en6_head.jpg

タグ「北野天満宮」の一覧

北野天満宮(きたのてんまんぐう)Kitano tenmangu Shrine

2月半ばの天神さんは白梅が見頃。
北野天満宮の梅

海外からの旅行客もとても多いです。みなさん受験祈願ですか?
北野天満宮の梅

メジロも忙しく飛び回ります。
北野天満宮の梅

大規模な工事が始まっていて、境内の梅の密集地帯も入れないところがありますが、それでも楽しめます。
工事の箇所には紫と白の幕。
北野天満宮の梅
もっと盛りの時期の梅はこちらこちらにも

このページをシェアする

北野天満宮(きたのてんまんぐう)

京都の梅の名所北野天満宮は満開が続いていて、4月に突入する勢いです。
北野天満宮

境内の写真をいくつか。(2012年3月29日撮影)
北野天満宮

牛の向こうは梅苑。 北野天満宮梅苑の写真はこちら。
北野天満宮

北野天満宮

北野天満宮

北野天満宮

枝垂れ梅も見事〜!
北野天満宮

北野天満宮

逆光でキラキラ。
北野天満宮


社殿のかたわらの立派な梅。
北野天満宮

上向きのピンピンした枝ぶりを見るとやる気がわきます。学力UP受験合格!
北野天満宮

今出川通りの鳥居のそばのピンクの梅。
北野天満宮

北野天満宮

色とりどりの梅、南天、そして梅の紋。
北野天満宮

こんなウソっぽい色の梅も。
北野天満宮

北野天満宮はさすが梅の名所です。
(梅の写真の単なる羅列になってしまいました・・・。)
北野天満宮


近くの寺社 :大将軍八神社・平野神社

北野天満宮 交通アクセス

所在地 京都府京都市上京区馬喰町
料金境内自由、梅苑600円お茶菓子付き
時間夏 5時〜18時
冬 5時半〜17時半
アクセス京都市バス「北野天満宮前」下車すぐ
駐車場大きな駐車場あり。1時間無料。(25日の縁日はNG)


このページをシェアする

北野天満宮(きたのてんまんぐう)

今年は梅の開花がとても遅く、3月下旬に北野天満宮の梅がまだ満開だと聞き、行ってきました。(2012年3月26日撮影)
北野天満宮には梅の木が50種類、1500本もあり、この時期はどちらを向いても梅だらけ。

梅苑内から楼門を見上げて。
北野天満宮

梅苑の中は参道からもよく見えますし、境内だけでも十分梅を堪能できるので、梅苑には入らずに帰ってしまう方はけっこう多いのでは?と思います。
北野天満宮

でも、ポカポカ陽気の春っぽい日には、梅苑の梅の香りの中をぶらぶら歩いたり、梅をぼ〜っと見ながらお茶をいただいたりするのは、最高です。(この日は寒かったですが。)
北野天満宮

梅苑には和魂梅(わこんばい)・黒梅(こくばい)・座論梅(ざろんばい)・緋の司(ひのつかさ)など 珍種の梅も多いそうです。
(わたしはどの梅が珍しい梅なのかわかりません・・・。)
北野天満宮

紅白に咲き分けている梅も。
北野天満宮

お茶席でのんびり梅見をしながら、老松のお菓子と梅茶をいただきます。
北野天満宮

ほんわりやさしい味で赤ちゃんでもOKかも。
北野天満宮


御土居にも梅がたくさんあります。
北野天満宮

北野天満宮


社殿には長〜いお詣りの行列ができていました。受験合格のお礼参りの方が多いのでしょうか。
北野天満宮
北野天満宮の社殿は、いつでもタダで見ることができる国宝のひとつです。

馬酔木もきれいでした。
北野天満宮


近くの寺社 :大将軍八神社・平野神社

北野天満宮 交通アクセス

所在地 京都府京都市上京区馬喰町
料金境内自由、梅苑600円お茶菓子付き
時間夏 5時〜18時
冬 5時半〜17時半
アクセス京都市バス「北野天満宮前」下車すぐ
駐車場大きな駐車場あり。1時間無料。(25日の縁日はNG)


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2020年12月 [1]
  2. 2020年9月 [3]
  3. 2020年7月 [1]
  4. 2020年6月 [2]
  5. 2020年5月 [1]
  6. 2020年2月 [1]
  7. 2019年11月 [1]
  8. 2019年9月 [1]
  9. 2019年8月 [1]
  10. 2019年7月 [3]
  11. 2019年6月 [1]
  12. 2018年12月 [7]
  13. 2018年11月 [4]
  14. 2018年9月 [1]
  15. 2018年6月 [1]
  16. 2018年5月 [3]
  17. 2018年4月 [1]
  18. 2018年2月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2017年1月 [1]
  24. 2016年12月 [9]
  25. 2016年4月 [1]
  26. 2016年2月 [2]
  27. 2016年1月 [1]
  28. 2015年12月 [10]
  29. 2015年11月 [21]
  30. 2015年7月 [3]
  31. 2015年6月 [34]
  32. 2015年5月 [25]
  33. 2015年4月 [39]
  34. 2015年3月 [9]
  35. 2015年2月 [33]
  36. 2015年1月 [21]
  37. 2014年12月 [11]
  38. 2014年11月 [19]
  39. 2014年10月 [4]
  40. 2014年9月 [7]
  41. 2014年8月 [3]
  42. 2014年7月 [8]
  43. 2014年6月 [40]
  44. 2014年5月 [29]
  45. 2014年4月 [66]
  46. 2014年3月 [8]
  47. 2014年2月 [9]
  48. 2014年1月 [8]
  49. 2013年12月 [23]
  50. 2013年11月 [25]
  51. 2013年10月 [1]
  52. 2013年9月 [2]
  53. 2013年8月 [3]
  54. 2013年6月 [27]
  55. 2013年5月 [24]
  56. 2013年4月 [37]
  57. 2013年3月 [8]
  58. 2013年2月 [1]
  59. 2013年1月 [7]
  60. 2012年12月 [9]
  61. 2012年11月 [18]
  62. 2012年10月 [4]
  63. 2012年9月 [18]
  64. 2012年8月 [19]
  65. 2012年7月 [9]
  66. 2012年6月 [20]
  67. 2012年5月 [4]
  68. 2012年4月 [72]
  69. 2012年3月 [29]
  70. 2012年2月 [15]
  71. 2012年1月 [16]
  72. 2011年12月 [36]
  73. 2011年11月 [27]
  74. 2011年10月 [25]
  75. 2011年9月 [8]
  76. 2011年8月 [10]
  77. 2011年7月 [17]
  78. 2011年6月 [28]
  79. 2011年5月 [30]
  80. 2011年4月 [71]
  81. 2011年3月 [15]
  82. 2011年2月 [7]
  83. 2011年1月 [16]
  84. 2010年12月 [10]
  85. 2010年11月 [15]
  86. 2010年10月 [10]
  87. 2010年9月 [4]
  88. 2010年8月 [3]
  89. 2010年7月 [11]
  90. 2010年6月 [12]
  91. 2010年5月 [11]
  92. 2010年4月 [9]
  93. 2010年3月 [2]