2010年8月の記事一覧

市比賣神社(いちひめじんじゃ)Ichihime-jinja Shrine

市比賣神社の御祭神はみんな女神様なので、女性の守り神とされ、良縁・子授け・安産にご利益があるといわれています。
市比賣神社
特に「女人厄除け」の神社として有名です。

祀られているのは次のような神様。
● 多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
● 市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)
● 多岐都比賣命(たぎつひめのみこと)
● 神大市比賣命(かみおおいちひめのみこと)
● 下光比賣命(したてるひめのみこと)

神社は珍しい北向きの建物です。
皇室守護の神社なので、御所に向いているんですね。

境内はとても狭いです。
市比賣神社

天之真名井(あめのまない)。 歴代天皇の産湯に用いられたという名水です。
絵馬を掛け、天之真名井のご神水を飲んで手を合わせると、心よりの願い事が一つだけ叶うということです。
市比賣神社

中には願い事を書いた「姫みくじ」がいっぱい!
市比賣神社


近くの寺社 :長講堂

市比賣神社 交通アクセス

所在地京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入
料金境内自由
時間9:00~16:30
アクセス京阪五条駅 徒歩5分
市バス河原町五条正面  3分
地下鉄 烏丸線「五条」より徒歩10分
駐車場2台分あります。無料。近くにコインパーキングもたくさんあります。


このページをシェアする

パワースポット、2010年は本格的な人気となりました。

これまであまり訪れることがなかった若い年代の人たちの来訪がどっと増えて神社側にとっても嬉しいこと。

でも、いままでと来訪者の目的が違うのに戸惑っていることもあるそうです。

たとえば、東京の明治神宮は戦国武将・加藤清正ゆかりの井戸「清正井(きよまさのいど)」だけがものすごい人気が出て、整理券が配られるほど。

島根県出雲市の須佐神社では樹齢1300年のご神木「大杉」が人気だそうです。

彼らが井戸や杉だけを写真に撮って満足し、本殿は素通りして帰って行く姿を見て神職さんは首を傾げているそうです。

京都で最も有名なパワースポット鞍馬寺でも石だけを目的に来る人がいたり・・・。


まあ、楽しみ方は人それぞれなのでパワーをもらって元気が出ればOKかもしれません。

でも、神社なら本殿にもお参りしたほうがきっといいことがあると思いますよ。


こんな意見も。

小松和彦・国際日本文化研究センター教授(民俗学)のことば。
「歴史の地には正の面と、怨念(おんねん)の受け皿となった負の面があります。単純にありがたがるばかりでは逆効果にもなりかねません。両面を理解して出かけた方がいいですよ。」



このページをシェアする

パワースポットは読売新聞ではこのように説明されていました。


パワースポット】風水学、気功学、スピリチュアリズムなどの立場から、特別な力が得られるとみなされている場所。
宗教的な場が精神面に好影響を及ぼしたり、豊かな自然が健康をもたらしたりするなどの効果があるとされるが、必ずしも科学的根拠はない。
パワースポット人気は、スピリチュアル(霊的)ブームの延長とされる。
霊能者や芸能人が訪れる神社や自然がテレビや雑誌で紹介され、2009年秋頃から一気に火がついた。
神社または山岳など自然の景勝地が多く、全国各地に散在する。



このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [6]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [38]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [39]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [7]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [36]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [18]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [15]
  69. 2012年1月 [16]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [28]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]