en6_head.jpg

京都 桜パワースポット 一覧

神童寺(じんどうじ)Jindoji Temple

伊賀街道沿いの神童寺さん。
神童寺の桜

山門の両側の桜が満開でした。
神童寺の桜

山門をくぐれば、
神童寺の桜

桜に包まれた景色。
神童寺の桜
本堂と収蔵庫には、「文化財の宝庫」といわれるほどたくさんの重要文化財指定の仏像が安置されています。

本堂の裏の山は桜とミツバツツジの競演です。
神童寺の桜



神童寺 交通アクセスなど

所在地京都府木津川市山城町神童子不晴谷
料金境内自由(仏像拝観400円)
時間9:00~16:30
アクセスJR「棚倉駅」より徒歩約40分
駐車場なし(小さい車なら石段下に路駐可とのこと)
34.765950469,135.832353830

このページをシェアする

京都平安郷(きょうとへいあんきょう)

一般公開されている京都平安郷の夜桜を見に行きました。
あいにくの雨でしたが、そのぶん幻想的な景色が広がっていました。
平安郷の桜

実際には枝垂桜群はだいぶんピークを過ぎているのですが、ライトアップされるとボリュームが出て、予想以上に美しかったです。
平安郷の桜

かがり火の煙もムードを添えています。
平安郷の桜
京都平安郷の昼間の桜

近くの寺社 :印空寺・遍照寺

平安郷 交通アクセス

所在地京都市右京区嵯峨広沢池下町24-1
料金通常非公開(公開時は無料)
アクセスバス「山越」または「山越中町」下車
35.028169000988,135.6928789615

このページをシェアする

西宗寺(さいしゅうじ)

西宗寺さんの境内はたくさんの桜に包まれていました。
山科 西宗寺の桜

西宗寺は1481年の創建。蓮如上人が山科本願寺を建てる際に所領を寄進した海老名五郎左衛門信忠という名主さんが建てたお寺だそうです。
山科 西宗寺の桜

山科 西宗寺の桜

山科 西宗寺の桜

山科 西宗寺の桜


西宗寺 交通アクセス

所在地京都府京都市山科区西野広見町11
料金境内自由
アクセス最寄駅は地下鉄東西線「東野」
駐車場あり
34.9835845,135.80767259999

このページをシェアする

上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)Jobonrendai-ji Temple

美しいフォルムの紅枝垂桜を見ることのできる上品蓮台寺さん。
上品蓮台寺

上品蓮台寺

上品蓮台寺

遅咲きの紅枝垂れ桜の濃いピンクがなんとも艶やか!
上品蓮台寺

千本通りに面した上品蓮台寺は聖徳太子が建立したお寺と云われています。
上品蓮台寺


この日は、染井吉野が散りはじめで、紅枝垂桜は満開。
上品蓮台寺
観光寺院ではないので、静かに見学を。

近くの寺社 :千本えんま堂

上品蓮台寺

所在地 京都市北区紫野十二坊町33-1
料金境内自由
時間6時〜17時
アクセス市バス「千本北大路」下車 徒歩3分
駐車場あり(寺務所に連絡)



このページをシェアする

本圀寺(ほんこくじ)Honkoku-ji Temple

紅枝垂桜が美しい山科の本圀寺さん。
本圀寺の桜

本圀寺の桜

以前は金ぴかの仁王様や灯籠、釣り鐘などがきらびやかでしたが、いつからか塗り直されて落ち着いた雰囲気になりました。
本圀寺の桜

でも、ちゃんと金色がワンポイント残してあるのがいいですね。
本圀寺の桜

本圀寺の桜

本圀寺の桜
本圀寺の基本情報はこちら。
琵琶湖疏水流域の桜はこちら。

このページをシェアする

秀典寺(しゅうてんじ)

山科の秀典寺さんは、毘沙門堂へ向かう道から少し東へ入ったところの山手に建つお寺。
傾斜のきつい坂道を登って山門に着けば、小さな境内には1本の立派な紅枝垂桜。
秀典寺の枝垂桜

夕日を浴びて、降るように咲いています。
秀典寺の枝垂桜

もうすぐ日が落ちます。桜も本日最後の輝き。
秀典寺の枝垂桜
秀典寺は安土桃山時代の創建。 堂内には庵主さんすら見たことがない秘仏が安置されているそうです。

近くの寺社 :大立寺・瑞光院・毘沙門堂

秀典寺 交通アクセス

所在地京都市山科区御陵安朱東海道町55
アクセスJR山科駅より徒歩10分
34.997564221617154,135.821308320

このページをシェアする

上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)Jobonrendai-ji Temple

千本通りに面した上品蓮台寺さんの桜。
上品蓮台寺の桜

紅枝垂桜は見頃に入ったばかりでしょうか。ピンクが濃いです。
上品蓮台寺の桜

お稲荷さんのほうの染井吉野もまだ咲いています。
上品蓮台寺の桜


上品蓮台寺の八重桜

紅枝垂桜のあとは八重桜が咲きます。
上品蓮台寺の桜

新緑の中でコロンコロンと元気よく咲いています。
上品蓮台寺の桜


このページをシェアする

粟嶋神社(あわしまじんじゃ)Awashima jinja Shrine

住宅街にポツンと立つ丘(浄法寺山)の上に粟嶋神社はあります。
見上げると桜が綺麗です。
亀岡 粟嶋神社の桜

椿の散る石段を登って境内へ。
亀岡 粟嶋神社の桜

すっきりした境内のまわりを桜が包みます。
亀岡 粟嶋神社の桜

粟嶋神社は少彦名命を祀り、特に婦人病平癒のご利益があるとして信仰を集めてきたそうです。元は浄法寺というお寺の鎮守社でしたが、いまは浄法寺は無くなり公民館となっています。
亀岡 粟嶋神社の桜


粟嶋神社 交通アクセス

所在地京都府亀岡市篠町浄法寺土取54
料金境内自由
時間日中随時
アクセス「西つつじヶ丘」下車徒歩3分
駐車場駐車スペースあり
9号線頼政塚の交差点から近いです。


このページをシェアする

安福寺(あんぷくじ)Anpuku-ji Temple

木津川市の安福寺さんの山門前の桜。
安福寺の桜

横幅もとても長く、花の密度もぎゅうぎゅうに詰まっています。
安福寺の桜

安福寺の桜

安福寺は平重衡ゆかりのお寺。十三重石塔は重衡を埋葬した場所に建てられたといわれます。
安福寺の桜

桜に包まれたお寺という印象です。
安福寺の桜
ライトアップもされています。

近くの寺社 :御霊神社

安福寺 交通アクセス

所在地京都府木津川市木津宮ノ裏274
料金境内自由
アクセスJR奈良線「木津駅」より徒歩10分
駐車場駐車スペースあり


このページをシェアする

新日吉神宮(いまひえじんぐう)Imahie-jingu Shrine

東山七条から女坂を登って、朝の新日吉神宮にお詣り。
1160年に後白河法皇の命により建てられたと云われていますが、現在地に落ち着いたのは1897年のこと。
新日吉神宮の桜

新日吉神宮の境内にはソメイヨシノがたくさん植えられています。
新日吉神宮の桜

新日吉神宮の桜

大黒様も満足そうに笑っています。
新日吉神宮の桜

お猿さんは笑っていませんが、夫婦円満のご利益あり。
新日吉神宮の桜
新日吉神宮の縁結び情報

近くの寺社 :智積院・三十三間堂

新日吉神宮

所在地京都市東山区妙法院前側町451-1
料金境内自由
アクセス市バス「東山七条」から東へ徒歩約8分
駐車場参拝者用駐車スペース有り


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [6]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [39]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [7]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [18]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [16]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]