en6_head.jpg

タグ「小野小町」の一覧

隨心院(ずいしんいん)Zuisin-in Temple

小野小町ゆかりのお寺、山科の随心院さんは梅の名所として知られていますが、紅葉も素敵です。
随心院

山科は京都市中心部からは離れていますので、ゆったりと鑑賞できるはず。
随心院

随心院

床紅葉も楽しめます。
随心院

ライトアップもあります。
こちらもゆったりと夜の紅葉を見られますので、人ごみ嫌いの方にはおすすめです。

近くの寺社 :醍醐寺・勧修寺

随心院 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 隨心院を訪れるなら宿泊は山科駅の「ホテルブライトンシティ京都山科」が便利です。 地下鉄東西線で小野駅まで3駅です。
チェック ホテルブライトンシティ京都山科
所在地京都府京都市山科区小野御霊町35
拝観時間9:00~16:30
料金境内自由。本坊・庭園 400円
アクセス京都市営地下鉄「小野駅」1番出口 徒歩5分
駐車場参詣者用無料駐車場があります。


このページをシェアする

随心院(ずいしんいん)Zuisin-in Temple

世界三大美人の一人、小野小町ゆかりの寺として有名な山科の随心院さん。
随心院
この辺りは小野氏の一族が栄えたところで、小野小町もこの地の出で宮中を退いてからはまたこの地で過ごしたそうです。

境内の一角に小町の邸宅跡、その隅に化粧の井戸があります。

この辺りが邸宅跡。
随心院の小町屋敷跡

小町が朝夕の化粧で使ったという化粧の井戸。
随心院の小町化粧の井戸
とても大きくて深い造りになっていて、いまも水があります。

裏手に回ると森の奥に文塚があります。
随心院

深草少将をはじめ多くの男性から小町へ寄せられた文を千束も埋めたという塚です。
小町にあやかろうとお参りに来る方が大勢おられます。
おだんごのようなかわいらしい塔です。
随心院


本堂には文塚に納めきれなかった恋文を貼ってつくられたという地蔵菩薩もあります。
お祈りすれば恋文が上達し思いが叶うといわれています。

縁結びのおみくじも。
文塚


文塚の周りには危険な生き物たちが・・・・両方いっぺんに出て来たらどうしましょうか。
文塚のスズメバチ

 

随心院 交通アクセス

所在地京都府京都市山科区小野御霊町35
拝観時間9:00~16:30
料金境内自由。本坊・庭園 400円。
アクセス京都市営地下鉄小野駅1番出口 徒歩5分
駐車場参詣者用無料駐車場があります。


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]