en6_head.jpg

タグ「上京区」の一覧

石像寺(しゃくぞうじ)Shakuzo-ji Temple

千本通に西面して建つ浄土宗のお寺、石像寺さんは、心に刺さった棘をクギヌキで抜き去ってもらえるお寺。
819年、空海による創建。
お地蔵さんも空海自らが彫ったとされ、最初は「苦抜地蔵」と呼ばれたのが、いつのころからか「釘抜地蔵」に。
その釘抜地蔵さんが御本尊です。
石像寺の写真

お寺そのものが釘抜地蔵と呼ばれています。
それにしても大きなクギヌキだ。
石像寺の写真
住職はお坊さんでありつつ、臨床心理士でもあるそうです。
お百度を踏む、「こころの相談室」で住職と話す、など解決方法はいろいろあります。
心が軽くなり苦しみが去ったのちに返納されたクギヌキと八寸釘が絵馬としてズラッと納められています。
絵馬は1000枚以上あるそうです。
絵馬にお名前が書かれているので、掲載は小さめの写真で。
石像寺のクギヌキ絵馬


近くの寺社 :本久寺・瑞雲院

石像寺 交通アクセス

所在地京都府京都市上京区千本上立売上ル花車町503
料金境内自由
時間8:00~16:30
アクセス市バス「千本上立売」下車 徒歩2分
駐車場駐車場なし


このページをシェアする

本法寺(ほんぽうじ)Honpo-ji Temple

堀川寺の内の本法寺さんの参道では紫陽花とクチナシの花が同じ時期に咲きます。
本法寺の紫陽花

日陰だからか毎年遅めに咲く紫陽花です。
本法寺の紫陽花

京都の他の紫陽花寺ではもうピークを過ぎようかというころですが、ここはまだこれから。
本法寺の紫陽花

八重のクチナシは咲いたばかりで真っ白。
本法寺の紫陽花

良い香りが漂います。
本法寺の紫陽花


近くの寺社 :妙覚寺・妙顕寺・妙蓮寺

本法寺 交通アクセスなど

所在地 京都市上京区小川通寺ノ内上ル本法寺前町617
料金境内自由(宝蔵館・庭園拝観は大人500円)
時間10:00〜16:00
アクセス市バス「堀川寺之内」下車、徒歩1分
地下鉄「鞍馬口」徒歩13分
駐車場自家用車5台分 無料
35.054521,135.732908

このページをシェアする

称念寺(しょうねんじ)Shonen-ji Temple

西陣の称念寺さんはネコの恩返しで知られるお寺。
通称「猫寺(ねこでら)」。1606年の創建。
猫寺

お寺が荒廃していたころのある晩、住職の飼い猫がお姫さまに化身して舞いを踊りました。
住職は「けしからん」とその猫を追い出してしまうのですが、その後、猫が住職の夢の中でお寺の再興を告げます。
お寺は松平家のサポートを得て立派に再興し、お寺では猫を大事にするようになったそうです。

よくあるような猫の置物とかはありませんが、松が猫が伏したさまに見えるように手入れされています。

猫のお守りも人気だそう。

近くの寺社 :因隆寺

称念寺 交通アクセス

所在地京都市上京区寺之内通浄福寺西入上る西熊町275
料金境内自由
アクセス市バス 「乾隆校前(けんりゅうこうまえ)」下車 徒歩5分
駐車場あり(一方通行の道が多いので注意)
35.034727564732364,135.7442467512

このページをシェアする

清浄華院(しょうじょうけいん)

御所の東、清浄華院さん。法然上人を祀る大殿のかたわらには大きな赤いカエデがあります。
清浄華院の紅葉

日当たりが良さそうで、鮮やかな赤です。
清浄華院の紅葉
清浄華院は860年、慈覚大師円仁が宮中に禁裏内道場として建立したのが始まりとされ、現在地に移ったのは豊臣秀吉の時代。

近くの寺社 :廬山寺

清浄華院 交通アクセス

所在地上京区寺町通広小路上ル北ノ辺町395
料金お心持ち
時間9:00~16:30
アクセス京都市バス 府立医大病院前下車 徒歩5分


このページをシェアする

相国寺(しょうこくじ)

相国寺さんの鐘楼のそばには大きなカエデがあります。
通り抜けの自転車が見上げて通り過ぎます。
相国寺の紅葉

東には比叡山。
相国寺の紅葉

相国寺の紅葉



近くの寺社 :上御霊神社・幸神社・本満寺

相国寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 相国寺から歩いてすぐの場所に御泊処「京町家 相国寺庵」があります。
昔ながらの京町家を必要最低限リノベーションした一棟貸しのお宿です。
チェック 京町家 相国寺庵
所在地京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
料金境内自由
時間10:00~16:00
アクセス地下鉄「今出川駅」下車 徒歩約5分
市バス「同志社前」下車 徒歩約5分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

立本寺(りゅうほんじ)

立本寺さんの本堂前には蓮の鉢がたくさん置かれています。
立本寺

立本寺

蓮池の蓮とは違って、近づいて蓮の花を鑑賞できるのがうれしいです。
立本寺

立本寺

白いさるすべりも花盛り。
立本寺


近くの寺社 :北野天満宮祐正寺

立本寺 交通アクセス

所在地 京都市上京区七本松通仁和寺街道上ル一番町107
料金境内自由
時間9:00~17:00
アクセス市バス「千本中立売」下車、徒歩10分
駐車場参拝者用駐車場あり


このページをシェアする

本隆寺(ほんりゅうじ)Honryu-ji Temple

西陣の本隆寺さんのさるすべりは見事です。
こんなに高い密度で咲いているさるすべりを他で見たことがありません。
本隆寺

反対側には白いさるすべり。
本隆寺

わたしの知る中では京都一の密度です。
本隆寺


近くの寺社 :雨宝院

交通アクセスなど

所在地 京都市上京区智恵光院五辻上ル紋屋町330
料金境内自由
アクセス市バス「今出川大宮」より徒歩5分
市バス「千本今出川」より徒歩10分
駐車場参拝者用駐車場あり


このページをシェアする

本隆寺(ほんりゅうじ)Honryu-ji Temple

京都西陣の本隆寺
室町時代に開かれた法華宗真門流の総本山です。
本隆寺

境内の染井吉野が満開です。
本隆寺

本隆寺

花の密度がすごい!
本隆寺

紅枝垂桜も綺麗です。
本隆寺

本堂の裏手にある一本桜もいい形。
本隆寺


近くの寺社 :雨宝院

慧光無量山本妙興隆寺

所在地 京都市上京区智恵光院五辻上ル紋屋町330
料金境内自由
アクセス市バス「今出川大宮」より徒歩5分
市バス「千本今出川」より徒歩10分
駐車場参拝者用駐車場あり


このページをシェアする

宝鏡寺(ほうきょうじ)

百々御所(どどのごしょ)とも呼ばれる宝鏡寺さんのカエデも見事。
宝鏡寺の紅葉

宝鏡寺の紅葉

ただし、中は写真撮影が禁止になっています。
宝鏡寺の紅葉

堀川通りまで出るとイチョウ並木が鮮やかです。
宝鏡寺の紅葉


近くの寺社 :本法寺・妙顕寺

宝鏡寺 交通アクセス

所在地京都市上京区寺之内通堀川東入百々町
料金大人600円
時間10時~16時
アクセス市バス「堀川寺之内」下車すぐ
駐車場あり


このページをシェアする
寺町の慈福寺さんのカエデも真っ赤です。
慈福寺


近くの寺社 :本満寺・十念寺

慈福寺

所在地 京都府京都市上京区寺町通今出川上る五丁目鶴山町6-3
料金通常非公開
駐車場なし


このページをシェアする

阿弥陀寺(あみだじ)

寺町の織田信長公ゆかりのお寺、阿弥陀寺さんの真っ赤なカエデは門の外からもよく見えます。
阿弥陀寺の紅葉

阿弥陀寺の紅葉


近くの寺社 :本満寺

阿弥陀寺

所在地京都市上京区寺町通今出川上ル鶴山町14


このページをシェアする

上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)

上御霊神社の本殿の裏手はイチョウなどの落葉でいっぱいです。
上御霊神社

上御霊神社


近くの寺社 :天寧寺

上御霊神社(御靈神社) 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 上御霊神社にお参りするなら、宿泊は京都イン加茂川が便利。
チェック 京都イン加茂川
所在地 京都府京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊堅町495
料金境内自由
時間午前9時〜午後5時まで(季節により変更あり)
アクセス地下鉄烏丸線鞍馬口駅徒歩3分
市バス「出雲路俵町」西へ400m
駐車場境内に乗り入れてもOK


このページをシェアする

梨木神社(なしのきじんじゃ)Nashinoki-jinja Shrine

京都御苑の東隣の「萩の宮」梨木神社さん。
萩祭りが終わったあとの平日に訪ねました。
梨木神社の萩
萩

参道両側にはわさわさと萩が連なっています。
俳句の短冊が風に揺れています。
梨木神社

境内の萩は約500株。
梨木神社

本殿の両側も萩で彩られています。
梨木神社
梨木神社は「愛の木」のある縁結びの神社としても知られます。

近くの寺社 :廬山寺清荒神幸神社

梨木神社

所在地京都市上京区寺町通広小路上ル
料金境内自由
時間6:00〜17:00頃
アクセス市バス「府立医大病院前」(府立文化芸術会館前)下車 徒歩約3分
駐車場なし


このページをシェアする

大聖寺(だいしょうじ)Daisho-ji Temple

大聖寺の萩
萩マーク

烏丸今出川を少し上がった尼門跡寺院大聖寺さんの門をくぐると、白壁に沿って前庭にたくさんの萩が咲いていました。
大聖寺の萩

大聖寺の萩

ここは室町時代には足利義満の花の御所があったところで、「花之御所」の碑が立っています。
大聖寺の萩

萩よりちょっと同志社大学の寒梅館のほうが目立っていますね。
大聖寺の萩


近くの寺社 :相国寺

大聖寺 交通アクセス

所在地京都市上京区烏丸通今出川上ル御所八幡町109
料金建物内は非公開
アクセス地下鉄「今出川」駅下車徒歩2分
駐車場なし
35.03106158274678,135.75890690088

このページをシェアする

妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)Myoon-benzaiten Shrine

出町の妙音弁財天さんは音楽や芸能の神様。
妙音弁財天

琵琶を弾く弁天様の絵をご本尊として祀っています。
妙音弁財天

お堂のまわりには弁天さまのお使いの蛇の絵や瓦が掲げられています。
どれもとても京都らしい絵です。
妙音弁財天

白い六角堂の回りを、お参りしながら歳の数だけ回れば、願いが叶うそうです。
妙音弁財天

すぐそばに豆餅が有名な出町ふたばのお店があります。えんどう豆の塩味が効いていておいしいですねえ〜。

近くの寺社 :常林寺・長徳寺・下鴨神社・幸神社・本満寺

妙音弁財天 交通アクセス

所在地京都市上京区出町桝形東入ル5
料金境内自由
時間常時開放
アクセス京阪出町柳駅下車、鴨川を渡る
駐車場なし


このページをシェアする

瑞春院(ずいしゅんいん)

夏の相国寺。
相国寺

境内の西の端にある相国寺塔頭の瑞春院さんといえば、水上勉氏の小説「雁の寺」の舞台として知られています。
相国寺瑞春院のさるすべり

大きなさるすべりが何本かあり、門の外からでもよく見えます。
花はピークではありませんでしたが、さるすべりの向こうに透けて見える庫裏が良い感じです。
相国寺瑞春院のさるすべり

シーサーにブーゲンビリアといった感じの色合いですね。
相国寺瑞春院のさるすべり

沖縄〜。
相国寺瑞春院のさるすべり



相国寺瑞春院 交通アクセス

所在地京都府京都市上京区今出川通烏丸東入ル
料金通常非公開(拝観は2名以上で事前予約 600円)
時間(10:00~16:00)
アクセス地下鉄烏丸線「今出川」下車、徒歩5分
駐車場相国寺駐車場を利用


このページをシェアする

京都御苑(きょうとぎょえん)Kyoto Imperial palace park

広い京都御苑には立派なさるすべりがたくさんあります。
京都御苑の百日紅

京都御苑南西角に近い間ノ町口をくぐると大きなさるすべりが満開でした。
京都御苑の百日紅

自転車で来てベンチでぼーっとしたり本を読んだり、そんな方もたくさん。
京都御苑の百日紅

九條池にもサルスベリ。
京都御苑の百日紅
奥に見えるのは拾翠亭。
拾翠亭は江戸時代後期に茶室として建てられたもので、 金曜日・土曜日には中へ入ることができます。

拾翠亭の2階から見た景色。
京都御苑の百日紅

京都御苑の百日紅

真夏ですが、風が通っていて汗が引きます。
京都御苑の百日紅

九條池の北側には唐破風鳥居が珍しい厳島神社があります。
京都御苑の百日紅

こちらは寺町御門前のさるすべり。
京都御苑の百日紅

その他にも巨大なさるすべりがところどころで満開です。
京都御苑の百日紅

京都御苑の百日紅


京都御苑 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 京都御苑を散歩するなら、ホテルはすぐ近くの京都ブライトンホテルや御所西京都平安ホテルなどがおすすめです。
京都ブライトンホテル
チェック 京都ブライトンホテル 御所西京都平安ホテル
所在地京都府京都市上京区京都御苑3
料金境内自由(拾翠亭100円)
時間拾翠亭 午前9時半〜午後3時半
アクセス市営地下鉄烏丸線丸太町駅 徒歩1分
駐車場苑内2ヶ所に有料駐車場あり


このページをシェアする
京都西陣首途八幡宮源義経も旅の安全を祈願したという由緒ある神社です。
首途八幡宮

智恵光院通の鳥居わきには濃い赤のさるすべりが咲いています。
首途八幡宮

首途八幡宮

石段の上の本殿前にはピンクのさるすべりが枝を広げています。
首途八幡宮


近くの寺社 :雨宝院・本隆寺

首途八幡宮

所在地 京都市上京区智恵光院通今出川上ル桜井町102-1
料金境内自由
アクセス市バス「今出川大宮」下車、西へ徒歩5分
駐車場なし


このページをシェアする

智恵光院(ちえこういん)

智恵光院さんの枝垂梅を見に行きました。
青空に降るようなピンク。きれいです。
智恵光院の梅

智恵光院の梅

お地蔵さんのガラスにも写っています。
智恵光院の梅
(2012年3月13日撮影)

智恵光院は夏のサルスベリもきれいです。

近くの寺社 :清明神社

智恵光院 交通アクセス

所在地 京都市上京区智恵光院通一条上ル智恵光院前之町601
料金境内自由
アクセス市バス「千本中立売」下車
地下鉄「今出川駅」徒歩20分
駐車場参拝者用駐車スペースあり
35.02714987414615,135.74605107

このページをシェアする
「達磨寺」と呼ばれる法輪寺はだるま尽くしのお寺。
だるま寺
8000体の達磨を祀る達磨堂。
だるま寺
だるま寺
大輪の牡丹が咲いていました。
(2011年4月22日撮影)
だるま寺


法輪寺(だるま寺)

所在地 京都府京都市上京区下立売通御前通西入ル行衛町2丁目
料金大人300円
時間9:00~16:30
アクセスJR嵯峨野線「円町駅」徒歩4分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]