2011年9月の記事一覧

平安神宮(へいあんじんぐう)Heian-jingu Shrine

平安神宮の神苑は毎年春と秋の2回無料公開され、多くの人が訪れます。
2011年9月19日の午前中に行きました。
平安神宮神苑の無料公開

「神苑無料公開」の看板が出ています。
平安神宮神苑の無料公開

残暑が続いているので、萩はこれからという感じ。
藤袴・紫苑・彼岸花など秋の草花も咲いています。
平安神宮神苑の無料公開

9月も後半ですが、まだまだ蒼龍池の睡蓮が綺麗です。
平安神宮神苑の無料公開

平安神宮神苑の無料公開

飛び石(臥龍橋)を渡る人はいつも楽しそう。
「龍の背にのって池に映る空の雲間を舞うかのような気分を味わっていただく」という小川治兵衛の作庭の意図がこめられているそうです。
平安神宮神苑の無料公開

東神苑の栖鳳池に映るのは、台風が近づいていてもやもやした曇り空。
平安神宮神苑の無料公開

泰平閣はちょうどみなさんが座れる程度の人出でした。
平安神宮神苑の無料公開

みなさんなにをそんなに熱心に見ているかというと・・・
平安神宮神苑の無料公開

亀や鯉や小さい魚がピチピチ!こどもも大喜び。
平安神宮神苑の無料公開


平安神宮の縁結び情報はこちら。
平安神宮の枝垂桜の様子はこちら。

平安神宮 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 一人旅ならお宿はゲストハウス和楽庵がおすすめです。
築100年、お庭もある古民家で、京都風情を楽しみましょう。 チェック ゲストハウス和楽庵
所在地京都市左京区岡崎西天王町
料金境内自由、神苑通常600円
時間8時30分〜17時(季節により変動あり)
アクセス市バス「京都会館美術館前」下車
駐車場なし(市営岡崎公園地下駐車場を利用)


このページをシェアする

出雲大神宮(いずもだいじんぐう)Izumo daijingu Shrine

京都亀岡の出雲大神宮は709年の創建と伝えられる、大国主命三穂津姫命をお祀りする神社です。
「元出雲」とも呼ばれます。

昔から縁結びの神様として有名で、最近では京都最大級のパワースポットとして多くのガイドブックに掲載されています。
出雲大神宮

吉田兼好の徒然草に「丹波に出雲と云ふ処あり」と書いてあるのはこの出雲大神宮のこと。

亀岡という京都市内からはちょっと離れた場所にありますが、江戸時代までは「出雲神社」といえば、この出雲大神宮のことを言ったそうです。
(関係の深い島根県の出雲大社は明治初期まで「杵築大社」という名前だったため)

拝殿。右側の山は御神体山(千年山)です。
本殿(足利尊氏が1346年に再建)は重要文化財に指定されています。
出雲大神宮

夫婦岩。
社務所で授与される「縁結び守り」に結ばれている赤い糸をこの岩に結ぶと大黒様がご縁を結んでくれるそうですよ。
出雲大神宮

出雲大神宮の水

名水『真名井の水』。勢いよく流れ出ていて、ときおり汲みに来る方がいます。
案内板には「如何なる病にもよく効き、痛み止めの水でもあり、延命長寿水なり。」と書かれています。
(煮沸してから飲んでくださいとの但し書きも)
出雲大神宮


本殿の裏側にある磐座。 なんともいえない存在感があります。
出雲大神宮


山の方をひと巡りすると稲荷社・笑殿社・上の社・崇神天皇社などの摂社・末社があります。
さらに奥へ太い山道を登ると突然禁足地となり、それ以上進むことはできません。
上を見るとここにも巨石がゴロゴロとしていました。
出雲大神宮

縁結びのお守りです。
出雲大神宮

出雲大神宮 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】出雲大神宮に参拝するなら、湯の花温泉に泊まりましょう。
湯の花温泉は丹波の豊かな自然に囲まれた奥京都里山の癒しの空間。
人気の宿は「京都・烟河」「渓山閣」「すみや亀峰菴」など。
所在地京都府亀岡市千歳町千歳出雲
料金境内自由
時間常時開放
アクセスJR嵯峨野線亀岡駅から京都交通バス千代川行きで15分、出雲神社前下車すぐ
駐車場大きな参拝者用無料駐車場があります。


出雲大神宮の紅葉
出雲大神宮


このページをシェアする

金胎寺(こんたいじ)

ちょっとハードな京都のパワースポット金胎寺をご紹介しましょう。
ある程度体力に自信のある方はチャレンジしてみてください。
厄落としもできて、その夜はぐっすり眠れると思います。

宇治田原町と相楽郡和束町の間に位置する鷲峰山(じゅうぶさん)は、山岳霊場の地として長い信仰の歴史を持つ山です。


茶畑ののどかな景色を見ながら、山を登って行きます。

その鷲峰山の山頂の近くに金胎寺があります。

(本堂)

そして、金胎寺の本堂の少し下から東側の斜面一帯が行場になっていて、300円を納めて入場すれば、誰でも行場巡りをすることができます。

行場には奇岩が多く露出し、前半は順路に沿ってどんどんと下って行き、滝や川を経て、後半はひたすら登るというコースになっています。

ところどころ鎖を伝って、猿のように・・・・。

わたしも最初は「笠置寺のコースより少し険しい程度かな?」と思っていましたが、想像していたよりかなりハードでした。
なにより、山登りと違って、前半はどんどんと果てしなく下るのが、後半の登りの苦労を想像させ、つらいです。

京都うらみちあんない』では、こう表現されていました。
「足を踏み外すとそのまま、断崖の奈落の底である。このような場所だらけで、いい加減な気持ちで行くと危険である。本気で修験道である。」

コースは複雑ですが、きっちりと赤いマーカーで岩や木の枝などに印がつけてあるので、迷うことはないと思います。

危険なところでは「右足」「左足」の指定までされていて、1歩目を間違えると登れません(笑

全部紹介してしまうと、これから行く方の楽しみを奪ってしまいますので、興味が湧いたならどうぞ行ってみてください!

戻ってくると「迎え行者」が待っていてくれて、ありがた〜い気持ちになります。


入山は午後2時までに(冬場は午後1時まで)。
2時を過ぎると、お寺の方は「では、お気をつけて〜!」と言い残し、さわやかに去って行かれ、無人になります。
ゆっくり回って2時間くらいのコースです。
両手が自由になる格好で、滑らない靴で。
あるはずの鎖が無いところがありましたので、そこは回り道を選択しましょう。
(2011年9月12日撮影)

岩の隙間をくぐる「胎内くぐり」も。

p.s.
必死に登っているところにスズメバチが飛んできたり、手順通りに手をかけたら赤いアリがわらわらと腕を伝って降りてきたり・・・予想外のハプニングもありましたので、ご注意を!

鷲峰山金胎寺 交通アクセスなど

所在地相楽郡和束町大字原山小字鷲峰山
料金境内自由、行場300円
時間10時〜14時のあいだに入山(11月〜3月は13時までに)
アクセスJR加茂駅からJRバス近城線「原山」へ、そこから徒歩で約1時間
駐車場門前に無料駐車スペースあり(4台分くらい)


このページをシェアする

海住山寺(かいじゅうせんじ)

海住山寺
稲穂が実りはじめた田んぼを抜けて、猿の群がぞろぞろと歩く集落を抜けて、山道をひたすらグネグネと登っていくと、瓶原(みかのはら)を見おろす高い位置に海住山寺(かいじゅうせんじ)があります。

海住山寺は735年、聖武天皇の勅願によって、東大寺の良弁僧正が開創したといわれます。
海住山寺

海住山寺の五重塔はコンパクトでたいへん美しいです。
海住山寺
1214年、鎌倉時代に建てられたもので、国宝です。
最初の屋根の下に裳階(もこし)がついていて、六重に見えます。法隆寺と同じタイプだそうです。
海住山寺


本堂前に「願いを叶えるなすのこしかけ」が置かれています。
海住山寺
腰掛けると良縁に恵まれるとか。
リアルななすで、色合いやゲラデーションもホンモノっぽいです。

ただ、炎天下に置かれているので、太陽の熱を吸収しまくっており、座ることはおろか、触るのもたいへんなくらい熱々でした・・・・。

境内からは素晴らしい眺望が楽しめます。
海住山寺


海住山寺 交通アクセスなど

所在地 京都府木津川市加茂町例幣海住山20
料金入山料100円、本堂内陣拝観大人300円
時間午前9時〜午後16時30分
アクセスJR 関西本線「加茂駅」より徒歩約45分
京奈和自動車道「山田川IC」「木津IC」より車で約20分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

神童寺(じんどうじ)Jindoji Temple

聖徳太子の創建と伝えられる神童寺(じんどうじ)は、法隆寺よりも前に建てられたといわれています。
役行者にもゆかりの深い古刹です。
神童寺


コスモスなど秋の花がちらほらと咲く境内。
神童寺

シュウカイドウ(秋海棠)も咲いています。
(2011年9月12日撮影)
神童寺

本堂(蔵王堂)は室町時代に建立された国の重要文化財です。
本堂の向こうに山間の集落が細長く続いています。
神童寺

神童寺 愛染明王 神童寺の愛染明王は6本の腕のうちの2本で、天に向かって弓矢を射る格好をしていて、なんとなく西洋の愛のキューピッドと共通点があります。

この愛染明王は「天弓愛染」とも呼ばれ、すごいパワーで恋愛成就の手助けをしてくれそうです。

(写真:木津川市のサイトより)


神童寺 交通アクセスなど

所在地木津川市山城町神童子不晴谷
料金境内自由(仏像拝観400円)
時間9:00~16:30
アクセスJR「棚倉駅」より徒歩約40分
駐車場なし(小さい車なら石段下に路駐可とのこと)


このページをシェアする

繁昌神社(はんじょうじんじゃ)

市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命の3神を祀る繁昌神社
小さな神社ですが、商売繁盛の御利益のほか、縁結びの神様としても知られています。


『宇治拾遺物語』の中に「長門前司女、葬送の時、本所にかえる事」という話があります。
ちょっと怖い話です。
ここに住んでいた長門前司の2人の娘の妹のほうが亡くなりました。
その遺体をお墓に運ぶと、棺の中が空になって、遺体だけが家の戸口に戻ります。
何度運んでも遺体は家に戻ってしまうので、仕方なく家のそばに塚と祠を建ててお祀りすることにしたそうです。

その後はこの塚の前を結婚前の娘が通ると、必ず縁談が破談になるとして、避けられました。

そんな縁切りの塚が、いつしか縁結びの神様として信仰を集めるようになりました。

縁結びの神様なのに、一方では未婚の女性がお参りに来ると結婚出来なくなるという言伝えも生き残っていて、ややこしい感じです。


近くの寺社 :菅大臣神社

繁昌神社 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 繁昌神社にお参りするなら、お泊まりは「からすま京都ホテル」へ。 地下鉄四条駅・阪急烏丸駅からすぐの便利なホテル。2011年3月リニューアルして、綺麗になりました。
チェック からすま京都ホテル
所在地京都市下京区高辻通室町西入繁昌町
料金境内自由
時間日中随時
アクセス地下鉄「五条」下車約6分
駐車場なし


このページをシェアする

真如堂(しんにょどう)Shinnyodo Temple

夏の終わりの真如堂。
カエデで覆われた頭上からはツクツクボウシの蝉時雨!
真如堂

百日紅もすこし咲いています。
真如堂

お隣の西雲院さん(金戒光明寺の塔頭)にも大きな百日紅があります。
なんだかすっかり秋の空。
西雲院

西雲院の向こうは金戒光明寺のお墓。
三重塔があり、見晴らしもよいところです。
金戒光明寺墓地

屋根のあいだから京都タワーや平安神宮の大鳥居も。
金戒光明寺墓地


近くの寺社 :金戒光明寺

真如堂 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 真如堂から歩いてすぐの吉田山の中腹にある「吉田山荘」はおすすめの宿。
吉田山荘は元東伏見宮家別邸として建造された裏菊紋の格式の高さが偲ばれるお宿。
静寂な吉田山中で伝統の京懐石をいただけば、素敵な大人の京都旅となることでしょう。
吉田山荘はこども連れでは泊まれないので、静かな夜が約束されるはず。
吉田山荘の予約状況を見る
所在地 京都市左京区浄土寺真如町82
料金境内自由(本堂拝観は500円)
時間9〜16時
アクセス市バス「錦林車庫前」または「真如堂道」下車、徒歩10分
駐車場参拝者用無料駐車場あり(紅葉の時期は閉鎖)


秋の真如堂はいいですよ!>>真如堂の紅葉
真如堂


このページをシェアする
京都西陣智恵光院さん。
青空に百日紅の花が映えてきれいでした。
智恵光院
これからは酔芙蓉や萩の花も楽しめそうです。
(2011年9月6日撮影)

近くの寺社 :清明神社

称念山平等寺(智恵光院)

所在地 京都市上京区智恵光院通一条上ル智恵光院前之町601
料金境内自由
アクセス市バス「千本中立売」下車
地下鉄「今出川駅」徒歩20分
駐車場参拝者用駐車スペースあり


このページをシェアする

京菓子笹屋昌園の『紅白ハート饅頭』

笹屋昌園は龍安寺近くにある老舗和菓子屋さんです。
開けてびっくりみんなが驚くかわいいハート型の紅白まんじゅう。
大きさはピンポン玉より少し大きめ。
しっとりして甘すぎずとても上品。
商品到着後賞味期限は1日しかないのでご注意を。
チェック 笹屋昌園の『紅白ハート饅頭』

京菓子富久屋の『ハートドロップ』

京都の飴職人がじっくりと地釜で炊き上げたドロップ。さすがにひと味違います。
可愛い小袋に入っていて、結婚式のプチギフトとしてもよく売れているそうです。
チェック 富久屋の『ハートドロップ』

nikiniki 1689の『アムール』

ハートがかわいい「アムール」
聖護院八ツ橋がプロデュースするショップ『nikiniki 1689』の八つ橋なのです。
そう、あんこがくるんであるあの八つ橋なのです。
賞味期限は当日中なのでギフトには向きませんが、おもたせには使えますね。
京都府京都市下京区四条通西木屋町角


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索できます。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 清水寺
  • 猿丸神社
  • 妙心寺退蔵院の紅葉
  • 安楽寺の紅葉
  • 東寺の紅葉
  • sosui09.jpg