en6_head.jpg

タグ「中京区」の一覧

瑞泉寺(ずいせんじ)Zuisen-ji Temple

東海道五十三次の終点三条大橋のそば、 山門前に「豊臣秀次公之墓」の大きな石碑が立つ三条木屋町の小さなお寺瑞泉寺さん。
境内はぐるりとビルやお店に囲まれています。 繁華街ですので、度々門前を通ってはいても立ち寄らないひとも多いと思います。
境内に足を踏み入れると空気が変わり、ひっそりとした印象を受けます。
瑞泉寺

瑞泉寺は、1611年に豊臣秀次の菩提を弔うために角倉了以が建てたお寺。
瑞泉寺

豊臣秀次は秀吉の甥。秀吉の後継者として関白の地位を譲られ聚楽第に住みますが、謀反の疑いを受け高野山で自刃します。
そのあと、三条河原では秀次の妻や側室、こども合わせて39人が処刑されます。
秀次供養塔のまわりを囲むのは、昭和になってから作られたものですが、39の石塔。
若いひとがほとんど。その人数の多さがいやでも実感できます。
地蔵堂には処刑の際に引導を授けた引導地蔵が安置されています。
瑞泉寺

境内にはちらほらと紫陽花が咲いていました。
瑞泉寺


近くの寺社 :天性寺・本能寺檀王法林寺矢田寺

瑞泉寺 交通アクセス

所在地京都府京都市中京区木屋町通三条下ル石屋町114
料金境内自由
時間7:00~17:00
アクセス京阪電車「三条駅」より徒歩約3分
駐車場駐車場なし


このページをシェアする

下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)

御苑の南、下御霊神社の大きなカエデはボロボロ塀の上に。
下御霊神社
下御霊神社の梅と狛犬はこちら

近くの寺社 :革堂

下御霊神社

所在地 京都市中京区寺町通丸太町下る下御霊町
料金境内自由
時間6時〜20時
アクセス市バス「河原町丸太町」下車、西へ徒歩約5分。
駐車場なし


このページをシェアする

八兵衛明神(はちべえみょうじん)

四条河原町に近い柳小路。
八兵衛明神

このあたりは元は歓喜光寺という大きなお寺だったそうです。
境内に棲んでいた3匹の狸を祀り、六兵衛明神・七兵衛明神・八兵衛明神の3社が建てられました。
お寺がなくなり、繁華街となってからはそれぞれが別に祀られています。
六兵衛明神は錦天満宮内に、七兵衛明神は「丸ニ食堂」内に。

そして、八兵衛明神は柳小路に。
八兵衛明神

中をのぞくと狸が8匹います。
それぞれが商売繁昌・恋愛成就・幸福満々・成績良好・心身健康・金運最高・勝運良調・家内安全のご利益があるそうで、小さな八兵衛明神の祠にお詣りするだけで、すべてがうまくいきそうです!
八兵衛明神

金運たぬきと縁結びたぬき。
「恋愛成就」ではなく「恋愛誕生」と書かれているのがいいですね。
八兵衛明神

八兵衛明神


近くの寺社 :蛸薬師

八兵衛明神 交通アクセス

所在地京都市中京区新京極四条上る中之町577
料金自由
時間自由
アクセス阪急京都線「河原町駅」より徒歩5分
駐車場なし


このページをシェアする

蛸薬師(たこやくし)

たくさんの人が行き交う新京極のアーケード街にある蛸薬師さん。
お店の並びにお寺がいくつも挟まっているのは京都らしい風景ですね。
蛸薬師

境内はとても狭いのですが、その中にたくさんの仏さんがおられます。
向かって左側に赤い愛染さんがあります。
縁結び恋愛成就を願うなら愛染さんへ。
縁結びのお守りやストラップもあります。
蛸薬師

自分のからだの悪いところをなでると、治してくれる「なで薬師」。
表面はツルツルになっていて、触り心地が良いです。
蛸薬師


蛸薬師 交通アクセス

所在地京都市中京区新京極蛸薬師東側町503番地
料金境内自由
時間9:00〜16:30
アクセス阪急「四条河原町」下車、徒歩5分
駐車場なし


このページをシェアする

下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)

京都御苑の南東の角から寺町通をちょっと下がったところに、非業の死をとげた人々の霊を鎮めるために建てられた神社があります。
下御霊神社です。
下御霊神社
桓武天皇の第三皇子であり、謀反の首謀者とされて川原寺に幽閉、のちに毒を飲んで死んだ伊予親王とその母の霊を鎮めるために、839年に創建されました。

本殿わきには大きな梅の木があり、濃いピンクの花が咲きます。
下御霊神社

とても色鮮やかです。(2011年3月15日撮影)
下御霊神社

狛犬が大笑いしているようで、見るたびに心がほぐれます。
下御霊神社
ワハハハ〜ッ!

近くの寺社 :革堂

下御霊神社

所在地 京都市中京区寺町通丸太町下る下御霊町
料金境内自由
時間6時〜20時
アクセス市バス「河原町丸太町」下車、西へ徒歩約5分。
駐車場なし


このページをシェアする

法雲寺(ほううんじ)Houn-ji Temple

浄土宗のお寺、法雲寺。
河原町二条の北側に「御縁の神様、菊野大明神。良縁祈願・縁切り祈願所」という看板が出ているので、その路地を入っていきます。
菊野大明神


こちらが本堂。
まわりをビルに囲まれています。
菊野大明神

庫裏の東側に菊野大明神があり、縁切りのご利益で知られ、訪れる人はいまも後を絶たないそうです。
菊野大明神
菊野大明神の御神体は「縁切り石」。
深草少将が小野小町への百夜通いの時に腰掛けたと伝えられる石です。
あと一夜というところで思いを果たせず亡くなった深草少将の無念が、この石のそばを通る男女の縁を切るという話です。

縁切りの御利益があれば、表裏一体で良縁を結ぶ御利益も生じるのでしょう。
昔から悪縁は切り、良縁は結ぶと信仰されてきました。
(お参りに来るのは悪縁を切りたい人のほうが多いそうですが)

入り口を入ったところで100円納め、ロウソクとお線香を2本ずついただきます。
菊野大明神
ロウソクはロウソク台に、お線香は香炉に。
菊野大明神と豊川稲荷大明神、神様が2人いらっしゃるので2本ずつとのことです。

とてもいい香りのお線香でした。

近くの寺社 :白山神社・本能寺

法雲寺(菊野大明神)

所在地 京都市中京区河原町通二条上ル清水町364-1
料金境内自由
時間9:00〜17:00
アクセス地下鉄「京都市役所前」下車、徒歩5分
「京阪三条」より徒歩約8分
市バス「京都市役所前」「京都バス河原町二条」すぐ
駐車場なし
離婚で損をしない

このページをシェアする

誠心院(せいしんいん・じょうしんいん)Seishin-in Temple

新京極はたくさんのお店が密集しているアーケードの繁華街。
並びにはいくつかの小さなお寺がありますが、門をくぐってみる人は多くないようです。

そのひとつ誠心院は、恋多き平安時代の歌人和泉式部ゆかりのお寺です。
和泉式部は出家し、初代の住職となったといわれています。
誠心院

境内にある和泉式部の供養塔には昔から多くの人々がお参りしてきたそうです。
謡曲「誓願寺」の舞台にもなっている4メートルの宝篋印塔です。
誠心院
供養塔の前には知恵授け・恋授けの「鈴成り輪」が置かれています。
和泉式部の古い灯篭の材料を使って作られています。
誠心院
魔尼車とも呼ばれ、一回まわせば経典を一回読誦した功徳が得られるということです。
回すとシャラシャラシャラ・・・となんともいい音がします。
和泉式部にあやかれるように、恋のお願いをしながら回してみましょう。

近くの寺社 :蛸薬師

誠心院

所在地 京都府京都市中京区新京極通六角下る中筋町487
料金境内自由
時間-
アクセス京阪電車「三条」「四条」どちらからも徒歩8分
駐車場なし


このページをシェアする

白山神社(はくさんじんじゃ)Hakusan-jinja Shrine

白山神社の祭神は菊理媛命・伊邪那岐命・伊邪那美命。
菊理媛命はくくりひめ。男女の縁をも結んでくれる神様です。
白山神社

平安時代の末期に、僧兵が神輿をかついで内裏に乗り込んで強訴するという行為が流行りました。
ある日の強訴は不首尾に終わり、僧兵たちは重い神輿を途中で捨てて、山へ帰ってしまいました。
捨てられた神輿を近所の人たちが祀ったのがこの白山神社の起こりだということです。
白山神社
白山神社はその昔は広大な社地を持っていたそうですが、今は民家の軒が並ぶ中に挟まるように窮屈に建っています。

歯痛平癒のご利益でも知られています。
白山神社
秋の大祭が近いので御神輿が出ていました。
金ぴかで目にもまぶしいです。

白山神社

所在地京都府京都市中京区麩屋町通押小路下る上白山町243
料金境内自由
アクセス地下鉄京都市役所前駅より徒歩約5分
駐車場なし


このページをシェアする

神泉苑(しんせんえん)Shinsen-en

神泉苑は源義経と静御前が出会った場所。
神泉苑

白拍子静御前が雨乞いの舞を舞っている姿を義経が目撃したことで、恋が始まったといわれます。

恋の匂いがプンプンする雅なスポットです。

現在の敷地はあまり大きくはありませんが、池が広い面積を占め、竜頭鷁首の舟が浮かんでいます。
池には善女龍王が住むとされます。
神泉苑

神泉苑
美しいアーチを描く法成橋。 ひとつだけ願い事をしてこの橋を渡り、橋の向こうの善女龍王社に祈願すると叶うそうです!
神泉苑
恋愛成就のおみくじは200円。

神泉苑のツツジ
ツツジの頃も見事です。

近くの寺社 :武信稲荷神社・二条城

神泉苑

所在地京都府京都市中京区御池通神泉苑町東入ル門前町166
料金境内自由
時間常時開放
アクセス地下鉄東西線「二条城前駅」下車徒歩2分
駐車場なし


このページをシェアする

武信稲荷神社(たけのぶいなりじんじゃ)Takenobuinari-jinja Shrine

武信稲荷神社
武信稲荷神社は大通りからすぐ近くなのですが、ちょっと奥まったところにあって、 そこだけがふわっと昔に戻ったようなそんな雰囲気。
平安時代からある古い神社です。

いつくもの小さなお社がある中で異彩を放っているのが巨大な榎の樹。
武信稲荷神社のエノキ
京都市天然記念物にも指定されているその榎は23メートル、胸高幹周り4メートル。 幹は苔むして緑。枝はわさわさと四方に広がっています。

樹齢は850年、平安時代末期、平重盛が厳島神社から苗木を 移したと伝えられています。

榎(えのき)は縁の木(えんのき)ということで、傍らの「宮姫社」とともに縁結び恋愛の神様として知られてきました。

この榎は坂本龍馬おりょう縁結びの木としても有名です。

ふたりは何度もこの神社に訪れていました。

京の町で命を狙われて身を隠し、おりょうと離れ離れになった龍馬が自分がまだ京にいることをおりょうに知らせるためにこの木の幹に『龍』の字を彫ったそうです。

その『龍』の字を見つけたおかげで再び会うことができたという逸話。

素敵なはなしですね。

木の幹は苔むしてもちろん『龍』の字はもうありません。
武信稲荷神社
龍馬とおりょうのセンスのいい絵馬がいっぱい。


近くの寺社 :神泉苑

武信稲荷神社

所在地京都府京都市中京区今新在家西町38
料金境内自由
アクセス阪急電車京都線・大宮駅で下車し北に徒歩約5分
駐車場なし


このページをシェアする

矢田地蔵尊(やたじぞうそん)

修学旅行生のぞろぞろと歩く三条通りのアーケード街。
三条・寺町の交差点を北へちょっと上がると矢田地蔵尊があります。
矢田地蔵尊

矢田地蔵尊はとても親しみやすい雰囲気の空間です。

たくさんの紅ちょうちんが赤々と灯っており、派手なんですが、どこかゆるやかな空気が流れているようです。

地蔵菩薩は、諸願成就、特に恋愛関係にご利益があるとされています。
賽銭箱の上には鐘がぶらさがっています。「送り鐘」といって、六道珍皇寺にある「迎え鐘」と対の鐘です。

お地蔵さんが帽子をかぶっていました。
ぬいぐるみお地蔵さまがいっぱい吊ってあります。
矢田地蔵尊

町の人々がときどき入ってきては拝んでいきます。

良縁成就の絵馬は500円です。
矢田地蔵尊の絵馬

矢田寺

所在地京都市中京区寺町通三条上ル
時間8:00~19:00
料金境内自由
アクセス三条河原町からアーケード街を西へ。寺町通りを右折してすぐ。
駐車場なし


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]