en6_head.jpg

タグ「縁切り」の一覧

命婦稲荷社(みょうぶいなりしゃ)

鉄輪の井戸は能や謡曲「鉄輪」でよく知られる場所。
でも、はじめは見つけるのに時間がかかるかもしれません。
通りから見ると普通のお宅の入り口のようですし。(実際に3軒のおうちの入り口でもあります)
鉄輪の井戸で縁切り縁結び

細〜い路地の奥へ。
鉄輪の井戸で縁切り縁結び

小さな敷地には夫婦円満と良縁結びのご利益があるという命婦稲荷社があり、 その右側が鉄輪社、その手前が鉄輪ノ井。
鉄輪の井戸で縁切り縁結び

伝わるお話は、平安時代のたいへんどろどろ泥沼の怨念物語。
夫に浮気をされ裏切られた妻が、貴船神社に「丑の刻参り」をして夫を呪い殺そうとします。
鉄輪を頭にはめて鬼になろうとします。
呪いで死にそうになった夫のほうは、陰陽師安倍晴明に相談し、妻に呪詛返しで反撃。
その結果、妻はこの井戸に身を投げてあえなく死んだということです。

その曰くのある井戸がこの鉄輪の井戸。
以前はこの井戸の水を相手に飲ませれば、すっきり後腐れなく縁を切ることが出来るとされていましたが、いまは枯れて水がありません。

現代のやり方はこう。ペットボトルに入れた水を井戸のふちに供えて、鉄輪社に願掛けします。
そのあいだにお水は縁切りのご利益を授かって霊水に変化!
それを縁を切りたい相手に飲ませる。
ちゃんと別れることができたなら、お礼参りをする。(パワーのある神様なので祟るとコワイのです。)

安井金毘羅宮もそうですが、縁を切れれば、新たに良縁が舞い込むというポジティブな発想から、 縁結びにも効果があるといわれます。
そういう意味で、江戸時代になってから命婦稲荷社が祀られたそうです。

近くの寺社 :大念寺

命婦稲荷社 交通アクセス

所在地京都府京都市下京区堺町通松原下ル鍛冶屋町254
料金境内自由
時間日中随時
アクセス地下鉄烏丸線「五条駅」より徒歩約7分
駐車場駐車場なし
34.998230727,135.7631041

このページをシェアする

橋姫神社(はしひめじんじゃ)Hashihime-jinja Shrine

宇治の橋姫は宇治川の宇治橋に祀られる神様。
橋姫神社は小さな神社です。
橋姫神社で縁切り

橋姫は橋を守る女神であるのに加え、悪縁を切るご利益があるといわれています。
強いパワーで縁を切るので、婚礼の列はいまでも橋姫神社の前は通らないし、宇治橋も渡ることはありません。
橋姫神社で縁切り

恋人との旅行で知らずに宇治橋も渡るのもやばいのだとか。
なにしろこんな姿の神ですから...。
橋姫

橋姫は元はとある公卿の娘さんで、貴船神社に籠って、「自分は鬼となり妬む相手の女を呪殺したい」と祈りました。(これが貴船神社の丑の刻参りの始まりといわれます)
貴船大明神は「姿を変えて宇治川に21日間浸れ」と告げました。
頭には鉄輪と火を灯した松明、髪は固めて角のように立て、顔も体も真っ赤に塗りたくるという異様な姿で川に浸かり、希望通り鬼に変わりました。
それからは妬んだ女を殺し、その縁者を殺し、最後には関係のない人まで殺戮していったということです。

このページをシェアする

安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)Yasui-konpira-gu Shrine

初めて見たらきっと思います。「どれだけ縁切りたいのん・・・?」
安井金毘羅宮の写真

悪縁を切って良縁を結んでくれるという安井金比羅宮さん。

男女の縁だけでなく、ギャンブルや煙草などの悪縁を切るのにもパワーがあるそうです。

縁切りのほうが有名ですが、縁結びにもご利益があります。
安井金毘羅宮5"
願い事が書かれた形代(かたしろ)がいっぱい貼られた巨石の穴を手前からくぐれば悪縁を切り、向こう側からくぐって戻れば良縁を結びます。
実際、茅の輪などと似たイメージがあって、狭い円をくぐるとなんというか浄化されるというか、悪い憑き物が落ちるというか、そんな感覚がありますね。

巨石は「縁切り縁結び碑(断叶の碑)」といいます。
石自体はそれほど古いものではないのですが、人気は高いです。 安井金比羅宮4
結びたい縁を書いたおふだは最後に石に貼りましょう。

数え切れないほどの人々の願いが乗った碑、パワーが詰まっているのはまちがいありません!

安井金比羅宮

桜が5分咲きの頃に行ってみました。
こぢんまりした境内には若い女性の姿がいっぱいでした。

穴は小さくて1人ずつズリズリと出たり入ったりします。
1人ずつなので注目の的です!(笑

着物の女性もチャレンジしていました。当然裾は地面を擦っていますが、汚れはしなかったようです。

とにかくみなさん笑顔なのが印象的でした!


安井金金比羅3

安井金毘羅宮6

安井金毘羅宮7
》 》 春の安井金比羅宮
》 》 夏の安井金比羅宮

安井金毘羅宮 交通アクセスなど

所在地京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70
料金境内自由
アクセスJR京都駅前から市バス206系統にて約15分、「東山安井」下車すぐ。
駐車場コインパーキングがあります。


バイキングを見ていたら、すみれさんが縁切り縁結び碑をくぐっておられました。
安井金毘羅宮


このページをシェアする

法雲寺(ほううんじ)Houn-ji Temple

浄土宗のお寺、法雲寺。
河原町二条の北側に「御縁の神様、菊野大明神。良縁祈願・縁切り祈願所」という看板が出ているので、その路地を入っていきます。
菊野大明神


こちらが本堂。
まわりをビルに囲まれています。
菊野大明神

庫裏の東側に菊野大明神があり、縁切りのご利益で知られ、訪れる人はいまも後を絶たないそうです。
菊野大明神
菊野大明神の御神体は「縁切り石」。
深草少将が小野小町への百夜通いの時に腰掛けたと伝えられる石です。
あと一夜というところで思いを果たせず亡くなった深草少将の無念が、この石のそばを通る男女の縁を切るという話です。

縁切りの御利益があれば、表裏一体で良縁を結ぶ御利益も生じるのでしょう。
昔から悪縁は切り、良縁は結ぶと信仰されてきました。
(お参りに来るのは悪縁を切りたい人のほうが多いそうですが)

入り口を入ったところで100円納め、ロウソクとお線香を2本ずついただきます。
菊野大明神
ロウソクはロウソク台に、お線香は香炉に。
菊野大明神と豊川稲荷大明神、神様が2人いらっしゃるので2本ずつとのことです。

とてもいい香りのお線香でした。

近くの寺社 :白山神社・本能寺

法雲寺(菊野大明神)

所在地 京都市中京区河原町通二条上ル清水町364-1
料金境内自由
時間9:00〜17:00
アクセス地下鉄「京都市役所前」下車、徒歩5分
「京阪三条」より徒歩約8分
市バス「京都市役所前」「京都バス河原町二条」すぐ
駐車場なし
離婚で損をしない

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]