en6_head.jpg

タグ「寺町」の一覧

寺町の慈福寺さんのカエデも真っ赤です。
慈福寺


近くの寺社 :本満寺・十念寺

慈福寺

所在地 京都府京都市上京区寺町通今出川上る五丁目鶴山町6-3
料金通常非公開
駐車場なし


このページをシェアする

下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)

御苑の南、下御霊神社の大きなカエデはボロボロ塀の上に。
下御霊神社
下御霊神社の梅と狛犬はこちら

近くの寺社 :革堂

下御霊神社

所在地 京都市中京区寺町通丸太町下る下御霊町
料金境内自由
時間6時〜20時
アクセス市バス「河原町丸太町」下車、西へ徒歩約5分。
駐車場なし


このページをシェアする

梨木神社(なしのきじんじゃ)Nashinoki-jinja Shrine

京都御苑の東隣の「萩の宮」梨木神社さん。
萩祭りが終わったあとの平日に訪ねました。
梨木神社の萩
萩

参道両側にはわさわさと萩が連なっています。
俳句の短冊が風に揺れています。
梨木神社

境内の萩は約500株。
梨木神社

本殿の両側も萩で彩られています。
梨木神社
梨木神社は「愛の木」のある縁結びの神社としても知られます。

近くの寺社 :廬山寺清荒神幸神社

梨木神社

所在地京都市上京区寺町通広小路上ル
料金境内自由
時間6:00〜17:00頃
アクセス市バス「府立医大病院前」(府立文化芸術会館前)下車 徒歩約3分
駐車場なし


このページをシェアする

下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)

京都御苑の南東の角から寺町通をちょっと下がったところに、非業の死をとげた人々の霊を鎮めるために建てられた神社があります。
下御霊神社です。
下御霊神社
桓武天皇の第三皇子であり、謀反の首謀者とされて川原寺に幽閉、のちに毒を飲んで死んだ伊予親王とその母の霊を鎮めるために、839年に創建されました。

本殿わきには大きな梅の木があり、濃いピンクの花が咲きます。
下御霊神社

とても色鮮やかです。(2011年3月15日撮影)
下御霊神社

狛犬が大笑いしているようで、見るたびに心がほぐれます。
下御霊神社
ワハハハ〜ッ!

近くの寺社 :革堂

下御霊神社

所在地 京都市中京区寺町通丸太町下る下御霊町
料金境内自由
時間6時〜20時
アクセス市バス「河原町丸太町」下車、西へ徒歩約5分。
駐車場なし


このページをシェアする

矢田地蔵尊(やたじぞうそん)

修学旅行生のぞろぞろと歩く三条通りのアーケード街。
三条・寺町の交差点を北へちょっと上がると矢田地蔵尊があります。
矢田地蔵尊

矢田地蔵尊はとても親しみやすい雰囲気の空間です。

たくさんの紅ちょうちんが赤々と灯っており、派手なんですが、どこかゆるやかな空気が流れているようです。

地蔵菩薩は、諸願成就、特に恋愛関係にご利益があるとされています。
賽銭箱の上には鐘がぶらさがっています。「送り鐘」といって、六道珍皇寺にある「迎え鐘」と対の鐘です。

お地蔵さんが帽子をかぶっていました。
ぬいぐるみお地蔵さまがいっぱい吊ってあります。
矢田地蔵尊

町の人々がときどき入ってきては拝んでいきます。

良縁成就の絵馬は500円です。
矢田地蔵尊の絵馬

矢田寺

所在地京都市中京区寺町通三条上ル
時間8:00~19:00
料金境内自由
アクセス三条河原町からアーケード街を西へ。寺町通りを右折してすぐ。
駐車場なし


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]