2014年9月の記事一覧

松明殿稲荷神社(たいまつでんいなりじんじゃ)Taimatsuden-inari-jinja Shrine

七条大橋の西詰に佇む小さな神社は松明殿稲荷神社。街の風景に溶け込んでいる風情です。
松明殿稲荷神社

伏見稲荷の境外の末社だそうですが、伏見稲荷からは相当離れています。
この地に落ち着く以前は梅小路公園のあたりに鎮座していたといいますからもっと遠かったのですね。
松明殿稲荷神社
気になるご利益は、所願成就、商売繁盛、良縁祈願、恋愛成就、安産祈願、殖産振興、交通安全、方災解除、開運招福、五穀豊穣 他だそうで、きっとお稲荷さんだからオールラウンドなのでしょう。
縁結びに関係のある神様は、大国主命・伊邪那岐命・伊邪那美命・猿田彦神と勢揃いの感あり!

近くの寺社 :豊国神社・三十三間堂

松明殿稲荷神社 交通アクセス

所在地京都府京都市下京区七条大橋西詰稲荷町
料金境内自由
時間日中随時
アクセス京阪七条駅から七条大橋を渡る
駐車場駐車場なし


このページをシェアする

美山かやぶきの里(みやまかやぶきのさと)

雨の美山もいいです。
美山かやぶきの里


いわゆる美山かやぶきの里のメインスポット北集落は40戸足らずの集落ですが、昔ながらの景観がばっちり整備されていて、傘をさしてそぞろ歩くその風情もなかなかです。
美山かやぶきの里

五箇山の合掌造り集落の雰囲気にも似ています。坂道の具合とか。
出かける前にヘーベルハウスの日本昔話を見たので「ここ、さっきテレビで見たぞ。」というかんじ。
美山かやぶきの里


美山は世界遺産ではありませんが、国の重要伝統的建造物群保存地区や日本風景街道(美山かやぶき由良里街道)には指定されています。

最近は台湾からのお客さんも多いと聞きました。

一方、川の向かいの少し離れたところに南集落があり、田んぼ沿いの道にずらっと紫陽花が植えられています。

7月に入った雨の日曜日。
こちらには誰もいませんでした。
美山かやぶきの里

紫陽花はあまり多くはなく、すでに傷んでいる株もありましたが、ところどころに美しい場所がありました。

この集落で一番大きな神社、知井八幡神社。8つの頭を持つ鹿の化け物の伝説が伝わります。 退治したのは甲賀三郎兼家という人。
美山かやぶきの里



近くの寺社 :八幡宮・鎌倉神社・稲荷

美山かやぶきの里 宿泊案内と 交通アクセス

【宿泊案内】 茅葺屋根の連なるメインスポットのなかにいくつかのお宿があります。
茅葺きの屋根の下で眠るのは、コンクリートの下で寝るのとはまったく違います。 日頃のストレスも飛んでいくのではないでしょうか。
北集落の中に「かやぶきのお宿 またべ」「お宿 とみ家」「民宿 久や」があります。
》 》 美山かやぶきの里北集落
所在地京都府南丹市美山町北
料金散策自由
時間日中随時(早朝や夕暮れ以降は遠慮すべき)
アクセスJR園部・JR日吉・JR和知〜南丹市営バス
駐車場無料駐車場あり


こちらは新緑の頃の美山かやぶきの里。
美山かやぶきの里


このページをシェアする

大原神社(おおはらじんじゃ)Ohara-jinja Shrine

善長寺町の大原神社といえば綾傘鉾。
2002年から祇園祭の綾傘鉾の会所になっています。
大原神社と綾傘鉾

大原神社は立身出世、縁結び、安産子授け、子育て守護、五穀豊穣、商売繁昌などなどのご利益があるそうで特に宵山の期間はたくさんの方が参拝しています。
綾傘鉾の粽には厄除、縁結び、縁故守りのご利益があるそう。
巡行の様子。
綾傘鉾

かつては瘡神(くさがみ)様と呼ばれ、天然痘や伝染病平癒の信仰が厚かったそうです。

大原神社は福知山の三和町の大原神社と関係が深い神社だそうです。三和町のほうは「おおばらじんじゃ」ですが。
大原神社
三和町の大原神社についてはこちら

近くの寺社 :管大臣神社・繁昌神社

大原神社 交通アクセス

祇園祭の鑑賞に最適なホテルはこちらをごらんください。
所在地京都府京都市下京区綾小路新町東入ル西善長寺町
料金境内自由
時間日中随時
アクセス地下鉄「四条駅」、阪急「烏丸駅」下車
駐車場駐車場なし


このページをシェアする

貴船神社(きぶねじんじゃ)Kibune-jinja Shrine

由良川下流の西岸、国道178号線から少し山手に入ったところに丸田の集落があり、 丸田西公民館の近くに貴船神社が祀られています。
舞鶴市丸田 貴船神社

扁額の文字も消えそうで、由緒書きもありません。
貴船神社から神様を勧請したお社でしょうか。
舞鶴市丸田 貴船神社

遠くで犬が吼え続けていました。

近くの寺社 :松尾神社

貴船神社 交通アクセス

所在地京都府舞鶴市丸田
料金境内自由
時間日中随時
アクセス最寄り駅はKTR東雲駅(2kmくらい)
駐車場駐車場なし


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1000を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索できます。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 清水寺
  • 猿丸神社
  • 妙心寺退蔵院の紅葉
  • 安楽寺の紅葉
  • 東寺の紅葉
  • sosui09.jpg