千本えんま堂(せんぼんえんまどう)

千本えんま堂さんの良縁お守り。
両方に小判がついていて、お金との縁も良くなりそう!
千本えんま堂

千本えんま堂は平安時代、小野篁が地獄の閻魔大王から行法を授かったことで、ここに閻魔堂を建てたのが始まりとされています。
千本えんま堂
お堂の中のえんま様の迫力はちょっとびびります。

千本えんま堂の普賢象桜

千本の桜が咲くことから「千本」という名前がついたという千本通。
その名のとおり千本えんま堂も桜の名所です。
境内には遅咲きの普賢象桜が美しい姿を見せます。
千本えんま堂

椿と同じように花冠のままぼとりと落ちるのが珍しく、斬首される囚人の姿に例えられたことも。
千本えんま堂

花の真ん中から緑の細いものが2本伸びています。
これが普賢象菩薩の乗る象のきばのようだということで「普賢象桜」という名前に。
千本えんま堂
10日後の落花の様子はこちら。

普賢象桜は茶色い葉っぱですが、「関山桜」「琴平」などの緑の葉っぱの里桜もとても綺麗です。
千本えんま堂

千本えんま堂
(2011年4月19日撮影)

近くの寺社 :上品蓮台寺

引接寺いんじょうじ(千本えんま堂)

所在地 京都市上京区千本通蘆山寺上ル閻魔前町34
料金境内自由
時間9:00~19:00
アクセス市バス「千本鞍馬口」徒歩2分
駐車場無料駐車スペースあり


このページをシェアする