2014年4月の記事一覧

普門寺(ふもんじ)Fumon-ji Temple

普門寺さんは紅枝垂桜の名所。由良川の大雲橋近くにあるお寺です。
境内は桜だらけで、特に紅枝垂桜が圧巻です。
普門寺

満開になったばかりで、つぼみもたくさん。
普門寺

端から端まで枝垂桜!
普門寺


お寺の方が掃き掃除。「せっかくみんな見に来てくれはるし、もうちょっと綺麗にしとこう」と嬉しそう。
普門寺

白壁を覆い尽くします。見事!
普門寺



近くの寺社 :才の神

普門寺 交通アクセス

所在地 京都府福知山市大江町南有路1247
料金境内自由
駐車場無料駐車場あり
35.38626851284046,135.180877447

このページをシェアする

大覚寺(だいかくじ)Daikaku-ji Temple

嵯峨野の大覚寺さんにはたくさんの桜がありますが、ぜひ見ておきたいのは勅使門の枝垂桜です。
大覚寺の桜

広い空間の中で1本だけ咲き誇る見事な枝垂桜。
大覚寺の桜

枝垂桜から大沢池のほとりまではすぐ。龍頭船が浮かんでいます。
大覚寺の桜



近くの寺社 :直指庵

大覚寺 交通アクセス

所在地 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
料金大人500円
時間9:00〜16:30
アクセス市バス、京都バス「大覚寺」下車すぐ
駐車場有(500円/2時間、40台)
35.0282864,135.6778001

このページをシェアする

圓光寺(えんこうじ)Enko-ji Temple

一乗寺の圓光寺さんの枝垂桜は石垣の上にあり、とても華やかです。
圓光寺 枝垂桜

圓光寺 枝垂桜

奔龍庭では、龍が雲海から首をもたげて桜を眺めます。
圓光寺 枝垂桜


十牛の庭では石楠花が咲き始めていました。

近くの寺社 :八大神社・詩仙堂

圓光寺 交通アクセスなど

所在地 京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
料金大人400円 500円
時間9:00〜16:30
アクセス市バス「一乗寺下り松町」下車、徒歩8分
叡山電鉄叡山本線「一乗寺駅」から徒歩12分
駐車場無料駐車場あり
35.0450997,135.797032

晩秋の圓光寺はこちら
圓光寺の紅葉


このページをシェアする

常照皇寺(じょうしょうこうじ)

京北の常照皇寺さんへ。入り口の枝垂桜はだいぶん色あせていますが、見頃を保っていました。
常照皇寺

常照皇寺

常照皇寺三大名桜のひとつ「九重桜」はすでに葉桜。
常照皇寺

後水尾天皇ゆかりの「御車返しの桜」は散り盛んですが、まだたくさんの花が残っていました。
常照皇寺

一重と八重の混じったかわいらしい花びら。旗弁も混じっています。
見た目の印象は一重っぽいです。
常照皇寺

苔の上に花びらが散っています。
常照皇寺


お庭のカエデは晩秋のような色合い。
常照皇寺



常照皇寺 交通アクセス

所在地 京都市右京区京北井戸字丸山14-6
料金志納300円〜500円
時間9:00〜16:00
アクセス町営ふるさとバス「山国御陵前」下車、徒歩5分
駐車場無料駐車場あり
35.2009033,135.6853675

このページをシェアする

妙顕寺(みょうけんじ)Myoken-ji Temple

西陣の妙顕寺さんの境内は桜がいっぱい。
紅枝垂桜はまだですが、ソメイヨシノが咲き誇り見事です。
妙顕寺の桜

妙顕寺は日蓮宗の大本山のひとつ。1321年に日像上人が創建。
妙顕寺の桜

妙顕寺の桜

妙顕寺の桜


近くの寺社 :本法寺・妙覚寺

妙顕寺 交通アクセスなど

所在地 京都市上京区寺之内通堀川東入る妙顕寺前町
料金境内自由
アクセス市バス「堀川寺之内」下車、徒歩5分
駐車場参拝者用駐車場あり
35.034617319,135.7546663284

このページをシェアする
京都の世界遺産の中でもマイナーなほうに属する栂尾の高山寺さん。
派手なものは特になく、森林浴を楽しむかんじの境内です。
青もみじの季節もとても気持ちのよいところ。空気も澄んでいるよう。
高山寺の青もみじ

緑に包まれた金堂。
高山寺の青もみじ

国宝の石水院の門前には石楠花が咲いていました。
高山寺の青もみじ

善財童子(ぜんざいどうじ)像が置かれている廂の間。
菱格子戸から入る光が印象的。青く光る床も。
高山寺の青もみじ

南側に来ると視界が開けます。
高山寺の青もみじ

迫ってくるような緑。
高山寺の青もみじ

山とカエデだけの景色です。吊り上げ式の蔀戸が視界を狭めて額縁の効果を高めているよう。
高山寺の青もみじ


高山寺、もっとくわしく

このページをシェアする

千本えんま堂(せんぼんえんまどう)

普賢象桜といえば千本通りの千本えんま堂さん。
普賢象も二尊院普賢象も満開でとても見事でした。
うつむいた花がギッシリと密集して咲いています。
千本えんま堂の八重桜

花のまんなかに象の牙のような緑のものがあり、これが普賢象桜の名前の由来です。
普賢象菩薩はゾウさんに乗っておられるので。
千本えんま堂の八重桜

庵主さんがおられて、説明をきくことができました。
その緑のチョロッと出た象の牙は花が白いうちははっきりしていますが、ピンクに変わると退化していくそう。
だから、赤くなった花や落ちた花冠には象の牙はないのですね。
千本えんま堂の八重桜

白とピンクの混ざっているところが綺麗です。
千本えんま堂の八重桜

千本えんま堂の八重桜

ちょうど普賢象の花が落ち始めたところ。
音もなく落ちてくるので、気付かないうちにずいぶんと増えていました。
千本えんま堂の八重桜

椿のような落ち方をするこの桜。
並べ方が人為的に感じるかもしれません。
カメラマンが好きなように並べなおして撮っていったりすることも多いようです。
そういえば、庵主さんもひょいひょいと動かしておられました。

自然なら下を向いて落ちるように思いますが、落ちてくるのを見ていると地面で花が上を向くものもけっこうあります。
というわけで、この写真はだいたい自然のままの光景です。
千本えんま堂の八重桜


こちらは二尊院普賢象桜。えんま堂普賢象桜よりも花びらがもっと多いです。
千本えんま堂の八重桜 二尊院普賢象桜

千本えんま堂の八重桜

境内には普賢象桜ばかりではなく、「関山桜」「琴平」「松月」などの里桜も咲いています。
どの八重桜も花がうつむいているので、陽の当たるところは意外に少ないです。
千本えんま堂の八重桜


椿もきれい!
千本えんま堂の八重桜


近くの寺社 :上品蓮台寺

引接寺いんじょうじ(千本えんま堂)

所在地 京都市上京区千本通蘆山寺上ル閻魔前町34
料金境内自由
時間9:00~19:00
アクセス市バス「千本鞍馬口」徒歩2分
駐車場無料駐車スペースあり
35.03504777,135.7403326

このページをシェアする

嶺松寺(れいしょうじ)Reisho-ji Temple

嶺松寺さんは亀岡市北ノ庄のお寺。遠目に見ると桜ラインになっています。
嶺松寺の桜

近づいてみれば、境内の枝垂桜が見事。前の道はソメイヨシノの桜並木になっています。
嶺松寺の桜

本堂にはご本尊として南北朝時代に掘られたという「二十一尊磨崖仏」が祀られています。
嶺松寺の桜

嶺松寺の桜


嶺松寺 交通アクセス

所在地京都府亀岡市千代川町北ノ庄東谷6・7合地
料金境内自由
アクセス「北ノ庄」下車徒歩3分
駐車場あり
35.0554712,135.5307186

このページをシェアする

六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ)Rokusonno-jinja Shrine

六孫王神社境内の見事な桜のトンネル。今年も見ることができました。
桜の影もくっきり。
六孫王神社の桜

六孫王神社の桜

六孫王神社の桜

六孫王神社の桜

自転車で来れるひとはうらやましいですね。
六孫王神社の桜
このあとは八重桜の季節がやってきます。
六孫王神社の紫陽花はこちら
「恋の架け橋」六孫王神社の縁結びはこちら

近くの寺社 :東寺

このページをシェアする

栄寿神社

四世紀後半に造られた古墳(円墳)の上にお稲荷さんが祀られています。
その参道には鳥居がいくつも並び、その上を桜が覆っています。
稲荷山の桜

ミツバツツジも咲き始めています。
稲荷山の桜
登りきってお稲荷さんのところに着くと、もう桜はありません。
稲荷山の桜

誰にも会わず、独りのお花見でした。
稲荷山の桜


栄寿神社(稲荷山) 交通アクセス

所在地京都府木津川市山城町北河原北谷13-1
料金境内自由
アクセスJR奈良線「棚倉」駅より徒歩15分
駐車場駐車スペース少しあり
34.7679092301,135.81636676430

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [6]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [38]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [39]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [7]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [36]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [18]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [15]
  69. 2012年1月 [16]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [28]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]