en6_head.jpg

タグ「坂本龍馬」の一覧

京都霊山護国神社(きょうとりょうぜんごこくじんじゃ)

京都霊山護国神社は日本初の官祭招魂社として明治元年に創建された神社で、坂本龍馬のお墓があることでよく知られています。
京都霊山護国神社
高台寺に近い「維新の道」を登りきった高台にあります。
坂本龍馬だけでなく、明治維新に向けて奔走した志士たちが1000人以上も祀られています。
中岡慎太郎、桂小五郎と幾松、久坂玄瑞、吉田稔麿、吉村寅太郎など。

境内から墓所を見上げれば大きなモミジ。
京都霊山護国神社

京都霊山護国神社

息を切らして龍馬のお墓まで上がってくると墓前からは京都市内の眺望が広がります。
京都霊山護国神社


近くの寺社 :霊山観音・正法寺

京都霊山護国神社 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 すぐ近くにホテルりょうぜんがあります。霊山護国神社と同じく高台にありますので、京都市内の夜景を眺めながらの温泉が楽しめます。もちろん清水寺・八坂神社・高台寺などの観光にも最適です。
ホテルりょうぜんは営業終了しました。
所在地京都府京都市東山区清閑寺霊山町1
料金境内自由 墓所大人300円
時間7:30〜17:00
アクセス市バス「東山安井」下車、徒歩5分
駐車場なし(高台寺有料駐車場などを利用)
34.9999362471,135.782936811

このページをシェアする

お登勢稲荷(おとせいなり)Otose-inari Shrine

幕末、三十石船で栄えた伏見の船宿「寺田屋」。 坂本龍馬が定宿としていたことでも有名です。

当時の女将お登勢さんはここのお庭に「お登勢明神」として祀られています。

小さな小さな祠で、作られたのも最近のことですが、龍馬とお龍の仲を取り持ったお登勢さんにあやかろうと、良縁成就のお参りにくる人も多いそうです。
お登勢稲荷

お登勢稲荷

所在地京都府京都市伏見区南浜町263
料金無料
アクセス京阪中書島駅から徒歩6分


このページをシェアする

武信稲荷神社(たけのぶいなりじんじゃ)Takenobuinari-jinja Shrine

武信稲荷神社
武信稲荷神社は大通りからすぐ近くなのですが、ちょっと奥まったところにあって、 そこだけがふわっと昔に戻ったようなそんな雰囲気。
平安時代からある古い神社です。

いつくもの小さなお社がある中で異彩を放っているのが巨大な榎の樹。
武信稲荷神社のエノキ
京都市天然記念物にも指定されているその榎は23メートル、胸高幹周り4メートル。 幹は苔むして緑。枝はわさわさと四方に広がっています。

樹齢は850年、平安時代末期、平重盛が厳島神社から苗木を 移したと伝えられています。

榎(えのき)は縁の木(えんのき)ということで、傍らの「宮姫社」とともに縁結び恋愛の神様として知られてきました。

この榎は坂本龍馬おりょう縁結びの木としても有名です。

ふたりは何度もこの神社に訪れていました。

京の町で命を狙われて身を隠し、おりょうと離れ離れになった龍馬が自分がまだ京にいることをおりょうに知らせるためにこの木の幹に『龍』の字を彫ったそうです。

その『龍』の字を見つけたおかげで再び会うことができたという逸話。

素敵なはなしですね。

木の幹は苔むしてもちろん『龍』の字はもうありません。
武信稲荷神社
龍馬とおりょうのセンスのいい絵馬がいっぱい。


近くの寺社 :神泉苑

武信稲荷神社

所在地京都府京都市中京区今新在家西町38
料金境内自由
アクセス阪急電車京都線・大宮駅で下車し北に徒歩約5分
駐車場なし


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]