en6_head.jpg

12月の京都 一覧

大田神社(おおたじんじゃ)Ota-jinja Shrine

カキツバタで知られる上賀茂神社の摂社の大田神社では、 境内のカエデが色づいています。
大田神社

12月もだいぶん過ぎたというのに究極のグラデーション!!
大田神社

どうしてこんなに緑の葉っぱがあるのでしょう。
陽が差すとさらに輝きます。
大田神社

2011年の京都の紅葉もそろそろ見納め。最後に美しい光景を見ることができました。
大田神社
(2011年12月6日撮影)

近くの寺社 :上賀茂神社

大田神社 交通アクセス

所在地京都府京都市北区上賀茂本山340
料金境内自由
時間常時開放
アクセス市バス「上賀茂神社前」より徒歩8分
駐車場参道に2台程度停めることができます。


このページをシェアする

岩屋神社(いわやじんじゃ)Iwaya-jinja Shrine

山科の岩屋神社。蝉の目の狛犬の上でカエデが真っ赤に色づいていました。
岩屋神社
(2011年12月5日)

近くの寺社 :笠原寺・大圓寺

岩屋神社 交通アクセス

所在地京都府京都市山科区大宅中小路町67
料金境内自由
時間日中随時
アクセス地下鉄「椥辻駅」徒歩20分
京阪バス「大宅(岩屋神社前)」下車、徒歩10分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

大谷祖廟(おおたにそびょう)

東本願寺の大谷祖廟は高台寺と長楽寺のあいだにあり、山手にかけて広がっているお墓です。
大谷祖廟

急な斜面に数えきれないほどのお墓が並び、眺望が開けています。
上のほうまで登れば、八坂の塔と京都タワーが同じ方向に見え、東山の紅葉がポツポツと見えます。
大谷祖廟

祇園閣もよく見えます。
大谷祖廟

高台寺の紅葉を後ろ側から見ることもできます。
大谷祖廟


近くの寺社 :高台寺・長楽寺

大谷祖廟 交通アクセス

所在地京都市東山区円山町477
料金境内自由
時間5:00〜17:00
アクセス市バス「祇園」下車徒歩10分
京阪電車「祇園四条」より徒歩15分
駐車場なし


このページをシェアする

酬恩庵(しゅうおんあん)一休寺 Ikkyu-ji Temple

京田辺市にある一休さんゆかりのお寺、酬恩庵一休寺は一休禅師が晩年を過ごしたところです。
そして、紅葉の名所です。
奥の杉は蜷川新右衛門お手植の杉だとか。
あのしんえもんさんです。ケツあごの。
一休寺

紅葉は最後の見頃。
一休寺

境内には一休さんが何人も立っています。
年寄りの一休さんや小坊主の一休さんや、やさしい一休さんや、目つきの悪い一休さん・・・。
一休寺

虎の屏風もちゃんとあります。
一休寺

方丈庭園。
奥に見えるお堂は一休禅師墓所です。
一休寺


枯山水の北庭。
一休寺

どことなく懐かしい匂いのするお寺です。
一休寺


近くの寺社 :棚倉孫神社

一休寺 宿泊案内と交通アクセス

所在地京都府京田辺市薪里ノ内102
料金大人500円
時間9:00〜17:00
アクセス近鉄「新田辺駅」より徒歩約20分
JR「京田辺」より徒歩15分
駐車場有料駐車場あり(1回300円)


このページをシェアする

猿丸神社(さるまるじんじゃ)Sarumaru-jinja Shrine

宇治田原の猿丸神社は、猿丸大夫が和歌に詠ったように、紅葉の名所として知られています。
「奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋はかなしき」(古今和歌集)
猿丸神社

近年新たにモミジがたくさん植栽され、色とりどりのフレッシュなモミジが綺麗です。
猿丸神社

木漏れ日が差すと夢の国です。
猿丸神社

夫婦猿の向こうも色とりどり。
猿丸神社


近くの寺社 :禅定寺

猿丸神社 交通アクセス

所在地 京都府綴喜郡宇治田原町禅定寺粽谷44
料金境内自由
時間日中随時
アクセス京阪宇治交通バス 「猿丸神社」下車すぐ
国道24号・307号線 山城大橋から車で約20分
駐車場大きな無料駐車場があります
34.8801595,135.8841724

このページをシェアする

招善寺(しょうぜんじ)Shozen-ji Temple

玄琢下交差点からすぐのところにある招善寺さん。
招善寺

黄色のカエデが印象的な紅葉の名所です。
招善寺

招善寺

招善寺

本堂前には美しい枯山水庭園。
招善寺

招善寺

招善寺さんは時代劇のロケにもよく使われているそうです。
(2011年12月6日撮影)

近くの寺社 :常照寺・源光庵・光悦寺

招善寺 交通アクセス

所在地京都府京都市北区紫竹西野山町34
料金境内自由
アクセス玄琢下交差点すぐ
駐車場あり


このページをシェアする

観音寺(かんのんじ)Kannon-ji Temple

紅葉の名所として知られる京田辺の観音寺さん。
まわりに風をさえぎるものがない吹きっさらしの場所だからでしょうか。周辺よりかなり早く紅葉は散り際でした。
観音寺は奈良時代初期創建の古刹です。本堂のご本尊十一面観音は国宝。
(2011年12月5日)

別の年の観音寺さん。こんどはカエデが散る前に訪れることができました。

が、日差しには恵まれず。

観音寺 交通アクセス

所在地京田辺市普賢寺下大門13
料金境内自由、拝観志納料400円
時間9:00~17:00
アクセス近鉄京都線「三山木」駅・JR学研都市線「JR三山木」駅から奈良交通バスで「普賢寺」下車、徒歩3分
駐車場無料駐車場あり
34.7953411,135.7619148

このページをシェアする

金閣寺(きんかくじ)Kinkaku-ji Temple,The golden pavilion

雪の日の金閣寺です。
世界文化遺産の鹿苑寺
元は足利三代将軍義満の邸宅で、義満の死後、禅寺となりました。
(写真はぜんぶ、西陣のkazuさんの撮影です)
金閣寺
鏡湖池と金閣。
モノクロの景色にゴールドだけを加えた景色です!
金閣寺

金閣寺

金閣寺

金閣は1950年に全焼しました。
それ以前の金閣の写真。
金閣寺


雪の銀閣寺はこちら
あなたに幸せを呼び込む金の財布はこちら!

This is the Kinkakuji Temple(Golden Pavilion) of the snowy day.
Kinkakuji(Formally known as Rokuonji) was a World Heritage Site.
the retirement villa of the shogun Yoshimitsu Ashikaga , it became a Zen temple of the Rinzai sect after his death.
Kinkaku and Kyoko-chi large pond.
It is the scenery gold colour in black-and-white!
Kinkaku was burned down in 1950.it was set on fire by a fanatic monk.

近くの寺社 :わら天神・平野神社・龍安寺

金閣寺 交通アクセス

所在地 京都府京都市北区金閣寺町1
料金大人400円
時間午前9時~午後5時
アクセス市バス「金閣寺前」下車すぐ
駐車場有料駐車場あり


このページをシェアする

銀閣寺(ぎんかくじ)Ginkaku-ji Temple,The silver pavilion

銀閣寺は枯淡美あふれるお寺。
京都を代表する世界遺産であり、パワースポットともいわれます。
雪の降った大晦日に白銀閣を見に行きました。
銀閣寺

向月台も白。いつもより丸みをおびたシェイプに。
銀閣寺

銀沙灘も白銀。雪が積もっても斜めストライプは残っています。
銀閣寺

そして池越しの銀閣が素敵です。
銀閣寺
この日はたくさん雪が積もったので、展望台への道は閉ざされていました。
銀閣寺
ピンと空気が張りつめた冬の京都を味わえました。

雪の金閣寺はこちら

近くの寺社 :法然院

銀閣寺

所在地京都市左京区銀閣寺町2
料金大人500円
時間夏季(3/1-11/30)午前8:30 〜 午後5:00
冬季(12/1- 2/末日)午前9:00 〜 午後4:30
アクセス市バス「銀閣寺道」下車
駐車場近くに市営駐車場やコインパーキングがあります


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2020年12月 [1]
  2. 2020年9月 [3]
  3. 2020年7月 [1]
  4. 2020年6月 [2]
  5. 2020年5月 [1]
  6. 2020年2月 [1]
  7. 2019年11月 [1]
  8. 2019年9月 [1]
  9. 2019年8月 [1]
  10. 2019年7月 [3]
  11. 2019年6月 [1]
  12. 2018年12月 [7]
  13. 2018年11月 [4]
  14. 2018年9月 [1]
  15. 2018年6月 [1]
  16. 2018年5月 [3]
  17. 2018年4月 [1]
  18. 2018年2月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2017年1月 [1]
  24. 2016年12月 [9]
  25. 2016年4月 [1]
  26. 2016年2月 [2]
  27. 2016年1月 [1]
  28. 2015年12月 [10]
  29. 2015年11月 [21]
  30. 2015年7月 [3]
  31. 2015年6月 [34]
  32. 2015年5月 [25]
  33. 2015年4月 [39]
  34. 2015年3月 [9]
  35. 2015年2月 [33]
  36. 2015年1月 [21]
  37. 2014年12月 [11]
  38. 2014年11月 [19]
  39. 2014年10月 [4]
  40. 2014年9月 [7]
  41. 2014年8月 [3]
  42. 2014年7月 [8]
  43. 2014年6月 [40]
  44. 2014年5月 [29]
  45. 2014年4月 [66]
  46. 2014年3月 [8]
  47. 2014年2月 [9]
  48. 2014年1月 [8]
  49. 2013年12月 [23]
  50. 2013年11月 [25]
  51. 2013年10月 [1]
  52. 2013年9月 [2]
  53. 2013年8月 [3]
  54. 2013年6月 [27]
  55. 2013年5月 [24]
  56. 2013年4月 [37]
  57. 2013年3月 [8]
  58. 2013年2月 [1]
  59. 2013年1月 [7]
  60. 2012年12月 [9]
  61. 2012年11月 [18]
  62. 2012年10月 [4]
  63. 2012年9月 [18]
  64. 2012年8月 [19]
  65. 2012年7月 [9]
  66. 2012年6月 [20]
  67. 2012年5月 [4]
  68. 2012年4月 [72]
  69. 2012年3月 [29]
  70. 2012年2月 [15]
  71. 2012年1月 [16]
  72. 2011年12月 [36]
  73. 2011年11月 [27]
  74. 2011年10月 [25]
  75. 2011年9月 [8]
  76. 2011年8月 [10]
  77. 2011年7月 [17]
  78. 2011年6月 [28]
  79. 2011年5月 [30]
  80. 2011年4月 [71]
  81. 2011年3月 [15]
  82. 2011年2月 [7]
  83. 2011年1月 [16]
  84. 2010年12月 [10]
  85. 2010年11月 [15]
  86. 2010年10月 [10]
  87. 2010年9月 [4]
  88. 2010年8月 [3]
  89. 2010年7月 [11]
  90. 2010年6月 [12]
  91. 2010年5月 [11]
  92. 2010年4月 [9]
  93. 2010年3月 [2]