荷山町18
料金境内自由(宸殿・庭園 大人500円)
時間8:30〜17:00
アクセス京阪電車山科駅・JR山科駅・地下鉄山科下車、徒歩20分
駐車場参拝者用無料駐車場あり
35.0016271,135.8188602

このページをシェアする

法界寺(ほうかいじ)Hokai-ji Temple

日野薬師の蓮池の蓮が咲き乱れています。
日野薬師の蓮

強烈な日差しを浴びるところにも、葉っぱの陰にも、同じように美しく咲いています。
日野薬師の蓮

日野薬師の蓮

よそでは見られないくらい背の高い蓮です。
何層にも重なる葉っぱを抜けて、長い茎が伸び、その先に花が乗っています。
日野薬師の蓮
日野薬師は1051年創建の古刹。
ご本尊の薬師如来は、安産や子授のご利益があるといわれています。

近くの寺社 :日野誕生院

法界寺 交通アクセス

所在地京都市伏見区日野西大道町19
料金大人500円
時間9:00〜17:00(季節により変動あり)
アクセス地下鉄東西線「石田」駅下車、徒歩20分
または京阪バス「日野薬師」下車すぐ
駐車場無料


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [6]
  27. 2015年11月 [19]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [38]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [19]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [39]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [63]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [7]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [24]
  54. 2013年4月 [36]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [18]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [72]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [15]
  69. 2012年1月 [16]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [28]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]