en6_head.jpg

タグ「嵐山」の一覧

寒いけれど美しい嵐山花灯路です。
寒空の下の青い山が見るからに寒い!桂川(大堰川)のほとりに立って眺めれば、川からの風がびゅーびゅー。

嵐山 渡月橋

でも、この圧倒的な美しさはその場で見なければ体感できません。くれぐれも温かな格好でお出かけください。

嵐山 渡月橋 ライトアップ

竹林の小径も美しく照らし出されます。普段ならこんなに上のほうまで見上げることはないかもしれません。

嵐山花灯路 竹林の小径


嵐山花灯路 竹林の小径

夜も参拝できます。野宮神社。

野宮神社

大河内山荘庭園・落柿舎・法輪寺・宝厳院・常寂光寺などで夜間特別拝観が行われます。
嵐山モンキーパークいわたやまの夜の無料公開もおすすめです。


嵐山花灯路は広範囲に渡るイベントなので、暗〜いところもあります。
御髪神社と小倉池あたりはサスペンスな感じに光っています。



このページをシェアする

鹿王院(ろくおういん)Rokuo-in Temple

「いま西暦1400年の秋です。」と言われれば「はあ、そうですか。」と言ってしまいそうな鹿王院さんのお庭の景色。
なにも現代を感じさせるものがありません。
鹿王院の紅葉

渡月橋や嵯峨野が人でごったがえしていても、ここ鹿王院にはそれほど人は流れてきません。
場所も少し離れていて、渡月橋に向かう人には逆方向なのです。

山門を入ってから長〜いまっすぐな参道を歩きます。
鹿王院

その上を真っ赤なカエデが覆います。
鹿王院

エントランスの前庭にも美しい黄色のカエデ。
鹿王院

鹿王院

遠くの嵐山もカラフルに染まっています。
鹿王院の紅葉


空から見ると細長〜い境内です。
鹿王院


近くの寺社 :車折神社

鹿王院 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 鹿王院へ徒歩圏内のお宿は嵯峨グレースホテル。嵯峨野めぐり・大覚寺・嵐山・映画村などの拠点としても都合がよいでしょう。
嵐山観光がメインなら、渡月橋周辺の旅館を選ぶのもおすすめ。
チェック 嵯峨グレースホテル
所在地京都市右京区嵯峨北堀町24
料金大人300円
時間9:00~17:00
アクセスJR「嵯峨嵐山」徒歩5分
京福嵐山線「鹿王院」徒歩3分
市バス・京都バス「下嵯峨」徒歩3分
駐車場無料駐車スペースあり


このページをシェアする

大悲閣千光寺(だいひかくせんこうじ)

秋の大悲閣千光寺さんは素敵です。
天龍寺や渡月橋近辺は観光客でごったがえしていますが、ここまで登ってくる人はそれほどはいません。
大悲閣千光寺

眺めは爽快です。
大悲閣千光寺

大悲閣千光寺

カエデは鮮やかに色づいています。
大悲閣千光寺

ちょっと見えにくいですが、トロッコ列車が通りがかったところです。
トロッコ列車も紅葉狩りのため、一時停車しています。
大悲閣千光寺

歩く道のりは遠いですが、渡し船を利用するとちょっとショートカットできます。
大悲閣千光寺


近くの寺社 :櫟谷宗像神社

大悲閣千光寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 大悲閣千光寺を訪れるなら宿泊によいお宿は「星のや京都」。大堰川を小舟で遡りチェックイン。嵐峡の風景に包まれるような京都の奥座敷を堪能できます。クチコミ評価の非常に高い星野リゾートのお宿です。
チェック 星のや京都を予約する
所在地 京都市西京区嵐山中尾下町62
料金入山料 400円
時間午前9時〜午後4時まで(休日は5時まで)
アクセス渡月橋から徒歩20分ほど
駐車場なし


大悲閣千光寺


このページをシェアする

大悲閣千光寺(だいひかくせんこうじ)Daihikaku-senko-ji Temple

観光客でいっぱいの嵐山にありながら、マイナーなスポットの大悲閣千光寺さん。
渡月橋の南側から大堰川沿いを上流へ向かってかなり歩きます。
1kmほど歩き、100m登ります。
写真は対岸の嵐山公園から見た秋の大悲閣。
大悲閣千光寺


水彩画のような大堰川の景色。
向こうに見えるのは観光客でいっぱいの渡月橋。
大悲閣千光寺

渡月橋近くの英語入り案内板には「絶景 GREAT VIEW」と太い手書き文字が。
大悲閣千光寺
これを見てか、どんどんと外国人ばかりが登ってきます(笑
彼らのガイドブックには載っているのかもしれません。
筆者が訪れたときは、大悲閣にはオランダの人と韓国の人だけ。
片言の英語で交流です。

石段と坂道のつづら折りを登ります。
大悲閣千光寺

途中の釣り鐘堂の向こうは緑一色。
大悲閣千光寺

登りきったところにある小さなお堂(仮本堂)に観音様と角倉了以の像が祀られています。
大悲閣千光寺
1959年の伊勢湾台風で大ダメージを受け、本堂は壊れてしまい、いまはありません。
大悲閣もワイヤーでひっぱられていて危なっかしい印象を受けます。

谷にせり出すように作られている大悲閣からの眺望はたしかに絶景スポット。
ただし、景色のほとんどは山の緑。
大悲閣千光寺
真下をトロッコ列車が走ったり、遠く彼方に清水寺の三重塔が見えたり、よーく目を凝らせばグレートビュー。

夏はペットボトルのお茶がテーブルに用意されていて、大きな扇風機が2つぶんぶんと回っています。
いい風が通り抜けていきます。
大悲閣千光寺
あまりの居心地のよさになにもせず3時間も過ごしてしまいました。
畳に寝転がってそのまま寝てしまう人もいました。

時間がたっぷりあるなら、ぜひ登ってみてください。
おすすめパワースポットです!
大悲閣千光寺


近くの寺社 :櫟谷宗像神社

大悲閣千光寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 宿泊に最適なお宿は「星のや京都」。大堰川を小舟で遡りチェックイン。嵐峡の風景に包まれるような京都の奥座敷を堪能できます。クチコミ評価の非常に高い星野リゾートのお宿です。
チェック 星のや京都を予約する
大悲閣千光寺と星のや京都
(大悲閣千光寺と星のや京都)
所在地 京都市西京区嵐山中尾下町62
料金入山料 400円
時間午前9時〜午後4時まで(休日は5時まで)
アクセス渡月橋から徒歩20分ほど
駐車場》 》 嵐山の駐車場予約←事前に駐車場をおさえておくととても便利!!
地図で見るとトロッコ嵐山駅からすぐなのですが・・・。
そうカンタンには行けません。
英語の勉強

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]