en6_head.jpg

タグ「夜」の一覧

大谷祖廟(おおたにそびょう)

東本願寺の大谷祖廟の万灯会(東大谷万灯会)。
無数のお墓が並ぶ斜面にたくさんのあんどんと提灯が吊るされ、火が灯されます。
大谷祖廟

八坂の塔と京都タワーが同じ方向に見えます。
その手前のライトアップされている屋根は高台寺です。
大谷祖廟

あんどんの灯はロウソクの火。
1万個すべてに火を点けるのは本当にたいへんなことでしょう。
大谷祖廟

暗い石段をたくさんの人が登っていきます。
(2012年8月15日撮影)
大谷祖廟


近くの寺社 :高台寺・長楽寺

大谷祖廟 交通アクセス

所在地京都市東山区円山町477
料金境内自由
時間8月14日〜16日 午後6時頃〜午後9時
アクセス市バス「祇園」下車徒歩10分
京阪電車「祇園四条」より徒歩15分
駐車場なし


このページをシェアする
京の七夕では二条城は夜間無料開放されます。
城門をくぐればそこはサイケな世界。
京の七夕 二条城

二の丸御殿では「荘厳なるあかり」が行われています。
建物自体をスクリーンとして、プログラミングされた映像が投影されます。
京の七夕 二条城
写真を見るとポップで派手な印象があるかと思いますが、実際はそれほどではなく、音楽の音量も抑えめで、静かで厳かな感じがしました。
京の七夕 二条城

斜めストライプ御殿!
京の七夕 二条城


京都で撮影された岡田准一さん主演の映画「天地明察」の衣装や小道具を展示したコーナーもありました。

このページをシェアする

西福寺(さいふくじ)

松原通の六波羅蜜寺へ曲がる角に建つ小さなお寺の西福寺さん。
弘法大師が六道の辻に自身で彫ったお地蔵さんを置いたのがその始まりだそうです。
西福寺

8月の六道まいりでは室町時代の地獄絵「六道十界図」が展示されています。
「檀林皇后九相図」は檀林皇后が亡くなったあと土に還っていく様子を詳細に描いたもの。
そのからだは最初は膨らみ、腐敗し、鳥が肉を食べて骨になっていきます。

六道珍皇寺や六波羅蜜寺と同じく、迎え鐘もあります。
夏の夜の京都のミステリアスな雰囲気を味わえます。
西福寺


近くの寺社 :六道珍皇寺・六波羅蜜寺

西福寺 交通アクセス

所在地京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町81
料金境内自由
時間9:00~17:00(六道まいりの期間は夜も開いています)
アクセス京都市バス「清水道」下車徒歩5分
駐車場なし


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]