2011年12月の記事一覧

観音寺(かんのんじ)Kannon-ji Temple

紅葉の名所として知られる京田辺の観音寺さん。
まわりに風をさえぎるものがない吹きっさらしの場所だからでしょうか。周辺よりかなり早く紅葉は散り際でした。
観音寺は奈良時代初期創建の古刹です。本堂のご本尊十一面観音は国宝。
(2011年12月5日)

別の年の観音寺さん。こんどはカエデが散る前に訪れることができました。

が、日差しには恵まれず。

観音寺 交通アクセス

所在地京田辺市普賢寺下大門13
料金境内自由、拝観志納料400円
時間9:00~17:00
アクセス近鉄京都線「三山木」駅・JR学研都市線「JR三山木」駅から奈良交通バスで「普賢寺」下車、徒歩3分
駐車場無料駐車場あり
34.7953411,135.7619148

このページをシェアする

関西セミナーハウス

曼殊院の北側にある関西セミナーハウスには広い広い庭園があり、見事な紅葉を見ることができます。
関西セミナーハウス

建物の後ろは色とりどり紅葉の小径。
関西セミナーハウス

関西セミナーハウス

紅葉の庭園は無料公開されていますので、受付にひと声かけて案内してもらいましょう。
関西セミナーハウス

関西セミナーハウス

生垣の外側にも真っ赤なカエデが枝を広げています。
関西セミナーハウス


近くの寺社 :曼殊院

関西セミナーハウス 宿泊案内と交通アクセス

関西セミナーハウス
【宿泊案内】関西セミナーハウスにはたいへんお得な宿泊料金で泊まることができます。曼殊院へも歩いてすぐなので、京都一乗寺の紅葉散策にも最適です。
チェック 関西セミナーハウス
所在地京都府京都市左京区一乗寺竹の内町23
アクセス叡山電鉄「修学院駅」徒歩約15分


このページをシェアする

鷺森神社(さぎのもりじんじゃ)Saginomori-jinja Shrine

参道の紅葉のアーチが印象的な鷺森神社
地面はイチョウの葉っぱで埋まっています。
鷺森神社

縁結びの石。
本殿のまわりにも赤いカエデ。
鷺森神社
》 》 鷺森神社縁結び情報はこちら

近くの寺社 :詩仙堂八大神社曼殊院赤山禅院

鷺森神社 交通アクセス

所在地京都府京都市左京区修学院宮ノ脇町16
料金境内自由
アクセス叡山電車 修学院下車 徒歩約6分
市バス 修学院道下車 徒歩約6分
駐車場5台分の無料駐車場があります。


このページをシェアする

粟田神社(あわたじんじゃ)Awata-jinja Shrine

粟田神社の本殿のかたわらに大きなカエデがあります。
粟田神社

参道は紅葉のアーチ。
カエデが朝日を浴びて光ります。
粟田神社

拝殿には嵯峨菊。
粟田神社
(2011年11月29日)
縁結びのお詣りは多賀大社の御分霊を祀る摂社の多賀社へ。

近くの寺社 :青蓮院門跡

粟田神社 交通アクセス

所在地 京都市東山区粟田口鍛冶町1番地
料金境内自由
時間6:00~17:30
アクセス京都市営地下鉄 「東西線東山」下車 東へ徒歩7分
東西線「蹴上」下車 西へ徒歩7分
京都市営バス  神宮道バス停下車 徒歩5分
駐車場参拝者用無料駐車場あり


このページをシェアする

南禅寺牧護庵(ぼくごあん)

南禅寺の三門の手前に非公開の塔頭「牧護庵」があります。
非公開といってもカエデは塀から溢れ出していますし、門から中をのぞけば、美しい池泉式回遊庭園が見えます。
南禅寺牧護庵
点在するわらべ地蔵は、三千院のものと同じ作者杉村孝さんの手によるもの。
南禅寺牧護庵


近くの寺社 :南禅寺金地院・聴松院などの塔頭、永観堂

南禅寺牧護庵 交通アクセス

所在地京都府京都市左京区南禅寺福地町
料金非公開
アクセス地下鉄東西線「蹴上駅」下車、徒歩10分


このページをシェアする

修学院離宮(しゅうがくいんりきゅう)

修学院離宮は事前申込みが必要なので、門の前まで来ても、どうすることもできません。
この日も数人が門前でがっかりしておられました。
わたしもそのひとりですが。
修学院離宮
修学院離宮は徳川家光が後水尾上皇のため造営した山荘で、広大な敷地を誇ります。

裏口からちらっと中の様子を拝見。
Oh!ビューティフル。
修学院離宮
宮内庁の参観案内

近くの寺社 :禅華院

修学院離宮 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 修学院離宮に近いホテルはアピカルイン京都やグランドプリンスホテル京都など。修学院まで歩くと少し遠いですが。
チェック アピカルイン京都
所在地京都府京都市左京区修学院藪添
料金無料
参観開始時間午前9時・午前10時・午前11時・午後1時30分・午後3時
アクセス叡山電鉄「修学院駅」から 徒歩20分
 市バス「修学院離宮道」下車 徒歩15分
駐車場なし


このページをシェアする

養福寺(ようふくじ)Yofuku-ji Temple

京都洛北八瀬の養福寺さんは山の斜面に建っています。
養福寺の紅葉


元は三条大橋のそばにありましたが、1979年に八瀬に移転。浄土宗西山禅林寺派のお寺で、赤門寺とも呼ばれています。
お堂の周りにもたくさんのカエデが植えられています。
養福寺

急な坂道を登った境内からは向かいの山の紅葉がよく見えます。
養福寺の紅葉

特に赤い部分は比叡山に登る八瀬のケーブルカー線路沿いの紅葉。
養福寺

なんだか毒々しい色ですね・・・。
養福寺

見おろす八瀬霊園の真っ赤なカエデも絵になります。
養福寺


近くの寺社 :真山がけ観音寺

養福寺 交通アクセス

所在地京都府京都市左京区八瀬野瀬町48
アクセス叡山電鉄線「八瀬比叡山口駅」より徒歩5分
京都バス「八瀬駅前」下車、徒歩2分


このページをシェアする

曼殊院(まんしゅいん)Manshuin Temple

一乗寺、修学院離宮の近くにある門跡寺院、曼殊院
杉や楓の古木に囲まれ、静かで気品のあるお寺です。


2006年のJR東海CM「そうだ 京都、行こう。」では曼殊院の美しい紅葉の景色が取り上げられました。
曼殊院の紅葉

大書院前に広がる枯山水庭園には、白砂の中に鶴島と亀島が配されています。
曼殊院の紅葉

曼殊院の紅葉

曼殊院の紅葉

曼殊院の紅葉

曼殊院の紅葉

曼殊院の紅葉

曼殊院は参道や塀の外まわりの紅葉も見事で、入らないで満足して帰る人もおられるほど。
曼殊院の紅葉

参道の坂道も綺麗。
(2011年12月1日撮影)
曼殊院の紅葉


近くの寺社 :鷺森神社

曼殊院 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 曼殊院近くにはお宿はありませんので、「アピカルイン京都」に泊まって、車かタクシーで向かうのがよいかもしれません。駐車料金は無料のホテルです。
チェック アピカルイン京都
所在地京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
料金大人600円
時間9:00~17:00
アクセス叡山電車「修学院」下車 徒歩20分
市バス・京都バス「一乗寺清水町」下車 徒歩20分
駐車場参拝者用無料駐車場あり


このページをシェアする

雲龍院(うんりゅういん)

泉涌寺本坊の南側にある雲龍院は、後光厳天皇の勅願により1372年に創建されたお寺です。
泉涌寺雲龍院

書院の悟りの窓からは梅の木が見えます。
泉涌寺雲龍院

泉涌寺雲龍院

書院から眺めるお庭。
泉涌寺雲龍院


近くの寺社 :東福寺

雲龍院 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 泉涌寺や雲龍院の拝観をするなら、宿泊は京都駅周辺のホテルが便利です。
チェック 天然温泉 花蛍の湯 ドーミーインPREMIUM京都駅前ホテルグランヴィア京都
所在地京都市東山区泉涌寺山内町36
料金大人400円
時間9:00〜16:30受付終了
アクセス市バス「泉涌寺道」下車徒歩10分
東福寺から歩くこともできます。
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

広沢池(ひろさわのいけ)Hirosawa-no-ike

京都嵯峨野の広沢池
平安時代に遍照寺の庭池として作られた人造池です。
観月の池として知られ、当時は池のほとりに月見堂や釣殿が建っていたそうです。
広沢池

風致地区になっていますので、1000年前の秋の景色を見ているような印象があります。
池に突き出した観音島には小さな壹美白弁財天社の祠が建っています。
広沢池

「古の人は汀に影絶えて 月のみ澄める広沢の池」
源頼政(1104〜1180)
「名月や池をめぐりて夜もすがら」
松尾芭蕉(1644〜1694)
たくさんの歴史上の人物がこの池のほとりで月を眺めました。

近くの寺社 :遍照寺・大覚寺

広沢池 交通アクセス

所在地京都市右京区嵯峨広沢町
アクセス市バス「山越」下車徒歩約5分
市バス「大覚寺」下車徒歩約10分
駐車場なし
美白美容液

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [6]
  27. 2015年11月 [19]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [38]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [19]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [39]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [63]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [7]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [24]
  54. 2013年4月 [36]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [18]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [72]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [15]
  69. 2012年1月 [16]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [28]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]