「敵は本能寺にあり」の本能寺さん。
「本能寺の変」までの本能寺は広大なお寺でしたが、全て焼け落ちました。
元は堀川四条あたりでしたが、いまは移転して寺町御池です。

山門ではサツキが咲いていました。
本能寺

大きな本堂。
よく生徒さんたちがたむろしているのは、敷地内の「ホテル本能寺」に修学旅行生がいっぱい泊まっているから。
本能寺

河原町通から入るときは、この細〜い路地から。
イチョウの木が印象的。
本能寺


本能寺 宿泊案内と交通アクセス

【宿泊案内】 本能寺のすぐそばに、「京都ホテルオークラ」や「ロイヤルホテル&スパ」などの有名ホテルがあります。
チェック 京都ホテルオークラロイヤルホテル&スパ
所在地寺町通御池下る本能寺前町522
料金境内自由(宝物館は大人500円)
時間6時~17時
アクセス地下鉄「京都市役所前」
駐車場有料駐車場あり


 本能寺があった場所には元本能寺町という町名が残っています。
その一角に織田信長をテーマにした新たな施設「信長茶寮(しんちょうさりょう)」が2013年にできました。
本能寺が焼け落ちて灰となった土が展示されていたり、当時の地面の高さに立ってお酒を飲めたりと織田信長好きの人にはたまらない信長パワースポット
入場は無料です。
》 》 信長茶寮公式サイトはこちら

このページをシェアする