en6_head.jpg

タグ「半夏生」の一覧

両足院(りょうそくいん)

建仁寺の塔頭、両足院さんの初夏の特別拝観では半夏生がいっぱいの素敵な庭園を見ることができます。
両足院の半夏生

2014年の期間は6/13〜7/10。(7月4,5日はお休み) 両足院の半夏生

暑さを忘れさせてくれる涼やかな光景です。
両足院の半夏生

両足院の半夏生

両足院の半夏生

実際は暑いのですが、やはり涼しい。
両足院の半夏生

緑と白だけで余計な色がないから美しいのかな。
両足院の半夏生

小さな坪庭もいいですね。
両足院の半夏生

(2011年7月5日撮影) いったん門を出て少し北へ歩けば「祇園の縁結び」両足院毘沙門天堂があります。
こちらは年中開いています。
両足院毘沙門天堂はこちら。

建仁寺両足院 交通アクセスなど

所在地京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町591建仁寺山内
料金大人600円
時間10:00〜17:00
アクセス京阪「祇園四条駅」徒歩7分
市バス「東山安井」徒歩3分
駐車場建仁寺のコインパーキングへ


このページをシェアする

天龍寺(てんりゅうじ)

緑濃い梅雨の天龍寺さん。
天龍寺

青もみじの美しい曹源池。借景の亀山は白く煙ります。
天龍寺

巨大な枝垂桜はたくさんの葉をつけて大迫力。
天龍寺

桜の下には雨を喜ぶカエルさん。
天龍寺

百花苑のほうに進めば、紫陽花がたくさん植えられていて見応えがあります。
天龍寺

天龍寺

青もみじと紫陽花。
天龍寺

天龍寺

半夏生もたくさん。
天龍寺

下野も咲いています。
天龍寺


近くの寺社 :法輪寺・法然寺

天龍寺 交通アクセス

所在地 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
料金庭園(曹源池・百花苑)大人500円、諸堂参拝(大方丈・小方丈・多宝殿)は+100円、法堂「雲龍図」特別公開は別途500円
時間8時30分~17時30分 (11月〜3月は17時まで)
アクセス京福電鉄嵐山線 「嵐山」駅下車すぐ。
JR「嵯峨・嵐山」下車徒歩5分
駐車場有料駐車場あり(1回1000円)


このページをシェアする

勧修寺(かじゅうじ)Kaju-ji Temple

6月半ば。山科の勧修寺さんの氷室池では花菖蒲が見頃。
久しぶりに雨が降ったので、閉門間際に出かけてみました。
勧修寺

雨に濡れるとカエデも苔も艶を増します。
勧修寺

夕方なので、睡蓮は全部閉じていますが、雨に濡れた花菖蒲と半夏生が綺麗です。
カキツバタの頃とはまた違う趣です。
勧修寺

勧修寺

勧修寺

勧修寺

勧修寺

ウシガエルの声がごえ〜ごえ〜と響いていましたが、16時を過ぎると静まりました。
カエルも営業時間を守っているよう。
勧修寺

紫陽花もだいぶん色づいています。
勧修寺

雨足はだんだんと強まります。
蓮の葉の上で水玉がぷるぷる動いています。
勧修寺

降る雨はじゃーじゃーと池に流れ込み、ぬかるみもひどくなります。
「大いに危険」が初めて少しだけ現実味を帯びました。
勧修寺
勧修寺の縁結び情報はこちら。

このページをシェアする
建仁寺両足院の半夏生(はんげしょう)の庭園が毎年初夏に公開されています。
2011年の期間は6月10日(金)〜7月10日(日)。
建仁寺両足院 半夏生

半夏生は花のようで葉っぱなんです。
建仁寺両足院
虎のいる両足院の毘沙門天堂は年中開いています。

建仁寺両足院

所在地 京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町591建仁寺山内
TEL075-561-3216
料金大人600円 中高生300円 小学生以下無料
日程2011年6月10日(金)〜7月10日(日)
時間10:00〜17:00
アクセス京阪「祇園四条駅」徒歩7分
市バス「東山安井」徒歩3分
駐車場コインパーキング有り


このページをシェアする

このページの上部へ

ご案内

記事数が1200を超えました。いつも読んでいただきありがとうございます。スマホでも読めるようになりました。リンクフリーですのでどのページにでもご自由にリンクしてください。(〃v〃)ノ

京都ツアー・京都旅行ならこちら。JR東海「そうだ京都行こう」と連動していますので、旬の京都を楽しめます!

サイト内検索

サイト内を検索できます。

よく読まれている記事

最近のピクチャ

  • 清水寺
  • 猿丸神社
  • 妙心寺退蔵院の紅葉
  • 安楽寺の紅葉
  • 東寺の紅葉
  • sosui09.jpg