en6_head.jpg

タグ「萩」の一覧

勝念寺(しょうねんじ)Shonen-ji Temple

伏見の勝念寺さんは織田信長公ゆかりのお寺。
小さな境内にはたくさんの種類の萩が植えられていて、9月の見頃になると「萩振る舞い」として門が開放されています。
勝念寺の萩

勝念寺の萩

「萩の種類が多いので咲く時期がずれて、いっせいに咲き誇ることはない」と、ホームページにありましたが、わたしの訪れた日には赤も白もピンクもぜんぶ咲いていました!
勝念寺の萩

京都の「萩の寺」をこれまでにもいくつも見ましたが、勝念寺さんの萩は常林寺さんと並んでベストかも。
勝念寺の萩

小径の両側から萩が枝垂れ掛かって、通るのが申し訳ないところもあります。
勝念寺の萩

勝念寺さんの萩は次のような種類があるそうです。
五月雨萩・宮城野萩・宮城野萩白花・嵯峨錦萩・錦萩白花・深山萩・咲き分け萩・飛鳥野萩・武蔵野萩・筑紫萩・牡丹萩・ 斑入り萩・琉球萩・江戸絞り萩・屋久島萩・蒔絵萩・雲南萩

身代り釜敷地蔵尊(かましきさん)は鎌倉時代のもので、苦しみを取り除いて楽にしてくださるそうです。
勝念寺の萩
まわりにはたくさんのカエルが置かれています。
「身代わり」→「カワル」→「カエル」・・・というような縁起物だそうです。
勝念寺の萩


勝念寺 交通アクセス

所在地京都市伏見区石屋町521
料金境内自由
時間8:00〜16:00
アクセス京阪「丹波橋駅」下車
駐車場2台分あり


勝念寺の萩


このページをシェアする

迎称寺(こうしょうじ)Kosho-ji Temple

迎称寺
神楽岡にある「萩の霊場」迎称寺さん。
真如堂を西へ出て北側すぐのところにあります。
迎称寺
雰囲気満点の土塀に紅白の萩の花。
山門の中は樹々が繁り、鬱蒼とした薄暗い空間になっています。
迎称寺


さて、迎称寺といえば、土塀の崩れ方でも有名です。
南側は補修してありますが、角を曲がって東側へ回るとこの通り!
迎称寺
「崩れ方が風情あるから修理しないで」などとカメラマンにお願いされて、放置しているうちに、こんなメチャクチャになったといううわさも。

崩れ土塀に萩。侘び寂びの景色。
迎称寺

ただ、夜に通りがかると恐怖です。
(撮影日 2011年10月6日・2012年9月25日)

近くの寺社 :真如堂

迎称寺 宿泊案内と交通アクセス

所在地京都市左京区浄土寺真如町22
料金非公開
アクセス市バス「錦林車庫前」下車 徒歩8分
駐車場なし


このページをシェアする

梨木神社(なしのきじんじゃ)Nashinoki-jinja Shrine

京都御苑の東隣の「萩の宮」梨木神社さん。
萩祭りが終わったあとの平日に訪ねました。
梨木神社の萩
萩

参道両側にはわさわさと萩が連なっています。
俳句の短冊が風に揺れています。
梨木神社

境内の萩は約500株。
梨木神社

本殿の両側も萩で彩られています。
梨木神社
梨木神社は「愛の木」のある縁結びの神社としても知られます。

近くの寺社 :廬山寺清荒神幸神社

梨木神社

所在地京都市上京区寺町通広小路上ル
料金境内自由
時間6:00〜17:00頃
アクセス市バス「府立医大病院前」(府立文化芸術会館前)下車 徒歩約3分
駐車場なし


このページをシェアする

大聖寺(だいしょうじ)Daisho-ji Temple

大聖寺の萩
萩マーク

烏丸今出川を少し上がった尼門跡寺院大聖寺さんの門をくぐると、白壁に沿って前庭にたくさんの萩が咲いていました。
大聖寺の萩

大聖寺の萩

ここは室町時代には足利義満の花の御所があったところで、「花之御所」の碑が立っています。
大聖寺の萩

萩よりちょっと同志社大学の寒梅館のほうが目立っていますね。
大聖寺の萩


近くの寺社 :相国寺

大聖寺 交通アクセス

所在地京都市上京区烏丸通今出川上ル御所八幡町109
料金建物内は非公開
アクセス地下鉄「今出川」駅下車徒歩2分
駐車場なし
35.03106158274678,135.75890690088

このページをシェアする

真如堂(しんにょどう)Shinnyodo Temple

初秋の真如堂。
カエデの色づきも少しだけ始まっています。
真如堂

ところどころで少しずつ萩が咲いていました。
真如堂

真如堂


三重塔を彩る萩。
真如堂の萩

朝顔も咲いていました。
例年話題だった「ヘブンリーブルー」のほうは今年は不作だったそうです。
(撮影 2011年10月6日ほか)
真如堂

真如堂の交通アクセスなど。


このページをシェアする

養泉寺(ようせんじ)Yosen-ji Temple

福知山の三段池公園の近く、鬼ケ岳中腹に建つ「丹波の萩寺」養泉寺さん。
1339年創建の臨済宗南禅寺派の禅寺です。
養泉寺

境内は立派な萩でいっぱいです。本堂前もわっさわっさと繁っています。
ただ、まだほんの咲きはじめで、白い花は写真では見えません・・・。
福知山 養泉寺の萩

先代の住職さんが終戦直後から萩を植えて増やしてきたのだそうです。 福知山花の十景にも数えられています。
福知山 養泉寺の萩


本堂の裏側にはシュウカイドウが咲いていました。
福知山 養泉寺の萩

スズメバチやヤマカガシがいて、緊張しました。
ヤマカガシはたしか毒蛇だったはず...。
福知山 養泉寺の萩


近くの寺社 :醍醐寺

養泉寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 養泉寺や三段池公園を訪れるなら、宿泊は福知山駅に近いホテルサンルート福知山はいかが?
遮音性能の高い静かな客室なので、落ち着いて過ごせます。
チェック ホテルサンルート福知山
所在地京都府福知山市中375
料金境内自由
アクセスJR山陰本線「福知山駅」から庵我バス「団地前」下車徒歩5分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

岩王寺(しゃくおうじ)Shakuo-ji Temple

綾部市の岩王寺さんは山の中のお寺。
グネグネと長い山道を車で登ります。道が細いので緊張感があります。
岩王寺の萩

お堂は茅葺き屋根で、昔話に出てくるお寺のような感じ。タイムスリップ感を味わえます。
奥の山頂に鉄塔が建っているので、現代だとわかりますが。
岩王寺の萩

949年、空也上人が創建したといわれる古刹です。
岩王寺の萩

境内にはたくさんの萩が植えられています。 萩の中を巡るように小径が作られていて、のんびりと散歩できます。
岩王寺の萩

奥の少し高いところから見おろすこともできます。
赤い萩が見頃でした。
岩王寺の萩
(2012年9月13日撮影)

岩王寺 交通アクセス

所在地京都府綾部市七百石町寺の段一番地
料金境内自由
アクセスJR綾部駅よりあやバス西八田線「七百石バス停」下車、徒歩20〜30分
駐車場無料駐車場有り


このページをシェアする

正暦寺(しょうれきじ)Shoreki-ji Temple

由良川の川岸の小高いところに建つ正暦寺さんは萩の寺として知られています。
石段わきには白い萩と赤いさるすべり。
正暦寺の萩

鐘の下をくぐって境内へ。
正暦寺の萩

萩の花は1000株以上植えられていて、本堂周辺や不動堂前は萩がいっぱいです。
訪れた日は2012年9月13日。赤い萩が見頃を迎えていました。
9月中旬の日曜日に萩まつりが行われています。
正暦寺の萩

本堂前の萩。
正暦寺の萩

正暦寺の萩

コスモスも咲いています。
正暦寺の萩

見おろせばすぐ下をJR山陰本線の線路が走っていて、その向こうが由良川。橋は丹波大橋。
正暦寺の萩

本堂わきにはさるすべりがまだきれいに咲いています。
正暦寺の萩

山門のかたわらには白いさるすべり。
正暦寺の萩


正暦寺 交通アクセス

所在地京都府綾部市寺町45
料金境内自由
アクセスJR綾部駅からバス南北線「大本本部前」下車、徒歩5分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]