en6_head.jpg

タグ「植物園」の一覧

京都府立植物園(きょうとふりつしょくぶつえん)

京都府立植物園の夜桜。
京都府立植物園の桜

遅い時間にもたくさんの人が訪れていますが、広いので混雑した感じではありません。
京都府立植物園の桜

ソメイヨシノと雪柳。水面には花筏。
京都府立植物園の桜

京都府立植物園の桜

真上を見上げると吸い込まれそう。
京都府立植物園の桜

ソメイヨシノは散り始めで、奥の紅枝垂桜群が満開でした。
京都府立植物園の桜

それほど寒くなく、そぞろ歩くには最高の夜でした。
京都府立植物園の桜



このページをシェアする

京都府立植物園(きょうとふりつしょくぶつえん)

桜のシーズンには平日でも多くの市民が集まる京都府立植物園
広い駐車場も満車になり、駐車待ちのクルマが並んでいます。

チューリップと桜の景色。
京都府立植物園の桜

桜の下でみなさんのんびりお花見。
京都府立植物園の桜


巨大な枝垂桜は円山公園の祇園の枝垂桜の姪で、15代佐野藤右衛門さんが1964年に植えたものだそう。
京都府立植物園の桜


鴨川へ出れば、紅枝垂桜がどこまでも続く半木の道です。
京都府立植物園の桜

もうすぐ満開ですね。
京都府立植物園の桜
胡蝶蘭をお祝いに

このページをシェアする

宇治市植物公園(うじししょくぶつこうえん)

宇治の植物園の枝垂桜は見晴らしのよい斜面に植えられています。
宇治市植物公園の枝垂桜

桜とチューリップの絵は、お寺や神社では見られませんね。
宇治市植物公園の枝垂桜

1本の枝の花の密度がとても高い桜です。
宇治市植物公園の枝垂桜

宇治市植物公園では枝垂桜のライトアップも行われています。
夜間には無料開放され、だれでも夜桜を楽しめるようになっています。
(2012年は4月12日まで。17:30〜20:00)

宇治市植物公園 交通アクセス

所在地宇治市広野町八軒屋谷25−1
料金大人500円
時間午前9時〜午後5時 (入園は午後4時まで)、月曜日休園
アクセス京阪宇治バス「植物公園」下車すぐ
駐車場有料駐車場あり(1回400円)
34.8711787,135.7961805

このページをシェアする

半木神社(なからぎじんじゃ)Nakaragi-jinja Shrine

1924年開業の京都府立植物園。
6月はバラや花菖蒲が見頃。
バラ園は比叡山が借景になってお花を引き立てています。
半木神社

半木神社

バラの花言葉はズバリ「」!
半木神社

色とりどりの花菖蒲。
半木神社
半木神社

紫陽花も咲き始めていました。
半木神社

園内北側の「半木の森」に鎮座する小さな神社が半木神社です。
半木神社は、上賀茂神社の境外末社。
半木神社
このあたりは古くは養蚕業がさかんだったので織物の神様です。

たくさんの木や花が実を結ぶ植物園の中にある神社ということから、最近は恋愛成就や試験合格に御利益があるといわれ、京都市民にとってはけっこうメジャーな縁結びスポットです。

桜並木で有名な鴨川沿いの「半木の道」はこの半木神社に由来しています。
半木神社


半木神社(京都府立植物園内)

所在地京都府京都市左京区下鴨半木町
料金植物園入園料大人200円
時間午前9時〜午後5時(入園は午後4時まで)
アクセス地下鉄「北山駅」下車、3番出口すぐ
市バス・京都バス「植物園前」バス停下車、徒歩約5分
駐車場有り(1回800円)


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]