en6_head.jpg

京都 桜パワースポット 一覧

菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ)Kandaijin-jinja Shrine

飛梅で知られる菅大臣神社さんですが、桜の季節の参道も素敵です。
菅大臣神社の桜

密度の濃いソメイヨシノのアーチです。
菅大臣神社の桜


近くの寺社 :繁昌神社

菅大臣神社 交通アクセス

所在地京都市下京区仏光寺通新町西入菅大臣町
料金境内自由
時間9:00~17:00
アクセス地下鉄「四条烏丸」下車徒歩約5分
市バス「西洞院仏光寺」下車徒歩約2分
駐車場なし
35.00069205934989,135.75607985258

このページをシェアする

長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)Nagaoka Tenmangu Shrine

長岡天満宮の広い八条ケ池の周りは染井吉野が囲んでいます。
長岡天満宮

長岡天満宮


桜の種類もさまざまで、枝垂桜も白やピンクがあります。
長岡天満宮 枝垂桜

長岡天満宮は菅原道真公が実際にしばしば詩歌管弦を楽しんだ地。
長岡天満宮

広大な敷地の長岡天満宮ですが、明治維新の前はいまの5倍の広さだったそうです!

近くの寺社 :乙訓寺・光明寺

長岡天満宮

所在地 京都府長岡京市天神2丁目15−13
料金境内自由
時間午前9時〜午後6時(4月〜9月)
午前9時〜午後5時(10月〜3月)
アクセス阪急京都線「長岡天神駅」西口より徒歩10分
駐車場コインパーキングあり
34.92271,135.686789

ここは5月が楽しみな場所。
長岡天満宮


このページをシェアする

十輪寺(じゅうりんじ)Jurin-ji Temple

十輪寺の業平桜は早咲きの枝垂桜です。
小さな中庭から溢れ出るように咲いています!
十輪寺

鳳輦形の屋根となりひら桜。
十輪寺

十輪寺

中庭「三方普感の庭」の空を覆っています。
誰も他にはいないので縁側で寝そべって手枕で桜を見ます。
(それがいちばん綺麗だとお寺の方に教えていただきました。)
十輪寺

風が吹くたびに、はらはらと花びらが舞い散って感動的でした。
十輪寺


十輪寺の情報をもっと見る

このページをシェアする

辰巳大明神(たつみだいみょうじん)Tatsumi-daimyojin Shrine

テレビでもよく見る祇園白川、辰巳大明神は伎芸上達の神様。
時折、参拝する舞妓さんの姿も見られます。

桜のころにはライトアップされています。
元々は地元有志でこの辰巳大明神をライトアップしていたのが、祇園白川のライトアップに展開したそうです。
辰巳大明神の夜桜

艶やかな祇園白川の夜桜。白川沿いにはソメイヨシノや枝垂桜が続いています。
国の伝統建物保存地区に指定されていて、京都らしい格子戸の町屋が並び、風情があります。
場所は四条通の北側を平行する白川南通り(川端通から辰巳大明神の約220mの区間)
祇園白川の夜桜

見事な桜の天井です。
祇園白川の夜桜


祇園白川宵桜ライトアップ 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 白川沿いには「料理旅館白梅」や「祇をん新門荘」などのお宿があり、玄関を出ればすぐ桜が並んでいます。
チェック 祇をん新門荘
所在地京都市東山区元吉町
料金自由
期間3/30〜4/8(2012年の情報です)
時間午後6時〜10時
アクセス京阪「祇園四条」より徒歩3分
京阪「三条」より徒歩5分
阪急「河原町」より徒歩5分
駐車場なし


このページをシェアする

三千院(さんぜんいん)

桜の季節の京都大原三千院を訪ねました。
三千院

三千院は宸殿から見る往生極楽院と有清園のこの景色が有名ですね。
石楠花が綺麗です。
三千院

三千院

三千院

緑の苔の海を泳いでいるようですね。
三千院


三千院の枝垂桜

三千院には遅咲きの紅枝垂桜がたくさんあります。
桜は境内東側の観音堂付近に集中しています。
三千院

三千院は桜の名所というイメージがあまりないかもしれませんがとても綺麗です。
三千院

三千院は紅葉スポットとして名高い京都大原の寺院。高い石垣に囲まれた御殿門を入ると本尊の薬師如来像を安置する宸殿、聚碧園をのぞむ客殿、有清園へと続きます。
絵になるのは苔むした瑠璃光庭と、阿弥陀三尊坐像を安置する往生極楽院。見どころの多い寺院です。
三千院

三千院

三千院

三千院

三千院のあじさいはこちら

近くの寺社 :来迎院・勝林院・実光院・宝泉院

三千院 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 三千院のある京都大原には良い温泉が出ます。
三千院から歩いてすぐの人気のお宿は旬味草菜 お宿 芹生
三千院 芹生
露天風呂付客室もあり、山並みを一望しながら静寂さに心癒されてほ〜っとできます。

三千院を望むお月見台がある魚山園もおすすめ!
三千院 魚山園
所在地 京都市左京区大原来迎院町540
料金大人700円
時間12月〜2月 8:30〜16:30
3月〜11月 8:30〜17:00
アクセス京都バス「大原」下車徒歩10分
駐車場近隣に有料駐車場多数(1回300円〜500円くらい)


このページをシェアする
旧有栖川邸の枝垂桜がこんなに緑になってからも、
有栖川邸
京都御苑の桜はまだまだ見頃が続きます。
中立売御門内の「御所御車還」。
京都御苑の桜

京都御苑の桜


出水の小川周辺はサトザクラなどが満開。
京都御苑の桜

京都御苑の桜

京都御苑の桜

京都御苑の桜

京都御苑の桜

京都御苑の桜

すごい密度の花のかたまり。
京都御苑の桜

緑の桜、御衣黄。
京都御苑の桜

地面にはタンポポがいっぱい。
京都御苑の桜

京都御苑の桜
まだこれから咲き始める桜もあるようです。
春はいつまで続くのか・・・?
(撮影 2011年4月25日ほか)

新緑の中で目立つピンクは菊桃でしょうか。
京都御苑の桜


このページをシェアする

月輪寺(つきのわでら)

4月中旬のある日、月輪寺さんの桜を見に、えっちらおっちら登ってきました。
クルマを停めるところから1時間足らずの山登りですが、けっこう勾配がきついので、しんどいです。
ミツバツツジがあちこちに咲く明るい山道です。
月輪寺の桜と石楠花

お地蔵さんのあたりで半分くらい。
月輪寺の桜と石楠花

登ってきて、急に明るく開ける斜面に月輪寺さんがあります。
桜、咲いていました!
月輪寺の桜と石楠花

しぐれ桜は「志ぐれ桜」「時雨桜」とも書かれ、親鸞上人お手植えの桜だそうです。
月輪寺の桜と石楠花

明智光秀公お手植えと伝わる石楠花も見頃でした。
月輪寺の桜と石楠花

この景色を見れば、疲れも吹き飛びました。
月輪寺の桜と石楠花

古くからあるお寺ですが、裏の山が崩れてきていて、現状維持をするだけでも多くの労力とお金が必要だそうです。
お寺の方の話ではちゃんと復興するには100年はかかるだろうとのこと。
こんな山奥に資材を運ぶだけでも、気が遠くなります。
月輪寺の桜と石楠花

月輪寺の桜と石楠花

太いカエデは赤ちゃんのようなコブがあり、子授け・夫婦円満にご利益あり。
月輪寺の桜と石楠花

帰りはただ下るだけなので、30分ほどで林道に戻れます。

このページをシェアする
金戒光明寺塔頭の永運院さんや西翁院さんあたりの桜景色。
金戒光明寺塔頭の桜

二院のあいだにある大きな枝垂桜はどちらのものでしょう。
金戒光明寺塔頭の桜

金戒光明寺塔頭の桜

金戒光明寺塔頭の桜


このページをシェアする
京都御苑の近衛邸跡の紅枝垂桜も見事。
白い枝垂桜が葉桜になって、ソメイヨシノが散ったころ、見頃を迎えます。
出水の八重桜群よりは早く咲きます。
京都御苑の紅枝垂桜

京都御苑の紅枝垂桜

京都御苑の紅枝垂桜

この時期を狙ってお花見に来る人たちはかなりのの京都つう!!
京都御苑の紅枝垂桜

御車返しの桜も満開(若干ピーク過ぎですが)
京都御苑の紅枝垂桜


京都御苑の八重桜はこちら

このページをシェアする

二条城(にじょうじょう)Nijo-jo

世界遺産二条城は桜の名所として有名です。
城内にはたくさんの桜があり、特に紅枝垂桜は圧巻です。
二条城の桜

二条城の桜

二条城は着物で来ればタダでお花見できます!
二条城の桜

桜の落とす影も素敵。
二条城の桜

注意したいのは、広い広い城内でメインの桜群は順路の後半に登場しますので、最初から丹念にじっくりお城や御殿を見物すると、桜に辿りつく前にバテバテになります!
天守閣跡の石段で疲れきって座っているひとをよく見かけます(笑
お花見が目的なら、前半はさらっと行きましょう。
二条城の桜

城内には約400本・50種類の桜があるそうです。
二条城の桜

二条城の桜

二条城の桜

二条城の桜

二条城の桜


近くの寺社 :神泉苑

二条城 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 二条城のすぐ目の前にANAクラウンプラザホテル京都(京都全日空ホテル)と京都国際ホテルがあり、たいへん便利です。
チェック ANAクラウンプラザホテル京都京都国際ホテル
所在地京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
料金大人600円
時間午前8時45分~午後4時(午後5時閉城)
アクセス市バス「二条城前」下車すぐ
駐車場有料駐車場あり(2時間まで600円)
二条城


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [6]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [39]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [7]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [18]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [16]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]