2011年4月の記事一覧

千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう)Senbon-shakado Temple

千本釈迦堂さんは町の中にある古いお寺です。
正式には大報恩寺といいます。

本堂は国宝。柱に応仁の乱(1467~77年)の刀傷が残っているほどで、京都市内でも最古の建物と言われています。
吉田兼好の徒然草にも出て来るそうです。

本堂と枝垂桜(阿亀桜)
千本釈迦堂

縁結びと夫婦円満のご利益があると言われるのはおかめ塚。

新しいブロンズ阿亀像はけっこう巨大です。
千本釈迦堂のおかめ塚
「気の弱いこどもならヒキツケを起こしそうに恐ろしい。こういう像は実物大以上にしちゃいけないと思う」by 入江敦彦氏

本堂を造営するときに柱の寸法を1本間違って短く切ってしまった大工の棟梁。

その失敗を機智で助けたのがその妻のおかめさん。

その方法とはあとの3本も短くカットして、接合部に組物をつないで、元の計画よりもすばらしい意匠の造形をつくりあげたということです。

ただ、おかめさんは上棟式の前日に自害してしまったそうです。

夫のミスを命をかけてカバーしたおかめさん。

その話を伝え聞いた人々が、貞淑で賢かったおかめさんの菩提を弔うために、境内に宝篋印塔(おかめ塚)を建てました。

悲しい話ですが棟梁とおかめの夫婦愛にあやかろうと参拝するひとが増えたそうです。

千本釈迦堂の阿亀桜

おかめさんの名前がついた阿亀桜。
千本釈迦堂

風になびく姿もよいです。
千本釈迦堂

椿も綺麗。
千本釈迦堂
(2011年4月7日撮影)

千本釈迦堂(大報恩寺) 交通アクセス

所在地京都市上京区五辻通七本松東入溝前町1305
拝観時間9:00〜17:00
料金境内自由。霊宝館は500円。
アクセス京都市バス「上七軒」から徒歩5分。上七軒の交差点を北へ上がって小学校を越えたあたりです。
駐車場境内に乗り入れてもよいそうです。


このページをシェアする

幸せ地蔵(しあわせじぞう)Shiawase-jizo

銀閣寺道から哲学の道に折れて、しばらく歩いたところに祀られている小さなお地蔵さま。
弥勒院(みろくいん)の幸せ地蔵尊です。
お寺は普段閉まっていますが、境内角のお地蔵さんのお堂はいつでも開いています。
幸せ地蔵

霊験あらたかだということで、ときどきお参りする人が並んでいるのを見ます。
幸せ地蔵

本堂のほうは今日も閉まっていました。
幸せ地蔵

お地蔵様は赤ちゃんを抱いたお姿なので「子安地蔵」とも呼ばれます。
幸せ地蔵

縁結びの御利益があるともいわれます。

えんむすびお守りも置いてありますよ。
幸せ地蔵
(2011年2月14日撮影)

幸せ地蔵の桜

お地蔵さんの前は桜が多く、お花見シーズンは華やか。雨でも人がいっぱい歩いていました。
幸せ地蔵

晴れればさらに素敵!
幸せ地蔵の桜

4月8日には弥勒院も開いていて、甘酒をいただくことができました。
幸せ地蔵


近くの寺社 :法然院・銀閣寺

幸せ地蔵(祥雲山弥勒院)交通アクセスなど

所在地 京都府京都市左京区浄土寺南田町
料金境内自由
時間自由
アクセス市バス「銀閣寺前」下車、徒歩5分
駐車場なし


このページをシェアする

離宮八幡宮(りきゅうはちまんぐう)

大山崎町の離宮八幡宮は荏胡麻(えごま)油の発祥地で、油の神様です。
離宮八幡宮
平安時代の創建で、江戸時代には「西の日光」と呼ばれるほど広大な社地を持っていましたが、いまは小さな境内です。
離宮八幡宮

東門のそばに美しい枝垂桜が1本あります。
「河陽 祇園しだれ桜」。
離宮八幡宮
満開です!
離宮八幡宮

染井吉野も見頃になっていました。
(2011年4月7日撮影)
離宮八幡宮


近くの寺社 :宝積寺・山崎聖天

離宮八幡宮

所在地 京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷21−1
料金境内自由
アクセスJR京都線「山崎駅」下車徒歩1分
阪急京都線「大山崎駅」下車徒歩3分
駐車場なし


このページをシェアする

勝持寺(しょうじじ)Shoji-ji Temple

境内に400本以上の桜がある大原野の「花の寺勝持寺
中でも有名なのは西行法師が植えたと伝えられる西行桜です。
鐘楼堂のそばにあります。
勝持寺

現在の桜は3代目。背が高く優雅な姿です。
(2011年4月7日撮影)
勝持寺
勝持寺

勝持寺は679年創建というたいへん古いお寺です。
勝持寺

阿弥陀堂。
勝持寺

参道の途中にある仁王門は勝持寺の中でも最古の建造物。
この建物以外は応仁の乱ですべて焼失し、再建されたものです。
勝持寺
急な坂道でなかなかの難所です。

近くの寺社 :大原野神社・正法寺

勝持寺

【宿泊案内】 勝持寺など京都西山観光の拠点にはホテル京都エミナースがベスト!
敷地内に湧く2種類の天然温泉も楽しめます。宿泊者専用無料駐車場も完備。
チェック ホテル京都エミナース
所在地 京都市西京区大原野南春日町1194
料金大人400円
時間午前9時〜午後4時30分
アクセス阪急バス「南春日町」下車、徒歩20分
駐車場あり


このページをシェアする

光明寺(こうみょうじ)Komyo-ji Temple

モミジで有名な粟生の光明寺さんですが、桜のシーズンも美しいお寺です。
光明寺の桜

参拝者もまばらで、穴場と言えるかもしれません。
光明寺の桜

勅使門前の枝垂桜が素晴らしいです!
(2011年4月7日撮影)
光明寺

光明寺

総門前にもたくさんの桜があります。
光明寺

石段の両側にはお花が活けてあり、すべてが咲きそろっていました!
光明寺

御影堂前の染井吉野ももうすぐ満開。
光明寺

勧化所のまわりも桜でいっぱいです。
光明寺


光明寺 交通アクセス

所在地 京都府長岡京市粟生西条内26−1
料金境内自由(紅葉シーズンのみ大人500円)
時間9〜16時
アクセス阪急バス「旭が丘ホーム前」下車
駐車場無料駐車場あり(紅葉シーズンは有料)


このページをシェアする

山崎聖天(やまざきしょうてん)Yamazaki shoten Temple

天王山の中腹にある山崎聖天は899年創建の古いお寺です。
山崎聖天
参道の枝垂桜が満開になっていました。
(2011年4月7日撮影)
山崎聖天
石段は急で段差もまちまち。気が抜けません。
山崎聖天

どこから登っても急斜面。気をつけて。
山崎聖天

登りきると広い平地になります。
山崎聖天

山崎聖天

若いピンクの枝垂桜も見頃です。
山崎聖天


近くの寺社 :宝積寺

真言宗系単立 妙音山 観音寺(山崎聖天)

所在地 京都府乙訓郡大山崎町大山崎白味才62
料金境内自由
時間6:00〜17:00
アクセス阪急バス「聖天前」下車、徒歩10分
駐車場駐車スペースすこしあり


このページをシェアする

霊鑑寺(れいかんじ)Reikan-ji Temple

霊鑑寺さんの庭園には30種類もの椿があり、中には樹齢300年という老木「日光椿」もあります。
霊鑑寺

1654年に創建された霊鑑寺
代々皇女、皇孫女が入寺したので「鹿ケ谷比丘尼御所」「谷の御所」などと呼ばれてきました。
霊鑑寺
普段は非公開ですが、春の椿の頃と秋の紅葉の頃にいずれも10日間ほど特別公開されます。
(2011年の春は4/1〜4/10。撮影は4月6日)
霊鑑寺

霊鑑寺

真っ白な「衣笠」
霊鑑寺

ふかふかの苔に散り椿。
霊鑑寺

霊鑑寺

霊鑑寺


霊鑑寺を出て坂道を下れば、哲学の道の桜が満開!
霊鑑寺


近くの寺社 :安楽寺・法然院

霊鑑寺 交通アクセス

所在地 京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町12
料金700円
時間10:00~16:00(15:30受付終了)
アクセス市バス「真如堂前」下車、東へ徒歩15分
駐車場なし(自転車もご遠慮くださいとのこと)


このページをシェアする

花山稲荷神社(かざんいなりじんじゃ)Kazan inari-jinja Shrine

山科の花山稲荷神社
花山稲荷神社
本殿のそばの枝垂桜は早咲きです。
桜越しの景色が綺麗です。赤いのぼりがはためいています。
(2011年4月5日撮影)
花山稲荷神社
903年、醍醐天皇の勅命によって創建された古社です。
花山稲荷神社
平安時代には刀鍛冶師の三条小鍛冶宗近が、元禄時代には大石内蔵助が、度々参詣し、どちらも目標達成したということから、心願成就の神様としていまも信仰を集めています。
花山稲荷神社

狐もいっぱい。
花山稲荷神社

参道は染井吉野の桜並木になっています。こちらはもうすぐ満開。

近くの寺社 :折上稲荷神社

花山稲荷神社

所在地 京都市山科区西野山欠ノ上町65番地
料金境内自由
時間自由
アクセス京阪バス「花山稲荷」下車、徒歩5分
駐車場駐車スペース少しあり


このページをシェアする

岩屋寺(いわやじ)Iwaya-ji Temple

山科の岩屋寺大石神社の南側にあります。
岩屋寺

岩屋寺
石段の上で門にかぶさるように咲く枝垂桜が印象的です。
岩屋寺
大石内蔵助山科で隠棲していたとき、この地に暮らしていました。
なので大石寺とも呼ばれます。
本尊の不動明王は内蔵助の念持仏といわれています。
岩屋寺

大石辨財天。
岩屋寺

大石良雄隠棲旧址碑
岩屋寺

山科の街を見おろすように枝を広げる大きな枝垂桜
岩屋寺


近くの寺社 :大石神社

神遊山金地院 岩屋寺

所在地 京都市山科区西野山桜ノ馬場町96
料金境内自由、本堂など大人400円
時間9時~16時30分
アクセス京阪バス「大石神社」下車、徒歩8分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

大石神社(おおいしじんじゃ)Oishi-jinja Shrine

京都山科の大石神社は1935年にできた大石内蔵助や赤穂義士を祀る神社です。
大石さんは討ち入りの前、南隣の岩屋寺に隠棲していました。
大石神社

大石神社

枝垂桜は「大石桜」と呼ばれ豪華な姿を見せてくれます。
(2011年4月4日撮影)
大石神社

毎年4月の第1日曜日には「さくら祭」が催されます。
大石神社

大石神社

鳥居を越えてあふれるようです。
大石神社

大石神社

人気のポニー花子ちゃんは桜の下でじっとしています。
大石神社
花子ちゃんはツイッターもやっていますよ。

近くの寺社 :岩屋寺

大石神社

所在地 京都市山科区西野山桜ノ馬場町116
料金境内自由
時間自由
アクセス京阪バス「大石神社前」下車徒歩1分
駐車場無料駐車場あり


大石神社には、縁結びや夫婦円満のお守りやグッズもあります。
大石神社


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [6]
  27. 2015年11月 [19]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [38]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [19]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [39]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [63]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [7]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [24]
  54. 2013年4月 [36]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [18]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [72]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [15]
  69. 2012年1月 [16]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [28]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]