en6_head.jpg

京都 花の寺社 一覧

本満寺(ほんまんじ)Honman-ji Temple

美しすぎる枝垂桜が有名な本満寺さんの境内では、枝垂桜のあと八重桜が咲き、その八重桜が散るころには牡丹が咲きます。
だから、春には何度もお詣りに行ってしまいます。
本満寺の牡丹

八重桜が散って地面はピンクに。
本満寺の牡丹

葉桜となった大枝垂桜の下にもたくさんの牡丹。
本満寺の牡丹


近くの寺社 :幸神社・下鴨神社

本満寺 交通アクセス

所在地 京都市上京区寺町今出川上ル2丁目鶴山町16
料金境内自由
時間9:00〜17:00
アクセス市バス「河原町今出川」「葵橋西詰」下車すぐ。
京阪電車「出町柳」駅、徒歩5分
駐車場参拝者用駐車スペースあり(寺務所へ連絡)


本満寺の牡丹
本満寺の枝垂桜

本満寺の牡丹
本満寺の八重桜

このページをシェアする

東寺(とうじ)Toji Temple

東寺さんの桜景色。
なんといっても圧巻は不二桜。
無料でも十分鑑賞できますが、中へ入ってぐるりとまわりを歩いたほうが堪能できます。
それに、お天気の日は外からでは逆光でシルエット状態なんです。
東寺の桜

お日様のほうから見ればピンク。
東寺の桜

角度によって少しずつ味わいが違います。
東寺の桜

東寺の桜


枝垂桜だけではなく、境内のソメイヨシノは全部満開です。
東寺の桜

東寺の桜

東寺の桜

東寺の桜

濃いピンクの陽光も見応えがあります。
東寺の桜

東寺の桜

ライトアップ
5月の東寺
11月の東寺

近くの寺社 :六孫王神社

東寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 東寺は京都駅に近いですので、やはり京都駅周辺のホテルに泊まるのが便利です。
チェック 新・都ホテルリーガロイヤルホテル京都
所在地 京都府京都市南区九条町1
料金金堂・講堂大人500円など
時間8:30〜17:30 3月20日〜9月19日
冬 8:30〜16:30 9月20日〜3月19日
アクセス「JR京都駅」徒歩15分。または近鉄「東寺駅」徒歩10分
駐車場有料駐車場あり


青空を映す池に花筏。
東寺の桜


このページをシェアする
御辰稲荷神社の前を通り掛ると、花桃があふれるように咲いていました。
紅白の咲き分けでしょうか。とても鮮やかです。
御辰稲荷神社

芸能上達や商売繁盛の祈願は御辰稲荷神社に。
御辰稲荷神社
御辰稲荷神社の縁結び情報

このページをシェアする

高台寺(こうだいじ)Kodai-ji Temple

高台寺は豊臣秀吉の没後、その菩提を弔うために秀吉夫人の北政所が創建したお寺。
の季節もたいへん美しいお寺です。
このあたりは全体にとても京都らしい風情にあふれ、特に女性観光客に人気のエリアです。

境内に入ってまず最初に出会う桜の景色がこれ。
向こうに見えるのは祇園閣。
高台寺


そしてメインとなるのは、方丈の庭園の枝垂桜
高台寺

素敵なピンクの枝垂桜。
高台寺

満開になったばかりなので色が濃いです。
高台寺

高台寺

クロガネモチも鮮やか。
高台寺

山肌を這い登るかのような臥龍廊。(実際に歩くことはできませんが。)
高台寺

ライトアップも見逃したくないですね。
(春の特別拝観:3月中旬〜5月初旬)

近くの寺社 :霊山観音

高台寺 交通アクセス

所在地 京都市東山区高台寺下河原町526番地
料金大人:600円 (掌美術館を含む)
時間9:00〜17:00 受付終了
アクセス市バス「東山安井」下車。東へ徒歩5分
駐車場直営有料駐車場あり。駐車券を拝観受付に提示すれば割引があります。


このページをシェアする

佛光寺旧址(ぶっこうじきゅうし)

佛光寺旧址の入り口の桜がドバ〜ッと咲いていました。
山科 佛光寺旧址の桜

お向かいは銭湯。お風呂に入る前に眺めるのも良さそう。
山科 佛光寺旧址の桜

いまの佛光寺は下京区にありますが、親鸞上人が山科のこのあたりにお堂を建てたのが始まりだといわれています。

近くの三之宮神社の桜も満開でした。
三之宮神社
三之宮神社は安産、子育て、縁結びのご利益があるそうです。

このページをシェアする
智積院には紅枝垂桜がたくさんあり、染井吉野が散るころに見頃になります。


すごく大きなものはないのですが、どれも形がよく、花付きもよい桜です。
智積院の桜

秋のように真っ赤なカエデも。
智積院の桜


本堂の裏手では4本並んだ紅枝垂桜が満開。
智積院の桜

智積院の桜

地面にはタンポポがいっぱい。
智積院の桜

京都タワーも見えます。
智積院の桜
(2011年4月16日・2014年4月11日ほか)
智積院の情報はこちら。

このページをシェアする
岡崎神社の桜は、うさぎのイメージにもマッチしたかわいい紅枝垂桜です。
岡崎神社の桜

岡崎神社の桜


岡崎神社の情報はこちら。

このページをシェアする

地蔵禅院(じぞうぜんいん)

井出の地蔵禅院さんの枝垂桜を見に行きました。
見頃開始!といったかんじで、大勢の方がのんびりと桜を眺めていました。
(2012年4月7日)
地蔵禅院

白木蓮も輝いています。
地蔵禅院

菜の花越しの定番の構図。
ときどき菜の花の手前で必死にしゃがみこんで写真を撮る人々が現れます。(わたしもそのうちのひとり)
地蔵禅院
1727年に植えられた桜で、円山公園の「祇園の枝垂桜」と従姉妹だそうです。京都府の天然記念物に指定されています。

近くの寺社 :玉津岡神社

地蔵禅院 交通アクセスなど

所在地 京都府綴喜郡井手町大字井手小字東垣内16
料金境内自由、桜の時期は志納
時間午前9時〜午後5時
アクセスJR奈良線玉水駅下車徒歩30分
駐車場無料駐車スペースあり


このページをシェアする

長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)Nagaoka Tenmangu Shrine

長岡天満宮の広い八条ケ池の周りは染井吉野が囲んでいます。
長岡天満宮

長岡天満宮


桜の種類もさまざまで、枝垂桜も白やピンクがあります。
長岡天満宮 枝垂桜

長岡天満宮は菅原道真公が実際にしばしば詩歌管弦を楽しんだ地。
長岡天満宮

広大な敷地の長岡天満宮ですが、明治維新の前はいまの5倍の広さだったそうです!

近くの寺社 :乙訓寺・光明寺

長岡天満宮

所在地 京都府長岡京市天神2丁目15−13
料金境内自由
時間午前9時〜午後6時(4月〜9月)
午前9時〜午後5時(10月〜3月)
アクセス阪急京都線「長岡天神駅」西口より徒歩10分
駐車場コインパーキングあり


ここは5月が楽しみな場所。
長岡天満宮


このページをシェアする

生身天満宮(いきみてんまんぐう)

日本最古の天満宮といわれる生身天満宮は南丹市園部町にあります。
丹波のパワースポットとして紹介している書籍もあります。
生身天満宮

3月の半ばに梅を見に訪れました。
生身天満宮の梅

梅はちらほら咲いていて、見頃の木もありました。満開は数日後でしょう。
生身天満宮の梅

生身天満宮の梅

こちらは「思いのまま」でしょうか。白とピンクが混じり合っています。
生身天満宮の梅

牛がマトリョーシカのようです。
みなさん病気平癒や試験合格を願って撫でていかれます。
生身天満宮の梅


生身天満宮 交通アクセス

所在地京都府南丹市園部町美園町1-67
料金境内自由
時間9:00~16:00
アクセス嵯峨野線「園部駅」より徒歩12分
駐車場無料駐車場あり

拝殿の横の枝垂れ梅はもう少し。

生身天満宮の梅


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索できます。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 三鈷寺
  • 長五郎餅の水無月
  • 宝蔵寺
  • 神護寺の青もみじ
  • 妙覚寺の青もみじ