en6_head.jpg

11月の京都 一覧

祇王寺(ぎおうじ)

嵯峨野の祇王寺さんは紅葉シーズンに何度か訪れたくなるお寺。
紅葉盛りのころのカエデのグラデーションも美しいですが、散りが進んでから苔の上に積もる敷き紅葉の光景がまた素晴らしいのです。

ここでは嵐山嵯峨野全体が見頃に入ったころの祇王寺さんの写真を。
祇王寺の散り紅葉

日差しを浴びてカエデがキラキラと。
祇王寺の散り紅葉

祇王寺

竹やぶの緑をバックに黄色や赤が引き立ちます。
祇王寺の散り紅葉

草庵の中には祇王、祇女、刀自、仏御前、平清盛の木像が並んでいます。
一番奥の控えの間には「吉野窓」が見えます。
祇王寺の散り紅葉
》 》 晩秋の祇王寺はこちら

このページをシェアする

佐野藤右衛門邸(さのとうえもんてい)

桜で有名な佐野藤右衛門さんのお庭ですが、立派なカエデもたくさんあり、その前を歩けばけっこうな紅葉狩りができます。
佐野藤右衛門邸の紅葉

佐野藤右衛門邸の紅葉

真っ赤な葉っぱが積もっています。
佐野藤右衛門邸の紅葉

佐野藤右衛門邸の紅葉
》 》 桜の佐野藤右衛門邸はこちら

このページをシェアする

西本願寺(にしほんがんじ)

西本願寺さんの大きなイチョウが黄色に染まると、壮観です。
西本願寺の大イチョウ

巨大としか表現のしようがありません。経蔵や下の人々と比べてみてください。
西本願寺の大イチョウ

こちらは「逆さ銀杏」。
西本願寺の大イチョウ

躍動感があります。
西本願寺の大イチョウ

巨大なのですが、のんびり散策しているとだんだん慣れて、普通の景色に見えてくるのが不思議です。お堂も巨大だからかもしれません。
西本願寺の大イチョウ


近くの寺社 :東本願寺

西本願寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 西本願寺門前にはたくさんの旅館やホテルがあり、便利です。
チェック 和泉屋旅館魚岩旅館安本旅館京都東急ホテル
所在地京都市下京区堀川通花屋町下ル
料金境内自由、志納
時間5:30〜17:30
アクセス市バス「西本願寺前」下車
駐車場参拝者用無料駐車場あり
34.99192948198,135.75157642

このページをシェアする

印空寺(いんくうじ)

佐野藤右衛門さんのお向かいの印空寺さんの境内にも、赤いカエデが何本もありました。
印空寺の紅葉


このページをシェアする

西来院(せいらいいん)

前庭のカエデが美しい西来院さん。建仁寺境内の東北角に位置します。
建仁寺西来院の紅葉

建仁寺西来院の紅葉

苔の広がる方丈庭園。
縁側の陽の当たっているところは温かくてほんわりしました。
建仁寺西来院の紅葉

建仁寺西来院の紅葉

こういうのも味がありますね。
建仁寺西来院の紅葉
初夏の建仁寺西来院

建仁寺西来院 交通アクセスなど

所在地京都市東山区大和大路通四条下る小松町584
料金大人500円(特別公開時)
時間10:00〜17:00(特別公開時)
アクセス市バス「東山安井」下車 徒歩5分
駐車場建仁寺有料駐車場あり
35.00050236218486,135.77489609734

このページをシェアする

地蔵院(じぞういん)

洛西の竹の寺地蔵院さんは紅葉も素敵。
まわりの道も細いので団体さんも来ませんから、混雑はしないようです。
いつでも薄暗くて中を期待させてくれる山門。
地蔵院のもみじ

木漏れ日が気持ちのいい参道。
お堂の左手にカエデが密集しています。
地蔵院のもみじ

竹をバックに幻想的なカエデの色。
陽が当たるとキラキラと輝きます。
地蔵院のもみじ

見上げる空もきれい。
地蔵院のもみじ
もちろん竹の寺は青もみじの頃も格別です

近くの寺社 :苔寺・鈴虫寺・浄住寺

地蔵院 交通アクセス

所在地西京区山田北ノ町23
料金大人600円
時間9:00~16:30
アクセス京都バス「苔寺鈴虫寺」下車 徒歩3分
駐車場2台分だけあり(無料)。
34.99043526784868,135.68598031997

このページをシェアする

石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)

男山の山上にある石清水八幡宮さんは、日本三大八幡のひとつ。(他は九州の宇佐神宮と関東の鶴岡八幡宮)
石清水八幡宮の紅葉

あちこちにカエデがあり、綺麗な色づきが見られます。
石清水八幡宮の紅葉

本殿のそばの赤いカエデ。
石清水八幡宮の紅葉

駐車場に入るのにも、こんな真っ赤なアーチをくぐります!
石清水八幡宮の紅葉


近くの寺社 :飛行神社

石清水八幡宮 交通アクセスなど

所在地京都府八幡市八幡高坊30
料金境内自由
時間6時~18時(季節により変動)
アクセス京阪電車「八幡市駅」~男山ケーブル「男山山上駅」 下車徒歩5分
駐車場あり(山麓駐車場は1回500円)
34.8796736,135.7000521

このページをシェアする

宝積寺(ほうしゃくじ)

天王山中腹にある宝積寺さんの三重塔を彩る紅葉。イチョウが鮮やかです。
この三重塔は、山崎の合戦のときに羽柴秀吉が一晩で建てたとか!
宝積寺の紅葉

お寺まではかなりの登り坂。
山門前で大きなカエデが迎えてくれます。
宝積寺の紅葉

宝積寺の紅葉


近くの寺社 :山崎聖天

宝積寺(宝寺) 交通アクセス

所在地京都府大山崎町大山崎銭原1
料金境内自由(本堂・閻魔堂拝観は400円)
時間9:00~16:00
アクセスJR京都線「山崎駅」より徒歩15分
駐車場無料
34.895792088906646,135.67876594113

このページをシェアする

東北院(とうぼくいん)

和泉式部ゆかりの軒端の梅で有名な東北院さん。
真っ赤なカエデが朝日を浴びて輝いていました。
東北院の紅葉


このページをシェアする

松ヶ崎大黒天(まつがさきだいこくてん)

松ヶ崎大黒天は京都の隠れ紅葉スポット。
松ヶ崎大黒天

いつ訪れてもあまり人に会うことがありません。
松ヶ崎大黒天

松ヶ崎大黒天

境内の一角は真っ赤っか!
松ヶ崎大黒天

松ヶ崎大黒天

裏山の法の字まで登れば、真っ赤な境内が見おろせます。
写真右側の赤いところは個人のお宅のようです。
(撮影 2011年12月1日ほか)
松ヶ崎大黒天
松ヶ崎大黒天 縁結び情報

近くの寺社 :涌泉寺

松ヶ崎大黒天(妙円寺) 交通アクセス

所在地京都市左京区松ヶ崎東町31
料金境内自由
時間9:00〜16:30
アクセス市バス「大黒天」下車
叡山電鉄修学院駅から徒歩3分
京都市営地下鉄松ケ崎駅から徒歩7分
駐車場駐車スペースあり
35.0539792,135.7855218

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [39]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]