en6_head.jpg

タグ「京都」の一覧

下鴨神社(しもがもじんじゃ)

3月3日、下鴨神社では「京の流しびな」が行われました。
下鴨神社

春らしいポカポカ陽気で、大勢の観光客がつめかけて、熱気あふれる境内でした。
下鴨神社

しかし、行事はそうカンタンに見られるものではなく、なにかが行われているようなそうでないような・・・というくらい何も見えず。
きっと衣冠束帯、十二単姿の新婚さんが、お雛様を御手洗川に浮かべているはずです。
下鴨神社

よーく見るとたわわちゃんの後頭部と舞妓さんの後頭部が見える・・・(笑
下鴨神社

yahooニュースより
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000008-kyt-l26
下鴨神社

その代わり、近くをウロウロしていた「よろいこうたろう(鎧甲太郎)くん」がモテモテでした。
きっと端午の節句にはさらに大活躍するのでしょう。
下鴨神社

立派な七段飾りのお雛様も間近で見ることができます。
下鴨神社

流しびなを見るのはあきらめて、縁結びの相生社にお詣りする女子もたくさん!
下鴨神社
下鴨神社の縁結び情報
河合神社の情報
下鴨神社・糺の森の紅葉

下鴨神社(賀茂御祖神社) 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 下鴨神社へ徒歩で行けるホテルなら、高野川沿いのホテルアバンシェル京都 (旧 ホリデイ・イン京都)。
京都駅から無料送迎バスが毎日運行されていて、ホテルへのアクセスも便利です。
所在地京都市左京区下鴨泉川町59
時間6:30~17:30
料金境内自由(社殿拝観は10:00〜16:00  大人500円)
アクセス京都駅より市バス4番・205番 下鴨神社前
京阪本線「出町柳」駅、叡山電鉄「出町柳」駅下車、徒歩7分。
駐車場大きなコインパーキングがあります。(30分150円)


このページをシェアする

京都霊山護国神社(きょうとりょうぜんごこくじんじゃ)

霊山護国神社の山手の斜面を登れば、明治維新に向けて奔走した志士たちのお墓が並んでいます。
その中でも訪れる人の多い坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓の前からは、京都の市街が見渡せます。
京都霊山護国神社
桜越しの景色は格別です。
志士たちも見たであろう八坂の塔は当時のままです。

近くの寺社 :霊山観音・正法寺

京都霊山護国神社 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 すぐ近くには「ホテルりょうぜん」。霊山護国神社と同じく高台にありますので、京都市内の夜景を眺めながらの温泉が楽しめます。清水寺・八坂神社・高台寺などの観光にも最適です。
チェック ホテルりょうぜん
所在地京都府京都市東山区清閑寺霊山町1
料金境内自由 墓所大人300円
時間7:30〜17:00
アクセス市バス「東山安井」下車、徒歩5分
駐車場なし(高台寺有料駐車場などを利用)


このページをシェアする

御髪神社(みかみじんじゃ)Mikami-jinja Shrine

パワースポットといっても開運・厄除・縁結びばかりではありません。
京都には髪の毛にご利益があるというパワースポットもあります。

紅葉の美しい嵯峨野の小倉池のほとりを歩くと、池の向こう側に小さな神社が見えます。
御髪神社

社殿まで行ってみると、こんなお願い事が山積みになって奉納されています。
御髪神社
ここは結髪業の開祖といわれる藤原采女亮政之公を祀る御髪神社です。
御髪神社

抜け毛が気になる人のほか、 美容師さん理容師さんのお詣りも多いです。(1961年に京都市の理美容関係者が建てた神社なのです。)
また、髪の神様は頭の神様でもあるということで、合格祈願に訪れる人も多いそうです。

近くの寺社 :常寂光寺・天龍寺・野宮神社

御髪神社 交通アクセス

所在地京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町10-2
料金境内自由
時間日中随時
アクセストロッコ嵐山駅下車すぐ
京福電車嵐山線「嵐山」駅下車 徒歩8分
駐車場なし
髪の毛が増える

このページをシェアする

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

雪の日にテクテクと清滝トンネル手前の愛宕念仏寺さんまでやってきました。
愛宕念仏寺

雪をかぶったたくさんの羅漢さんは見応えがあります。
愛宕念仏寺

愛宕念仏寺

境内の一番高いところに立つ虚空蔵菩薩の前から多宝塔を見おろして。
羅漢さんは1200体もあるそうです。
愛宕念仏寺

多宝塔の下にいらっしゃるのは、キリリとした伝教大師とほんわかしたお釈迦様。
愛宕念仏寺

愛宕念仏寺は奈良時代創建の古刹で、厄除けや火除けのお寺として厚く信仰されてきました。
現在地に移ったのは大正時代のことですが、鎌倉時代の本堂など古い建物は移築されています。
愛宕念仏寺

「さぶい〜!!」と叫んでおられるようにしか見えません。(実際寒いので・・・)
愛宕念仏寺

覆面の羅漢さんが何人かおられました。探してみてください。
愛宕念仏寺

ふれ愛観音。撫でてさすって拝むことができます。
愛宕念仏寺
愛宕念仏寺の紅葉はこちら

近くの寺社 :あだし野念仏寺

愛宕念仏寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 愛宕念仏寺の周辺にお宿はありません。 少し遠くなりますが、嵐山渡月橋周辺のお宿を利用するとよいでしょう。
チェック 嵐山辨慶らんざん
所在地右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
料金拝観料300円
時間8:00~17:00
アクセスJR嵯峨嵐山駅下車、バス停「野々宮」より京都バス・清滝行「おたぎ寺前」下車
駐車場無料


このページをシェアする

猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)

猿田彦神社は嵐電の線路と三条通に挟まれた小さな神社です。
山之内庚申とも呼ばれ、京洛三庚申のひとつで、平安時代創建。
猿田彦神社

本殿にはお猿さんがちょこんと座っています。
祭神の猿田彦大神は道案内の神様で、開運や諸芸上達など人生を切り開いていくのに力添えをしてくれます。
猿田彦神社

縁結びの祈願をするなら、向かって左側の大国主神社で。
猿田彦神社

大きな楠がニョキニョキと立っています。
「庚申楠」と呼ばれ、樹齢は山王神社と同じく700年を超えるとか!
猿田彦神社
男岩女岩があり、両方をさすりながら縁結びや子授けを祈願するそうです。

近くの寺社 :山王神社

猿田彦神社 交通アクセス

所在地京都市右京区山ノ内荒木町3
料金境内自由
時間日中随時
アクセス京福嵐山本線 「山ノ内駅」徒歩7分
京都バス「庚申前」徒歩2分
地下鉄東西線「太秦天神川駅」徒歩2分
駐車場無料駐車スペースあり


このページをシェアする

長講堂(ちょうこうどう)

長講堂の御影堂には有名な後白河法皇の木像が祀られています。
通常は非公開寺院ですが、2012年は大河ドラマ平清盛と連動して「京の冬の旅」非公開文化財特別公開のひとつとなっています。
長講堂
後白河法皇が仙洞御所の中に持仏堂を建てたのが長講堂の始まりで、六条西洞院に引っ越ししたときにお堂も一緒に移転しました。
何度も焼失し、移転もくり返しましたが、1578年からは現在地にあるそうです。

後白河法皇の木像の他、肖像画や後白河法皇直筆の「過去現在牒」などがあります。
長講堂

過去現在牒には法皇に関わった人の名前が記されています。
身分の上下や男女も関係なく書かれているのが興味深いです。
平清盛や源義経(源義行)の名前も記されていますし、白拍子の祗王・祗女・仏の名前もあります。
これを見ると、平家物語の内容が急に現実味を帯びて感じられます。

ピンクの山茶花がたくさんの花を咲かせていました。
長講堂


近くの寺社 :市比賣神社

長講堂 交通アクセス

所在地京都市下京区富小路通六条
料金通常非公開(電話で予約すれば拝観可)
アクセス地下鉄「五条下車」徒歩約5分
市バス「河原町正面」下車 徒歩約5分
駐車場なし


このページをシェアする
大河ドラマ『平清盛』が盛り上がってきました。
平清盛
必然的に京都の平清盛ゆかりの地を訪れたいという人も増えると思いますので、いくつか清盛スポットをご紹介したいと思います。

古い時代のことですから、いま訪れても豪華なところはあんまりなくて、地味なスポットが多いです。あなたの歴史の知識と想像力で補ってくださいませ。

また、「平家物語」では前半の悪の主人公が平清盛ですから、清盛の悪行の跡といった雰囲気のところもあります。

なお、掲載した写真は季節がバラバラですがお許しください。

若一神社

若一神社
平清盛の邸宅である西八条第の敷地の中の鎮守社だったのが若一神社(にゃくいちじんじゃ)です。
清盛が太政大臣にまで昇り詰めたことで、開運出世の神様として崇められるようになりました。
境内には石造りの清盛像が立っています。衣冠束帯の正装の姿です。
西大路通を邪魔するかのように大きく枝を広げる大楠は平清盛の御手植えだと伝えられています。樹齢は850年。
チェック 若一神社

平清盛ゆかりの地を巡ったり、京都を自由に散策するならフリープランがおすすめ。
東京〜京都往復JR+宿泊でこの値段!「ウェスティン都ホテル京都」に泊まっても2万円以内!?


鞍馬寺

鞍馬寺
源義経ゆかりの鞍馬寺。平清盛は常磐御前を愛妾にする替わりに子供達の命を永らえました。牛若丸は鞍馬寺に預けられます。その後の歴史はみなさまの知るとおり。
チェック 鞍馬寺

法勝寺


いまの京都市動物園界隈は、藤原一族の別荘地「白河院」でした。白河天皇の手に渡ったのちは6つの大きな寺院が建てられ、中でも法勝寺(ほっしょうじ)には81メートルもある九重塔が造られました。もちろん清盛も目にしていたはずです。
いまの動物園内の観覧車の辺りです。
塔は地震や火災による焼失と再建を繰り返しましたが、時代とともに衰退し応仁の乱の後、廃寺となりました。
写真はアスニーに展示されている模型に青空をつけてみたもの。
チェック 法勝寺

西八条第跡

西八条第跡 平清盛の邸宅だった西八条第は、梅小路公園やJR東海道線と山陰線の線路のあたりにありました。
清盛が熱病で死んだ2日後には放火によって焼け落ちました。
その後、平家が都落ちする際には完全に焼き払われたそうです。

2012年のいまは新しい水族館ができて、梅小路公園は大混雑しています。

八坂神社

八坂神社
四条通の東の突き当たりに鎮座する八坂神社。平清盛が1147年に田楽の奉納を行ったという記録が残っています。このとき、清盛の郎党と神社の神人がもめ事を起こして、清盛は後で罰金を払っています。
チェック 八坂神社

長楽寺

長楽寺 平清盛の娘である建礼門院は、壇ノ浦の戦いでその子安徳天皇とともに入水しましたが、引き上げられて捕らえられました。その後出家したのがこの長楽寺です。
円山公園の奥のほうにあります。
お座敷で建礼門院像と対峙していると、ときどき彼女の目がキョロッと動きます。(そんな気がします)
チェック 長楽寺

寂光院

寂光院
建礼門院が長楽寺で剃髪した後、終生を過ごしたお寺が大原の寂光院です。
入寺したのは29歳。
自分の子である安徳天皇と平家一族の冥福をただ祈りながら日々を過ごしていたといわれます。
写真は隣接している建礼門院大原西陵の前の桜。
チェック 寂光院

祇王寺

祇王寺
平家物語によれば、一時清盛の寵愛を受けた白拍子たち(祇王と祇女姉妹、仏御前ら)が出家のために入ったお寺です。ここでも清盛は女たちの人生を翻弄する悪役の顔です。
苔むす庭に楓のシェイプが陰影を作り、たいへん美しい世界を見せています。秋の敷き紅葉も必見です。
チェック 祇王寺

神護寺

神護寺の紅葉
神護寺には平清盛の長男平重盛の肖像画が残っています。国宝です。毎年ゴールデンウィークのころにだけ公開されています。
チェック 神護寺

六道珍皇寺

六道珍皇寺
平安時代からこの辺りは葬送の道筋で、「六道の辻」と呼ばれていました。平清盛が熱病で死去した後、荼毘に付したのが六道珍皇寺付近だといわれています。
チェック 六道珍皇寺

六波羅蜜寺

六波羅蜜寺
平家一門の拠点となったのがこの六波羅蜜寺を中心とする区域です。 清盛の父・忠盛が軍の駐留地に選んだのが始まりで、平家の最盛期には5200もの邸宅が建っていたそうです。
境内には清盛塚(供養塔)があり、宝物館には教科書に載っている出家した後の平清盛坐像が安置されています。
平清盛
チェック 六波羅蜜寺

長講堂

長講堂
後白河法皇が六条御所の中に持仏堂を建てたのが、長講堂の起こりとされています。 元の場所からは豊臣秀吉によって移転させられています。
後白河法皇の木像や肖像画、後白河法皇直筆の「過去現在牒」などの寺宝があります。
過去現在牒には法皇に関わった人の名前が記されています。 身分の上下や男女も関係なく書かれているのが興味深いです。平清盛や源義経(源義行)の名前も記されています。

清閑寺

清閑寺
宮中一の美女と誉れの高かった小督局が、清盛の怒りを買って宮中から追い出され、尼にさせられたのが東山の清閑寺です。「平家物語」目線なので、ここでも清盛は悪役です。紅葉が美しいお寺で、小督も好んだといわれています。
チェック 清閑寺

三十三間堂

三十三間堂
三十三間堂の正式名は、蓮華王院。後白河法皇が平清盛の協力を受け、法住寺殿の中に建てました。
南北に120メートルもある長いお堂に、国宝千手観音坐像と1000体の千手観音立像、風神雷神や二十八部衆像が並んでいて壮観です。
いま見ることができるお堂は鎌倉時代に再建されたものですが、千手観音立像の124体は平安時代のものです。
これらの仏様たちは後白河法皇の眠る法住寺陵を向いて立っています。

法住寺

法住寺
いまは小さなお寺ですが、当時は広大な敷地を持つ後白河法皇の離宮・法住寺殿で、ここが院政の拠点となっていました。
阿弥陀堂には後白河法皇像が安置されています。ゴールデンウィークに公開されています。
チェック 法住寺

新熊野神社

新熊野神社
新熊野神社は後白河上皇が平清盛・平重盛に命じて建てさせた神社です。 この地も法住寺殿の敷地の一部でした。
熊野から勧請するため、資材は熊野から運び、神域には那智の浜の青い小石が敷き詰められたそうです。
いまも巨大な楠が枝を広げています。後白河上皇のお手植えの楠だといわれています。
チェック 新熊野神社

五条天神社

五条天神社
牛若丸(源義経)と弁慶が初めて出会い戦ったのが五条天神社の杜だといわれています。
松原通はかつての五条通で、五条の橋はいまの五条大橋でも松原橋でもなく、当時流れていた西洞院川にかかる橋だったそうです。
いまは町なかのこぢんまりした商店街になっていて、なかなか森だった当時のイメージは浮かびません。
チェック 五条天神社

厳島神社

京都御苑の百日紅
厳島神社は京都御苑の中にある3つの神社のうちのひとつ。 平清盛が母の祇園女御のために、安芸の厳島神社の神様を祀ったのが始まりといわれます。 池の弁天さんとも。

神泉苑

神泉苑のツツジ
神泉苑は当時はいまの二条城も含む広大な敷地でした。 源義経が静御前を見初めた地として知られていますが、その雨乞いの儀式を開催したのは後白河法皇です。
チェック 神泉苑

平清盛ゆかりの地を巡ったり、京都を自由に散策するならフリープランがおすすめ。東京〜京都往復JR+宿泊でこの値段!

このページをシェアする

廬山寺(ろざんじ)

廬山寺の節分の追難式鬼法楽(鬼おどり)は京都の節分行事の中でも特に有名です。
廬山寺の節分

追儺式の前には鬼の御加持が行われています。
この鬼は邪気払いされているので味方なのです。お肌の色も人間に近いですね。
廬山寺の節分

太鼓とほら貝に乗って赤鬼が登場!
青鬼と黒鬼も続いて入ってきます。
人間の煩悩を表す3匹の鬼です。
赤が「貪欲(欲をむさぼる心)」、青が「瞋恚(怒り恨むこと)」、黒が「愚痴(真理を知ろうとしない人間の愚かな心)」。 そういうことどもが鬼となっているとか。
廬山寺の節分

邪気払いの矢が放たれて、赤鬼が苦しみながら逃げていきます。
廬山寺の節分

黒鬼も・・・。
廬山寺の節分

おおまかに言えば、鬼が入ってきて出ていくだけのストーリーなのですが、
たっぷり1時間あり、鬼が本堂の暗がりの中へ入ってしまうと何が行われているかも見えず、音もない待ち時間も何度かあり、鬼の動きもスローモーション、そしてまた待ち時間。

極寒の野外で見ている参詣者たちからは「どないなってんねん」などと苦悩の声が上がっていました・・・。

豆まきを待てずに「も、もうあかん...」と青い唇で帰っていく人たちも。
廬山寺の節分
京都の冬は寒いですが、この日は特に寒かったように思います。
廬山寺の鬼おどりは夕方のニュースで見るのが正解かも。
体力に自信のない方はご注意ください。

廬山寺さんは桔梗の頃がおすすめです。廬山寺の桔梗

近くの寺社 :梨木神社

廬山寺 交通アクセス

所在地京都市上京区寺町通広小路上ル北之辺町397
料金境内自由、拝観大人500円
時間午前9時〜午後4時
アクセス市バス「府立医大病院前」下車
駐車場無料駐車スペースあり(節分の日は停められません)


このページをシェアする

壬生寺(みぶでら)

壬生寺の節分会は有名です。
壬生寺は京都の裏鬼門に位置するため、900年に渡って悪鬼を祓う行事が行われてきたそうです。
境内は大勢の参詣者であふれ、本堂前まで屋台がひしめくように並びます。
壬生寺の節分

狂言堂では壬生狂言「節分」が1日8回演じられ、無料で鑑賞することができます。
(人数制限があるので、入場待ちの人の長ーい行列ができます。)

本堂。
壬生寺の節分

千体仏塔が異国情緒を漂わせています。
壬生寺の節分

炮烙(ほうらく)を買って、性別と年齢を墨書きして奉納します。
これを狂言のときに投げ下ろし割ってもらうことで、厄を落とすのです。
壬生寺の節分


近くの寺社 :武信稲荷神社

壬生寺 交通アクセス

所在地京都市中京区坊城仏光寺北入ル
料金境内自由(壬生塚100円、資料室200円)
時間8:00〜17:00
アクセス阪急電車「大宮」、嵐電「四条大宮」下車
市バス「壬生寺道」下車
駐車場なし(節分には周囲に交通規制)


このページをシェアする

平安神宮(へいあんじんぐう)Heian-jingu Shrine

節分の日、京都はお天気。
平安神宮では「大儺之儀」が行なわれました。
平安神宮

これは平安時代に宮中で行われていた「追儺式」の再現で、衣裳や道具、作法まで綿密に時代考証され復元されたものだそうです。
平安神宮

方相氏(ほうそうし)登場!
目が4つ。まゆげも4本でへの字口。鉾と盾を持っています。
平安神宮

大極殿前の斎場で一連の儀式を執り行った後、 方相氏を先頭に「おにやろ〜う(鬼やらう)」と何度もくり返しながら、斎場の中をぐるぐる回ります。
それから行列は注連縄の区域から出て、スタスタと南へ進みます。

遠くに大文字が見えます。
平安神宮

一行は応天門から南に向かって立ち、 上卿が桃の木の弓で葦の矢を放ちます。
平安神宮

最後に方相氏が鉾と盾をバコッと鳴らして、「おにやろーう」と3回。これでお祓いの儀式は終わりです。
平安神宮

それにしても異国の儀式のようで、平安時代というのは遠き時代だったのだなあと感じます。

そういえば平安時代には母は「ハハ」でなく「ファファ」だったそうで、いろんなことがわたしたちの想像とは違う世界だったのでしょう。

近くの寺社 :岡崎神社須賀神社・金戒光明寺

平安神宮 交通アクセス

所在地京都市左京区岡崎西天王町
料金境内自由 神苑600円
時間6時〜18時(季節により変わります)
アクセス市バス「京都会館・美術館前」下車すぐ。
地下鉄東西線「東山」徒歩10分
駐車場市営岡崎公園地下駐車場(500台・普通車1時間500円)が便利


このページをシェアする

毘沙門寺(びしゃもんじ)

和束白栖の小高い丘の上に建つ毘沙門寺さん。
看板には諸願成就福の神「毘沙門天」とありました。
毘沙門寺

本堂わきには弘法大師が立っておられます。
毘沙門寺

まわりには茶畑が多く、ほっとする景色が広がっています。
毘沙門寺

鰐口がたいへん良い音を響かせます。
その余韻、京都一かも!
毘沙門寺


茶畑の風景がなんともいえずのどかな気分にさせてくれます。
毘沙門寺


毘沙門寺 交通アクセス

所在地京都府相楽郡和束町白栖中出26
料金境内自由


このページをシェアする

若王子神社(にゃくおうじじんじゃ)

哲学の道の終点にある熊野若王子神社
若王子神社

雪は降り続いていて、狛犬も顔がみえなくなっています。
若王子神社

境内では火が燃えていてホッとしました。
若王子神社
初夏の若王子神社
秋の若王子神社

若王子神社 交通アクセス

所在地京都府京都市左京区若王子町2
拝観時間日中随時
料金境内自由
アクセス市バス「永観堂前」から徒歩約5分
市バス「東天王町」から徒歩約5分


このページをシェアする

愛宕神社一乃鳥居

京都市街ではミゾレだったのに、奥嵯峨まで来るとかなりハードに雪が降っていました。
化野念仏寺より少し北、平野屋さんの前です。
ここは愛宕神社一乃鳥居。愛宕詣でのスタート地点。
といっても火伏の神様愛宕神社まではここから5.5kmもありますが。
奥嵯峨の雪景色

急に積もり始めたので、そそくさと退散することにしました。
奥嵯峨の雪景色


近くの寺社 :化野念仏寺・愛宕念仏寺

このページをシェアする

御金神社(みかねじんじゃ)

御金神社は小さな神社ですが、その名前から金運財運に大きなパワーがあるとして参拝者が絶えません。
御金神社

ビルの谷間にあっても、金ぴかの鳥居が燦然と輝いています。
御金神社

御金神社は元は農機具や刀剣、鉱山など金属の神様だったそうですが、御金という名前が自然に金運の御利益を加えていったようです。
御金神社
絵馬を眺めていると、「人間の欲望はかくも深いものか・・・」と感慨を覚えます。
投資・株・証券・競馬・宝くじ・借金完済・資産運用などのお金に関する祈願があふれています。

また、「願いが叶いました!」とか「当たりました!」というお礼参りのことばもありますから、確かに願いが叶う人もまた多いのでしょう。

京都市の学生ローン

御金神社 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 最寄りのお宿は京都全日空ホテル。ホテルの向かいには世界文化遺産「二条城」があります。
チェック 京都全日空ホテル
所在地京都府京都市中京区西洞院通御池上る押西洞院町618番地
料金境内自由
時間日中随時
アクセス御池通りから西洞院を少し上がる
駐車場なし


このページをシェアする
ウェスティン都ホテル京都から北方向を見た岡崎の雪景色です。
2010年の大晦日の写真です。
ウェスティン都ホテル京都

北に見えるのは金戒光明寺の大きな堂塔(左上)と三重塔(右上)。
雪にかすんで見えにくいですが。
ウェスティン都ホテル京都

右手の山裾には南禅寺のこれまた大きな山門。
左側奥の山腹に見える塔は永観堂の多宝塔です。
ウェスティン都ホテル京都

平安神宮の大鳥居と美術館。
ウェスティン都ホテル京都

手前は疏水のインクライン。
ウェスティン都ホテル京都

京都の車はスノータイヤなどつけていませんから、少し雪が積もると九条山は登れなくなります。
左車線はぜんぶ乗り捨てられた車です。
そして、大渋滞・・・。
ウェスティン都ホテル京都


近くの寺社 :南禅寺

ウェスティン都ホテル京都 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 ウェスティン都ホテル京都はじゃらんクチコミ総合86点、京都の街並みを望む東山の高台に佇むハイクラスホテルです。
徒歩で南禅寺や永観堂、日向大神宮、哲学の道、青蓮院、知恩院などを散策できる良い場所にあります。
京都駅から無料シャトルバスが出ていますし、地下鉄の蹴上駅が近いので、三条や鴨川へも5分で出ることができ観光にも便利。
高級ホテルのイメージがありますが、早割や限定予約をチェックすれば1泊4000円台のプランも!
チェック 》 》 ウェスティン都ホテル京都
ウェスティン都ホテル京都
所在地京都府京都市東山区三条通けあげ
アクセス地下鉄東西線「蹴上」駅徒歩すぐ
JR京都駅八条口より無料ホテルシャトルバスあり
駐車場駐車場200台あり(1,000円/日)


このページをシェアする
車で嵐山を走っていたら急に雪が強くなって、水墨画のような景色になりました。
嵐山渡月橋の雪景色

水鳥も寒そうです。
嵐山渡月橋の雪景色
あまりに風が吹いて寒いので、渡月橋のたもとで客待ちをしている人力車の車夫さんたちはぴょんぴょんと跳び続けて体を温めていました。

近くの寺社 :天龍寺・法輪寺

渡月橋 交通アクセス

アクセス市バス「嵐山」下車
京福電車「嵐山駅」下車
阪急電車「嵐山駅」下車


このページをシェアする

霊鑑寺(れいかんじ)

椿で有名な霊鑑寺の雪景色。
春の椿のころの公開までは山門を閉ざしています。

石段のわきの卯の妙見さんも雪の中。

お堂をのぞくと真ん中に金色のうさぎ。
よく見ると不思議なデザインです。
霊鑑寺の椿はこちら

近くの寺社 :安楽寺・法然院

霊鑑寺 交通アクセス

所在地 京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町12
料金700円
時間10:00~16:00(15:30受付終了)
アクセス市バス「真如堂前」下車、東へ徒歩15分
駐車場なし


このページをシェアする

安楽寺(あんらくじ)

安楽寺の雪景色。
山門には「拝観謝絶」の札がかかっています。
拝観するには春まで待たねばなりません。
安楽寺


近くの寺社 :法然院・霊鑑寺

安楽寺 交通アクセス

所在地 京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町21
料金大人400円(特別拝観時)
時間9:30〜16:30
アクセス市バス真如堂前から北東へ徒歩10分。
駐車場なし


秋の安楽寺。
安楽寺


このページをシェアする

これは終了したイベントに関する記事です。
最新の情報は京都市のサイトでチェックしてみてください。
https://www.city.kyoto.lg.jp/
》 》 和服を高く売るならこちら!

京都の婚活パーティー


2012年3月4日に京都で行われる着物の婚活イベントの参加者募集が始まっています。
題して「きものde婚活~ソデフレアエ~」

京都 着物で婚活

京都染織青年団体協議会と京都市伝統産業課の共催イベントで、対象は独身の25歳~45歳男女各100人ずつ。
着物を着て参加し、まずは貸切バスでグループごとに無燐庵、二条城、寺町京極などの観光地を散策してから、ハイアットリージェンシー京都で婚活パーティーを行うというもの。

たしかに、最初から「着物」という共通の話題があるので、話のきっかけが作りやすいかもしれませんね。

申込み締め切りは2月5日で、参加費は2000円となっています。


***********************************************
なんと男性389人、女性2,439人という多数の応募があったそうです。
女性は24倍!
それでも抽選で100人に絞ったそうです。
当日の会場は良いかんじで盛り上がったそうですよ。



このページをシェアする

辰年には龍の神社にお参りしましょう

北野天満宮

青龍イラスト 2012年は辰年。

龍にちなんだ神社に初詣に行こうとお思いの方も多いでしょう。
平安京は青龍・朱雀・白虎・玄武の四神で守られていましたから、龍にちなんだ場所もあちこちにあります。
京都の龍の神社といえば、たとえば次のようなスポットがあります。

貴船神社(きぶねじんじゃ)

貴船神社石段
奥宮の本殿下に龍穴があり、龍神が住んでいるといわれています。
奥宮は昔の本宮で、貴船神社の中で最も強いパワーを持つところだそうです。
》 》 貴船神社の情報

真名井神社(まないじんじゃ)

京都最大のパワースポットとして知る人ぞ知る真名井神社。
天橋立の北側、籠神社の奥宮です。
真名井神社の狛龍
龍神にちなんで狛龍が左右に置かれています。
》 》 真名井神社の情報

平安神宮(へいあんじんぐう)

広々〜とした白砂の敷地には、白虎と青龍がポツンポツンと配置されています。
平安神宮
平安京を守る四神(東の青龍、南の朱雀、西の白虎、北の玄武)を表したものです。
》 》 平安神宮の情報

玄武、朱雀、青龍、白虎、4つの神にはそれぞれ健康運、繁栄運、出世運、金運が結びつけられ、四方にそれを置いて、気を集めて封じ込めると中心にパワーが集まります。
さらに暗闇に置けば龍が浮かび上がります。

上賀茂神社の新宮神社

上賀茂神社の本殿の東にある新宮神社は龍神を祀る摂社です。
上賀茂神社 新宮神社

毎年、1月1日~5日の5日間公開され、参拝することができます。
辰年の2012年は2月4日から7月22日のあいだも参拝できるとのこと。

八坂神社(やさかじんじゃ)

東山は平安京の東、青龍の地。八坂神社の本殿の真下には龍穴があり、青龍が護っているといわれます。
その龍穴は神泉苑と繋がっているとか。
八坂神社
》 》 八坂神社の情報

神泉苑(しんせんえん)

源義経と静御前が出会った場所として知られる神泉苑。
池には善女龍王が住むといわれ、龍脈が八坂神社からつながっているそう。
神泉苑
》 》 神泉苑の情報

満願寺(まんがんじ)

満願寺は「洛陽十二支妙見めぐり」の辰の妙見さん。
神社

妙見めぐりは、京都御所から見て十二支の方角に妙見菩薩をまつる12の寺院を巡って厄よけや開運を祈る信仰です。
「卯(う)」の方角の霊鑑寺から満願寺へのえと引き継ぎが12月10日に行われました。
》 》 満願寺の情報

神宝神社(かんだからじんじゃ)

神宝神社
(右側が天竜、左側が地龍。)
狛龍のいる神社として知られる神宝神社は、伏見稲荷大社の奥社の近くにあります。
平安時代には稲荷山の山上にありましたが、いまの場所まで降りてきました。
神宝は興津鏡、辺津鏡 、八握剣、生玉、死反玉、足玉、道反玉、蛇比礼、蜂比礼、品物比礼のことだそうです。
》 》 神宝神社の情報

瀧尾神社(たきおじんじゃ)

拝殿天井に張り付いた8メートルの龍は迫力があります。
瀧尾神社

いまは小さな境内ですが、九山新太郎作の彫刻が社殿を飾り、見飽きることがありません。
》 》 瀧尾神社の情報

九頭龍銭洗弁財天(くずりゅうぜにあらいべんざいてん)

山科本圀寺の境内にある銭洗弁財天は金銭・財運のご利益で知られています。
灯籠にからみつく龍が迎えてくれます。
本圀寺
晴れた日は金ぴかが目にまぶしいです。

境内は仁王様・鐘楼・灯籠・扉など金色尽くしで、爽快感のあるお寺です。
実は春の紅枝垂桜も素晴らしく、桜のシーズンの穴場でもあります。
》 》 本圀寺の情報

白龍銭洗辨財天(はくりゅうぜにあらいべんざいてん)

元政庵瑞光寺境内の一角にある白龍銭洗辨財天は、金運財運の神様です。
ざるにお金を乗せて龍の口から出る御神水で洗い、浄財袋に入れて大切に身につけます。
瑞光寺
》 》 瑞光寺の情報

九頭竜大社(くずりゅうたいしゃ)

京都八瀬の九頭竜大社は九頭竜弁財天と龍神を祀る神社です。
近年できた神社ですが様々な御利益があるといわれています。
九頭竜大社


武信稲荷神社(たけのぶいなりじんじゃ)

こちらは坂本龍馬ゆかりの神社。潜伏中だった龍馬さんがお龍さんに自分がいることを知らせるために「龍」の字を彫ったエノキの大木が、いまも枝を広げています。
武信稲荷神社のエノキ
》 》 武信稲荷神社の情報



このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2020年6月 [2]
  2. 2020年5月 [1]
  3. 2020年2月 [1]
  4. 2019年11月 [1]
  5. 2019年9月 [1]
  6. 2019年8月 [1]
  7. 2019年7月 [3]
  8. 2019年6月 [1]
  9. 2018年12月 [7]
  10. 2018年11月 [4]
  11. 2018年9月 [1]
  12. 2018年6月 [1]
  13. 2018年5月 [3]
  14. 2018年4月 [1]
  15. 2018年2月 [1]
  16. 2018年1月 [3]
  17. 2017年12月 [4]
  18. 2017年11月 [9]
  19. 2017年10月 [1]
  20. 2017年1月 [1]
  21. 2016年12月 [9]
  22. 2016年4月 [1]
  23. 2016年2月 [2]
  24. 2016年1月 [1]
  25. 2015年12月 [10]
  26. 2015年11月 [21]
  27. 2015年7月 [3]
  28. 2015年6月 [34]
  29. 2015年5月 [25]
  30. 2015年4月 [39]
  31. 2015年3月 [9]
  32. 2015年2月 [33]
  33. 2015年1月 [21]
  34. 2014年12月 [11]
  35. 2014年11月 [19]
  36. 2014年10月 [4]
  37. 2014年9月 [7]
  38. 2014年8月 [3]
  39. 2014年7月 [8]
  40. 2014年6月 [40]
  41. 2014年5月 [29]
  42. 2014年4月 [66]
  43. 2014年3月 [8]
  44. 2014年2月 [9]
  45. 2014年1月 [8]
  46. 2013年12月 [23]
  47. 2013年11月 [25]
  48. 2013年10月 [1]
  49. 2013年9月 [2]
  50. 2013年8月 [3]
  51. 2013年6月 [27]
  52. 2013年5月 [24]
  53. 2013年4月 [37]
  54. 2013年3月 [8]
  55. 2013年2月 [1]
  56. 2013年1月 [7]
  57. 2012年12月 [9]
  58. 2012年11月 [18]
  59. 2012年10月 [4]
  60. 2012年9月 [18]
  61. 2012年8月 [19]
  62. 2012年7月 [9]
  63. 2012年6月 [20]
  64. 2012年5月 [4]
  65. 2012年4月 [72]
  66. 2012年3月 [29]
  67. 2012年2月 [15]
  68. 2012年1月 [16]
  69. 2011年12月 [36]
  70. 2011年11月 [27]
  71. 2011年10月 [25]
  72. 2011年9月 [8]
  73. 2011年8月 [10]
  74. 2011年7月 [17]
  75. 2011年6月 [28]
  76. 2011年5月 [30]
  77. 2011年4月 [71]
  78. 2011年3月 [15]
  79. 2011年2月 [7]
  80. 2011年1月 [16]
  81. 2010年12月 [10]
  82. 2010年11月 [15]
  83. 2010年10月 [10]
  84. 2010年9月 [4]
  85. 2010年8月 [3]
  86. 2010年7月 [11]
  87. 2010年6月 [12]
  88. 2010年5月 [11]
  89. 2010年4月 [9]
  90. 2010年3月 [2]