en6_head.jpg

タグ「松上げ」の一覧

小塩の上げ松(おしおのあげまつ)

火防と五穀豊穣を祈願して行なわれる小塩の上げ松。花背、広河原、久多、雲ケ畑の松上げと同様に愛宕信仰の火祭りです。
小塩の上げ松

山際で行われる上げ松を田んぼの手前から見学します。
小塩の上げ松

燈篭木(とうろぎ)の高さは15メートルもあり、易々とは笠に松明は入りません。
見物客はのんきなもので、「そろそろ入れてや〜。」「もう27分経ったで。」などと勝手なかけ声がかかります。
小塩の上げ松

ひとつ飛び込んでからは徐々に燃え上がっていきます。
何度も大きな爆発音がするのは、竹の節を入れてあるからだとか。
大きな火花が美しく舞い上がるのもきっと仕込んであるのでしょう。
小塩の上げ松

屋台と金魚すくいが用意されています。
こどもたちもヒマを持て余すことなく、お祭りを楽しめます。
金魚すくいは100円。最近は業者の夜店なら500円くらいしますから、100円はうれしいですね。
小塩の上げ松

さぞ、虫がたくさんいて、蚊などにも刺されるのではないか?と心の準備をしていましたが、火に飛んでくる虫もなく、蚊もなく、夜風も涼しくてとても快適でした。

近くの寺社 :小塩日吉神社

小塩の上げ松 交通アクセス

所在地京都府京都市右京区京北小塩町水木1
料金自由
日程8月23日に近い土曜日・雨天中止
時間20時頃~
アクセスJRバス「周山」→京北ふるさとバス「小塩中ノ町」(帰り便なし)
京都バスの「小塩上げ松観賞バス」が出ています。
駐車場無料駐車場あり(7時半には満車になっていました。警察の誘導に従ってください。)
35.21015994224736,135.70022821426

このページをシェアする

広河原松上げ(ひろがわらまつあげ)

8月24日の広河原松上げ。お盆のおしょらいさんを送るとともに、火伏せと五穀豊穣を祈願する愛宕山信仰の火祭りです。
広河原松上げ

河原には1000本もの松明が立てられています。
20メートルもある柱(灯籠木)の上の大笠へ火のついた松明を投げ上げていきます。
5〜6階建てのビルの上に投げ上げるに等しいので、そうたやすく松明が入るわけではありません。
上がっては落ちてくる火の描く放物線の束がなんともいえず美しい情景となります。
火に照らされて山の稜線もうっすらと闇に浮かびます。
広河原松上げ

やがていくつかの松明が入り、激しく燃え上がった灯籠木はそのまま倒されます。
が、今夜はいったん斜めで止まってしまい、会場には緊張感が走りました。
斜めのまま火を吐き続けます。
「なんかいつもと違うな。」「今年は新しい演出やな。」とのんきな見物客のつぶやきも。
広河原松上げ

最後には引き倒されて、大きな拍手が沸きました。
広河原松上げ
古来、松上げは男女の出会いの場という側面もあったそうで、授与されるお守りは縁結びのご利益があるとのこと。
松上げのあと、観音堂では遅くまで盆踊りが行われます。

広河原松上げ 交通アクセス

所在地京都市左京区広河原下之町
料金自由
時間8月24日20:30頃
アクセス京都バス「下の町」
駐車場無料駐車場あり(ただし、午後8時の時点では満車になっていました。警察の誘導に従ってください。)
35.25732439711986,135.7559108734

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]