5月の新緑の季節、高雄の山もフレッシュな緑でいっぱいです。
世界遺産神護寺への石段を一歩一歩登っていきます。
神護寺の青もみじ
紅葉のころよりもカエデの葉は密度が高く、いきいきとしています。
神護寺の青もみじ


ずっと初夏の神護寺に行きたいなと思っていたのですが、拝観料金もあがったし、長い石段を思い浮かべるとちょっとしんどいなと思って、なかなか行けませんでした。
今回ひさしぶりに訪れましたが、やっぱり石段の途中であきらめかけている方を数人見ました。
それから、金堂の前の石段下で、「まだあんのんかいな!」と叫ぶおばちゃんもおられました。
神護寺の青もみじ
丁度、多宝塔を特別公開している時期でした。
それを見るにはさらに石段を登っていかねばなりません。おばちゃんピンチ...。

近くの寺社 :西明寺・高山寺

神護寺 宿泊案内と交通アクセス

所在地 京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地
料金大人600円
時間9:00〜16:00
アクセス市バス8号系統「高雄」下車、徒歩約20分
JRバス高雄・京北線、「山城高雄」下車、徒歩約20分
駐車場なし 嵐山高雄パークウェイの駐車場や市営駐車場などを利用。
高雄もみぢ家別館川の庵
【宿泊案内】 神護寺に行くなら、お泊まりは京都高雄もみぢ家別館川の庵がよいでしょう。

このページをシェアする