金地院(こんちいん)

南禅寺の塔頭金地院は紅葉の名所とはいわれませんが、たいへん美しい庭園があり、モミジもちゃんとあります。
しかも人が少ないので、南禅寺境内をうじゃうじゃと観光客が歩いていても、ここならだいじょうぶ。ゆっくり見られます。
(ただ、枯山水庭園にはモミジはありません。)
南禅寺金地院

門を入ってすぐのカエデ。
たいていの人はここだけ見て、そのまま南禅寺へ向かっていきます。
南禅寺金地院

元は足利義持が鷹峯に創建したもので、1605年に現在地に移転しました。
南禅寺金地院

明智門をくぐるとまず弁天池があります。
南禅寺金地院

1628年に建てられた東照宮には徳川家康公の遺髪と念持仏とが祀られています。
南禅寺金地院

小堀遠州作庭の枯山水庭園『鶴亀の庭』は徳川家光のために造られた庭園で、広々としていてダイナミックです。
写真には収まりませんが・・・。
南禅寺金地院

(2011年11月23日撮影)
南禅寺金地院
南禅寺南禅院の情報はこちら
南禅寺天授庵の情報はこちら
南禅寺の情報はこちら

近くの寺社 :南禅寺・永観堂・光雲寺

南禅寺金地院 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 宿泊は歩いてすぐの「ウェスティン都ホテル京都」をおすすめします。
チェック ウェスティン都ホテル京都
所在地京都市左京区南禅寺福地町86-12
料金大人400円
時間8:30~17:00
アクセス地下鉄東西線「蹴上」下車 徒歩5分
駐車場南禅寺の有料駐車場を利用(1000円/2時間)
http://www.nandani.sakura.ne.jp/jstest/googlemapapi/map_set.html

このページをシェアする