神童寺(じんどうじ)Jindoji Temple

聖徳太子の創建と伝えられる神童寺(じんどうじ)は、法隆寺よりも前に建てられたといわれています。
役行者にもゆかりの深い古刹です。
神童寺


コスモスなど秋の花がちらほらと咲く境内。
神童寺

シュウカイドウ(秋海棠)も咲いています。
(2011年9月12日撮影)
神童寺

本堂(蔵王堂)は室町時代に建立された国の重要文化財です。
本堂の向こうに山間の集落が細長く続いています。
神童寺

神童寺 愛染明王 神童寺の愛染明王は6本の腕のうちの2本で、天に向かって弓矢を射る格好をしていて、なんとなく西洋の愛のキューピッドと共通点があります。

この愛染明王は「天弓愛染」とも呼ばれ、すごいパワーで恋愛成就の手助けをしてくれそうです。

(写真:木津川市のサイトより)


神童寺 交通アクセスなど

所在地木津川市山城町神童子不晴谷
料金境内自由(仏像拝観400円)
時間9:00~16:30
アクセスJR「棚倉駅」より徒歩約40分
駐車場なし(小さい車なら石段下に路駐可とのこと)


このページをシェアする