en6_head.jpg

タグ「伏見稲荷」の一覧

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)Fushimi-inari-taisha Shrine

伏見稲荷大社の7月の行事といえば、宵宮祭(よいみやさい)と本宮祭(もとみやさい)の2日間。
参道や境内のたくさんの赤い提灯や石灯篭に火が灯されて幻想的な雰囲気の中、大勢の参拝者が訪れます。
伏見稲荷大社 本宮祭

大きな提灯の下を抜けるとそこはさらに朱の世界。
外拝殿には奉納された行灯画がぐるりと並べられています。
和風の絵ばかりでなく、洋風のモチーフのものもたくさんあるのですが、調和しているように思います。
伏見稲荷大社 本宮祭

釣り灯籠のデザインがいろいろあることにも初めて気付きました。
伏見稲荷大社 本宮祭

吸い込まれそうな千本鳥居ときつねのお面。妖しい魅力を放つ夜のお稲荷さんです。
伏見稲荷大社 本宮祭

風にくるくると舞う短冊。
伏見稲荷大社 本宮祭

伏見稲荷大社は、『行ってよかった外国人に人気の日本の観光スポット 2014(トリップアドバイザー)』の第1位に選ばれており、ますます外国人率が上がっているようです。
実際、本当に外国人が多く、みなさん楽しそうにしておられます。
昼間の伏見稲荷はこちら

伏見稲荷大社 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 伏見稲荷大社の近くにホテルはあまりありませんので、宿泊するならJRでアクセスしやすい京都駅周辺のホテルがよいでしょう。
新・都ホテルホテルグランヴィア京都がおすすめです。
所在地京都市伏見区深草藪之内町68
料金境内自由
アクセス京阪「伏見稲荷駅」JR線 「稲荷駅」から徒歩約5分
駐車場参拝者用無料駐車場あり。前の道路は北向きに一方通行なので、駅の方から踏切を渡ってくると辿り着けません。


このページをシェアする
6月30日は夏越の祓いです。
商売繁昌のパワースポット伏見稲荷大社にも茅の輪は設置されます。
伏見稲荷大社の茅の輪

夏越の祓いの神事は6月30日15時からで、一般の参拝客が茅の輪をくぐるのはその後になります。

いつものように境内は海外からの観光客でいっぱい。
参道をまっすぐ入ってきて茅の輪を目にした人々は「いったいなんだこりゃ???」というかんじで頭の上にハテナマークを浮かべて立ち止まっていました。
伏見稲荷大社の茅の輪

振り向くと神職が現れました。車のお祓いの帰りでしょうか。
伏見稲荷大社の茅の輪

お昼になって気温がどんどん上がってきました。
伏見稲荷大社の茅の輪


このページをシェアする
伏見稲荷大社のお山を巡った後、帰り道は三ツ辻を直進して産場稲荷のほうへ。
縁結大神

様々な稲荷社が祀られている中に、縁結大神があります。
十二支守本尊・身代わり不動明王・おたすけ不動尊に並んで縁結大神。
カラフルなスポットになっています。
縁結大神

縁結大神

由来はわかりませんが、綺麗に手入れされていました。
縁結大神


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]