en6_head.jpg

タグ「綾部市」の一覧

あやべ若宮神社

綾部の藤山の中腹に鎮座する「若宮さん」あやべ若宮神社。1180年頃に石清水八幡宮の仁徳天皇を分霊し創建されました。江戸時代は綾部藩の総氏神として栄えたということです。
まっすぐな石段はちょっと登るのも躊躇するほどの勾配です。
綾部 若宮神社の石段

拝殿もとても立派な造りです。
左側は猿田彦神を祭神とする厄除神社。
綾部 若宮神社の拝殿

本殿の向かって左奥に5つのお社が並んでいます。
綾部 若宮神社

左から、車折神社・稲荷神社・権現社・塩竃神社・出雲神社となっていますので、 縁結び恋愛成就結婚成就はいちばん右の出雲神社にお詣りしましょう。
綾部 若宮神社の石段


近くの寺社 :大本本部・本興稲荷神社・隆興寺・山乃神神社

あやべ若宮神社 交通アクセス

所在地京都府綾部市上野藤山1番地乙
料金境内自由
時間日中随時
アクセスJR綾部駅より東南へ徒歩20分
駐車場あり
35.29181189226788,135.2567766005

このページをシェアする

上林禅寺(じょうりんぜんじ)

府道1号線沿い、八津合町の上林禅寺さんは枝垂桜の古木で知られるお寺。
綾部の「古木名木百選」にも選ばれている親子の枝垂桜です。
上林禅寺の桜

その枝垂桜のほうは、見頃を過ぎていましたが、たくさんのソメイヨシノは満開でした。
水仙などの草花もたくさん咲いていました。
上林禅寺の桜

山門から見る桜の景色。
上林禅寺の桜

お地蔵様は温かそうなニットの帽子をかぶせてもらっています。
上林禅寺の桜

石仏もとても大切にされています。
上林禅寺の桜


近くの寺社 :八津合八幡宮

上林禅寺 交通アクセス

所在地京都府綾部市八津合町村中 1
35.3665497,135.409143500000

このページをシェアする

如是寺(にょぜじ)

綾部の上林の如是寺さんは桜に包まれていました。
如是禅寺の桜

境内に登ると白木蓮が散っています。
如是禅寺の桜

風がとても強いから。
如是禅寺の桜

石垣のわきでは枝垂桜も満開。
如是禅寺の桜


如是寺 交通アクセス

所在地京都府綾部市十倉志茂町遅谷29
料金境内自由
アクセスバス「下十倉」下車徒歩2分
駐車場あり
35.3292604,135.3341289

このページをシェアする

楞厳寺

関西花の寺霊場第2番のお寺、楞厳寺さん。
4月中旬~下旬にかけて、池をはさんで向かいの大師山がミツバツツジで紫に染まります。
楞厳寺のミツバツツジ

楞厳寺のミツバツツジ

池からはコロコロとカエルの声がして、のどかです。
楞厳寺のミツバツツジ

楞厳寺のミツバツツジ

ミツバツツジのトンネルをくぐりながら、散策ができます。
たくさんの仏さまにも出会えます。
楞厳寺のミツバツツジ


楞嚴寺 交通アクセスなど

所在地 京都府綾部市舘町楞厳寺6
料金境内自由(襖絵拝観300円要予約)
時間日中
アクセスJR綾部駅からあやバス志賀線「舘」下車、徒歩約15分
駐車場無料駐車場あり
35.3241377,135.2243532

このページをシェアする

岩王寺(しゃくおうじ)Shakuo-ji Temple

綾部市の岩王寺さんは山の中のお寺。
グネグネと長い山道を車で登ります。道が細いので緊張感があります。
岩王寺の萩

お堂は茅葺き屋根で、昔話に出てくるお寺のような感じ。タイムスリップ感を味わえます。
奥の山頂に鉄塔が建っているので、現代だとわかりますが。
岩王寺の萩

949年、空也上人が創建したといわれる古刹です。
岩王寺の萩

境内にはたくさんの萩が植えられています。 萩の中を巡るように小径が作られていて、のんびりと散歩できます。
岩王寺の萩

奥の少し高いところから見おろすこともできます。
赤い萩が見頃でした。
岩王寺の萩
(2012年9月13日撮影)

岩王寺 交通アクセス

所在地京都府綾部市七百石町寺の段一番地
料金境内自由
アクセスJR綾部駅よりあやバス西八田線「七百石バス停」下車、徒歩20〜30分
駐車場無料駐車場有り


このページをシェアする

正暦寺(しょうれきじ)Shoreki-ji Temple

由良川の川岸の小高いところに建つ正暦寺さんは萩の寺として知られています。
石段わきには白い萩と赤いさるすべり。
正暦寺の萩

鐘の下をくぐって境内へ。
正暦寺の萩

萩の花は1000株以上植えられていて、本堂周辺や不動堂前は萩がいっぱいです。
訪れた日は2012年9月13日。赤い萩が見頃を迎えていました。
9月中旬の日曜日に萩まつりが行われています。
正暦寺の萩

本堂前の萩。
正暦寺の萩

正暦寺の萩

コスモスも咲いています。
正暦寺の萩

見おろせばすぐ下をJR山陰本線の線路が走っていて、その向こうが由良川。橋は丹波大橋。
正暦寺の萩

本堂わきにはさるすべりがまだきれいに咲いています。
正暦寺の萩

山門のかたわらには白いさるすべり。
正暦寺の萩


正暦寺 交通アクセス

所在地京都府綾部市寺町45
料金境内自由
アクセスJR綾部駅からバス南北線「大本本部前」下車、徒歩5分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

綾部八幡宮(あやべはちまんぐう)Ayabe-hachimangu Shrine

綾部八幡宮

綾部八幡宮の拝殿のかたわらの大きな白い枝垂桜はすでに散り半ばでした。
機会があれば、いつかまた・・・。
綾部八幡宮


池のまわりは満開。
綾部八幡宮

外周は背の高いソメイヨシノが続きます。
綾部八幡宮
(2012年4月18日)

綾部八幡宮 交通アクセス

所在地京都府綾部市宮代町明知9番地
料金境内自由
時間日中随時
アクセスJR山陰線綾部駅下車徒歩5分
35.3010632,135.2463991

このページをシェアする

安国寺(あんこくじ)

足利尊氏にゆかりの深い綾部の安国寺さん。
全国に点在する安国寺の筆頭寺です。
紅葉の名所として有名ですが、桜もいいです。
安国寺

仏殿も庫裏も茅葺きで、背後の山の景色と調和していて、なんとも心落ち着く境内です。
安国寺

安国寺

三門前にも桜が咲いています。
安国寺


近くの寺社 :雲源寺

安国寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 安国寺周辺にはホテルはありません。宿泊は綾部駅北口すぐの「アールイン綾部」がおすすめです。温泉無料券やガソリン割引券などお得な特典ももらえます。
チェック アールイン綾部
所在地京都府綾部市安国寺町寺ノ段1
料金境内自由
時間日中随時
アクセスJR舞鶴線「梅迫」から徒歩15分
駐車場無料
35.340990805396125,135.3070271015167

このページをシェアする

雲源寺(うんげんじ)

京都綾部の雲源寺さん。
石段を登ると巨大な枝垂桜に出会えます。
雲源寺

樹齢は100年以上で高さ12m。
元は安国寺から枝分けされたものだそう。
雲源寺

雲源寺

枝ぶりにも迫力があります。
雲源寺
(2012年4月15日、18日)

近くの寺社 :安国寺

雲源寺 交通アクセス

所在地京都府綾部市梅迫町中町49
料金境内自由
時間日中
アクセス「梅迫駅」から徒歩約7分
駐車場なし
35.34479773509995,135.309612751007

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]