京都旅行に行くには新幹線や電車も良いですが、高速バス・夜行バスという選択もあります。
高速バス・夜行バスには違った利点があります。
神社

高速バス・夜行バスのメリット

高速バスの多くは深夜に高速道路を走り、夜明けに京都に着きます。
朝5時台〜7時くらいに京都駅に。

なので、早朝から京都を回ることができます!

だいじょうぶ。
京都の寺社の朝は早いんです。
たとえば清水寺は朝6:00に開門します!
お昼に行けば大混雑の清水の舞台も、朝いちなら独り占め(に近い)状態!

桜やお祭り、紅葉など人気のシーズンは特におすすめです。
見渡す限りのもみじの谷や、桜でピンクに染まる谷もゆっくり堪能できます。
清水寺は東山の陰なので陽が差すのは遅いですが)

たくさんの観光寺社を回るなら、開門時間を調べておいて、それに合わせてルートを決めるといいでしょう。

早い時間には素敵な景色がいっぱいです。
朝霧に煙る神社の境内では神様を感じることができます。
そんな気に包まれた状態で願い事をしたほうが、きっと良縁も成就しやすいでしょう。
ほとんどのお花は午前中のほうが活き活きと咲いています。
8月の蓮の花だってお昼には閉じてしまいます。
京都を撮るカメラマンだって早朝に回るのが基本です。

お昼を過ぎると観光客や大型観光バスがどどどっと押し寄せます!
神社
平日でもお昼に行けばこんななっちゃいます・・・


もうひとつのメリットは安いことです。
たとえば東京〜京都で3000円台というバス便があります!
新幹線なら10000円はかかりますから、大きな差ですね。

複数のバス予約サイトの料金を一括検索!「最安チェッカー」はヨヤクトル
当日予約OK!格安高速バス・夜行バスならヨヤクトル》 》

オリオンバスにわたしは乗りましたが、激安料金にかかわらず、まあまあ快適でしたよ。

高速バス・夜行バスのデメリット

バスで1泊することになり、繊細な方は眠れません。
寝ることができても熟睡はなかなかできません。
寝たつもりでも数日後に疲れが出ることも・・・・
なので、体力がある方向き。

でも、午前中に観光地を巡って、3時くらいからホテルでゆっくりすればいいのです。
お風呂に浸かって疲れをとって、日が暮れてからまた出ればよいのです。

女性の一人旅なら男性がとなりに来ると落ち着かないかもしれません。
4列ではなく、3列シートのバスを選んだり、間仕切りカーテンのあるバス、女性専用車のあるバス会社を選ぶことでその心配は少なくなります。

複数のバス予約サイトの料金を一括検索!
当日予約OK!格安高速バス・夜行バスならヨヤクトル》 》

このページをシェアする