en6_head.jpg

タグ「京都」の一覧

祐正寺(ゆうしょうじ)

祐正寺さんは町の中の小さなお寺です。
京都 祐正寺

祐正寺さんの縁結びは男性向け。
白い肌に紅色の衣をまとい青い袈裟をつけた祐正寺のご本尊、娶妻結地蔵(つまとりじぞう)。
このお地蔵さまにお願いすれば、素敵なお嫁さんがもらえるといわれています。
祐正寺

祐正寺
300円の縁結びのお守り良縁祈願をお望みの方は玄関を入って声をかけてくださいとのことです。

祐正寺の枝垂れ梅

たった1本ですが、3月上旬には枝垂れ梅が素晴らしい姿を見せてくれます。
祐正寺の梅

場所がわかりにくいからか、いつ行ってもあまり人には会いません。
祐正寺の梅

祐正寺の梅

これほどの梅は天神さんや城南宮にもないのではないでしょうか。
祐正寺の梅
素敵すぎです!(2011年3月8日撮影)

祐正寺

所在地京都市上京区下立売通七本松東入ル
料金拝観自由
アクセス市バス千本出水から徒歩すぐ
駐車場駐車場が4台分あります。通りは西側からの一方通行です。


このページをシェアする

平等院(びょうどういん)Byodo-in Temple

京都宇治の世界遺産、平等院はたいへん美しいお寺です。

昭和26年に10円玉になった有名な景色。
平等院
国宝の鳳凰堂の中心にはこれも国宝の阿弥陀如来像。
阿弥陀さまの周りでは、52体の雲中供養菩薩像が雲に乗って音楽を奏でています。

4月から5月上旬にかけては藤が綺麗!
平等院 藤
平等院の藤 もっと見る

平等院は1052年に藤原頼通によって寺院となりましたが、それまでも200年ものあいだ貴族の別荘として使われていたそうです。

夕暮れに引き立つ屋根の上の鳳凰のシルエット。
平等院 夕暮れ
京都市内のお寺とは雰囲気がちょっと違って、どことなく奈良っぽい感じがします。

空が広いからでしょうか。

近くの寺社 :県神社

平等院 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】世界遺産平等院や宇治上神社など宇治観光をするなら、宿泊は花やしき浮舟園光流園静山荘がおすすめです。
どちらも有名スポットまで散歩圏内。宇治川に面していて、窓には四季折々の風光明媚な景色が広がり旅情満点!
所在地 京都府宇治市宇治蓮華116
料金大人600円
時間午前8:30〜午後5:30
アクセスJR奈良線で「宇治駅」下車、東へ徒歩10分。
京阪電鉄宇治線で「京阪宇治駅」下車、徒歩10分。
駐車場なし。門前にコインパーキングなど有り。


このページをシェアする

満足稲荷神社(まんぞくいなりじんじゃ)Manzoku-inari-jinja Shrine

開運や商売繁盛のご利益があるという満足稲荷神社
元々は伏見桃山城内で豊臣秀吉が守護神として祀っていた神様をここへ移したものだそうです。
秀吉の天下統一の目標を叶えたことから満足神社と命名!
おめでたい神社です。
満足稲荷神社

境内奥の末社には3人の神様が祀られています。
左から順に、えんむすびの神様大国主大神
日本の神の始祖天照大御神。
交通安全・土地の守護の神猿田彦大神。
と書かれています。
満足稲荷神社

境内には不思議な幹の形の木があります。
樹齢400年の御神木「モチの木」です。
満足稲荷神社

見上げれば小さな赤い実がいっぱい空を埋めています!
下を向くと建物と月極駐車のクルマで窮屈ですが、上を見上げればとても満足です!
満足稲荷神社


近くの寺社 :平安神宮・青蓮院・知恩院

満足稲荷神社

所在地 京都市左京区東大路仁王門下ル東門前町527
料金境内自由
時間6:00~20:00
アクセス地下鉄東西線「東山」徒歩2分
市バス「仁王門前」下車0秒
駐車場なし


このページをシェアする

法雲寺(ほううんじ)Houn-ji Temple

浄土宗のお寺、法雲寺。
河原町二条の北側に「御縁の神様、菊野大明神。良縁祈願・縁切り祈願所」という看板が出ているので、その路地を入っていきます。
菊野大明神


こちらが本堂。
まわりをビルに囲まれています。
菊野大明神

庫裏の東側に菊野大明神があり、縁切りのご利益で知られ、訪れる人はいまも後を絶たないそうです。
菊野大明神
菊野大明神の御神体は「縁切り石」。
深草少将が小野小町への百夜通いの時に腰掛けたと伝えられる石です。
あと一夜というところで思いを果たせず亡くなった深草少将の無念が、この石のそばを通る男女の縁を切るという話です。

縁切りの御利益があれば、表裏一体で良縁を結ぶ御利益も生じるのでしょう。
昔から悪縁は切り、良縁は結ぶと信仰されてきました。
(お参りに来るのは悪縁を切りたい人のほうが多いそうですが)

入り口を入ったところで100円納め、ロウソクとお線香を2本ずついただきます。
菊野大明神
ロウソクはロウソク台に、お線香は香炉に。
菊野大明神と豊川稲荷大明神、神様が2人いらっしゃるので2本ずつとのことです。

とてもいい香りのお線香でした。

近くの寺社 :白山神社・本能寺

法雲寺(菊野大明神)

所在地 京都市中京区河原町通二条上ル清水町364-1
料金境内自由
時間9:00〜17:00
アクセス地下鉄「京都市役所前」下車、徒歩5分
「京阪三条」より徒歩約8分
市バス「京都市役所前」「京都バス河原町二条」すぐ
駐車場なし
離婚で損をしない

このページをシェアする

南禅寺(なんぜんじ)Nanzen-ji Temple

雪の日の南禅寺を訪れました。

巨大な山門が雪を乗せて空との境界が見えません。
別名「天下竜門」と呼ばれ日本三大門の一つ。石川五右衛門の「絶景かな」の門です。
南禅寺

三門のかたわらはジブリの世界。
南禅寺

三門の向こうも銀世界です。
南禅寺

南禅寺
綺麗です。

近くの寺社 :永観堂・日向大神宮

南禅寺(太平興国南禅禅寺) 宿泊案内と交通アクセス

南禅寺を訪れるなら、泊まるのはウェスティン都ホテル京都がおすすめです。
南禅寺や永観堂、哲学の道、平安神宮へもお散歩圏内。
緑豊かな東山の高台に佇むホテルで、京都でもホテルオークラと並んでもっとも有名なハイクラスホテルです。
京都駅からは無料シャトルバスで20分。
すぐ近くに地下鉄「蹴上駅」があるので、京都市中心部にも5分ほどで行けます。
所在地 京都市左京区南禅寺福地町
料金境内自由、方丈庭園500円、三門500円、南禅院300円
時間午前8時40分~午後4時30分(12月〜2月末)
午前8時40分~午後5時(3月〜11月末)
アクセス地下鉄東西線「蹴上駅」下車、徒歩10分
駐車場有料駐車場あり(2時間1,000円)


このページをシェアする

永観堂(えいかんどう)

雪の日に永観堂へ行きました。
永観堂

秋には真っ赤だった境内はモノクロの世界。
たったひと月でこれだけ変わるのってなんだか不思議です。
永観堂

弁天社と放生池。
午後遅くに入りましたが、参拝者は数人しかいません。
誰も踏んでいない場所も多いです。
永観堂

中腹に建つ多宝塔が絵になります。
永観堂

多宝塔に登れば、京都の街も真っ白です。
永観堂

赤いカエデがまだ残ります。
さすが、もみじの永観堂です。
永観堂
秋の永観堂はこちら。



このページをシェアする

青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)Shorenin-monzeki Temple

雪の日、東山の門跡寺院青蓮院に出かけました。
青蓮院門跡
門前の巨大なクスノキに圧倒されます。
通りの向こう側にも余裕で届いています。
青蓮院門跡
可愛らしい青蓮院縁結びお守り
身につけていたいと思わせてくれます。
青蓮院門跡

お堂の中に見えているのが国宝の青不動です。(複製を開眼したもの)
青蓮院門跡

建物の中は冷え込みが猛烈です(笑
特に足元が寒いです。
青蓮院門跡
でも、この雪景色を独り占めできました。
青蓮院門跡

庭園も真っ白。静かです。
青蓮院門跡
(相阿弥の庭)
青蓮院門跡
(霧島の庭)
苔の美しさは味わえませんが、雪の青蓮院は素敵です。
青蓮院門跡


近くの寺社 :知恩院・粟田神社

青蓮院門跡 交通アクセスと宿泊案内

【宿泊案内】 青蓮院を訪れるなら、宿泊は徒歩で行ける「ウェスティン都ホテル京都」や「白川庵」がおすすめ。
チェック 京都 東山三条 白川庵ウェスティン都ホテル京都
所在地 京都市東山区粟田口三条坊町69-1
料金大人500円
時間9:00〜17:00(16:30受付終了)
※春・秋に夜間ライトアップを開催。
アクセス京都市バス5・46・100系統 「神宮道」下車 徒歩3分
地下鉄東西線 「東山駅」下車 徒歩5分
円山公園から徒歩10分 知恩院北隣
駐車場なし


このページをシェアする

銀閣寺(ぎんかくじ)Ginkaku-ji Temple,The silver pavilion

銀閣寺は枯淡美あふれるお寺。
京都を代表する世界遺産であり、パワースポットともいわれます。
雪の降った大晦日に白銀閣を見に行きました。
銀閣寺

向月台も白。いつもより丸みをおびたシェイプに。
銀閣寺

銀沙灘も白銀。雪が積もっても斜めストライプは残っています。
銀閣寺

そして池越しの銀閣が素敵です。
銀閣寺
この日はたくさん雪が積もったので、展望台への道は閉ざされていました。
銀閣寺
ピンと空気が張りつめた冬の京都を味わえました。

雪の金閣寺はこちら

近くの寺社 :法然院

銀閣寺

所在地京都市左京区銀閣寺町2
料金大人500円
時間夏季(3/1-11/30)午前8:30 〜 午後5:00
冬季(12/1- 2/末日)午前9:00 〜 午後4:30
アクセス市バス「銀閣寺道」下車
駐車場近くに市営駐車場やコインパーキングがあります


このページをシェアする

高山寺(こうさんじ・こうざんじ)Kozan-ji Temple

世界文化遺産の栂尾山高山寺は山の中を歩いているような雰囲気のパワースポットです。
鬱蒼とした杉木立の中に、開山堂、明恵上人御廟、金堂などが点在しています。
高山寺

国宝・石水院で縁側に座って山々の緑や紅葉を眺めれば気持ちが安らぎます。
高山寺

紅葉シーズンの石水院はおすすめですが、駐車場と合わせて1600円にもなってしまうのが少しつらいところ。
高山寺

高山寺は国宝「鳥獣戯画」で有名ですが、実物は東京と京都の国立博物館に保存されていて、ここで見ることができるのは写しです。
高山寺

高山寺は紅葉の名所といわれることもありますが、すぐ近くの神護寺に比べればだいぶん地味な紅葉になります。
高山寺

わたしが秋に高山寺を訪れたとき、高山寺の案内板を見ていると、先に神護寺を見てから高山寺に来たオジサンが大きな声で言っていました。
「神護寺のもみじはものすごかったけど、ここはな〜んもないなあ〜!」と。
高山寺

たしかに紅葉狩りというよりは森林浴です。
それもまたいいのです。
高山寺

774年に開創された高山寺は、一時荒廃したのち、鎌倉時代に明恵上人によって再興されました。
鳥獣戯画のほかにも絵画や書物、美術品など多くの文化財を所蔵しています。(その多くは通常公開していませんが)
国宝の石水院からの紅葉の景色は素敵です。

近くの寺社 :神護寺・西明寺

栂尾山高山寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 高山寺を訪れるならお宿は高雄錦水亭がおすすめです。
神護寺・西明寺・高山寺の紅葉をどっぷりと楽しむには最適な立地の旅館です。
所在地 京都府京都市右京区梅ケ畑栂尾町8
料金境内自由(※紅葉シーズンは500円) 石水院:大人600円
時間8時30分~17時
アクセスJRバス「栂ノ尾(とがのお)」下車徒歩5分
駐車場無料駐車場あり(※紅葉シーズンは有料500円)


このページをシェアする

清水寺(きよみずでら)Kiyomizu-dera Temple

清水寺は紅葉もとても有名です。
神社

平日でも舞台からこぼれ落ちそうなほどたくさんの人です。
神社

奥の院の少し先から見た清水の舞台。定番の景色ですね。
清水寺

清水寺

舞台から見た奥の院。
清水寺

下から見上げる舞台も迫力があります。
清水寺

清水寺


JR東海CM「そうだ京都行こう」2004年 秋

清水寺の基本情報と縁結び情報はこちら

近くの寺社 :地主神社

清水寺 交通アクセスなど

所在地 京都市東山区清水1丁目
料金通常大人300円   夜の特別拝観時は400円
時間6:00~18:00
アクセス「清水道」「五条坂」のバス停から坂を登って10分ほど
駐車場なし。東大路通り周辺に有料駐車場あり
》 》 清水寺の駐車場予約←先に駐車場をおさえられます!


このページをシェアする

宝厳院(ほうごんいん)Hogon-in Temple

「獅子吼(ししく)の庭」で有名な嵐山の宝厳院
天龍寺の塔頭で、秋に3ヶ月ほど公開されます。
ライトアップもされています。
宝厳院

最初に目に鮮やかなのは黄色。
宝厳院

「獅子岩」という大きな岩がポイントにどんと置かれていて、インパクトがあります。
地面は散りもみじで真っ赤です。
宝厳院

緑の苔はふかふかと。
宝厳院

川になっている散り紅葉。
宝厳院

かと思えば丸石のモノクロな庭も存在感を放っています。
宝厳院


近くの寺社 :天龍寺

宝厳院 交通アクセス

所在地 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
料金大人500円
時間午前9時〜午後5時
アクセス京福嵐山本線「嵐山」駅から徒歩5分、JR山陰本線「嵯峨嵐山」駅から徒歩12分
京都市バス「嵐山天龍寺前」下車、徒歩5分
駐車場 》 》 嵐山の駐車場予約←事前に駐車場をおさえておくととても便利!!


このページをシェアする

大覚寺(だいかくじ)Daikaku-ji Temple

大沢池のほとりは時代劇でお侍さんたちが歩く道。
大覚寺

もみじで彩られています。
大覚寺

大沢池は平安時代に中国の「洞庭湖」を模して造られた人造湖。
大覚寺

もみじと桜が交互に植えられています。
大覚寺

夜間特別拝観「真紅の水鏡」も行われます。
大覚寺本堂・五大堂の池に面した広いぬれ縁からの紅葉も素敵。
大覚寺

多宝塔と同じ色の消防車が陰で控えています。
大覚寺
ライトアップも行われています。
2012年にはあまりにきれいで上ばかり見て、池に落ちた人もいたそうです。

近くの寺社 :直指庵

大覚寺

所在地 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
料金大人500円
時間9:00〜16:30
アクセス市バス、京都バス「大覚寺」下車すぐ
駐車場有(500円/2時間、40台)

昔から時代劇の撮影がくり返し行われています。
黄門様御一行はいつもこのあたりを歩いておられます。
大覚寺
映画『最後の忠臣蔵』のロケ地も大覚寺ですね。きっと。

大覚寺の縁結びのお守りはとても上品なデザインです。
大覚寺


このページをシェアする

光明院(こうみょういん)Komyo-in Temple

光明院は、人でいっぱいの東福寺の紅葉を見た後訪れてみてほしい東福寺の塔頭。
座ってじっくりお庭を眺め、ホッとすることができるでしょう。
光明院

『波心の庭』の紅葉と白砂と苔の緑のコントラストが美しいです。
作庭家の重森三玲によって手掛けられた庭園で、光明院が「虹の苔寺」と称される所以です。
光明院

「鎌倉時代の伝統を踏襲しながらも石と石を直線的に結んだレイアウトは実にシャープでモダン」 とJR東海のポスターは表現しています。

吉野窓から見る紅葉も雰囲気があります。
光明院

ここではゆっくりと時間を過ごす方が多いように感じます。

近くの寺社 :東福寺・伏見稲荷大社

光明院

所在地 京都市東山区本町15-809
料金志納(11月中は300円)
時間8:00〜日没
アクセス京阪電車「鳥羽街道駅」 徒歩約5分
JR奈良線「東福寺駅」下車徒歩約15分
駐車場なし


このページをシェアする

真如堂(しんにょどう)Shinnyodo Temple

真如堂さんの御利益は「極楽往生」。正式には真正極楽寺といいます。
真如堂の紅葉

真如堂

三重塔、本堂のまわりはイロハモミジやカエデ、イチョウ、ハナノキ、どうだんつつじなどの色が入り混じってとても美しいです。
真如堂の紅葉

真如堂の紅葉

真如堂の紅葉

真如堂の紅葉

本堂前。近くの保育園のこどもたちがお散歩。
真如堂の紅葉

真如堂

2010年はJR東海のCMで金戒光明寺が紹介されているので、続きに訪れる人もいて、一段と人出が多いようです。
拝観料が要らないこともあってか、境内はたくさんの人が思い思いに歩き回っていました。

ただ、苔の上には踏み込まないようにしたいものです。

近くの寺社 :金戒光明寺

真如堂 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 真如堂を訪れるなら歩いてすぐの吉田山の中腹にある「吉田山荘」に泊まるとよいでしょう。
吉田山荘は元東伏見宮家別邸として建造された裏菊紋の格式の高さが偲ばれるお宿。
静寂な吉田山中で伝統の京懐石をいただけば、素敵な大人の京都旅となることでしょう。
吉田山荘はこども連れでは泊まれないので、静かな夜が約束されるはず。
》 》 吉田山荘の予約状況を見てみる
所在地 京都市左京区浄土寺真如町82
料金境内自由(本堂拝観は500円)
時間9〜16時
アクセス市バス「錦林車庫前」または「真如堂道」下車、徒歩10分
駐車場参拝者用無料駐車場あり(紅葉の時期は閉鎖)


真如堂
》 》 12月に入ると散り紅葉も見事です。

このページをシェアする

二尊院(にそんいん)Nison-in Temple

京都嵯峨野のパワースポットのひとつ二尊院は紅葉の名所でもあります。
二尊院

二尊院の山門は伏見桃山城の薬医門を移した重厚な門。
二尊院

釈迦如来と阿弥陀如来の2像が並んで本尊となっているので「二尊院」と呼ばれます。

二尊院は平安時代初期834年に嵯峨天皇が慈覚大師を開祖として建立。
一度荒廃したものを法然とその弟子の湛空が再興したといわれています。

門を入ってからゆるやかに続く石段。その両側のもみじが美しく、「紅葉の馬場」と呼ばれています。
二尊院

築地塀に沿ってもみじが続きます。
二尊院

二尊院

本堂のまわりもカラフル。
二尊院

お庭もカラフル。
二尊院



近くの寺社 :常寂光寺・滝口寺・祇王寺

二尊院 交通アクセス

所在地 京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
料金大人500円
時間9時〜16時(受付15時30分)
11月は8時30分〜16時30分
アクセスJR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」徒歩20分
駐車場参拝者用駐車スペースあり
調剤薬局事務

このページをシェアする

神護寺(じんごじ)Jingo-ji Temple

400段もの険しい石段を登らなければならない高雄のパワースポット神護寺
途中で「もうあかん」と、あきらめる人もときどき見かけるほど。
神護寺の紅葉

でも、なんとか辿り着き、山門をくぐれば、平地に降りたかと思うような広々とした空間。
まさに「天上の庭」です!
神護寺の紅葉

ここのカエデの色でその年の京都全体の紅葉の美しさを判断するといわれる名所。
山門の中は錦の絵巻のような絶景が待っています。
神護寺の紅葉


赤黄緑のグラデーションが見事です。
神護寺の紅葉

金堂へ登る石段の赤いもみじ。
神護寺の紅葉

金堂前では大きなオレンジのカエデが鮮やかです。
神護寺の紅葉


最南端の地蔵院庭園からは眼下に広がる錦雲渓に向かい、かわらけ投げができます。
かわらけが谷に吸い込まれていく爽快感は厄よけにぴったり。
谷には紅葉の景色はありませんが。
神護寺の紅葉


近くの寺社 :西明寺・高山寺

神護寺 宿泊案内と交通アクセス

高雄もみぢ家別館川の庵
神護寺に行くなら、京都高雄もみぢ家別館川の庵に泊まりましょう。
石段のふもと、川のほとりに建つ民芸調合掌造りの宿。
露天風呂に浸かりながら見る高雄の紅葉は最高です。
所在地 京都市右京区梅ヶ畑高雄町5番地
料金大人500円
時間9:00〜16:00
アクセス市バス8号系統「高雄」下車、徒歩約20分
JRバス高雄・京北線、「山城高雄」下車、徒歩約20分
駐車場なし 嵐山高雄パークウェイの駐車場や市営駐車場などを利用。


このページをシェアする

金蔵寺(こんぞうじ)Konzo-ji Temple

金蔵寺は「京都の紅葉の穴場スポット」として知る人ぞ知る山の奥のお寺です。
車で山道を向かっていると、離合できない細い道路が延々と続き、何度も道を間違ったかと思わされます。

入山の志納金は200円。
山門まわりにも誰もいません。
金蔵寺

提灯は破れていてお化けちょうちんになっていました。
金蔵寺

山門を入ってから石段をまた登ります。
金蔵寺

石段を登りきった境内に広がるもみじはスペクタクル!
金蔵寺

心細い山道を登ってきた心理状態も手伝って、楽園のように思えます。
金蔵寺

金蔵寺

金蔵寺

護摩堂。
金蔵寺

創建は718年。奈良時代です。
平安時代には京都を護る西の磐座とされました。
4大パワースポットのひとつともいえます。
金蔵寺

わきの道はイチョウの落ち葉で埋まっています。
金蔵寺

見晴し台からの眺めもいいです。
金蔵寺


徳川5代将軍綱吉の生母「桂昌院」は善峯寺・今宮神社など応仁の乱などで荒廃した京都の社寺の復興に尽力しました。
西山の奥深くにあるこの金蔵寺も桂昌院が復興に尽くしたお寺。
境内には桂昌院を弔うために建てられた桂昌院廟所があり、石塔の下には遺髪が納められているそうです。
金蔵寺


近くの寺社 :善峯寺・勝持寺・大原野神社

金蔵寺 交通アクセス

所在地 京都府京都市西京区大原野南春日町1639
料金志納料200円
アクセス阪急終点「南春日町」下車、徒歩1時間以上。
駐車場参拝者用無料駐車場あり


このページをシェアする

十輪寺(じゅうりんじ)Jurin-ji Temple

十輪寺
西山の十輪寺はなんとも風流で素敵なお寺です。
十輪寺
境内にはこんな鮮やかなもみじが待っています。

十輪寺は平安時代の歌人在原業平の晩年の隠棲地。
850年に創建されたといわれます。
在原業平にちなんで「なりひら寺」とも呼ばれます。
十輪寺
裏の小高い丘にある「塩がまの跡」は、業平が塩焼きの風流を楽しんだといわれる場所。
噴火口みたいにくぼんだ底に塩がまがしつらえてあります。
ここで難波から運んできた海水を煮詰め、海辺の風情を味わったということです。

業平のエピソードが残っています。
藤原氏の政略によって、業平との恋仲を裂かれた清和天皇の后「二条后」がこの近くの大原野神社を参詣した際に、業平が塩がまから煙を立ち上らせて変わらぬ恋心を伝えたという逸話です。

恋を伝えた塩がまにあやかろうと、恋愛成就の祈願に訪れる人が絶えません。
十輪寺
塩がまの向こうにももみじ。
十輪寺
本堂の屋根は曲線美を見せてくれます。
お寺の方は「御神輿のような屋根」といい、 有名京都ブロガーのkazuさんは「シャーロック・ホームズの帽子のようなスタイリッシュな屋根」と表現していました。
十輪寺
下から見た本堂です。
十輪寺のご本尊、延命地蔵菩薩は腹帯地蔵尊とも称され、子授け安産の御利益があるそうです。
十輪寺

十輪寺
十輪寺
境内のひときわ大きな黄色いもみじは「なりひらもみじ」と名付けられています。
十輪寺
中のお庭は縁側に寝転んで手枕で見ます。
小さな庭に奥行きが出て不思議な感じ。
陽が当たってポカポカして寝てしまいそうです。

十輪寺の桜

この中庭の桜は業平桜といい、春には四方の屋根まで覆いかぶさります。
十輪寺の桜
裏山から見おろすのも素敵です。
十輪寺の桜
十輪寺の桜をもっと見る

近くの寺社 :善峯寺大原野神社金蔵寺・西明寺

十輪寺 交通アクセス

所在地 京都市西京区大原野小塩町481
料金300円
時間8:00〜17:00
アクセス阪急バス「小塩」より徒歩2分
駐車場参拝者用無料駐車場あり


このページをシェアする

善峯寺(よしみねでら)Yoshimine-dera Temple

11月中旬に京都西山の善峯寺の紅葉を見に行きました。
おそろしく鮮やかなモミジが待っていました。

駐車場からすでに素敵な景色が始まっています。
善峯寺

山門。
善峯寺

東山の清水寺、西山の善峯寺といわれるのも納得です。
善峯寺


奥の院を示す石碑の上にはぼってりと赤いもみじ。
善峯寺

緑と黄色と赤のグラデーション。
善峯寺

この石段も雑誌などでよく目にしますね。
善峯寺

境内を見おろせる場所もいくつかあります。
善峯寺

伽藍ともみじの向こうにはこんな広大な景色が広がっています。
善峯寺

》 》 善峯寺の詳細はこちら



このページをシェアする

大豊神社(おおとよじんじゃ)Otoyo-jinja Shrine

哲学の道の大豊橋から山手へ少し登ったところにある大豊神社
創建は平安時代887年。
大豊神社

狛犬の他に狛猿・狛鳶・狐・狛ネズミなど動物いっぱいの小さな神社です。
大豊神社の狛鼠

狛ネズミはけっこう人気のようで、2008年ネズミ年のお正月は境内は参拝者であふれたそうです。
大豊神社の狛鼠
狛ネズミがいるのは末社の大国社。
大国主命が祀られています。縁結びはここで祈願しましょう。

縁結び・子宝・安産の霊験あらたかと云われます。

ネズミは古事記の中でスサノオノミコトに焼き殺されそうになった大国主命に逃げ道を教えて救ったんですね。
大豊神社
左のネズミは豊穣・薬効を表す水玉を抱えています。
右のネズミは巻物を抱えていて学問成就を表します。
大豊神社
絵馬もキュート♥


大豊神社
隣の稲荷社にはキツネ。
大豊神社
狛鳶と狛猿と・・・・・
どさくさにまぎれて信楽焼のタヌキも立っています。
大豊神社
こちらにもいろいろいます。

普段はあまり人のいない境内。外国の方をよく見かけるはガイドブックにでも載っているのでしょうか。

放っておけばどんどん木が繁ってきて手入れもたいへんなのでしょう。
ときどき行きますが、野趣溢れるというか・・・木がぼーぼーのときもあります。
大豊神社
ジャングル神社になっているときは鳥居をくぐるのに勇気が要ります。

梛の木に夫婦円満を祈願。
大豊神社


近くの寺社 :熊野若王子神社

大豊神社

所在地京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町
料金境内自由
アクセス市バス 宮ノ前町 徒歩約3分
市バス 東天王町 徒歩約10分
駐車場なし


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2020年6月 [2]
  2. 2020年5月 [1]
  3. 2020年2月 [1]
  4. 2019年11月 [1]
  5. 2019年9月 [1]
  6. 2019年8月 [1]
  7. 2019年7月 [3]
  8. 2019年6月 [1]
  9. 2018年12月 [7]
  10. 2018年11月 [4]
  11. 2018年9月 [1]
  12. 2018年6月 [1]
  13. 2018年5月 [3]
  14. 2018年4月 [1]
  15. 2018年2月 [1]
  16. 2018年1月 [3]
  17. 2017年12月 [4]
  18. 2017年11月 [9]
  19. 2017年10月 [1]
  20. 2017年1月 [1]
  21. 2016年12月 [9]
  22. 2016年4月 [1]
  23. 2016年2月 [2]
  24. 2016年1月 [1]
  25. 2015年12月 [10]
  26. 2015年11月 [21]
  27. 2015年7月 [3]
  28. 2015年6月 [34]
  29. 2015年5月 [25]
  30. 2015年4月 [39]
  31. 2015年3月 [9]
  32. 2015年2月 [33]
  33. 2015年1月 [21]
  34. 2014年12月 [11]
  35. 2014年11月 [19]
  36. 2014年10月 [4]
  37. 2014年9月 [7]
  38. 2014年8月 [3]
  39. 2014年7月 [8]
  40. 2014年6月 [40]
  41. 2014年5月 [29]
  42. 2014年4月 [66]
  43. 2014年3月 [8]
  44. 2014年2月 [9]
  45. 2014年1月 [8]
  46. 2013年12月 [23]
  47. 2013年11月 [25]
  48. 2013年10月 [1]
  49. 2013年9月 [2]
  50. 2013年8月 [3]
  51. 2013年6月 [27]
  52. 2013年5月 [24]
  53. 2013年4月 [37]
  54. 2013年3月 [8]
  55. 2013年2月 [1]
  56. 2013年1月 [7]
  57. 2012年12月 [9]
  58. 2012年11月 [18]
  59. 2012年10月 [4]
  60. 2012年9月 [18]
  61. 2012年8月 [19]
  62. 2012年7月 [9]
  63. 2012年6月 [20]
  64. 2012年5月 [4]
  65. 2012年4月 [72]
  66. 2012年3月 [29]
  67. 2012年2月 [15]
  68. 2012年1月 [16]
  69. 2011年12月 [36]
  70. 2011年11月 [27]
  71. 2011年10月 [25]
  72. 2011年9月 [8]
  73. 2011年8月 [10]
  74. 2011年7月 [17]
  75. 2011年6月 [28]
  76. 2011年5月 [30]
  77. 2011年4月 [71]
  78. 2011年3月 [15]
  79. 2011年2月 [7]
  80. 2011年1月 [16]
  81. 2010年12月 [10]
  82. 2010年11月 [15]
  83. 2010年10月 [10]
  84. 2010年9月 [4]
  85. 2010年8月 [3]
  86. 2010年7月 [11]
  87. 2010年6月 [12]
  88. 2010年5月 [11]
  89. 2010年4月 [9]
  90. 2010年3月 [2]