en6_head.jpg

タグ「本願寺」の一覧

長福寺(ちょうふくじ)Chofuku-ji Temple

東本願寺の山科別院である長福寺さん。
東側の参道には紫陽花が植えられていて門前を通るひとを楽しませています。
長福寺の紫陽花

東御坊の大きな石柱がたっています。
長福寺の紫陽花

ハートの紫陽花がありました。
長福寺のハートの紫陽花


紫陽花は参道だけで、すっきりと広い境内にはあまりお花はないようです。
長福寺
長福寺は枝垂桜もきれいです。

このページをシェアする

角坊(すみのぼう)

以前あった大きな枝垂桜がなくなって、ソメイヨシノと若い紅枝垂桜のすっきりした境内になっていました。


このページをシェアする

興正寺(こうしょうじ)

西本願寺の南に隣接する大きなお寺、興正寺さん。
御影堂には「やっぱり阿弥陀さん」というほんわかコピーの垂れ幕。
興正寺

三門の内側には大きな紅梅と白梅が1本ずつあります。
いまは紅梅が満開。
興正寺の梅

こんなに大きくて密度の高い梅はなかなかありません。
興正寺の梅

そばに行けば、ふんわりと梅の良い香りが降ってきます。
興正寺の梅

ところで、西本願寺の非公開の国宝、飛雲閣がいつでも見えるのはちょっと得した気分です。
(裏側ですが)
興正寺の梅
飛雲閣、表側はこちら

近くの寺社 :西本願寺

興正寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 興正寺の敷地内の興正会館に宿泊できます。
京都駅から近いので、京都駅周辺のホテルを利用するのも便利です。
リーガロイヤルホテル京都はおすすめ。
チェック リーガロイヤルホテル京都
所在地京都市下京区堀川通七条上ル花園町70番地
料金境内自由
時間6:00~17:00
アクセス市バス「七条堀川/西本願寺前」下車すぐ
駐車場参拝者用無料駐車スペースあり


このページをシェアする

大谷祖廟(おおたにそびょう)

東本願寺の大谷祖廟の万灯会(東大谷万灯会)。
無数のお墓が並ぶ斜面にたくさんのあんどんと提灯が吊るされ、火が灯されます。
大谷祖廟

八坂の塔と京都タワーが同じ方向に見えます。
その手前のライトアップされている屋根は高台寺です。
大谷祖廟

あんどんの灯はロウソクの火。
1万個すべてに火を点けるのは本当にたいへんなことでしょう。
大谷祖廟

暗い石段をたくさんの人が登っていきます。
(2012年8月15日撮影)
大谷祖廟


近くの寺社 :高台寺・長楽寺

大谷祖廟 交通アクセス

所在地京都市東山区円山町477
料金境内自由
時間8月14日〜16日 午後6時頃〜午後9時
アクセス市バス「祇園」下車徒歩10分
京阪電車「祇園四条」より徒歩15分
駐車場なし


このページをシェアする

本願寺北山別院(ほんがんじきたやまべついん)

一乗寺にある西本願寺の北山別院でもソメイヨシノが咲き誇っていました。
境内に幼稚園があるので、お母さんのお迎えの自転車が停まっています。
本願寺北山別院


近くの寺社 :金福寺

本願寺北山別院 交通アクセス

所在地京都市左京区一乗寺薬師堂町29
料金境内自由
アクセス市バス「一乗寺下り松町」下車、徒歩約5分


このページをシェアする

本願寺山科別院(ほんがんじやましなべついん)

山科川沿いにある西本願寺の山科別院には桜の木がたくさん植えられていて、満開のときは見事な景観になります。
本願寺山科別院

どの桜もすごい密度で花を咲かせています!
本願寺山科別院

幹からもドバドバと咲いています。
本願寺山科別院

このあたり一帯は室町時代から山科本願寺のあったところ。
山科別院は江戸時代1732年の創建です。
本願寺山科別院

門前の水たまりにくっきり映ります。
本願寺山科別院


近くの寺社 :山科別院長福寺

本願寺山科別院 交通アクセス

所在地京都市山科区東野狐藪町2番地
料金境内自由
時間7:00~16:30
アクセス地下鉄東西線 「東野駅」徒歩2分
京阪バス「山階校前」徒歩2分
駐車場あり
34.98341209603867,135.815391540527

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]