鞍馬寺(くらまでら)Kuramadera Temple

京都屈指のパワースポット鞍馬寺は深い山の中です。

仁王門。この先ケーブルカーに乗っても、つづら折りの山道を登ってもOK。
鞍馬寺

清少納言が枕草子の中で「近うて遠きもの」としてこのつづら折りの道のりを挙げています。
要するにけっこうしんどいんです。
鞍馬寺
本殿金堂。仁王門からここまでかなりの標高差があります。

鞍馬寺

本殿前の六芒星、金剛床。
鞍馬寺

真ん中に立つとパワーがもらえると芸能人が言いはじめて、話題のスポットになりました。
ただ、信者さんは踏まないようにして大切にしているスポットだそうですので、ここに立つとパワースポットブームに乗ってやって来た人だとバレます(笑
こんなことするひともおりますが・・・

本殿前の岩。
鞍馬寺

なんとも言えず清々しい景色です。
鞍馬寺の磐座

鞍馬寺は山岳信仰、山伏による密教も盛んな場所で、山の精霊である天狗も住んでいるとされています。
若き源義経が天狗を相手に修行をした場所としても有名ですね。
鞍馬寺
山の道を歩いていると豊かな自然がそのままで清々しく霊気に満ちあふれているような気がします。
ケーブルカーを利用したとしても歩く距離はかなりのもので、たっぷりとパワーをもらうことになるでしょう。

奥の院魔王殿には磐座(いわくら)という聖なる岩石があり天から神霊を宿すと言われています。
霊能者の方々もパワーを貰いに度々訪れるといいます。
鞍馬寺奥の院魔王殿
貴船神社から山の中を歩いて行くルートもおすすめです。
いわば京都のパワースポットのハシゴです!
ぜひ挑戦してください。

鞍馬寺の桜

桜満開の鞍馬寺
鞍馬寺の桜

鞍馬寺の紅葉

晩秋の鞍馬寺
鞍馬寺

鞍馬寺の雪景色

雪の積もった鞍馬寺
鞍馬寺の雪景色


近くの寺社 :由岐神社貴船神社

鞍馬寺 宿泊案内と交通アクセス

くらま温泉 【宿泊案内】 鞍馬寺にお参りするなら宿泊はくらま温泉がよいでしょう。
京の奥座敷・鞍馬の山の中で、目前に迫る雄大な山並みを眺めながらの露天風呂は圧巻。
夕食は部屋出しで京会席を。夏には川床でいただくこともできます。
チェック くらま温泉
所在地京都市左京区鞍馬本町1074
参拝9時~16時
料金愛山費:200円
ケーブル料:往復200円
アクセス京都駅から京都市営バス4, 17号系統「出町柳駅前」(乗継ぎ)叡山電鉄「鞍馬」下車


このページをシェアする