en6_head.jpg

タグ「高台寺」の一覧

霊山観音(りょうぜんかんのん)Ryozen-kannon

巨大な白い観音さまが印象的な霊山観音。春にはいろいろな種類の桜が咲きます。
暗い胎内にはたくさんの仏様が祀られています。
霊山観音

願いの玉には濃いピンクの桜。
霊山観音

小さな花びらがぎっしり。
霊山観音

縁結びの愛染明王堂の上にも真っ白な山桜の屋根。
霊山観音


近くの寺社 :高台寺・霊山護国神社

霊山観音 交通アクセス

所在地 京都市東山区高台寺下河原町526−2
料金200円(立派なお線香付)
時間8:40〜16:20
アクセス市バス「東山安井」下車徒歩8分
駐車場高台寺有料駐車場を利用(駐車券を提示すれば駐車料金の割引あり)


このページをシェアする

圓徳院(えんとくいん)Entoku-in Temple

圓徳院は豊臣秀吉の妻、北政所ねね終焉の地。
優美なお庭が色づいて、さらに素敵になっています。
南庭は小さめの穏やかなお庭。
圓徳院

借景の東山もすこし色づいています。
圓徳院


豪華な北庭は、伏見城の北政所化粧御殿の前庭を移したもの。
桃山時代の原型をそのまま残しているそうです。
圓徳院

圓徳院

圓徳院


お庭のライトアップも見逃せません。
圓徳院

(撮影日:2011年11月29日・2012年11月18日)

近くの寺社 :高台寺

圓徳院 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 圓徳院や高台寺を訪れるなら、宿泊は高台寺からすぐの「京料理旅館高台寺よ志のや」がおすすめです。 贅と粋を尽くした趣向を凝らした新感覚京料理を堪能!じゃらんクチコミも90点の高得点です。
チェック 京料理旅館 高台寺 よ志のや
所在地 京都市東山区高台寺下河原町530
料金大人500円(三面大黒天は自由)
時間午前10:00〜午後5:00受付終了(午後5:30閉門)
アクセス市バス「東山安井」下車、徒歩5分
駐車場高台寺有料駐車場を利用(割引あり)


前庭のツワブキもまだ綺麗です。
圓徳院


このページをシェアする

圓徳院(えんとくいん)Entoku-in Temple

圓徳院さんは東山の高台寺の塔頭のひとつ。
高台寺から、ねねの道を挟んだ向かい側にあります。
北政所ねねが豊臣秀吉の没後に余生をすごしたところです。
京都 圓徳院


ぜひ訪れたいのはお庭がビューティフルな秋。
京都 圓徳院

ライトアップも見逃せません。それに高台寺に比べてすいていますので、落ち着いて夜の紅葉を楽しめることが多いです。
圓徳院


圓徳院の三面大黒天

圓徳院の三面大黒天は大黒天、毘沙門天、弁財天の3つの顔を持った仏様で、豊臣秀吉の念持仏であったといわれています。
圓徳院の三面大黒天

秀吉に開運出世・勝負運・財運・良縁などあらゆるパワーをもたらしたすごい大黒様ということで、厚い信仰の的となっています。
逆に考えれば、一回拝めば三つの効き目がある三面大黒天を念持仏に選ぶような合理主義が、豊臣秀吉の大出世の理由ともいえます。

毎月3日は、この三面大黒天の縁日です。
(秀吉が大切にした黒い三面大黒天は通常非公開。「京の冬の旅」などでよく特別公開されています。)

圓徳院の三面大黒天はあなたも買うことができます。原寸大で精巧に再現したもので、圓徳院が開眼供養までを行った圓徳院公認の三面大黒天です。
大黒天+弁財天+毘沙門天で、財運・出世運から縁結びまで多角的に運を呼び込むことができるでしょう!
圓徳院の三面大黒天
》 》 三面大黒天を見てみる

近くの寺社 :高台寺

圓徳院

所在地 京都市東山区高台寺下河原町530
料金大人500円
時間午前10:00〜午後5:00受付終了(午後5:30閉門)
アクセス市バス「東山安井」下車、徒歩5分
駐車場高台寺有料駐車場を利用(割引あり)


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]