en6_head.jpg

タグ「ミツバツツジ」の一覧

獅子崎稲荷神社(しいざきいなりじんじゃ)

獅子崎稲荷神社の小山は1000本ものミツバツツジが群生していて、4月中旬になるととても美しい景色になります。
獅子崎稲荷神社のミツバツツジ

獅子崎稲荷神社のミツバツツジ

獅子崎稲荷神社のミツバツツジ

獅子崎稲荷神社のミツバツツジ
てっぺんは天橋立雪舟観展望所。
横一直線の天橋立を観ることができます。

獅子崎稲荷神社 交通アクセスなど

所在地 宮津市字獅子崎
TEL天橋立観光協会 0772-22-0670
料金境内自由
時間自由
アクセスKTR宮津駅から車で約10分  (国道178号・府道605号経由)
駐車場なし


獅子崎稲荷神社のミツバツツジ


このページをシェアする

楞厳寺

関西花の寺霊場第2番のお寺、楞厳寺さん。
4月中旬~下旬にかけて、池をはさんで向かいの大師山がミツバツツジで紫に染まります。
楞厳寺のミツバツツジ

楞厳寺のミツバツツジ

池からはコロコロとカエルの声がして、のどかです。
楞厳寺のミツバツツジ

楞厳寺のミツバツツジ

ミツバツツジのトンネルをくぐりながら、散策ができます。
たくさんの仏さまにも出会えます。
楞厳寺のミツバツツジ


楞嚴寺 交通アクセスなど

所在地 京都府綾部市舘町楞厳寺6
料金境内自由(襖絵拝観300円要予約)
時間日中
アクセスJR綾部駅からあやバス志賀線「舘」下車、徒歩約15分
駐車場無料駐車場あり


このページをシェアする

如意寺(にょいじ)

「海の見える寺」如意寺さんは仁王門のすぐ前が久美浜湾で、晴れた日に訪れれば最高の爽快感を味わうことができます。
如意寺

桜は満開。ミツバツツジも見頃に入っていました。
如意寺

如意寺は「関西花の寺二十五ヶ所霊場」の第七番札所。
最も有名なのはミツバツツジでなんと1万株もあります。
4月中旬のピンクの山はぜひ見ておきたいものです。
如意寺

如意寺

如意寺

如意寺


如意寺で縁結び祈願

如意寺で良縁成就を祈願するなら、不動堂の日切不動尊にお参りしましょう。
如意寺

厄除、家内安全、病気平癒、安産、試験合格、商売繁昌、交通安全、海上安全、無事息災、大漁祈願などなんでもお願いができますが、日を切ってお参りすることで御利益が得られるそうです。

六角堂にかかる縁結びの絵馬
如意寺

縁結びのお守りも種類が豊富です。
如意寺


近くの寺社 :宗雲寺

如意寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 如意寺に近いお宿では、小天橋の「潮音の宿 涛平」や、蒲井温泉の「いっぺん庵」が人気です。夕食には丹後で獲れた海と山の幸が満載!
チェック 潮音の宿 涛平
チェック 蒲井温泉いっぺん庵
所在地京都府京丹後市久美浜町1845
料金境内自由、4月は大人300円(団体の場合)
時間8時~17時
アクセス「久美浜」駅下車徒歩15分
駐車場無料(乗用車100台分)


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索するにはこちらから。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 神足神社の写真
  • 与謝野町 慈徳院の紅葉写真
  • 光明寺二王門

月別アーカイブ

  1. 2020年6月 [2]
  2. 2020年5月 [1]
  3. 2020年2月 [1]
  4. 2019年11月 [1]
  5. 2019年9月 [1]
  6. 2019年8月 [1]
  7. 2019年7月 [3]
  8. 2019年6月 [1]
  9. 2018年12月 [7]
  10. 2018年11月 [4]
  11. 2018年9月 [1]
  12. 2018年6月 [1]
  13. 2018年5月 [3]
  14. 2018年4月 [1]
  15. 2018年2月 [1]
  16. 2018年1月 [3]
  17. 2017年12月 [4]
  18. 2017年11月 [9]
  19. 2017年10月 [1]
  20. 2017年1月 [1]
  21. 2016年12月 [9]
  22. 2016年4月 [1]
  23. 2016年2月 [2]
  24. 2016年1月 [1]
  25. 2015年12月 [10]
  26. 2015年11月 [21]
  27. 2015年7月 [3]
  28. 2015年6月 [34]
  29. 2015年5月 [25]
  30. 2015年4月 [39]
  31. 2015年3月 [9]
  32. 2015年2月 [33]
  33. 2015年1月 [21]
  34. 2014年12月 [11]
  35. 2014年11月 [19]
  36. 2014年10月 [4]
  37. 2014年9月 [7]
  38. 2014年8月 [3]
  39. 2014年7月 [8]
  40. 2014年6月 [40]
  41. 2014年5月 [29]
  42. 2014年4月 [66]
  43. 2014年3月 [8]
  44. 2014年2月 [9]
  45. 2014年1月 [8]
  46. 2013年12月 [23]
  47. 2013年11月 [25]
  48. 2013年10月 [1]
  49. 2013年9月 [2]
  50. 2013年8月 [3]
  51. 2013年6月 [27]
  52. 2013年5月 [24]
  53. 2013年4月 [37]
  54. 2013年3月 [8]
  55. 2013年2月 [1]
  56. 2013年1月 [7]
  57. 2012年12月 [9]
  58. 2012年11月 [18]
  59. 2012年10月 [4]
  60. 2012年9月 [18]
  61. 2012年8月 [19]
  62. 2012年7月 [9]
  63. 2012年6月 [20]
  64. 2012年5月 [4]
  65. 2012年4月 [72]
  66. 2012年3月 [29]
  67. 2012年2月 [15]
  68. 2012年1月 [16]
  69. 2011年12月 [36]
  70. 2011年11月 [27]
  71. 2011年10月 [25]
  72. 2011年9月 [8]
  73. 2011年8月 [10]
  74. 2011年7月 [17]
  75. 2011年6月 [28]
  76. 2011年5月 [30]
  77. 2011年4月 [71]
  78. 2011年3月 [15]
  79. 2011年2月 [7]
  80. 2011年1月 [16]
  81. 2010年12月 [10]
  82. 2010年11月 [15]
  83. 2010年10月 [10]
  84. 2010年9月 [4]
  85. 2010年8月 [3]
  86. 2010年7月 [11]
  87. 2010年6月 [12]
  88. 2010年5月 [11]
  89. 2010年4月 [9]
  90. 2010年3月 [2]