en6_head.jpg

タグ「京都市西京区」の一覧

月読神社(つきよみじんじゃ)

月読神社は、松尾大社の南側のちょっと離れたところにある松尾大社の摂社です。
300メートルほどの距離ですから、松尾大社に参拝するときに行ってみましょう。
月読神社

856年からこの地にあるとされる古社で、月読尊(つきよみのみこと)が祀られています。
縁結びや子授け、安産の御利益があります。
特に安産の祈願に来る女性が多いようです。
月読神社
神功皇后ゆかりの安産石(月延石 つきのべいし)です。

月読神社
縁結び・恋愛成就の「むすびの木」

境内には、聖徳太子を祀るとされる聖徳太子社や海上交通の安全祈願を祈る御船社の末社などもあります。

月読神社

所在地京都府京都市西京区松室山添町15
時間5:00〜18:00
料金境内自由
アクセス市バス「松尾大社前」 徒歩 10分
京都バス「鈴虫寺」 徒歩 10分
駐車場松尾大社の無料駐車場に停めて歩いて行くのがいいかも。


このページをシェアする

松尾大社(まつのおたいしゃ)Matsuno-o-taisha Shrine

松尾大社

松尾大社さんは京都市の西の端っこ。
渡来人の秦氏が創建した京都最古の神社のひとつです。
松尾大社

至るところにしゃもじがくっつけられていて親しみのある雰囲気です。
松尾大社の山吹


本殿の左側手前にあるのが恋愛成就と夫婦和合にご利益のある「相生の松」。
松尾大社の山吹

残念ながら今は大株が残るのみなのですが、お社になっていてお参りすることができます。

樹齢350年と言われ、本当に太い松の根っこです。
二股に分かれています。
松尾大社の山吹


4月のある日曜日に行きましたら、拝殿で楽器演奏をしていたり、楼門前でアートやいろいろな催し物をやっていて活気にあふれていました。

やまぶきの黄色が綺麗でした。
松尾大社のやまぶき


お庭も素敵。
松尾大社

月読神社鈴虫寺へもぶらぶら歩いていけます。

松尾大社の節分

松尾大社
2月3日の午前中に松尾大社を訪ねると、拝殿では石見神楽が奉納されているところでした。
松尾大社

激しいアクションときらびやかな衣装でぐるんぐるんと舞い、鬼と闘い、討伐。
島根県益田市の民俗芸能無形文化財に指定されているお神楽です。
松尾大社
仲哀天皇の塵輪征伐。
松尾大社
節分なので、鬼の登場する演目なのですね。
松尾大社
吹きっさらしなので、手足の感覚がなくなってきますが、それでも見る価値がありました。
松尾大社

スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治する演目も圧巻。
松尾大社
松尾大社

午後には節分大祭・弓矢の神事・福豆と餅まきが行われました。


こちらは縁結びの相生の松。
松尾大社


松尾大社の山吹

京都で山吹といえば最も有名なのは松尾大社さん。
松尾大社の山吹

2013年は正面や水車回りは花つきがあまりよくなかったようですが、左手のほうは見事な山吹の園でした!
松尾大社の山吹

松尾大社の山吹

松尾大社の山吹

松尾大社の山吹


松尾大社のあじさい

松尾大社の境内の隅っこの山の斜面にはたくさんのあじさいが植えられています。


松尾大社

松尾大社

あじさいを目当てに行くというほどではないかもしれませんが、綺麗ですよ。
松尾大社

(2011年6月14日撮影)
松尾大社




松尾大社 交通アクセス

所在地京都市西京区嵐山宮町3
拝観時間9:00〜16:00 日曜・祝日は16:30まで
料金境内自由 庭園は500円
アクセス阪急嵐山線「松尾」駅下車。徒歩約5分。
駐車場無料駐車場が多数あります。


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]