en6_head.jpg

京都 桜パワースポット 一覧

哲学の道(てつがくのみち)Philosopher's Path

南の若王子神社から北の銀閣寺までを結ぶ「哲学の道」は桜の名所。
白川疏水とも呼ばれる琵琶湖疏水分線に沿って延々と桜並木が続きます。
「日本の道100選」にも選ばれている散策路です。
哲学の道の桜

快晴で桜の落とす影もくっきり。
哲学の道の桜

地面に近いところではユキヤナギや山吹、サンシュユ、レンギョウ、木瓜、南天など様々な色を添えています。
哲学の道の桜

『物事を深く考える、の近頃、流行っていないようですが。いいんでしょうか。』
1997年春の「そうだ 京都、行こう。」はこの哲学の道でした。
哲学の道の桜

桜もソメイヨシのだけでなく、紅枝垂桜があったり、山桜があったりとカラーも豊富。
哲学の道の桜


哲学の道沿いに点在する寺社にも桜の景色があります。

熊野若王子神社の奥を少し登ったところにある「桜花苑」はピンク一色。
哲学の道の桜

哲学の道の桜

光雲寺にも桜が見えます。
哲学の道の桜

大豊神社では白い大きな枝垂桜が咲いています。
大豊神社の桜

しあわせ地蔵「彌勒院」も桜で囲まれています。
このあたりは特に人がいっぱいです。
哲学の道の桜
晴れた日に哲学の道を歩けてしあわせでした。
難しいことはなにも考えられませんが。(2012年4月12日)

近くの寺社 :熊野若王子神社・彌勒院・大豊神社・光雲寺・永観堂・安楽寺・霊鑑寺・法然院・銀閣寺

哲学の道 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 宿泊は哲学の道沿いにある「京都東山 さくら山水」がおすすめ。じゃらん泊まって良かった(総合)ホテルクチコミランキング近畿3位。満足度の高いお宿です。5室しかないので早めの予約が必須です。
チェック 京都東山 さくら山水
所在地京都府京都市左京区
料金自由
時間自由
アクセス南から:市バス「南禅寺永観堂道」下車徒歩約3分
北から:市バス「銀閣寺道」下車徒歩5分
駐車場なし(周辺のコインパーキングは特別料金設定になります・・・)


このページをシェアする

板列八幡神社(いたなみはちまんじんじゃ)

板列八幡神社

参道の椿がてんこもり。
板列八幡神社

長い石段の先には質素な造りの拝殿と本殿がありました。
板列八幡神社

高台からは満開の桜の向こうに阿蘇海と天橋立が見えます。たいへん良い眺めです。
板列八幡神社


ふもとにある男山八幡公園には人の気配がありません。
板列八幡神社


板列八幡神社では10月末に「柿祭り」が行われます。
縁結びの神様のお祭りで、板列八幡神社の神様が出雲に行かれる日だということです。

近くの寺社 :板列稲荷神社

板列八幡神社 交通アクセス

所在地京都府与謝郡岩滝町男山178
料金境内自由
時間自由
駐車場なし
35.57553778201129,135.162756443023

このページをシェアする

板列公園(いたなみこうえん)

桜の名所として知られる板列公園。
板列公園

晴れ上がった午後、桜も満開ですが、広々とした公園におられるのはおばあちゃんふたりだけ。

夜に人がいっぱいになるのでしょうか。

板列稲荷神社(いたなみいなりじんじゃ)

公園のかたすみには板列稲荷神社が鎮座しています。
板列神社
(2012年4月18日)

板列公園 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 板列公園を訪れるなら、宿泊は「橋立ベイホテル」がおすすめ。高台の自然に囲まれたホテルからは天橋立も見渡せます。
チェック 橋立ベイホテル
所在地京都府与謝郡与謝野町岩滝582
料金自由
時間自由
アクセス丹海バス「東町」下車、徒歩5分
北近畿タンゴ鉄道宮津線「岩滝口駅」からタクシーで5分
駐車場あり(無料)


このページをシェアする

傘松公園(かさまつこうえん)

パワースポット天橋立を「斜め一文字」に見おろす傘松公園桜の名所でもあります。
リフトの先には最近できた「スカイデッキ」が。たくさんの人が景色を楽しんでいます。
傘松公園

青い空と海。そして桜。絶景です!
天橋立 傘松公園

世界遺産登録確定!?
天橋立 傘松公園

恋愛成就を祈願する「願いの南京錠」1個 700円なり。
天橋立 傘松公園

かなり勇気は要りますが、こんな撮影スポットも用意されています。
「願いの鐘」。
天橋立 傘松公園


智恩寺側からの遠望。
天橋立 傘松公園


近くの寺社 :籠神社・成相寺

傘松公園 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 KTR天橋立駅周辺のホテルを利用するとよいでしょう。 おすすめは「ホテル北野屋」「天橋立ホテル」。 天橋立を眺めながら浸かる露天風呂は最高です。
チェック ホテル北野屋天橋立ホテル
所在地京都府宮津市天橋立
料金無料
時間リフト9時~16時/ケーブルカー8時〜17時30分(季節により変動)
アクセス府中駅からリフトまたはケーブルカーで(往復640円)
駐車場民間の有料駐車場を利用(1回500円程度)
35.58679390569548,135.1958227157592

このページをシェアする

西願寺(せいがんじ)Seigan-ji Temple

和束町の西願寺さんの大きな枝垂桜です。
西願寺の桜

古木らしいゴツゴツした幹。樹齢は250年を超えるとか。
西願寺の桜

石垣の上から静かに街道と集落を見おろしています。
西願寺の桜

(2012年4月16日)
西願寺の桜


西願寺 交通アクセス

所在地京都府相楽郡和束町大字湯船小字岩倉178
料金境内自由
アクセス奈良交通バス「清水橋」下車すぐ
駐車場なし
34.8333369,135.9511614

このページをシェアする

妙満寺(みょうまんじ)

妙満寺さんには紅枝垂桜がたくさん植えられています。
妙満寺

観光寺院ではないので、いつ来ても静かな境内です。
妙満寺

濃いピンクの若木もたくさん。
妙満寺
妙満寺のツツジの季節はこちら

ついでに幡枝八幡宮のぶっとい山桜を見に行きましたが、こちらはまだ咲いていませんでした。
幡枝八幡宮
(2012年4月12日)

近くの寺社 :幡枝八幡宮・実相院

妙満寺 交通アクセス

所在地 京都市左京区岩倉幡枝町91
料金境内自由、本坊300円
時間午前6時〜午後5時(本坊は午後4時まで)
アクセス叡山電鉄「木野駅」下車。徒歩5分
京都バス「幡枝(妙満寺)」下車すぐ
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

御百稲荷神社(おひゃくいなりじんじゃ)

ウェスティン都ホテル京都パワースポットだといわれます。
ホテルの宣伝というわけではなく、ホテルの敷地である華頂山は将軍塚にも続く歴史ある山なのです。
中腹には御百稲荷神社が鎮座していて、平安時代の刀匠、三条小鍛冶宗近が詣ったという記録もあります。

桜咲くころに歩いてきました。
御百稲荷神社

お詣りするにはホテルの7階から裏山に入りますので、フロントでひと声かけて行きましょう。
まず、桜咲く葵殿庭園や佳水園庭園があり、その先は野鳥がたくさん集まる山の散策路となっています。
ウェスティン都ホテル京都

ちょっとしたハイキング気分でしばらく登ると着くのが御百稲荷神社。
古くから「蹴上の稲荷」として信仰されてきたお稲荷さんです。
祭神は御百稲荷大明神。
何度もお詣りすることで商売繁昌や無病息災の御利益が得られるといわれます。
お社の前からの眺めも良いです。
ウェスティン都ホテル京都

ついでに上から平安神宮の紅枝垂桜を拝見。
ウェスティン都ホテル京都
ホテルに宿泊している人もそれほど散歩には出て来ないようで、気楽な山歩きができます。

近くの寺社 :粟田神社・青蓮院・知恩院・南禅寺・将軍塚大日堂

御百稲荷神社 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 宿泊は「ウェスティン都ホテル京都」へ。京都でも指折りのハイクラスホテルですが、プランによってはとてもリーズナブルに泊まることもできます。
チェック ウェスティン都ホテル京都
所在地京都府京都市東山区粟田口華頂町1
料金境内自由
時間日中随時
アクセス地下鉄東西線「蹴上駅」下車すぐ。「ウェスティン都ホテル京都」7階連絡通路を通り、190mほど。
駐車場ホテルのコインパーキングを利用(1時間300円)

ウェスティン都ホテル京都のおせちは大丸松坂屋の通販で注文できます。

このページをシェアする

インクライン

蹴上のインクラインはソメイヨシノのトンネルとなり、多くの観光客が訪れます。
インクラインの桜

2012年4月12日。満開です。
インクラインの桜

琵琶湖疏水の水路上で、蹴上と南禅寺の船溜りの間は標高差があったので、ここだけは鉄道で荷物を運んでいました。
1948年に廃止され、傾斜した線路だけが残りました。
インクラインの桜

向こうが南禅寺の船溜り。
その向こうは京都市動物園。園内も桜がいっぱいです。
インクラインの桜

海外からのお客さんも多いです。
インクラインの桜

インクラインの桜

インクラインのてっぺんはまた水路になっています。
ここまで来ると観光客はぐっと減ります。
インクラインの桜

今日は撮影日和。
インクラインの桜

ひたすら青空〜!
インクラインの桜
南禅寺周辺の桜はこちら

近くの寺社 :南禅寺

インクライン 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 インクラインを歩くなら、宿泊は目の前の「ウェスティン都ホテル京都」が最適です。
ウェスティン都ホテル京都
9階の広々としたテラスからもインクラインの桜並木が見渡せます。
チェック ウェスティン都ホテル京都
所在地京都府京都市左京区南禅寺福地町
料金自由
時間自由
アクセス地下鉄東西線「蹴上駅」下車すぐ
駐車場なし


このページをシェアする

宝巖寺(ほうがんじ)

加悦のちりめん街道沿いの宝巖寺さん。
境内には満開の紅枝垂桜が見えます。
宝厳寺

宝巖寺のお隣は天満神社のものすごい石段です。

実際に見ると登りたくなくなります・・・。
(お祭りでは大神輿を担いでこの石段を下りてまた登るそうです・・・)

息を切らして登ってくれば加悦の街並が見おろせ、良い眺め。

天神山の山上は広い平らな境内地です。
祭神は学問の神様菅原道真公。


宝巖寺 交通アクセス

所在地与謝郡与謝野町加悦985
料金境内自由
35.5025065,135.0924006

このページをシェアする

綾部八幡宮(あやべはちまんぐう)Ayabe-hachimangu Shrine

綾部八幡宮

綾部八幡宮の拝殿のかたわらの大きな白い枝垂桜はすでに散り半ばでした。
機会があれば、いつかまた・・・。
綾部八幡宮


池のまわりは満開。
綾部八幡宮

外周は背の高いソメイヨシノが続きます。
綾部八幡宮
(2012年4月18日)

綾部八幡宮 交通アクセス

所在地京都府綾部市宮代町明知9番地
料金境内自由
時間日中随時
アクセスJR山陰線綾部駅下車徒歩5分
35.3010632,135.2463991

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [6]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [39]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [7]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [18]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [16]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]