en6_head.jpg

タグ「縁結び」の一覧

宮道神社(みやじじんじゃ)Miyaji-jinja Shrine

山科の勧修寺のそばにある宮道神社縁結びの神社です。
宮道神社
いちばん面白いのはその鳥居の低さです。
遠くから見ると普通に見えるのですが、
150cmちょっとの女性が頭をすります!
背の高い男性ならあごを打つでしょう。
宮道神社の鳥居
このあたりは宇治の郡司宮道氏のお屋敷があったところ。

「今昔物語」にこんな逸話が残っています。

藤原高藤が山科に鷹狩りに来て雨に降られ、このお屋敷で一夜の雨宿りをします。

そこで宮道氏の娘の列子に出会い、結ばれて娘が生まれます。

その娘は胤子といい、後に宇多天皇の女御になり、醍醐天皇の生母となりました。

そんな逸話からいつしか縁結びの御利益があるとして人々がお参りするようになったそうです。

藤原高藤の子孫には紫式部がいるので、このロマンスがなかったら源氏物語も生まれていなかったのかもしれません。
宮道神社
宮道神社はとてもシンプルでなんにもない感じがいいです。
お社をひと回りしても特になにもありません。
玉の輿・縁結びの絵馬が2つだけ飾られています。
宮道神社

宮道神社

所在地京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町
料金境内自由
アクセス地下鉄「小野」駅下車 徒歩10分
駐車場あり
勧修寺
勧修寺(かじゅうじ)は900年に醍醐天皇が胤子の追善のため造ったお寺。
JR東海の「そうだ京都行こう」シリーズに登場するなど庭園の美しさで有名です。
ぜひ立ち寄ってみましょう。

このページをシェアする

折上稲荷神社(おりがみいなりじんじゃ)Origami-inari-jinja Shrine

折上稲荷神社は山科の西野にある古い神社です。
折上稲荷神社

折上は「降り神」。
稲荷大神が稲荷山の三ヶ峯(伏見稲荷大社)に降りられた次にこの地にも降りられた、ということで、伏見稲荷の「奥の院」とも呼ばれ、厚い信仰を受けてきました。
市の調査によって、550年頃から祀られていたことがわかっており、古墳時代から存在する超古社ということになります。

さて、明治時代のこと、祇園の舞妓 加藤雪が人気の舞妓になるために毎日折上稲荷神社に祈願していたそうです。

そうするうちに、アメリカの財閥モルガンに見初められ、そして結婚し、「モルガンお雪」となり、京女を世界に知らしめたということで、折上稲荷神社は多くの女性が縁結びや商売繁昌を祈願しに訪れるようになったということです。

「働く女性のお稲荷さま」とも言われています。
折上稲荷神社
小さな鳥居が無数に掛かっています。
折上稲荷神社
こちらにもたくさん。

折上稲荷神社
境内の小高いところにある稲荷塚は550年頃に造られた古墳のひとつです。
折上稲荷神社
お使いの狐は切れ長の鋭い目をしていますが、よだれかけは「パンダちゃん♥」
折上稲荷神社
こちらは「クマちゃん(>・<)」
折上稲荷神社
パンダちゃんとクマちゃんいっぱい♥♥♥! 思いがけず癒されます。

折上稲荷神社

所在地京都府京都市山科区西野山中臣町28
料金境内自由
時間9:00~17:00
アクセス京阪バス 折上神社前 徒歩2分
京阪バス 大石神社前 徒歩約5分
地下鉄 東西線 椥辻駅 車徒歩約15分
駐車場参拝者用無料駐車場あり


このページをシェアする

市比賣神社(いちひめじんじゃ)Ichihime-jinja Shrine

市比賣神社の御祭神はみんな女神様なので、女性の守り神とされ、良縁・子授け・安産にご利益があるといわれています。
市比賣神社
特に「女人厄除け」の神社として有名です。

祀られているのは次のような神様。
● 多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
● 市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)
● 多岐都比賣命(たぎつひめのみこと)
● 神大市比賣命(かみおおいちひめのみこと)
● 下光比賣命(したてるひめのみこと)

神社は珍しい北向きの建物です。
皇室守護の神社なので、御所に向いているんですね。

境内はとても狭いです。
市比賣神社

天之真名井(あめのまない)。 歴代天皇の産湯に用いられたという名水です。
絵馬を掛け、天之真名井のご神水を飲んで手を合わせると、心よりの願い事が一つだけ叶うということです。
市比賣神社

中には願い事を書いた「姫みくじ」がいっぱい!
市比賣神社


近くの寺社 :長講堂

市比賣神社 交通アクセス

所在地京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入
料金境内自由
時間9:00~16:30
アクセス京阪五条駅 徒歩5分
市バス河原町五条正面  3分
地下鉄 烏丸線「五条」より徒歩10分
駐車場2台分あります。無料。近くにコインパーキングもたくさんあります。


このページをシェアする

道祖神社(どうそじんじゃ)Doso-jinja Shrine

道祖神社の石像
ラブラブの石像

京都駅からすぐ近くの道祖神社
京都タワー

京都旅行でちょっと時間が余ったらお参りしてみましょう。
道祖神社

ビルの谷間の穴場的な小さい神社です。
道祖神社

祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)と天鈿女命(あめのうずめのみこと)。
猿田彦命はニニギノミコトの天孫降臨のときの道案内役。
だから道の神、旅人の神様とされます。

天鈿女命は天照大神が天岩戸に隠れて世界が暗闇になったときに踊りを踊って誘い出した芸能の神様。

ふたりの神様はその後結ばれたということで、縁結びや子孫繁栄の祈願の対象ともなりました。

この辺りは江戸時代までは市場や集落があり、人の往来の多いにぎやかな場所だったそうです。
道祖神社

隣も後ろもビルが迫って、すごい圧迫感!
道祖神社
牛も窮屈そうです。

道祖神社

所在地京都市下京区油小路通塩小路下る南不動堂町
料金境内自由
アクセス京都駅から徒歩5分ほど
駐車場なし
34.98684365019881,135.75361504915

このページをシェアする

月読神社(つきよみじんじゃ)

月読神社は、松尾大社の南側のちょっと離れたところにある松尾大社の摂社です。
300メートルほどの距離ですから、松尾大社に参拝するときに行ってみましょう。
月読神社

856年からこの地にあるとされる古社で、月読尊(つきよみのみこと)が祀られています。
縁結びや子授け、安産の御利益があります。
特に安産の祈願に来る女性が多いようです。
月読神社
神功皇后ゆかりの安産石(月延石 つきのべいし)です。

月読神社
縁結び・恋愛成就の「むすびの木」

境内には、聖徳太子を祀るとされる聖徳太子社や海上交通の安全祈願を祈る御船社の末社などもあります。

月読神社

所在地京都府京都市西京区松室山添町15
時間5:00〜18:00
料金境内自由
アクセス市バス「松尾大社前」 徒歩 10分
京都バス「鈴虫寺」 徒歩 10分
駐車場松尾大社の無料駐車場に停めて歩いて行くのがいいかも。


このページをシェアする

天橋立(あまのはしだて)Amano-hashidate

松島、宮島と並んで日本三景に数えられる名所、天橋立パワースポットとしても有名です。

そして最近では「恋の架け橋」などとも呼ばれ、縁結びスポットにもなっています。
この写真の傘松公園からの天橋立の眺めは「斜め一文字」と呼ばれます。
天橋立傘松公園

笠松公園。
天橋立 笠松公園

こちらはビューランド。
天橋立ビューランド


天橋立は百人一首の歌にも読まれていたり、丹後国風土記に書かれていたり、それはもう古くから知られてきました。

丹後国風土記のおはなしは、神代の時代、天にいた「イザナギ」が地上の籠神社(眞名井神社)にいた「イザナミ」のもとに通うために使っていた梯子が天橋立であったというお話。
それがバタンと倒れていまのような状態になったということです。
まさに恋の架け橋だったんですね。
天橋立
丹後天橋立大江山国定公園となっていて、国の特別名勝、日本の白砂青松100選、日本の地質百選などにも選定されています。
世界遺産入りも目指しているそうです。

8,000本の松林の間を歩いて渡ると40分程。
東側は白い砂浜が広がっていて、なんとも清々しい風景です。
天橋立トワイライトレールロード
晴れた日の夕方には松並木に西日が差して、道を縞模様にする「トワイライトレールロード」が見られます。
天橋立トワイライトレールロード


天橋立神社(橋立明神)

天橋立の途中、文殊に近いほうに小さな神社があります。天橋立神社です。
橋立明神

天橋立神社は豊受大神・八大龍王・大川大明神をお祀りする神社です。
鳥居の上には恋愛成就祈願のために人々が石を乗せていくので、てんこもりになっています。
そばには磯清水の井戸があります。まわりは海なのに真水が湧き出しています。

なかよしの松

天橋立の途中に幹が二股になっている大きな松があります。
なかよしの松です。
これは縁結びに効果があるに違いない!
縁結びの天橋立神社


真名井神社

真名井神社は天橋立の北側にある籠神社の奥の院。
真名井神社

天の真名井の御神水が湧き出ています。

強いパワーのある神社として知られています。

くわしくはこちら>> 真名井神社

天橋立 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 天橋立周辺にはたくさんのお宿があります。
天橋立は良い温泉が出ていますので、日帰りでなく泊まりで楽しみたいスポットです。
おすすめはホテル北野屋天橋立ホテル。 天橋立を眺めながら浸かる露天風呂は最高です。

クルマなら宮津湾をはさんで高台に建つ白いホテル天橋立宮津ロイヤルホテルもおすすめです。部屋は全室オーシャンビューで素敵。
天橋立宮津ロイヤルホテル
所在地 京都府宮津市天橋立
時間自由
料金無料
アクセス電車:京都丹後鉄道「天橋立駅」から徒歩すぐ。
車:京都縦貫自動車道−宮津天橋立I.C
京都から天橋立までは約2時間。(約100km)


このページをシェアする

縣神社(あがたじんじゃ)Agata-jinja Shrine

縣神社
宇治の縣神社は平等院の南門から西へ100メートルほどのところにある小さな神社です。
縣神社
縣神社は平等院よりもっと古いのですが、平等院の鬼門に位置するのでその鎮守とされるようになりました。

祭神は「木花開耶姫命(このはなさくやひめ)」。

縁結びの神様として知られ、結婚、安産の祈願にお参りする方が多いです。

境内は小さいのに、樹々はどれも巨木でびっくりします。
縣神社
ムクノキ

毎年6月5日の深夜から6日の未明にかけて「縣祭」という祭礼が行われます。
沿道の明かりが消されて真っ暗闇になった中をお神興が通ります。「暗夜の奇祭」として有名です。
縣神社
縣祭で用いられる「梵天」が祀られています。

縣神社の犬
ワンコがのんびりとお賽銭の番をしています。



近くの寺社 :平等院・橋姫神社  

縣神社

所在地京都府宇治市宇治蓮華72
時間常時開放
料金境内自由
アクセス京阪宇治駅より徒歩約7分
JR宇治駅より徒歩約12分
駐車場2〜3台分の無料駐車スペースがあります。


このページをシェアする

随心院(ずいしんいん)Zuisin-in Temple

世界三大美人の一人、小野小町ゆかりの寺として有名な山科の随心院さん。
随心院
この辺りは小野氏の一族が栄えたところで、小野小町もこの地の出で宮中を退いてからはまたこの地で過ごしたそうです。

境内の一角に小町の邸宅跡、その隅に化粧の井戸があります。

この辺りが邸宅跡。
随心院の小町屋敷跡

小町が朝夕の化粧で使ったという化粧の井戸。
随心院の小町化粧の井戸
とても大きくて深い造りになっていて、いまも水があります。

裏手に回ると森の奥に文塚があります。
随心院

深草少将をはじめ多くの男性から小町へ寄せられた文を千束も埋めたという塚です。
小町にあやかろうとお参りに来る方が大勢おられます。
おだんごのようなかわいらしい塔です。
随心院


本堂には文塚に納めきれなかった恋文を貼ってつくられたという地蔵菩薩もあります。
お祈りすれば恋文が上達し思いが叶うといわれています。

縁結びのおみくじも。
文塚


文塚の周りには危険な生き物たちが・・・・両方いっぺんに出て来たらどうしましょうか。
文塚のスズメバチ

 

随心院 交通アクセス

所在地京都府京都市山科区小野御霊町35
拝観時間9:00~16:30
料金境内自由。本坊・庭園 400円。
アクセス京都市営地下鉄小野駅1番出口 徒歩5分
駐車場参詣者用無料駐車場があります。


このページをシェアする

地主神社(じしゅじんじゃ)Jishu-jinja Shrine

地主神社縁結びの神社として、パワースポットとして、もっとも有名です。
地主神社

京都で縁結びといえば、まずここを挙げる人が多いでしょう。
京都 地主神社

京都 世界遺産 清水寺の境内にあってただですら有名であるのに、 旅雑誌や若い女性向けの雑誌、駅の看板などに広告もいっぱい出ていて、知名度はますますアップしている神社です。

境内は平日でも人があふれていてイメージもなんだか原宿チックですね。

恋占いの石、しあわせのドラ、恋の願掛け絵馬など、まるでテーマパークのよう。

でも、古くて由緒正しい神社ですし、なんと言ってもあの清水寺とセットで堪能できますから、やっぱりおすすめの神社です。

恋占いの石、撫で大国さんやドラなど五感に働きかけられ、エンターテイメント的にも楽しいですから、 未経験であればぜひ京都旅行に組み込んでくださいね。

恋占いの石。
地主神社の恋占の石
目を閉じたまま対の石まで辿り着けたら恋愛成就が約束されます。
恋のスイカ割りです。
アトラクション的なのに石は縄文時代からある古いものです。
地主神社の恋占の石

失敗例。
地主神社


縁結びのお守りだけでも何種類もあります。
地主神社の縁結びお守り


本殿。
地主神社本殿
中をよく見るととても古い建物であることがわかります。
それもそのはず、地主神社は8世紀の清水寺創建のときには、すでに土地の神様としてこの地にあったのです。

しあわせのドラを打つと神様に響きが伝わり、良縁がいただけるそう。
地主神社のドラ


撫で大国さま。
地主神社の撫で大国
撫でる箇所によって御利益も違います。
良縁を願う人は小槌をナデナデしましょう。
金属の大国さまと木の大国さまの触り心地が違うのでおもしろいです。

まだまだいろいろあります。
地主神社

じっくり楽しんでください。
地主神社


地主神社の七夕

地主神社の縁結び行事のひとつが7月7日の地主神社七夕祭。 良縁成就恋愛成就を祈願する「七夕こけしお祓い」の神事が行われ、狭い境内は若い女性やカップルでにぎやかになります。
カップルの紙こけしは織姫&彦星。
相手の名前や、まだ見ぬ理想の相手のイメージを紙こけしに書いて、ふたつをしっかり結びつけます。
カップルの紙こけしを本殿両側の大笹に吊るし、恋愛成就を強く祈願します。
「七夕こけし」は1組500円です。

地主神社の七夕で恋愛成就

7月7日の午後2時から地主神社で七夕祭が行われます。
良縁成就恋愛成就を祈願する七夕こけしお祓いの神事です。

京都を代表する縁結びの神様である地主神社は、普段から人でいっぱいですが、この日は恋愛成就を願う熱い参拝者でさらににぎわいます。
一対の紙のこけしに自分の名前とお相手の名前を書き、ふたつをしっかりと結んで、本殿のかたわらの大笹に結びつけ、恋愛成就祈願

意中の人がいない場合は、理想像やタイプを書いてもOK。

とにかく、熱い思いがうずまくその場所に参加するだけでも、ポジティブなパワーが得られるはずですよ。
詳細は公式サイトでご確認ください。 >> www.jishujinja.or.jp/

京都 地主神社

地主神社の桜

縁結びの有名スポット地主神社さんの桜は、古くから和歌や俳句や謡曲に謳われてきた名木です。
いまの地主桜は代が変わり、若木なので見応えはありません。
でも、かわいらしい桜です。八重と一重の花が混じり合って咲きます。
この地主桜も、桜守の佐野藤右衛門さんがお世話しているそうです。
地主神社の桜
地主神社の縁結び情報はこちら

地主神社では桜の咲く頃、えんむすび祈願『さくら祭り』が行われます。地主神社の縁結びのご利益が美しい地主桜のパワーで倍増。
地主神社の桜
(写真の日付は以前のものです)

「地主権現の花ざかり!」と地主神社が謳われている謡曲が奉納されたり、白川女が桜を献花したり、華やかな行事になっています。
ただし、狭い境内は相当混雑しますので、気合いを入れてから突入しましょう。

地主神社のサツキ

地主神社のサツキ

地主神社といえば縁結び恋愛成就
地主神社のサツキ

恋占の石や縁結びのお守りを求めて、多くの人は目の色を変えて石段を上がっていきます。
境内に咲くお花には誰も見向きもしませんが、サツキはたくさん植えられていてきれいです。
地主神社のサツキ

地主神社のサツキ

地主神社のもみじ祭

地主神社で紅葉のころに行われるのは、秋の豊作と縁結びのご利益に感謝し、家内安全・商売繁盛を祈願するもみじ祭。 巫女さんが神楽『もみじの舞』『剣の舞』『扇の舞』を奉納します。お火焚の神事も。

地主神社の雪景色

雪の朝もちらほらとお詣りする人がある地主神社さん。
地主神社の雪景色

椿もサツキも雪化粧。
地主神社の雪景色

地主神社 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 地主神社&清水寺を訪れるなら、お宿は「京都東山荘」がおすすめ。
清水寺や高台寺など東山散策に最適の立地の片泊まりの宿です。
じゃらんクチコミ92点。
チェック 京都東山荘
所在地 京都市東山区清水1丁目317
時間午前9時~午後5時
料金清水寺拝観料の300円が必要です。
アクセスJR京都駅・近鉄京都駅から市バス206・100系統で12分
阪急河原町・京阪祇園四条駅から市バス207系統で12分
「五条坂」「清水道」各バス停で下車、徒歩10分 清水の舞台を出るとすぐ左
駐車場 》 》 清水寺の駐車場予約←先に駐車場をおさえられます!


このページをシェアする

お登勢稲荷(おとせいなり)Otose-inari Shrine

幕末、三十石船で栄えた伏見の船宿「寺田屋」。 坂本龍馬が定宿としていたことでも有名です。

当時の女将お登勢さんはここのお庭に「お登勢明神」として祀られています。

小さな小さな祠で、作られたのも最近のことですが、龍馬とお龍の仲を取り持ったお登勢さんにあやかろうと、良縁成就のお参りにくる人も多いそうです。
お登勢稲荷

お登勢稲荷

所在地京都府京都市伏見区南浜町263
料金無料
アクセス京阪中書島駅から徒歩6分


このページをシェアする

武信稲荷神社(たけのぶいなりじんじゃ)Takenobuinari-jinja Shrine

武信稲荷神社
武信稲荷神社は大通りからすぐ近くなのですが、ちょっと奥まったところにあって、 そこだけがふわっと昔に戻ったようなそんな雰囲気。
平安時代からある古い神社です。

いつくもの小さなお社がある中で異彩を放っているのが巨大な榎の樹。
武信稲荷神社のエノキ
京都市天然記念物にも指定されているその榎は23メートル、胸高幹周り4メートル。 幹は苔むして緑。枝はわさわさと四方に広がっています。

樹齢は850年、平安時代末期、平重盛が厳島神社から苗木を 移したと伝えられています。

榎(えのき)は縁の木(えんのき)ということで、傍らの「宮姫社」とともに縁結び恋愛の神様として知られてきました。

この榎は坂本龍馬おりょう縁結びの木としても有名です。

ふたりは何度もこの神社に訪れていました。

京の町で命を狙われて身を隠し、おりょうと離れ離れになった龍馬が自分がまだ京にいることをおりょうに知らせるためにこの木の幹に『龍』の字を彫ったそうです。

その『龍』の字を見つけたおかげで再び会うことができたという逸話。

素敵なはなしですね。

木の幹は苔むしてもちろん『龍』の字はもうありません。
武信稲荷神社
龍馬とおりょうのセンスのいい絵馬がいっぱい。


近くの寺社 :神泉苑

武信稲荷神社

所在地京都府京都市中京区今新在家西町38
料金境内自由
アクセス阪急電車京都線・大宮駅で下車し北に徒歩約5分
駐車場なし


このページをシェアする

松尾大社(まつのおたいしゃ)Matsuno-o-taisha Shrine

松尾大社

松尾大社さんは京都市の西の端っこ。
渡来人の秦氏が創建した京都最古の神社のひとつです。
松尾大社

至るところにしゃもじがくっつけられていて親しみのある雰囲気です。
松尾大社の山吹


本殿の左側手前にあるのが恋愛成就と夫婦和合にご利益のある「相生の松」。
松尾大社の山吹

残念ながら今は大株が残るのみなのですが、お社になっていてお参りすることができます。

樹齢350年と言われ、本当に太い松の根っこです。
二股に分かれています。
松尾大社の山吹


4月のある日曜日に行きましたら、拝殿で楽器演奏をしていたり、楼門前でアートやいろいろな催し物をやっていて活気にあふれていました。

やまぶきの黄色が綺麗でした。
松尾大社のやまぶき


お庭も素敵。
松尾大社

月読神社鈴虫寺へもぶらぶら歩いていけます。

松尾大社の節分

松尾大社
2月3日の午前中に松尾大社を訪ねると、拝殿では石見神楽が奉納されているところでした。
松尾大社

激しいアクションときらびやかな衣装でぐるんぐるんと舞い、鬼と闘い、討伐。
島根県益田市の民俗芸能無形文化財に指定されているお神楽です。
松尾大社
仲哀天皇の塵輪征伐。
松尾大社
節分なので、鬼の登場する演目なのですね。
松尾大社
吹きっさらしなので、手足の感覚がなくなってきますが、それでも見る価値がありました。
松尾大社

スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治する演目も圧巻。
松尾大社
松尾大社

午後には節分大祭・弓矢の神事・福豆と餅まきが行われました。


こちらは縁結びの相生の松。
松尾大社


松尾大社の山吹

京都で山吹といえば最も有名なのは松尾大社さん。
松尾大社の山吹

2013年は正面や水車回りは花つきがあまりよくなかったようですが、左手のほうは見事な山吹の園でした!
松尾大社の山吹

松尾大社の山吹

松尾大社の山吹

松尾大社の山吹


松尾大社のあじさい

松尾大社の境内の隅っこの山の斜面にはたくさんのあじさいが植えられています。


松尾大社

松尾大社

あじさいを目当てに行くというほどではないかもしれませんが、綺麗ですよ。
松尾大社

(2011年6月14日撮影)
松尾大社




松尾大社 交通アクセス

所在地京都市西京区嵐山宮町3
拝観時間9:00〜16:00 日曜・祝日は16:30まで
料金境内自由 庭園は500円
アクセス阪急嵐山線「松尾」駅下車。徒歩約5分。
駐車場無料駐車場が多数あります。


このページをシェアする

矢田地蔵尊(やたじぞうそん)

修学旅行生のぞろぞろと歩く三条通りのアーケード街。
三条・寺町の交差点を北へちょっと上がると矢田地蔵尊があります。
矢田地蔵尊

矢田地蔵尊はとても親しみやすい雰囲気の空間です。

たくさんの紅ちょうちんが赤々と灯っており、派手なんですが、どこかゆるやかな空気が流れているようです。

地蔵菩薩は、諸願成就、特に恋愛関係にご利益があるとされています。
賽銭箱の上には鐘がぶらさがっています。「送り鐘」といって、六道珍皇寺にある「迎え鐘」と対の鐘です。

お地蔵さんが帽子をかぶっていました。
ぬいぐるみお地蔵さまがいっぱい吊ってあります。
矢田地蔵尊

町の人々がときどき入ってきては拝んでいきます。

良縁成就の絵馬は500円です。
矢田地蔵尊の絵馬

矢田寺

所在地京都市中京区寺町通三条上ル
時間8:00~19:00
料金境内自由
アクセス三条河原町からアーケード街を西へ。寺町通りを右折してすぐ。
駐車場なし


このページをシェアする

濡髪大明神(ぬれがみだいみょうじん)

知恩院の境内にある濡髪大明神縁結び祈願の隠れスポット。 縁結びの穴場と紹介されることも。
濡髪大明神
元々は住職の霊厳上人が白狐のために建てた祠ということで、火よけの神さまとされていました。 社殿の後ろ側には、狐が出入りできるほどの小さな穴が開けられています。
言い伝えの内容は次のような話。
寛永の大火のおり御影堂が焼失。御影堂再建に尽力した霊巌上人の枕元に濡れ姿でしくしくと泣く童子が現れた。御影堂ができたためにすみかを追われた白狐だと悟った霊巌上人は、代わりのねぐらとして濡神大明神を建ててやった。喜んだキツネは「知恩院を火災から守る」と約束し、傘を置いていった。それがいまも知恩院にある傘で「知恩院の七不思議」の一つ。(京都新聞より)

でも後に狐とは関係なく、 「濡髪」という言葉が男女の情事と結びつけられ、やがて縁結び祈願の祠となったそうです。

祇園の舞妓さんや芸妓さん、水商売の人々も参りに来ます。誰も来ない場所だからお詣りしても目立たないのです。

この濡髪大明神、知らないとたどり着くのに苦労するかもしれません。 というのも、知恩院は巨大なお寺で山門を入ってから石段を長い距離登らなければなりません。
知恩院の石段
(山門も石段も大きいです)
知恩院
(どんどん登ってきて・・・さらに登っていきます・・・)
知恩院の墓地
(御廟の門をくぐって、その奥に墓地があります。墓地の向こうのほうに小さく鳥居が見え隠れ。)

濡髪大明神は広大な墓地の一番奥にあり、墓地の入り口からはその存在がほとんど見えません。
わからなくなったら早めにお寺の方に聞きましょう。

手前には千姫の大きなお墓があります。
濡髪大明神


近くの寺社 :八坂神社・青蓮院門跡・将軍塚

濡髪大明神

所在地京都市東山区林下町400 知恩院内
料金拝観無料
時間3月~11月 9:00~16:30
12月~2月 9:00~16:00
アクセス市バス206系統 知恩院前下車 徒歩15分


このページをシェアする

須賀神社(すがじんじゃ)Suga-jinja Shrine

平安神宮から北へ。丸太町通を渡って1ブロックのところに須賀神社はあります。
須賀神社
小さな境内です。良縁成就のご利益があります。

須賀神社の写真
節分の日には「懸想文売り」という神事があります。

懸想文(けそうぶみ)は節分にしか授与されない護符(ラブレターのような)。
これをいただいて、人知れず鏡台やタンスの引き出しに入れておくと、良縁が舞込み、容姿端麗になり、衣装までも増えるということです。

平安時代のころから懸想文売りが京の町を練り歩き、それを目当てに人々が集まったそうですよ!

烏帽子・水干姿に覆面というヘンテコな格好の懸想文売り
文の代筆は貧乏なお公家さんの隠れアルバイトだったので、顔を隠しているそうです。
節分の日の懸想文売りの様子はこちら

普段はあまり人のいない静かな境内です。

須賀神社

所在地左京区聖護院円頓美町91
料金境内自由
アクセス市バス熊野神社前すぐ
駐車場普段は境内に乗り入れて停めてもよいそうです。


このページをシェアする

六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)Rokuharamitsu-ji Temple

六波羅蜜寺は963年に空也上人が開いた真言宗智山派の古刹。
源平盛衰の史跡の中心地で、当時は平氏の館があったり、鎌倉幕府の探題がおかれていた場所でもあります。
六波羅蜜寺
六波羅蜜寺には、平清盛の像や空也上人の像など教科書でよく見る重要文化財がたくさんあります。
六波羅蜜寺
ご本尊の十一面観音像は国宝で、別名「えんむすび観音」とも呼ばれています。
ただし、本堂中央の厨子に安置されていて、12年に一度しか開帳されない秘仏です。
次回は2024年。

六波羅蜜寺では紅白2コセットになっている縁結びのお守りを買うことができます。
女性なら赤いほうを持って帰り、白い方は本殿に置いて祈祷してもらいます。
六波羅蜜寺

六波羅蜜寺

所在地京都市東山区五条通大和大路上ル東入ル轆轤町
時間8:00〜17:00
料金拝観無料。宝物館は600円。
アクセス「清水道」のバス停より徒歩7分。東大路通りの西側。
駐車場なし

近くには有名な「幽霊の子育て飴」があります。
形も不揃いで素朴ですが深い味わいです。
おみやげにどうぞ。
幽霊の子育て飴


このページをシェアする

八坂庚申堂(やさかこうしんどう)Yasaka-koshindo Temple

くくり猿ってご存知ですか?
「さるぼぼ」にも似ていますね。
八坂庚申堂

猿の手足が結ばれたこの形、欲望を抑え、コントロールすることで願いを叶えるということだそうです。
さる結び=猿結び=縁結び!という具合に縁結びのご利益が出てきたのでしょう。

八坂庚申堂のお使いは猿です。
正面のお堂に三猿。本尊は青面金剛童子。
くくり猿は色鮮やかに境内のいたるところに吊り下がっています。
八坂庚申堂

八坂庚申堂

くくり猿はひとつ500円で買うことができます。
八坂庚申堂八坂の塔のすぐ近くなので、塔を目印に歩いて行くとすぐ見つかります。

さて、カラフルなくくり猿に囲まれておられるのが、ずるむけ坊主さま。
赤い顔で怒りの形相。
悪いことをしたこどもの皮を剥ぐといわれています。
八坂庚申堂のずるむけ坊主
(ほんとはびんずるさん)

八坂庚申堂 交通アクセスなど

所在地京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る四丁目金園町390−1
料金無料
アクセス京都市バス「清水道」下車。五重塔(八坂の塔)を目印に、赤いくくり猿が吊るされた塔ノ下商店街を登ればすぐ
駐車場東大路通周辺に有料駐車場多数

京都旅行・京都ツアーオススメのエリア【清水・祇園】

変身舞妓さん

変身舞妓さんの記念撮影の場所となっています。
八坂庚申堂


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]