en6_head.jpg

タグ「京都市北区」の一覧

実相院(じっそういん)Jissoin Temple

岩倉の紅葉の名所といえば実相院さん。
初夏の青もみじもたいへんきれいです。
この門跡寺院は見どころがたくさんあります。
もっとも有名なのはこの「床みどり」。
仄暗い部屋の先のカエデの緑が、黒光りする床に映ってにじみます。

したたるような緑たっぷりの山水庭園はいろいろな角度から楽しめます。
実相院 青もみじ

カエデの葉に光が透けて素敵。雨はやんで、ときどき陽が差します。
実相院 青もみじ

モリアオガエルの卵の泡がいくつかぶらさがっています。「ゴカッゴカッ」という声もときどき聞こえます。
実相院の青もみじ


比叡山を遠く望む大きな枯山水の石庭。
雨降り続きだったので、苔もみずみずしいです。
実相院 青もみじ

カエデの壁はとても密度が高いです。
実相院の石庭
実相院は雨や曇りの日にじっくり見るのがおすすめです。元々お庭に降りることはできず建物の中の移動だけですので、梅雨にどこ行こう?と思ったらこのお寺を思い出してください。

実相院の赤いもみじはこちら
実相院



このページをシェアする

興臨院(こうりんいん)Korin-in Temple

興臨院さんが特別公開されていたのでお邪魔してきました。
大徳寺の興臨院は加賀前田家菩提寺であるお寺。 大徳寺 興臨院
枯山水は一年を通じて見応えがありますが、緑がみずみずしい5月は特にいいですね。
本堂前のお庭は、石組みはガシッとしていますが全体的には穏やかな感じ。サツキの花も咲き始めています。 大徳寺 興臨院の枯山水
理想の蓬莱世界を表現しているのだそうです。

本堂の裏側は緑がいっぱいのお庭。カエデが多いので秋はさぞ綺麗でしょう。


中庭もきれいです。


大徳寺で通年拝観できるお寺 :瑞峯院・大仙院・龍源院・高桐院

大徳寺興臨院 交通アクセス

所在地京都府京都市北区紫野大徳寺町
料金特別公開時は大人600円
時間特別公開時は10:00~16:00(受付)
アクセス市バス「大徳寺前」下車 徒歩約5分
駐車場大徳寺有料駐車場あり
35.042546436075696,135.7455519870330

このページをシェアする

瑞峯院(ずいほういん)Zuiho-in Temple

大徳寺の瑞峯院さんは枯山水が有名な塔頭寺院です。 大徳寺 瑞峯院
すだれが掛かって涼しげです。
大徳寺 瑞峯院の枯山水

大徳寺 瑞峯院の枯山水

方丈南庭である「独坐庭」は、 静かな海の感じではなく、荒波の大海原を感じさせてくれる枯山水。インパクトがあります。 大徳寺 瑞峯院の枯山水
写真右奥に見える西側の端は静かな入江になっています。 大徳寺 瑞峯院の枯山水
波紋がでかくて豪快です。 大徳寺 瑞峯院の枯山水
瑞峯院は、1535年に大友宗麟が創建。大友宗麟といえばキリシタン大名として知られる方。
方丈の裏は「十字架の庭」ともいわれる「閑眠庭」です。
「十字架」をテーマにした日本庭園は珍しいですね。 大徳寺 瑞峯院の枯山水

大徳寺で通年拝観できるお寺 :瑞峯院・大仙院・龍源院・高桐院

大徳寺瑞峯院 交通アクセス

所在地京都府京都市北区紫野大徳寺山内
料金大人400円
時間9:00~17:00
アクセス市バス「大徳寺」下車 徒歩5分
駐車場大徳寺有料駐車場あり


このページをシェアする

龍源院(りょうげんいん)

大徳寺の山内で最古のお寺、龍源院さん。1502年の創建。
方丈の襖には龍が見えます。
大徳寺 龍源院の枯山水

阿吽の石庭、東滴壷、方丈南庭、方丈北庭など様々なタイプの枯山水を鑑賞することができます。
大徳寺 龍源院の枯山水

方丈南庭は「一枝坦」。丸い苔の島が亀島で、奥が蓬莱山、右側は鶴島。
方丈は1502年に建てられたもので、日本最古の方丈建造物だそうです。
大徳寺 龍源院の枯山水

方丈北庭はふかふかの苔で覆われた枯山水。「竜吟庭」
スペースのほとんどは杉苔です。
大徳寺 龍源院の枯山水

サツキも少し咲いています。
大徳寺 龍源院の枯山水

方丈の東側の小さな壷庭「東滴壷」。日本最小の石庭として知られます。水がポチャンと水面に落ちて波紋が広がり、大海へとつながります。
晴れていれば、一筋の光の帯ができます。それをただ眺めるのもいいかもしれません。
あ、お昼ごはんの時間だ。
大徳寺 龍源院の枯山水


大徳寺龍源院 交通アクセス

所在地京都府京都市北区紫野大徳寺町82-1
料金大人350円
時間9:00~16:30
アクセス市バス「大徳寺」下車 徒歩5分
駐車場大徳寺有料駐車場あり


このページをシェアする

志明院(しみょういん)Shimyo-in Temple

志明院さんは雲ヶ畑の山奥にあります。
宮崎駿監督の「もののけ姫」の発想の元になったり、司馬遼太郎さんが怪異体験を書いていたりとその名はよく知られていますが、実際に行くのはけっこうたいへんです。
志明院

志明院までの道は舗装されていますが、離合できない細いところもあり少し不安。悪路というほどではありませんが。
志明院


駐車場から階段を登って山門に出ると、大きな椿と大きなしゃくなげがあります。
志明院

山門前の景色を見るだけでも来たかいはあります。
志明院

山門をくぐり、石段を上がれば、歌舞伎十八番「雷神不動北山桜」の舞台として知られる「鳴滝」や、崖に張り付いて清水の舞台のように作られた根本中院などがあります。
岩の奥(神降窟)の暗〜いところに湧き出た水が溜まっており、飲むことができます。(現在も飲めるかどうかは未確認)
鴨川の水源でパワーチャージ。

参拝者が歩けるのは20分ほどのコース。
まだまだ先があるそうですが、それは修行する方たちのみが入っていける道です。

志明院が書かれている書籍。
司馬遼太郎「雲ヶ畑という妖怪部落」「石楠花妖話」
山本素石「志明院の怪」
長坂秀佳「彼岸花」
司馬遼太郎が考えたこと〈1〉エッセイ1953.10~1961.10 (新潮文庫) 山釣り・山本素石傑作集 彼岸花 (角川ホラー文庫)


志明院 交通アクセス

所在地 京都市北区雲ケ畑出谷町261
料金大人300円
時間7:00~17:00
アクセス京都バス「岩屋橋」下車 徒歩約20分(本数少ない)
駐車場道は狭いが、駐車スペースは広いので安心。無料。
備考環境保全のため、山門からは手ぶらで入ります。


こちらは別の年の山門。石楠花の花数は年によって大きく変わるそうです。
花数は少ないですが、快晴で山の空気が清々しい日でした。
志明院


このページをシェアする

大将軍神社(たいしょうぐんじんじゃ)Shrine

鎮守の森に囲まれた西賀茂の大将軍神社。
西賀茂 大将軍神社

南の鳥居も西の鳥居も緑の中です。
西賀茂 大将軍神社

大将軍神社は609年の創建。元々は西賀茂地区の産土神で、平安京ができるときに都の四方を守る大将軍神社のひとつとなりました。船岡山の真北に位置しています。
祭神は磐長姫命。ご利益は方除・安産・延命長寿など。

本殿前には大きな立砂。
西賀茂 大将軍神社


近くの寺社 :神光院・法雲寺

西賀茂 大将軍神社 交通アクセス

所在地京都府京都市北区西賀茂角社町129
料金境内自由
時間日中随時
アクセス市バス「神光院前」下車
駐車場駐車場なし
35.0586341,135.7423252999

このページをシェアする

正伝寺(しょうでんじ)Shoden-ji Temple

西賀茂の舟山山腹にある正伝寺さん。
「獅子の児渡し」の枯山水庭園に咲くサツキが見たくて6月上旬に訪れました。
正伝寺

こんな緑の景色の中、ゴルフ場の小径と一部クロスしていてふと現実に戻されます。
正伝寺

狸って前から二匹もいましたっけ?
正伝寺

市内のサツキはもう見頃を過ぎているので、もうだめかなと思いましたが、ギリギリセーフでした。
青空が広がって比叡山もよく見え、本日も素晴らしい開放感!
正伝寺

至るところで青もみじも楽しめます。
正伝寺


近くの寺社 :西方寺

正伝寺 交通アクセス

所在地 京都市北区西賀茂北鎮守庵町72
料金400円
時間9:00~17:00
アクセス市バス「神光院前」下車、徒歩15分
駐車場無料駐車場あり
35.0623614,135.736900800

このページをシェアする

上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)Jobonrendai-ji Temple

美しいフォルムの紅枝垂桜を見ることのできる上品蓮台寺さん。
上品蓮台寺

上品蓮台寺

上品蓮台寺

遅咲きの紅枝垂れ桜の濃いピンクがなんとも艶やか!
上品蓮台寺

千本通りに面した上品蓮台寺は聖徳太子が建立したお寺と云われています。
上品蓮台寺


この日は、染井吉野が散りはじめで、紅枝垂桜は満開。
上品蓮台寺
観光寺院ではないので、静かに見学を。

近くの寺社 :千本えんま堂

上品蓮台寺

所在地 京都市北区紫野十二坊町33-1
料金境内自由
時間6時〜17時
アクセス市バス「千本北大路」下車 徒歩3分
駐車場あり(寺務所に連絡)



このページをシェアする

貴船神社(きぶねじんじゃ)Kibune-jinja Shrine

東西に細長〜い境内を持つ紫野の貴船神社は、元は上賀茂神社の摂社で、貴船神社の水の神様タカオカミ神を勧請して建てられた神社です。
鎌倉時代初期からあるそうです。
貴船神社といえば、縁結びのご利益もよく知られるところですが、こちらには磐長姫命は祀られてはいないのかもしれません。
紫野貴船神社

小さなご本殿は北向きです。
紫野貴船神社

鎖でガッチリ施錠されていて少しばかり不穏な空気感。
紫野貴船神社

そして、奉納舞台は金網でしっかりガードされています。
紫野貴船神社
これですね。入江敦彦氏が「金網デスマッチを奉納する舞台」と書いたのは...。
なにかいたずらがあってのやむを得ぬ対策なのでしょう。きっと。

紫野貴船神社 交通アクセス

所在地京都市北区紫竹西北町55
料金境内自由
時間日中随時
駐車場なし
35.0502018,135.746797099999

このページをシェアする

源光庵(げんこうあん)Genko-an Temple

雪が残る鷹峯の源光庵さん。
源光庵の雪景色

朝に少し積もった雪は、晴れ間にどんどんと融けていきます。
屋根からはジャージャーと水が落ちています。
源光庵の雪景色

悟りの窓の向うの雪も、もう少しで消えてしまいそう。
源光庵の雪景色
緑の悟りの窓はこちら

このページをシェアする

今宮神社(いまみやじんじゃ)Imamiya-jinja Shrine

今宮神社には大きな桜の木はありませんが、いろいろな種類の桜がかわいらしく咲いています。
今宮神社の桜

今宮神社の桜

今宮神社の桜

今宮神社の縁結び情報はこちら

今宮神社 交通アクセスなど

所在地 京都市北区紫野今宮町21
拝観時間9:00〜17:00
料金境内自由
アクセス市バス今宮神社前すぐ
駐車場専用コインパーキングあり


楼門に続く参道は紫野高校の桜で彩られています。
今宮神社の桜


このページをシェアする

西方寺(さいほうじ)

西賀茂の西方寺さんの紅葉は塀から溢れ出すよう。
西方寺

西方寺さんは五山の送り火の船形ゆかりのお寺。
送り火のあとには境内で六斎念仏が行われるそうです。

東には比叡山。
西方寺


近くの寺社 :正伝寺・神光院

西方寺 交通アクセス

所在地京都市北区西賀茂鎮守庵53
料金境内自由
アクセス市バス「神光院前」下車、徒歩9分
駐車場コインパーキングがあります(1時間300円)


このページをシェアする

原谷苑(はらだにえん)

ソメイヨシノが散ってから人々が続々と詰めかける桜の名所原谷
原谷は金閣寺や龍安寺の山のむこうの集落で、原谷苑は村岩農園さんが育てている桜苑です。
原谷苑

苑内のどこを見上げてもピンク〜!
原谷苑

地面に近いところには雪柳や吉野つつじ、レンギョウ、石楠花、木瓜などが色とりどりに咲いています。
原谷苑

原谷の地は昔はひどい荒地で、開拓にあたった方々は相当な苦労をしたそうです。
農作物や果樹がまったく育たない中、桜は順調に育ったのだとか。
いまや日本有数の桜の名所です!
原谷苑
原谷苑は梅やモミジのころにも公開されます。

原谷苑の桜を無料で見る方法

原谷弁財天(はらだにべんざいてん)

原谷苑の西門を出てすぐにあるのが原谷弁財天。
この地域の鎮守社です。
桜も咲いています。
原谷弁財天

原谷弁財天には近所の人か、待機中のタクシーの運転手さんしかいません。
原谷弁財天

高台になっているので、原谷苑のピンクのモクモクがよく見えます。
無料で原谷苑を見ることができます。(見えるというだけですが)
原谷弁財天


桃山

原谷弁財天の裏山を分け入って、ミツバツツジ咲く山道を30分ほど登ると、見晴らしの良い桃山展望台に着きます。
桃山

絶景〜!
桃山

ここからは原谷苑を俯瞰することができます。
無料で原谷苑を見ることができます♪(山登りの労力にはあまり見合いませんが)
桃山
というわけで、やっぱり苑内で桜を堪能するのがベストですね。

原谷苑 交通アクセス

所在地京都市北区大北山原谷乾町36
料金桜の開花状況により変動(満開時は平日1200円/休日1500円)
時間9:00~17:00
アクセス市バス「原谷農協前」または「原谷終点」で下車、徒歩2分
地下鉄「北大路駅」からタクシーで10分
駐車場なし(付近に駐車場は皆無です。金閣寺や仁和寺近辺のコインパーキングに停めて山道を30分歩くか、バス・タクシーを利用。)
三脚、一脚、敷物、ペット、弁当、お酒などの持ち込みは禁止
35.044049,135.7145778

このページをシェアする

芳春院(ほうしゅんいん)

芳春院は大徳寺の東北角に位置する塔頭で、その参道はカエデでいっぱいです。
大徳寺芳春院

芳春院は1608年、「利家とまつ」のまつが建てたお寺。前田家の菩提寺です。
大徳寺芳春院

大徳寺芳春院

瓦にも積もっています。
大徳寺芳春院

参道だけでも紅葉を堪能できます!
大徳寺芳春院

庭園は小堀遠州の手によるもの。
大徳寺芳春院

優美な姿を見せるのは京の四閣のひとつ、呑湖閣。
あとの三閣は金閣・銀閣と西本願寺の飛雲閣。
大徳寺芳春院

千両と万両。
大徳寺芳春院


近くの寺社 :今宮神社

大徳寺芳春院 交通アクセス

所在地京都府京都市北区紫野大徳寺町55
料金大人600円
時間通常非公開
アクセス市バス「大徳寺前」下車、徒歩10分
駐車場大徳寺有料駐車場を利用(紅葉期は2時間500円〜)
35.04528,135.7450861

このページをシェアする

宗蓮寺(そうれんじ)

北山杉の里、中川の山裾にある宗蓮寺さんは室町時代末期創建の古刹。
参道の標識もなく、知っている人だけが訪れる花の寺です。
宗蓮寺

10月下旬に訪ねるとたくさんの秋明菊が咲いていました。
宗蓮寺

秋明菊の八重咲きのものを「貴船菊」というそうです。
宗蓮寺

黄色いツワブキと、赤い実は千両でしょうか。
宗蓮寺

ご住職にうかがうと「もう終いやなあ。今年の見頃は10月中旬やった。」とのこと。
宗蓮寺

宗蓮寺

静かな山の中です。
宗蓮寺


宗蓮寺さんは現在は写真撮影をする人は入山禁止となっています。非常識な行為をするカメラマンとトラブルがあったとのこと。

近くの寺社 :中川八幡宮

宗蓮寺 交通アクセス

所在地京都市北区中川北山町214
料金志納
時間10時~4時
アクセス西日本JRバス「山城中川」下車 徒歩5分
駐車場無料(2台分くらい)
35.0858772,135.6907073

このページをシェアする
「丘は船岡」
と書いたのは清少納言。

大徳寺の南側にある小山、船岡山
平安京を造るときに基準点となった重要パワースポットです。
この山の真南に大極殿、そして朱雀大路がまっすぐ続いていました。
船岡山は平安時代には貴族の遊行地として栄えたそうです。

たかだか45mの標高の小山なのですが、北も南も西も見事な眺望です。
船岡山
(南側の眺望)
山のほとんどは公園として開放されています。

8月16日の五山の送り火には鳥居以外の5つの字が見えるスペシャルなスポットでもあります。
船岡山
(左大文字と船形)
船岡山
(妙と法)

船岡山の東南側の一部が建勲神社(たけいさおじんじゃ)です。
建勲神社
地元の人は「けんくんじんじゃ」と呼び、交差点やバス停の呼び名も同じです。
建勲神社
織田信長・信忠親子が祀られています。
古くは豊臣秀吉が信長公を祀った場所で、神社となったのは明治3年のこと。

織田家の紋の入った台座の狛犬はちょっとロボットのようなデザイン。
建勲神社狛犬
正面には右の大文字が見えます。
建勲神社

建勲神社の梅

ロボット狛犬の後ろに色鮮やかな梅が1本。(2011年3月19日)
建勲神社の梅


近くの寺社 :大徳寺・今宮神社

建勲神社

所在地 京都府京都市北区紫野北舟岡町49
料金境内自由
時間自由
アクセス市バス「建勲神社前」下車
駐車場参拝者用駐車スペースあり。(参道が細いので、麓のコインパーキングに停めるほうが無難かも。)


このページをシェアする

金閣寺(きんかくじ)Kinkaku-ji Temple,The golden pavilion

雪の日の金閣寺です。
世界文化遺産の鹿苑寺
元は足利三代将軍義満の邸宅で、義満の死後、禅寺となりました。
(写真はぜんぶ、西陣のkazuさんの撮影です)
金閣寺
鏡湖池と金閣。
モノクロの景色にゴールドだけを加えた景色です!
金閣寺

金閣寺

金閣寺

金閣は1950年に全焼しました。
それ以前の金閣の写真。
金閣寺


雪の銀閣寺はこちら
あなたに幸せを呼び込む金の財布はこちら!

This is the Kinkakuji Temple(Golden Pavilion) of the snowy day.
Kinkakuji(Formally known as Rokuonji) was a World Heritage Site.
the retirement villa of the shogun Yoshimitsu Ashikaga , it became a Zen temple of the Rinzai sect after his death.
Kinkaku and Kyoko-chi large pond.
It is the scenery gold colour in black-and-white!
Kinkaku was burned down in 1950.it was set on fire by a fanatic monk.

近くの寺社 :わら天神・平野神社・龍安寺

金閣寺 交通アクセス

所在地 京都府京都市北区金閣寺町1
料金大人400円
時間午前9時~午後5時
アクセス市バス「金閣寺前」下車すぐ
駐車場有料駐車場あり


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読みやすくなりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2021年4月 [1]
  2. 2020年12月 [1]
  3. 2020年9月 [3]
  4. 2020年7月 [1]
  5. 2020年6月 [2]
  6. 2020年5月 [1]
  7. 2020年2月 [1]
  8. 2019年11月 [1]
  9. 2019年9月 [1]
  10. 2019年8月 [1]
  11. 2019年7月 [3]
  12. 2019年6月 [1]
  13. 2018年12月 [1]
  14. 2018年11月 [4]
  15. 2018年9月 [1]
  16. 2018年6月 [1]
  17. 2018年5月 [2]
  18. 2018年4月 [1]
  19. 2018年1月 [3]
  20. 2017年12月 [4]
  21. 2017年11月 [9]
  22. 2017年10月 [1]
  23. 2016年12月 [2]
  24. 2016年2月 [2]
  25. 2016年1月 [1]
  26. 2015年12月 [5]
  27. 2015年11月 [18]
  28. 2015年7月 [3]
  29. 2015年6月 [33]
  30. 2015年5月 [25]
  31. 2015年4月 [34]
  32. 2015年3月 [8]
  33. 2015年2月 [28]
  34. 2015年1月 [18]
  35. 2014年12月 [10]
  36. 2014年11月 [19]
  37. 2014年10月 [4]
  38. 2014年9月 [7]
  39. 2014年8月 [3]
  40. 2014年7月 [6]
  41. 2014年6月 [38]
  42. 2014年5月 [28]
  43. 2014年4月 [62]
  44. 2014年3月 [8]
  45. 2014年2月 [6]
  46. 2014年1月 [6]
  47. 2013年12月 [23]
  48. 2013年11月 [24]
  49. 2013年10月 [1]
  50. 2013年9月 [2]
  51. 2013年8月 [3]
  52. 2013年6月 [23]
  53. 2013年5月 [23]
  54. 2013年4月 [35]
  55. 2013年3月 [8]
  56. 2013年2月 [1]
  57. 2013年1月 [7]
  58. 2012年12月 [9]
  59. 2012年11月 [17]
  60. 2012年10月 [4]
  61. 2012年9月 [18]
  62. 2012年8月 [18]
  63. 2012年7月 [6]
  64. 2012年6月 [17]
  65. 2012年5月 [4]
  66. 2012年4月 [71]
  67. 2012年3月 [28]
  68. 2012年2月 [14]
  69. 2012年1月 [15]
  70. 2011年12月 [36]
  71. 2011年11月 [27]
  72. 2011年10月 [24]
  73. 2011年9月 [8]
  74. 2011年8月 [10]
  75. 2011年7月 [17]
  76. 2011年6月 [27]
  77. 2011年5月 [26]
  78. 2011年4月 [67]
  79. 2011年3月 [15]
  80. 2011年2月 [7]
  81. 2011年1月 [16]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [15]
  84. 2010年10月 [10]
  85. 2010年9月 [4]
  86. 2010年8月 [3]
  87. 2010年7月 [11]
  88. 2010年6月 [11]
  89. 2010年5月 [11]
  90. 2010年4月 [7]
  91. 2010年3月 [2]