en6_head.jpg

タグ「五重塔」の一覧

東寺(とうじ)Toji Temple

東寺さんの桜景色。
なんといっても圧巻は不二桜。
無料でも十分鑑賞できますが、中へ入ってぐるりとまわりを歩いたほうが堪能できます。
それに、お天気の日は外からでは逆光でシルエット状態なんです。
東寺の桜

お日様のほうから見ればピンク。
東寺の桜

角度によって少しずつ味わいが違います。
東寺の桜

東寺の桜


枝垂桜だけではなく、境内のソメイヨシノは全部満開です。
東寺の桜

東寺の桜

東寺の桜

東寺の桜

濃いピンクの陽光も見応えがあります。
東寺の桜

東寺の桜

ライトアップ
5月の東寺
11月の東寺

近くの寺社 :六孫王神社

東寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 東寺は京都駅に近いですので、やはり京都駅周辺のホテルに泊まるのが便利です。
チェック 新・都ホテルリーガロイヤルホテル京都
所在地 京都府京都市南区九条町1
料金金堂・講堂大人500円など
時間8:30〜17:30 3月20日〜9月19日
冬 8:30〜16:30 9月20日〜3月19日
アクセス「JR京都駅」徒歩15分。または近鉄「東寺駅」徒歩10分
駐車場有料駐車場あり


青空を映す池に花筏。
東寺の桜


このページをシェアする
京都のパワースポット「教王護国寺(東寺)」のシンボル五重塔は、木造の塔としては日本一の高さを誇ります。

しかし、

今回、東京スカイツリーに対抗して、七十五重塔に生まれ変わりました!
名実ともに世界一の塔です。最高の世界文化遺産です。
東寺の七十五重塔
弘法市も往時のにぎわいを取り戻します。
東寺の七十五重塔
それにともない拝観料は3,500円に値上げになります。

塔がこれだけ高くなれば、これからは琵琶湖でミシガンに乗っていても東寺の七十五重塔が見えます。

いつも読んでいただきありがとうございます。(2012年4月1日吉日)

このページをシェアする

海住山寺(かいじゅうせんじ)

海住山寺
稲穂が実りはじめた田んぼを抜けて、猿の群がぞろぞろと歩く集落を抜けて、山道をひたすらグネグネと登っていくと、瓶原(みかのはら)を見おろす高い位置に海住山寺(かいじゅうせんじ)があります。

海住山寺は735年、聖武天皇の勅願によって、東大寺の良弁僧正が開創したといわれます。
海住山寺

海住山寺の五重塔はコンパクトでたいへん美しいです。
海住山寺
1214年、鎌倉時代に建てられたもので、国宝です。
最初の屋根の下に裳階(もこし)がついていて、六重に見えます。法隆寺と同じタイプだそうです。
海住山寺


本堂前に「願いを叶えるなすのこしかけ」が置かれています。
海住山寺
腰掛けると良縁に恵まれるとか。
リアルななすで、色合いやゲラデーションもホンモノっぽいです。

ただ、炎天下に置かれているので、太陽の熱を吸収しまくっており、座ることはおろか、触るのもたいへんなくらい熱々でした・・・・。

境内からは素晴らしい眺望が楽しめます。
海住山寺


海住山寺 交通アクセスなど

所在地 京都府木津川市加茂町例幣海住山20
料金入山料100円、本堂内陣拝観大人300円
時間午前9時〜午後16時30分
アクセスJR 関西本線「加茂駅」より徒歩約45分
京奈和自動車道「山田川IC」「木津IC」より車で約20分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2020年5月 [1]
  2. 2020年2月 [1]
  3. 2019年11月 [1]
  4. 2019年9月 [1]
  5. 2019年8月 [1]
  6. 2019年7月 [3]
  7. 2019年6月 [1]
  8. 2018年12月 [7]
  9. 2018年11月 [4]
  10. 2018年9月 [1]
  11. 2018年6月 [1]
  12. 2018年5月 [3]
  13. 2018年4月 [1]
  14. 2018年2月 [1]
  15. 2018年1月 [3]
  16. 2017年12月 [4]
  17. 2017年11月 [9]
  18. 2017年10月 [1]
  19. 2017年1月 [1]
  20. 2016年12月 [9]
  21. 2016年4月 [1]
  22. 2016年2月 [2]
  23. 2016年1月 [1]
  24. 2015年12月 [10]
  25. 2015年11月 [21]
  26. 2015年7月 [3]
  27. 2015年6月 [34]
  28. 2015年5月 [25]
  29. 2015年4月 [39]
  30. 2015年3月 [9]
  31. 2015年2月 [33]
  32. 2015年1月 [21]
  33. 2014年12月 [11]
  34. 2014年11月 [19]
  35. 2014年10月 [4]
  36. 2014年9月 [7]
  37. 2014年8月 [3]
  38. 2014年7月 [8]
  39. 2014年6月 [40]
  40. 2014年5月 [29]
  41. 2014年4月 [66]
  42. 2014年3月 [8]
  43. 2014年2月 [9]
  44. 2014年1月 [8]
  45. 2013年12月 [23]
  46. 2013年11月 [25]
  47. 2013年10月 [1]
  48. 2013年9月 [2]
  49. 2013年8月 [3]
  50. 2013年6月 [27]
  51. 2013年5月 [24]
  52. 2013年4月 [37]
  53. 2013年3月 [8]
  54. 2013年2月 [1]
  55. 2013年1月 [7]
  56. 2012年12月 [9]
  57. 2012年11月 [18]
  58. 2012年10月 [4]
  59. 2012年9月 [18]
  60. 2012年8月 [19]
  61. 2012年7月 [9]
  62. 2012年6月 [20]
  63. 2012年5月 [4]
  64. 2012年4月 [72]
  65. 2012年3月 [29]
  66. 2012年2月 [15]
  67. 2012年1月 [16]
  68. 2011年12月 [36]
  69. 2011年11月 [27]
  70. 2011年10月 [25]
  71. 2011年9月 [8]
  72. 2011年8月 [10]
  73. 2011年7月 [17]
  74. 2011年6月 [28]
  75. 2011年5月 [30]
  76. 2011年4月 [71]
  77. 2011年3月 [15]
  78. 2011年2月 [7]
  79. 2011年1月 [16]
  80. 2010年12月 [10]
  81. 2010年11月 [15]
  82. 2010年10月 [10]
  83. 2010年9月 [4]
  84. 2010年8月 [3]
  85. 2010年7月 [11]
  86. 2010年6月 [12]
  87. 2010年5月 [11]
  88. 2010年4月 [9]
  89. 2010年3月 [2]