en6_head.jpg

タグ「京都」の一覧

最近は京都の神社で結婚式を挙げるカップルが増えてきました。

上賀茂神社の結婚式

人気の理由は、
「由緒正しい京都の神社で新生活をスタートしたい」
「結婚式のついでに京都観光を楽しみたい」
などで、国内はもとより、海外から式を挙げにくるカップルも年々増えているそうです。
「和婚」「京都和婚」などとも呼ばれています。


たとえば上賀茂神社で結婚式をすれば、京都の神社で、しかも世界文化遺産で式をするという話題性もプラスされますし、上賀茂神社の神職の方は英会話も勉強しておられるので、スムーズなのだそうです。

上賀茂神社


結婚式のあとは親族ともども京都観光。
これまたご両親や親戚の人たちがとても喜ぶのだそうです。
親族に旅行をプレゼントしたことにもなります。
行き先はきっと定番の金閣寺や二条城なのでしょうね。


上賀茂神社では、年間約700組が挙式しています。
詳細は上賀茂神社サイトで。》 》 上賀茂神社
(参考:京都新聞より)



このページをシェアする

猿丸神社(さるまるじんじゃ)Sarumaru-jinja Shrine

宇治田原の猿丸神社は、猿丸大夫が和歌に詠ったように、紅葉の名所として知られています。
「奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋はかなしき」(古今和歌集)
猿丸神社

近年新たにモミジがたくさん植栽され、色とりどりのフレッシュなモミジが綺麗です。
猿丸神社

木漏れ日が差すと夢の国です。
猿丸神社

夫婦猿の向こうも色とりどり。
猿丸神社


近くの寺社 :禅定寺

猿丸神社 交通アクセス

所在地 京都府綴喜郡宇治田原町禅定寺粽谷44
料金境内自由
時間日中随時
アクセス京阪宇治交通バス 「猿丸神社」下車すぐ
国道24号・307号線 山城大橋から車で約20分
駐車場大きな無料駐車場があります


このページをシェアする

粟田神社(あわたじんじゃ)Awata-jinja Shrine

粟田神社の本殿のかたわらに大きなカエデがあります。
粟田神社

参道は紅葉のアーチ。
カエデが朝日を浴びて光ります。
粟田神社

拝殿には嵯峨菊。
粟田神社
(2011年11月29日)
縁結びのお詣りは多賀大社の御分霊を祀る摂社の多賀社へ。

近くの寺社 :青蓮院門跡

粟田神社 交通アクセス

所在地 京都市東山区粟田口鍛冶町1番地
料金境内自由
時間6:00~17:30
アクセス京都市営地下鉄 「東西線東山」下車 東へ徒歩7分
東西線「蹴上」下車 西へ徒歩7分
京都市営バス  神宮道バス停下車 徒歩5分
駐車場参拝者用無料駐車場あり


このページをシェアする

南禅寺牧護庵(ぼくごあん)

南禅寺の三門の手前に非公開の塔頭「牧護庵」があります。
非公開といってもカエデは塀から溢れ出していますし、門から中をのぞけば、美しい池泉式回遊庭園が見えます。
南禅寺牧護庵
点在するわらべ地蔵は、三千院のものと同じ作者杉村孝さんの手によるもの。
南禅寺牧護庵


近くの寺社 :南禅寺金地院・聴松院などの塔頭、永観堂

南禅寺牧護庵 交通アクセス

所在地京都府京都市左京区南禅寺福地町
料金非公開
アクセス地下鉄東西線「蹴上駅」下車、徒歩10分


このページをシェアする

広沢池(ひろさわのいけ)Hirosawa-no-ike

京都嵯峨野の広沢池
平安時代に遍照寺の庭池として作られた人造池です。
観月の池として知られ、当時は池のほとりに月見堂や釣殿が建っていたそうです。
広沢池

風致地区になっていますので、1000年前の秋の景色を見ているような印象があります。
池に突き出した観音島には小さな壹美白弁財天社の祠が建っています。
広沢池

「古の人は汀に影絶えて 月のみ澄める広沢の池」
源頼政(1104〜1180)
「名月や池をめぐりて夜もすがら」
松尾芭蕉(1644〜1694)
たくさんの歴史上の人物がこの池のほとりで月を眺めました。

近くの寺社 :遍照寺・大覚寺

広沢池 交通アクセス

所在地京都市右京区嵯峨広沢町
アクセス市バス「山越」下車徒歩約5分
市バス「大覚寺」下車徒歩約10分
駐車場なし
美白美容液

このページをシェアする

三宅八幡宮(みやけはちまんぐう)

京都上高野の三宅八幡宮には赤いカエデが数本。
三宅八幡宮

境内には誰もいませんが、狛犬が見ていました。
三宅八幡宮

三宅八幡宮は別名「虫八幡」。飛鳥時代の創建といわれる古い神社です。
こどもの疳の虫や夜泣きを封じたりという御利益があり、子供の守り神といわれています。
三宅八幡宮


近くの寺社 :三明院

三宅八幡宮 交通アクセス

所在地京都府京都市左京区上高野三宅町22
料金境内自由
時間日中随時
アクセス叡山電鉄「八幡前駅」下車、徒歩2分
京都バス・市バス「八幡前」下車、徒歩1分
駐車場あり


晴れた日には鳥居脇の池によく虹が出ています。
三宅八幡宮


このページをシェアする

宝幢寺(ほうどうじ)Hodo-ji Temple

上高野の宝幢寺さんは八瀬と修学院のあいだの地域にあります。
上高野念仏供養踊で知られるお寺です。
宝幢寺

境内のところどころにカエデがあり、また門前に並ぶ宮内庁管理地のカエデも美しいです。
宝幢寺


近くの寺社 :三宅八幡

宝幢寺 交通アクセス

所在地京都市左京区上高野釜土町17
料金境内自由(拝観は受け付けていません)
アクセス叡山電鉄「三宅八幡」下車徒歩約10分
駐車場あり


このページをシェアする

圓成寺(えんじょうじ)

光悦寺の向かいにある岩戸妙見宮(圓成寺)の紅葉も素晴らしいです。
通りから少し奥まっているので、紅葉の様子があまり見えません。
だから光悦寺が人であふれていても、岩戸妙見宮には誰もいなかったりします。
岩戸妙見宮

岩戸妙見宮は洛陽十二支妙見巡りのひとつで、亥年生まれの人の運気を司る神様。
岩戸妙見宮

真っ赤なカエデが多い境内。
岩戸妙見宮

北斗七星のマークが入っているのが珍しいです。
岩戸妙見宮

岩戸妙見宮

いいお天気で葉っぱの発色が素晴らしいです。
岩戸妙見宮


近くの寺社 :光悦寺・源光庵・常照寺・吟松寺

岩戸妙見宮 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 鷹峯の紅葉名所5カ所を朝から巡るには「ホテル然林房」に宿泊しましょう。
チェック 》 》 四季育む宿然林房
所在地京都市北区鷹峯北鷹峯町24
料金境内自由
時間9時〜17時
アクセス市バス「鷹峯源光庵前」下車
駐車場あり


このページをシェアする
京都市の北のほうにある紅葉の綺麗なお寺です。
境内散策は自由なのですが、他言無用ノ事というお願いの張り紙があります。
ご存知の方は多いかもしれませんが。
京都の紅葉

美しいカエデに加え、自然のままな感じが観光寺院にはない雰囲気をかもし出しています。
京都の紅葉

京都の紅葉

京都の紅葉

入り口もわかりにくく、いわゆる紅葉の穴場です。
京都の紅葉


近くの寺社 :ナイショ

他言無用ノお寺

所在地ナイショ
料金境内自由
アクセスナイショ


このページをシェアする

毘沙門堂(びしゃもんどう)

JR東海の「そうだ 京都、行こう。」CMで超話題の京都山科毘沙門堂
11月最終週末の毘沙門堂の紅葉を恐いもの見たさに見に行きました。

予想通り、毘沙門道は「ここは銀閣寺道か!?」と思うほどの人出!
こんなの過去に見たことありません。
山科毘沙門堂

大型バスは通れないので、タクシーが10台以上連なってやってきたり・・・。
山科毘沙門堂

歩きの団体さんは「JR東海ツアーズ」や近畿日本ツーリストの「クラブツーリズム」など。
山科毘沙門堂

お堂の中も人が数珠つなぎ。
山科毘沙門堂

肝心の紅葉の進み具合は?
というと、CMに登場する勅使坂で色づき5分くらい・・・。まだ緑っぽいです。
しかも枝先に枯れが目立ちます。
「今年はあかんなあ・・・・」とつぶやく近所の人の声も。
山科毘沙門堂
このままではそうだ 京都、行こう。は誇大広告です・・・。
(2011年11月27日撮影)

(追記)
12月3日朝の毘沙門堂です。
今年の毘沙門堂の紅葉は例年に比べかなりイマイチでしたが、雨に濡れた散り紅葉はちょっと素敵です。
山科毘沙門堂

山科毘沙門堂


このページをシェアする

轉法輪寺(てんぽうりんじ)

轉法輪寺は仁和寺の北東角の小さなお寺です。
1758年の創建で、ご本尊は7メートルもある阿弥陀如来座像。
轉法輪寺

楼門の両側にカエデが枝を広げていて、白壁とのコントラストが素敵です。
お庭ではドウダンツツジも赤く染まっています。
轉法輪寺

轉法輪寺は観光寺院ではありませんが、仁和寺を訪れた方がときおり紅葉にひかれて寄っていかれるようです。
轉法輪寺

山茶花が大きな花を咲かせていました。
轉法輪寺


近くの寺社 :仁和寺・蓮華寺

轉法輪寺 交通アクセス

所在地京都市右京区竜安寺山田町2
料金境内自由(参拝の場合は予約を)
時間日中
アクセス市バス「塔ノ下町」下車 徒歩5分
JRバス「御室仁和寺」下車 徒歩10分
駐車場駐車スペース2台分あり


このページをシェアする

将軍塚大日堂(しょうぐんづかだいにちどう)

青蓮院門跡の庭園よりも早く紅葉の見頃を迎える青蓮院の飛び地、将軍塚大日堂
山道を歩けば青蓮院から知恩院を抜けて歩いて行くこともできます。
将軍塚大日堂

将軍塚大日堂紅葉の穴場
車でしか行けませんし、庭園がとても広いので、たくさんの人が訪れても混雑しません。
紅葉シーズンの夜間拝観は門前がタクシーでごったがえすこともありますが、それでも中に入ってしまえばゆったりと鑑賞することができます。
将軍塚大日堂

撮影は2011年11月25日。紅葉は見頃ピークといったかんじ。
将軍塚大日堂

将軍塚大日堂

将軍塚大日堂

高さ十数メートルもある西展望台からは京都御苑も欠けることなくぜんぶ見えます。
将軍塚大日堂

北展望台の開放的な景色。
将軍塚大日堂

夜間拝観も魅力的です。
将軍塚大日堂

夜景も綺麗。
将軍塚大日堂


近くの寺社 :長楽寺・知恩院・霊山護国神社

将軍塚大日堂 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】将軍塚大日堂を訪ねるには京都市内のホテルに宿泊してタクシーで向かうことになります。近くて便利なのは蹴上の「ウェスティン都ホテル京都」です。
チェック ウェスティン都ホテル京都
所在地京都府京都市山科区厨子奥花鳥町7−5
料金大人500円
時間9:00〜17:00(夜間拝観時は22:00まで)
アクセス車で東山ドライブウェイを登る。三条通からも五条通からも行くことができます。
駐車場無料


このページをシェアする

常照寺(じょうしょうじ)

京都鷹峯の吉野太夫ゆかりのお寺常照寺さん。
常照寺

吉野門前には真っ赤なカエデ。
常照寺

境内は女性的な雰囲気が漂う静かな秋景色。
常照寺

竹やぶを背景にカエデが輝きます。
常照寺

常照寺

常照寺

吉野窓からちらりとのぞく掛け軸紅葉。
常照寺
(2011年11月25日ほか)
》 》 春の常照寺はこちら。

近くの寺社 :源光庵

常照寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 鷹峯のお寺を訪れるなら、歩いてすぐの然林房に宿泊するのがおすすめ。
然林房は京料理が評判の料理旅館。
2011年4月リニューアルして綺麗です。
チェック 四季育む宿 然林房
所在地 京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町45-1
料金大人300円
時間8:30〜17:00
アクセス市バス「鷹ヶ峰源光庵前」下車、徒歩2分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

大雲院(だいうんいん)

祇園閣で有名なお寺大雲院は通常非公開ですが、特別公開が行われることがあります。
大雲院は1587年創建。織田信長と織田信忠の菩提を弔うために建てられました。
この地に移ったのは1972年のこと。
大雲院

本堂にはご本尊の大きな阿弥陀如来坐像があります。
大雲院

モミジ越しに祇園閣を見上げてみます。
大雲院

祇園閣に登ればこの景色!
大雲院

書院には美しい紅葉の景色がありました。
上から見下ろす紅葉も格別です。
大雲院

高台寺の方角を見れば、巨大な観音さんが。
その背中の山手には坂本龍馬のお墓のある霊山護国神社が見えます。
大雲院

夕暮れが近づいてきました。
大雲院

虹が出てまた消えていきました。
大雲院


近くの寺社 :八坂神社・高台寺

大雲院 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 大雲院を訪れるなら、宿泊はすぐ近くの「ぎおん畑中」がおすすめ。
ぎおん畑中
京情趣たっぷりの風雅な京料理や高野槇の木風呂を楽しめます。 じゃらんやJTBのクチコミが非常に高いお宿です。
チェック ぎおん畑中を予約する
所在地京都市東山区祇園町南側594-1
料金大人500円
時間公開時は10:00~16:00
アクセス市バス「祇園」下車、徒歩約6分
駐車場なし


このページをシェアする

化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)Adashino-nenbutsu-ji Temple

夏の千灯供養で有名な化野念仏寺紅葉のころも素敵です。
化野念仏寺

灰色一色の西院の河原の周りを赤いもみじが彩ります。
化野念仏寺

鳥辺野や蓮台野と同じように、古くからこのあたりは葬送の地で、平安時代初期までは風葬、その後は土葬でした。

明治時代になって、あだしのの山野に散乱していた無縁仏、石仏、石像約8,000体を集めて並べたのが西院の河原です。
化野念仏寺

化野念仏寺

化野念仏寺

そんな歴史もあって、「化野念仏寺は心霊スポット」という人も多く、西院の河原の内側での写真撮影も禁止になっています。
わたしはこの先の清滝トンネルのほうが怖いですが。

境内のかたすみにあるインド風の鳥居「トラナ」。
化野念仏寺

御本尊の阿弥陀如来像です。
化野念仏寺

灰色ゾーンが中心にあるからか、よそにはない独特な雰囲気が漂っています。
化野念仏寺


近くの寺社 :二尊院祇王寺滝口寺

化野念仏寺 交通アクセスなど

所在地 京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
料金大人500円
時間9:00〜16:30(1・2・12月は15:30に受付終了)
アクセス京都バス「鳥居本」より 徒歩約5分
駐車場なし


このページをシェアする

安祥寺(あんしょうじ)

山科の安祥寺は疏水沿いにあり、いつも閉まっているお寺です。
安祥寺

848年創建の古刹で、かつては2万平方メートルの寺域を持つ大寺院でしたが、平安時代には衰微し始め、応仁の乱でついには廃寺同然となりました。
江戸時代になり再興されてからも、何度も火災にあっています。

境内に入るとモチノキとカエデが迎えてくれます。
安祥寺

本堂は1817年に再建されたもの。
安祥寺

他に地蔵堂と大師堂があります。
安祥寺

数十年前は自由に出入りできたそうで、うちの母は「昔は安祥寺の池でよう遊んだ」と言っておりました。
安祥寺

池のほとりのカエデも真っ赤です。
安祥寺

いまでも「安祥寺川」や「安祥寺中学校」など安祥寺の名前は地域にしっかり残っています。
安朱という地名も安祥寺村と朱雀村が合併してついたものです。
安祥寺


安祥寺 交通アクセス

所在地京都府京都市山科区御陵平林町22
料金非公開
アクセスJR・京阪線山科駅から徒歩15分


このページをシェアする

三明院(さんみょういん)

上高野の三明院は山腹に多宝塔があって、遠くからもよく見えるのに、行こうとするとなかなか辿り着けないお寺です。
塔を目印に向かって行くと、よそのおうちに入ってしまいそうになります。
三明院

三明院は元は山形県のお寺で、1906年にこの地に移ってきたそうです。
三明院

多宝塔は1961年に建てられたもの。
三明院

多宝塔からは開放的な景色が広がっています。
三明院

境内でヘビを2匹見ました。ここに住んでいるようです。
三明院
三明院の紅葉の様子はこちら

近くの寺社 :三宅八幡・蓮華寺

三明院 交通アクセス

所在地京都市左京区上高野西明寺山28
料金境内自由
時間日中随時
アクセス叡山電鉄「八幡前駅」下車
駐車場なし(三宅八幡の駐車場に停めるには500円必要)


このページをシェアする

常照皇寺(じょうしょうこうじ)

京北の紅葉名所、常照皇寺は色づき半ば。


参道を覆う黄色のカエデが綺麗です。
常照皇寺の紅葉

見上げれば赤と黄色。
常照皇寺の紅葉

庭園の紅葉はまだこれからといった感じなのですが、 温かい日が多いからか、もう萎れて茶色くなっている葉も見られます。
常照皇寺の紅葉

(2011年11月17日撮影)
常照皇寺の紅葉
常照皇寺の桜はこちら

近くの寺社 :春日神社

常照皇寺 交通アクセスなど

所在地 京都市右京区京北井戸字丸山14-6
料金志納300円〜500円
時間9:00〜16:00
アクセス町営ふるさとバス「山国御陵前」下車、徒歩5分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

慈眼寺(じげんじ)

周山街道の道の駅「ウッディー京北」のあたりから西のほうを見ると大きなイチョウが見えます。


その下に明智光秀ゆかりのお寺、慈眼寺があります。

イチョウはお寺にかぶさる大波のようです。

イチョウの反対側ではカエデが真っ赤に色づいています。

豪華な光景です。(2011年11月17日)


慈眼寺 交通アクセス

所在地京都市右京区京北周山町4
料金境内自由
時間日中
アクセス西日本JRバス高雄京北線終点「周山」下車
駐車場なし


このページをシェアする

曼殊院天満宮(まんしゅいんてんまんぐう)

竜胆を見ようと思い曼殊院を訪れたのですが、受付で「今年は少ないですよ」と教えてもらったので拝観しませんでした。
紅葉にはまだ早いですが、曼殊院天満宮の弁天堂前にはススキが繁り、秋の景色になっていました。

(2011年11月9日撮影)

近くの寺社 :曼殊院

曼殊院天満宮 交通アクセス

所在地京都市左京区一乗寺竹ノ内町
料金境内自由
時間日中随時
アクセス市バス「一乗寺清水町」下車、徒歩20分
駐車場なし


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2020年6月 [2]
  2. 2020年5月 [1]
  3. 2020年2月 [1]
  4. 2019年11月 [1]
  5. 2019年9月 [1]
  6. 2019年8月 [1]
  7. 2019年7月 [3]
  8. 2019年6月 [1]
  9. 2018年12月 [7]
  10. 2018年11月 [4]
  11. 2018年9月 [1]
  12. 2018年6月 [1]
  13. 2018年5月 [3]
  14. 2018年4月 [1]
  15. 2018年2月 [1]
  16. 2018年1月 [3]
  17. 2017年12月 [4]
  18. 2017年11月 [9]
  19. 2017年10月 [1]
  20. 2017年1月 [1]
  21. 2016年12月 [9]
  22. 2016年4月 [1]
  23. 2016年2月 [2]
  24. 2016年1月 [1]
  25. 2015年12月 [10]
  26. 2015年11月 [21]
  27. 2015年7月 [3]
  28. 2015年6月 [34]
  29. 2015年5月 [25]
  30. 2015年4月 [39]
  31. 2015年3月 [9]
  32. 2015年2月 [33]
  33. 2015年1月 [21]
  34. 2014年12月 [11]
  35. 2014年11月 [19]
  36. 2014年10月 [4]
  37. 2014年9月 [7]
  38. 2014年8月 [3]
  39. 2014年7月 [8]
  40. 2014年6月 [40]
  41. 2014年5月 [29]
  42. 2014年4月 [66]
  43. 2014年3月 [8]
  44. 2014年2月 [9]
  45. 2014年1月 [8]
  46. 2013年12月 [23]
  47. 2013年11月 [25]
  48. 2013年10月 [1]
  49. 2013年9月 [2]
  50. 2013年8月 [3]
  51. 2013年6月 [27]
  52. 2013年5月 [24]
  53. 2013年4月 [37]
  54. 2013年3月 [8]
  55. 2013年2月 [1]
  56. 2013年1月 [7]
  57. 2012年12月 [9]
  58. 2012年11月 [18]
  59. 2012年10月 [4]
  60. 2012年9月 [18]
  61. 2012年8月 [19]
  62. 2012年7月 [9]
  63. 2012年6月 [20]
  64. 2012年5月 [4]
  65. 2012年4月 [72]
  66. 2012年3月 [29]
  67. 2012年2月 [15]
  68. 2012年1月 [16]
  69. 2011年12月 [36]
  70. 2011年11月 [27]
  71. 2011年10月 [25]
  72. 2011年9月 [8]
  73. 2011年8月 [10]
  74. 2011年7月 [17]
  75. 2011年6月 [28]
  76. 2011年5月 [30]
  77. 2011年4月 [71]
  78. 2011年3月 [15]
  79. 2011年2月 [7]
  80. 2011年1月 [16]
  81. 2010年12月 [10]
  82. 2010年11月 [15]
  83. 2010年10月 [10]
  84. 2010年9月 [4]
  85. 2010年8月 [3]
  86. 2010年7月 [11]
  87. 2010年6月 [12]
  88. 2010年5月 [11]
  89. 2010年4月 [9]
  90. 2010年3月 [2]