en6_head.jpg

タグ「弁財天」の一覧

護法堂弁財天(ごほうどうべんざいてん)

五山の送り火の鳥居形の山のふもとにある護法堂弁財天さんには小さな美しい紅葉の景色があります。
ご存知の方は多いかもしれませんが、それぞれ滞在時間が短いからか、誰とも会わないことが多いです。
護法堂弁財天
「嵯峨の弁天さん」とも呼ばれています。
護法堂弁財天

晩秋にはひっそりとした敷紅葉の光景があります。
護法堂弁財天



近くの寺社 :鳥居本八幡宮・化野念仏寺

護法堂弁財天 交通アクセス

所在地京都市右京区嵯峨鳥居本一華表町
料金境内自由
時間日中随時
アクセス京都バス「護法堂弁財天前」下車
駐車場なし


このページをシェアする

妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)Myoon-benzaiten Shrine

出町の妙音弁財天さんは音楽や芸能の神様。
妙音弁財天

琵琶を弾く弁天様の絵をご本尊として祀っています。
妙音弁財天

お堂のまわりには弁天さまのお使いの蛇の絵や瓦が掲げられています。
どれもとても京都らしい絵です。
妙音弁財天

白い六角堂の回りを、お参りしながら歳の数だけ回れば、願いが叶うそうです。
妙音弁財天

すぐそばに豆餅が有名な出町ふたばのお店があります。えんどう豆の塩味が効いていておいしいですねえ〜。

近くの寺社 :常林寺・長徳寺・下鴨神社・幸神社・本満寺

妙音弁財天 交通アクセス

所在地京都市上京区出町桝形東入ル5
料金境内自由
時間常時開放
アクセス京阪出町柳駅下車、鴨川を渡る
駐車場なし


このページをシェアする

毘沙門堂(びしゃもんどう)Bishamondo Temple

雪の日に山科の毘沙門堂に行ってみました。
石段も真っ白です。
毘沙門堂

本堂も真っ白。
毘沙門堂

どかどかと降っています・・・。
毘沙門堂

別の日のお庭です。融けかかった雪がキラキラして綺麗です。
毘沙門堂

青空に木がまるでガラス細工です。
毘沙門堂

弁天堂は本堂の縁から見る景色が綺麗です。
毘沙門堂
写真は撮影できませんが、霊殿天井画の龍や宸殿のふすま絵は地味〜にトリッキーで楽しめます。

毘沙門堂・桜
毘沙門堂・紅葉

このページをシェアする

長建寺(ちょうけんじ)Choken-ji Temple

中書島駅に近い辨財天長建寺さん。
濠川に面した赤い竜宮門が印象的です。
長建寺
長建寺は「島の弁天さん」として親しまれてきました。
京都で弁財天を御本尊とするお寺はここだけだそうです。
長建寺
(本堂)

糸桜の近くにあるのは恋愛成就のお地蔵様「えくぼちゃん」
笑っています。
長建寺


江戸時代、このあたりはたいへんな都会で、遊郭・飲み屋・旅籠が集まる歓楽街だったそうです。
梵鐘は町や行き来する船に時を告げ、弁天様は廻船の守護神として、また、遊郭で働く遊女の技芸上達の神として信仰を集めました。
長建寺
(鐘楼)

弁財天堂の傍の「閼伽水」は伏見の名水に挙げられています。
まろやかなやさしい口あたりでした。
長建寺

酒樽が積まれていて伏見らしい光景です。
長建寺


近くの寺社 :御香宮・お登勢稲荷

東光山 長建寺

所在地 京都府京都市伏見区東柳町511
料金境内自由 特別拝観500円(1月1日〜15日・7月第4土・日)
時間9:00〜17:00
アクセス京阪本線「中書島駅」徒歩5分
駐車場参拝者用駐車スペースあり


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]