en6_head.jpg

タグ「宇治田原町」の一覧

奥山田天神社(おくやまだてんじんしゃ)

307号を走っていると桜にこんもり包まれた神社が見えます。
奥山田天神社です。
奥山田天神社

境内はよく掃き清められていて、神域らしい空気が漂います。
奥山田天神社
隣は小学校ですが、人の気配はありませんでした。数年前に廃校になったそうです。

奥山田天神社 交通アクセス

所在地京都府綴喜郡宇治田原町大字奥山田小字宮垣内
料金境内自由
時間日中随時
駐車場なし
34.85848552111542,135.919139385

このページをシェアする

猿丸神社(さるまるじんじゃ)Sarumaru-jinja Shrine

宇治田原の猿丸神社は、猿丸大夫が和歌に詠ったように、紅葉の名所として知られています。
「奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋はかなしき」(古今和歌集)
猿丸神社

近年新たにモミジがたくさん植栽され、色とりどりのフレッシュなモミジが綺麗です。
猿丸神社

木漏れ日が差すと夢の国です。
猿丸神社

夫婦猿の向こうも色とりどり。
猿丸神社


近くの寺社 :禅定寺

猿丸神社 交通アクセス

所在地 京都府綴喜郡宇治田原町禅定寺粽谷44
料金境内自由
時間日中随時
アクセス京阪宇治交通バス 「猿丸神社」下車すぐ
国道24号・307号線 山城大橋から車で約20分
駐車場大きな無料駐車場があります
34.8801595,135.8841724

このページをシェアする
宇治田原町の禅定寺
平安時代中期に建立された古刹で、東大寺や平等院ともゆかりの深かったお寺です。

存在感のある葦葺き屋根の大きな本堂。
禅定寺
山門。
禅定寺

裏の大壁一面に仏様が描かれています。「涅槃(ねはん)図大壁画」
禅定寺

境内のかたすみに縁結びの十八善神が祀られています。
禅定寺

あじさいがまだ元気に咲いていました。(2011年7月12日撮影)
禅定寺
8月には八重の桔梗が咲くそうです。

近くの寺社 :猿丸神社

白華補陀落山観音妙智院禅定寺

所在地京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字庄地100
料金大人500円
時間9時〜17時
アクセス京阪宇治交通バス「禅定寺前」下車
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする
宇治田原の猿丸神社。青モミジが頭上を覆っています。
猿丸神社
「奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声聞く時ぞ秋はかなしき」
の歌を詠んだ三十六歌仙の一人、猿丸太夫を祀っています。
猿丸太夫に因んで、烏帽子をかぶった狛猿がいます。
猿丸神社

は表情に愛嬌があり、見飽きません。
猿丸神社

猿丸神社はこぶ取りの神さまとしても知られ、こぶ・できものだけでなく、いまでは様々な病気を"こぶ"として取り去る御利益があるとされるパワースポットです。
近畿一円から多くの方が車で祈願に来られるそうです。
車でなければなかなか行きにくい山の中です。

猿丸神社

所在地 京都府綴喜郡宇治田原町禅定寺粽谷44
料金境内自由
時間日中随時
アクセス京阪宇治交通バス 「猿丸神社」下車すぐ
国道24号・307号線 山城大橋から車で約20分
駐車場大きな無料駐車場があります
34.8801595,135.8841724

このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]