2013年6月の記事一覧

梅雨の雨あがりに鷹峯の光悦寺さんへ。
駐車場から見る参道の青もみじ
光悦寺の青もみじ

通りから見る参道の青もみじのトンネル。
光悦寺の青もみじ

奥から振り返る参道の青もみじ
光悦寺の青もみじ

光悦垣を彩る青もみじ
よく見るとどれも微妙に色合いが違います。
光悦寺の青もみじ

どこまでも浅い緑色が広がる美しく風流なお庭です。
光悦寺の青もみじ
元はお寺ではなく本阿弥光悦の草庵だったこの地は、いまでもお寺っぽくありません。
庭園の中には茶室が7つも建っています。
光悦寺の紅葉はこちら

このページをシェアする

六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ)Rokusonno-jinja Shrine

雨降る六孫王神社さん。
六孫王神社の紫陽花

雨の日は「恋の架け橋」がツルツル滑ります。
恋愛成就祈願は雨の日は避けるとよいでしょう。
六孫王神社の縁結び

さて、そんな六孫王神社の外まわりにはたくさんの紫陽花が植えられています。
六孫王神社の紫陽花

六孫王神社の紫陽花

神竜池のまわりにも紫陽花が少し。
六孫王神社の紫陽花
すぐそばを新幹線が音もなく走ります。

六孫王神社 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 六孫王神社や東寺にお参りするなら、京都駅周辺のホテルが便利です。
新・都ホテルリーガロイヤルホテル京都がおすすめです。
所在地京都府京都市南区壬生通八条角
料金境内自由
アクセスJR各線、近鉄京都線、地下鉄烏丸線「京都」より徒歩13分
市バス 17系統「六孫王神社前」より徒歩1分
駐車場参拝者用の無料駐車場があります。


このページをシェアする

源光庵(げんこうあん)Genko-an Temple

鷹峯の源光庵さんに青もみじを見にいきました。
雨に濡れて参道の石畳がツヤツヤ。
源光庵の青もみじ

庭園の緑も鮮やかです。
源光庵の青もみじ

源光庵の青もみじ

誰もいない本堂。
源光庵の青もみじ

迷いの窓も緑。
源光庵の青もみじ

悟りの窓もまたミドリ。
源光庵の青もみじ
少し心が穏やかになったかと思えば、頭上には血天井。
難しい場所です。
源光庵の紅葉はこちら

このページをシェアする

東林院(とうりんいん)Torin-in Temple

妙心寺塔頭の東林院では、毎年梅雨の時期に「沙羅の花を愛でる会」が行われます。
妙心寺東林院の沙羅

参道は紫陽花の道。
妙心寺東林院の沙羅

東林院の本堂前庭園には沙羅(夏椿)が十数本が植えられていて、朝に5弁の白い花が咲き、夕方には花冠ごとポトリと苔の上に落ちます。
妙心寺東林院の沙羅

小さなお庭なのですが、ほとんど全部の木が沙羅と思えるくらい徹底された沙羅メインのお庭です。
沙羅は二股になって育つことが多いので、沙羅双樹と呼ばれることも。
妙心寺東林院の沙羅

どの木を見てもたくさんの白い花が咲いています。
やがてどの花も落ちるのですね。
妙心寺東林院の沙羅

その儚い光景を見るために多くの参拝者が訪れます。
平家物語でも語られる沙羅双樹の花にもイメージが重なります。
住職がぐっとくるおはなしを聞かせてくれます。
この日は大雨。団体さんもなく、10人ほどで住職を囲んでマイクなしで拝聴。
妙心寺東林院の沙羅


沙羅の木は真如堂や法金剛院、鹿王院などにもありますが、沙羅を主役にしたお庭はこの東林院しかないのではないかと思います。
妙心寺東林院の沙羅


沙羅双樹の花の色盛者必衰の理をあらはす」が、やっと今、わかりました。
というのはJR東海「そうだ 京都、行こう。」のことば。(1993年)


東林院では6月の「沙羅の花を愛でる会」の他に、 「小豆粥で初春を祝う会(1月)」「梵燈のあかりに親しむ会(10月)」が行われ、拝観することができます。

近くの寺社 :法金剛院・龍安寺

妙心寺東林院 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 宿泊は妙心寺東隣の花園会館がおすすめ。JR嵯峨野線花園駅に近いので、嵐山観光にも便利です。
チェック 花園会館

東林院にも宿坊として泊まることができます。
所在地京都市右京区花園妙心寺町59
料金大人1580円(抹茶付き)、5570円(抹茶・精進料理付)
時間9時30分〜16時
アクセス市バス妙心寺前下車 徒歩6分
JR山陰線花園駅下車 徒歩8分
市バス妙心寺北門前下車徒歩10分
京福電車妙心寺駅下車 徒歩12分
駐車場妙心寺無料駐車場あり


このページをシェアする

宝厳院(ほうごんいん)

京都嵐山、天龍寺塔頭の宝厳院さんを訪れました。
天龍寺宝厳院の青もみじ

雨降る宝厳院さんの新緑のお庭はとても美しくて感動的。
天龍寺宝厳院の青もみじ

獅子吼の庭」はかなりの広さがあり、隅々まで手入れされていて、樹々の緑と苔の緑が素敵です。
天龍寺宝厳院の青もみじ

天龍寺宝厳院の青もみじ

苔もみずみずしく、これほど綺麗な苔の絨毯はなかなか他では見られないのではないでしょうか。
天龍寺宝厳院の青もみじ

紅葉のお庭もたしかに素晴らしいですが、新緑もまたよいものです。
天龍寺宝厳院の青もみじ

天龍寺宝厳院の青もみじ

石がごろごろの苦海も雨に濡れて美しさが増しています。
天龍寺宝厳院の青もみじ

紫陽花もたくさん咲いています。
天龍寺宝厳院の青もみじ

半夏生も涼しげ。
天龍寺宝厳院の半夏生


宝厳院 交通アクセス

所在地 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
料金大人500円
時間午前9時〜午後5時
アクセス京福嵐山本線「嵐山」駅から徒歩5分、JR山陰本線「嵯峨嵐山」駅から徒歩12分
京都市バス「嵐山天龍寺前」下車、徒歩5分
駐車場天龍寺の有料駐車場へ


宝厳院
宝厳院の紅葉の景色はこちら

このページをシェアする

吟松寺(ぎんしょうじ)

鷹峯の光悦寺や然林房の先のすごい坂を降りたところにある紅葉の名所吟松寺さん。
青もみじいっぱいの参道の向うには紫陽花が数株。
吟松寺の青もみじ
吟松寺の紅葉はこちら

このページをシェアする

天龍寺(てんりゅうじ)

緑濃い梅雨の天龍寺さん。
天龍寺

青もみじの美しい曹源池。借景の亀山は白く煙ります。
天龍寺

巨大な枝垂桜はたくさんの葉をつけて大迫力。
天龍寺

桜の下には雨を喜ぶカエルさん。
天龍寺

百花苑のほうに進めば、紫陽花がたくさん植えられていて見応えがあります。
天龍寺

天龍寺

青もみじと紫陽花。
天龍寺

天龍寺

半夏生もたくさん。
天龍寺

下野も咲いています。
天龍寺


近くの寺社 :法輪寺・法然寺

天龍寺 交通アクセス

所在地 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
料金庭園(曹源池・百花苑)大人500円、諸堂参拝(大方丈・小方丈・多宝殿)は+100円、法堂「雲龍図」特別公開は別途500円
時間8時30分~17時30分 (11月〜3月は17時まで)
アクセス京福電鉄嵐山線 「嵐山」駅下車すぐ。
JR「嵯峨・嵐山」下車徒歩5分
駐車場有料駐車場あり(1回1000円)


このページをシェアする

三室戸寺(みむろとじ)Mimuroto-ji Temple

京都市近辺でとにかくたくさんのあじさいを見ようと思ったら、西山の善峯寺か宇治の三室戸寺に決まりでしょう。
三室戸寺

三室戸寺

台風が接近中の大雨の平日でしたが、驚くほど大勢の参拝者が傘を差して、紫陽花苑を散策していました。
雨だからこそ、あじさいを見に行こうという発想は自然なのかもしれません。
三室戸寺

1万株のあじさいが咲き乱れる中、うねうねと迷路のように続く小径を歩きます。
三室戸寺

ひとつひとつの花も美しいです。
三室戸寺

三室戸寺

くつも服もずぶ濡れになりました。足元もぬかるんでいます。
三室戸寺
恋愛成就を叶えるハートマークのあじさいを発見!

このページをシェアする

檀王法林寺(だんのうほうりんじ)Danno horin-ji Temple

三条大橋からすぐの檀王法林寺さんは1611年創建の歴史あるお寺。
檀王法林寺
檀王法林寺

川端通と三条通に面していて、外はたいへんな交通量ですが、境内にはところどころに紫陽花が植えられていて、ほっとする空間になっています。
檀王法林寺の紫陽花

檀王法林寺のあじさい

境内には古くから保育園や児童館もあり、こどもの声が聞こえます。
檀王法林寺の紫陽花

庫裏の中には黒い招き猫がいっぱいです。
本堂には盗難除け・火災除けの御利益がある主夜神尊が祀られていて、その神様のお使いが黒猫だといわれています。

おみくじのついたかわいいネコの飴を買いました。
金運・旅行運・恋愛運を占えます。
檀王法林寺

大吉!
檀王法林寺
この幸せをお裾分けしましょう。
いつも読んでいただきありがとうございます。

檀王法林寺 交通アクセス

所在地京都市左京区川端通三条上る法林寺門前町36
料金境内自由
アクセス京阪三条駅すぐ
駐車場参拝者用駐車スペース少しあり


このページをシェアする

勝持寺(しょうじじ)

梅雨のころの「花の寺」勝持寺さんには紫陽花が少しと、夏椿が少し。
全体的に青もみじが繁る鬱蒼としたお庭となっていました。
勝持寺の青もみじ

エントランスには夏椿と、
勝持寺の青もみじ

白い紫陽花。
勝持寺の青もみじ

本堂のかたわらにも紫陽花。
勝持寺の青もみじ

あとはひたすら青もみじの世界。
勝持寺の青もみじ

勝持寺の青もみじ

勝持寺の青もみじ

勝持寺の紅葉はこちら

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1000を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索できます。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 清水寺
  • 猿丸神社
  • 妙心寺退蔵院の紅葉
  • 安楽寺の紅葉
  • 東寺の紅葉
  • sosui09.jpg