en6_head.jpg

8月の京都 一覧

天龍寺(てんりゅうじ)Tenryu-ji Temple

嵐山渡月橋からすぐの世界遺産天龍寺さんの境内に蓮池があります。
ここはまだ拝観料の要らない区域なので、自由に鑑賞することができます。
天龍寺

ただ、蓮池のまわりはけっこう厳重な柵で囲まれていますので、のんびり眺めるという感じではないかもしれません。
みなさん「わあ〜キレイ〜。」といいながらも足早にお堂のほうへ立ち去っていかれます。
天龍寺の蓮

天龍寺の蓮


近くの寺社 :法輪寺・法然寺

天龍寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 天龍寺を訪れるなら宿は歩いてすぐの料理旅館「嵐山辨慶」がおすすめです。
目の前は大堰川、その向こう岸に名勝「嵐山」、渡月橋もすぐ近く。
月替りの伝統の京懐石と肌触りのとても良い良質の嵐山温泉が自慢の純和風旅館です。
チェック 嵐山辨慶

そのお隣のらんざんも良いお宿です。
嵯峨野を巡る拠点にも最適です。
所在地 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
料金庭園(曹源池・百花苑)大人500円、諸堂参拝(大方丈・小方丈・多宝殿)は+100円、法堂「雲龍図」特別公開は別途500円
時間8時30分~17時30分 (11月〜3月は17時まで)
アクセス京福電鉄嵐山線 「嵐山」駅下車すぐ。
JR「嵯峨・嵐山」下車徒歩5分
駐車場有料駐車場あり(1回1000円)


このページをシェアする

仁和寺(にんなじ)Ninna-ji Temple

世界遺産仁和寺といえども、真夏のお昼に来る人はそれほど多くはありません。

ジリジリと差すような日差しの下で年末の時代劇の撮影が行われていました。

漏れ聞くところによると、佐藤賢一氏の小説「女信長」のドラマ化で、フジテレビの年末スペシャルドラマとして二夜連続放送されるそうです。
仁和寺

甲冑を着込んで旗指物を持った足軽さんたちはひたすら待ち時間を耐えています。
気温は35度を超えています。
仁和寺

主演の天海祐希さんも炎天下ずっと馬上におられます。
素敵な仕上がりになるよう祈らずにはいられません。
仁和寺


仁和寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 仁和寺を訪れるなら、仁和寺の宿坊に泊まるのがベスト。
世界遺産の中で眠りにつく非日常感がたまりません。宿泊に仁和寺の拝観券もついていてお得です。 御所紫宸殿移築の国宝金堂で朝のお勤め体験もでき、心静かに己を見つめ直す旅になること間違いなし!
龍安寺や金閣寺へも散歩圏内! じゃらんクチコミも90点、宿としても一流です。
チェック 仁和寺御室会館
所在地 京都府京都市右京区御室大内33
料金境内自由(御室桜開花期間は入山料500円)、御殿など大人500円
時間3~11月 9:00~17:00
12~2月 9:00~16:30
アクセス北野線「御室仁和寺」下車 徒歩2分
駐車場120台(500円)


このページをシェアする

毘沙門堂(びしゃもんどう)

8月下旬の山科の毘沙門堂。
毘沙門堂

毘沙門堂の庭園「晩翠園」には大きなさるすべりの樹があります。
樹齢100年を越す立派なさるすべりです。
毘沙門堂

花の色は普通のさるすべりより少し濃いピンク。
以前はもっと紫に近かったとか。
毘沙門堂

毘沙門堂

太くてグネグネとした味わいのある幹です。
毘沙門堂

ここに大きなさるすべりがあることは地元の人でもあまり知りません。
普通に境内を散策するだけでは、庭園はちらりとも見えないような位置にあるのです。
毘沙門堂

廊下を歩くとついたての鯉にじろ〜っと見られます。

毘沙門堂 交通アクセスなど

所在地 京都市山科区安朱稲荷山町18
料金境内自由(宸殿・庭園 大人500円)
時間8:30〜17:00
アクセス京阪電車山科駅・JR山科駅・地下鉄山科下車、徒歩20分
駐車場参拝者用無料駐車場あり
35.0016271,135.8188602

このページをシェアする

法界寺(ほうかいじ)Hokai-ji Temple

日野薬師の蓮池の蓮が咲き乱れています。
日野薬師の蓮

強烈な日差しを浴びるところにも、葉っぱの陰にも、同じように美しく咲いています。
日野薬師の蓮

日野薬師の蓮

よそでは見られないくらい背の高い蓮です。
何層にも重なる葉っぱを抜けて、長い茎が伸び、その先に花が乗っています。
日野薬師の蓮
日野薬師は1051年創建の古刹。
ご本尊の薬師如来は、安産や子授のご利益があるといわれています。

近くの寺社 :日野誕生院

法界寺 交通アクセス

所在地京都市伏見区日野西大道町19
料金大人500円
時間9:00〜17:00(季節により変動あり)
アクセス地下鉄東西線「石田」駅下車、徒歩20分
または京阪バス「日野薬師」下車すぐ
駐車場無料


このページをシェアする

立本寺(りゅうほんじ)

立本寺さんの本堂前には蓮の鉢がたくさん置かれています。
立本寺

立本寺

蓮池の蓮とは違って、近づいて蓮の花を鑑賞できるのがうれしいです。
立本寺

立本寺

白いさるすべりも花盛り。
立本寺


近くの寺社 :北野天満宮祐正寺

立本寺 交通アクセス

所在地 京都市上京区七本松通仁和寺街道上ル一番町107
料金境内自由
時間9:00~17:00
アクセス市バス「千本中立売」下車、徒歩10分
駐車場参拝者用駐車場あり


このページをシェアする

本隆寺(ほんりゅうじ)Honryu-ji Temple

西陣の本隆寺さんのさるすべりは見事です。
こんなに高い密度で咲いているさるすべりを他で見たことがありません。
本隆寺

反対側には白いさるすべり。
本隆寺

わたしの知る中では京都一の密度です。
本隆寺


近くの寺社 :雨宝院

交通アクセスなど

所在地 京都市上京区智恵光院五辻上ル紋屋町330
料金境内自由
アクセス市バス「今出川大宮」より徒歩5分
市バス「千本今出川」より徒歩10分
駐車場参拝者用駐車場あり


このページをシェアする

出雲井於神社(いづもいのへのじんじゃ)

下鴨神社の本殿に向かって左手に摂社の出雲井於神社があります。
祭神は須佐之男命で、開運、厄除け、茶道上達のご利益があるそうです。
このまわりの木はどれもギザギザの葉っぱになってしまうことから、比良木社(柊社)とも。
「何でも柊」といわれ、下鴨神社の七不思議のひとつに数えられています。
出雲井於神社


夏の下鴨神社は特に印象的なお花もありませんが、京都の街なかよりはいくぶんか涼しく、お参りや散歩の方も多いです。
夏の下鴨神社

夏の下鴨神社

本殿。
夏の下鴨神社

縁結びの相生社も木陰の下。
夏の下鴨神社



出雲井於神社 交通アクセス

所在地京都市左京区下鴨泉川町59
料金境内自由
時間6:30~17:00
アクセス京阪「出町柳駅」より徒歩約10分
駐車場コインパーキングあり


このページをシェアする

瑞春院(ずいしゅんいん)

夏の相国寺。
相国寺

境内の西の端にある相国寺塔頭の瑞春院さんといえば、水上勉氏の小説「雁の寺」の舞台として知られています。
相国寺瑞春院のさるすべり

大きなさるすべりが何本かあり、門の外からでもよく見えます。
花はピークではありませんでしたが、さるすべりの向こうに透けて見える庫裏が良い感じです。
相国寺瑞春院のさるすべり

シーサーにブーゲンビリアといった感じの色合いですね。
相国寺瑞春院のさるすべり

沖縄〜。
相国寺瑞春院のさるすべり



相国寺瑞春院 交通アクセス

所在地京都府京都市上京区今出川通烏丸東入ル
料金通常非公開(拝観は2名以上で事前予約 600円)
時間(10:00~16:00)
アクセス地下鉄烏丸線「今出川」下車、徒歩5分
駐車場相国寺駐車場を利用


このページをシェアする

東景寺(とうけいじ)Tokei-ji Temple

八坂神社の南門の少し南にある小さなお寺、東景寺さん。
山門のかたわらには形の良いさるすべりがあり、8月下旬には花盛り!
東景寺のさるすべり

足を止めて見ていく人もときどきおられます。
東景寺のさるすべり
「秋葉三尺坊大権現」の碑が立っています。秋葉山は火除けのご利益で知られます。
(撮影日 2012年8月31日)

近くの寺社 :八坂神社

東景寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 東景寺さんのお隣は有名な「祇園畑中」です。清水寺、高台寺、知恩院、青蓮院、建仁寺などを訪れるのにも最適です。
祇園畑中
チェック 祇園畑中の詳細を見る
所在地京都市東山区祇園町南側500
アクセス京阪「祇園四条」駅より徒歩10分


このページをシェアする

養源院(ようげんいん)Yogen-in Temple

養源院さんのお堂はたくさんのさるすべりの古木に囲まれています。
見頃の遅いさるすべりだそうで、8月下旬に訪れたときはまだ満開には至っていませんでした。
養源院


9月1日に再訪しました。
さるすべりはやっと見頃に突入していました。たくさんの花をつけて綺麗でした。
養源院のさるすべり

養源院のさるすべり

養源院のさるすべり

養源院のさるすべり


近くの寺社 :三十三間堂

養源院 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 養源院や三十三間堂を訪れるならホテルはハイアットリージェンシー京都がとても便利です。 JR京都駅から車で約5分のハイクラスホテル。
チェック ハイアットリージェンシー京都の詳細
所在地 京都市東山区三十三間堂廻り町656
料金大人500円
時間9:00〜16:00
アクセス京都市バス博物館三十三間堂前から徒歩すぐ
京阪電車「七条駅」下車 徒歩10分
駐車場なし


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [6]
  27. 2015年11月 [19]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [38]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [19]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [39]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [63]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [7]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [24]
  54. 2013年4月 [36]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [18]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [72]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [15]
  69. 2012年1月 [16]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [28]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]